山形で車を買取時に気をつけたいこと3選!業者や一括サイトを使うメリット・デメリット

山形は車がよく利用されることで知られています。山形で車を買取してもらうためには、どのような部分に着目すればよいのでしょうか。この記事では、山形の特徴などを踏まえての車買取や業者のメリット・デメリット、山形にあるおすすめの買取できる業者などを紹介します。

自然に癒される場所山形

山形県は山形市を県庁所在地におく県です。山形といえば、国立公園や自然公園などの自然に触れ合える場所。そして、東北地方にある県としては暖かいことや冬は雪が積もる豪雪地帯としても知られています。

温泉やスキー場など観光と農業が有名

山形は観光やレジャーが多い山形を中心としたエリア。自然が多く川や森、温泉が多い地域としても知られる新庄を中心としたエリアなど。他の2エリアを合わせて4エリアが山形の特徴をあらわしています。加えて、季節の節目に祭りなど各地で行われるなど祭事にも力を入れています。山寺は観光地としても全国的に有名です。

温泉が盛ん

注目すべきは温泉がある市町村の数です。30を超える地で温泉があるなど全国の中でもこれほどの温泉が楽しめる場所は他にありません。自然温泉や露天風呂の温泉、旅館やホテル、プールなどの施設にも温泉があるため山形各地で異なる温泉を堪能できます。

農業に向いている気候

また、山形といえば農業に適した気候で、農業が盛んです。山形県産のお米です。「つや姫」など3つのブランド米があります。他にも洋なしのブランドである「ラ・フランス」、りんご、サクランボ、すいかなどのフルーツ。さらに、枝豆、きゅうり、なすなどの野菜などが各種栽培されています。

車の保有台数は全国でもトップクラスの車社会

山形県は、車社会と呼ばれるほどの車が多い県です。都会でない山形ならではの土地事情がからんで、車がないと非常に不便であることから車を所有する人がほとんどであることです。

保有台数・世帯別割合でトップクラス

山形は自動車道や幹線の新規建設により、車の需要が飛躍的に増加した県です。特に世帯ごとの車の所有割合は、日本の中でもトップクラスで3位につけています。5世帯あれば、車の所持数が8台に換算できるほどです。

職場や外出先に必須

車は、普段の生活や移動の足役として今の現代社会には欠かせない存在です。特に山形では、電車やバスが限られた交通手段であることから、車を利用した遠出や仕事場への移動に利用せざるを得ない状況が多くあります。したがって、車を持っていることを前提とした社会基盤が山形県では整備されているのです。

駐車場があるのが前提

実際、山形県では家や賃貸の住居で駐車場を有していることがほとんどです。単純に所有しているのではなく、家のローンや賃貸契約で駐車場をセットに契約するケースが多いのも車社会として浸透している証拠です。

高速道路・国道の発達

高速道路は山形道と呼ばれる鶴岡ジャンクションを経由する山形自動車道、新潟・山形・秋田を繋ぐ日本海東北自動車道、東北中央道と呼ばれる東北中央自動車道があります。国道も7号~458号まで15もの国道が整備されています。

山形で人気の車の傾向

車の所有数が多い山形県には、さまざまな車種が普及しています。一般向けの車種や大型車、街を乗り回す専用の軽自動車などがあります。中でも、山形の特徴に照らし合わせた車の快適性能のある人気車種や仕事に適した軽の車種が人気です。

農業地域では軽自動車などが人気

一般に車で移動するためであったり仕事に向かうだけの車両であれば、他の件でも売れている人気の乗用車にあるような車種が選ばれます。しかし、山形県では、一般の利用だけでなく農業利用の人気車種があります。

農家で利用する軽自動車

特に軽自動車は軽トラックを中心に農業関連の場所で普及しています。トラクターなどの農業用車両はもちろんのこと、運搬や移動に大型の車両を使わず軽自動車の利用が当たり前になっています。

仕事と合わせて併用する

山形の軽自動車事情として、農業専用の仕事車両がある一方で、一般利用の車両と併用する方や農家専用の車両を普段の車移動に利用する方などがいることでしょう。事実、軽自動車として軽トラックや農業用の車両を一般道で乗っているところを見る機会があるでしょう。

冬と夏の気温差に対応できる車

東北地方に位置する県として山形は車に寒さ対策があるオプションの車種がとても人気です。山形県は雪が降ることからも分かるように気温が氷点下を下回ることが比較的多い地域です。

また、夏場は最近暑い期間が増えたことや梅雨期間前に夏本番前の暑さまで上昇します。東京で警戒レベルに達する8月中旬の暑さともなれば、車がものすごい暑さになります。

気温差に対応した車両を利用する

そのため、車の選び方が、ただ寒さ対策だけ施した車ではなく、寒さも暑さも両方しのげる車の機能性であることです。特にドア部分やボディなどの素材、密室性能や冷・房暖房機能の充実などが検討されます。夏は涼しく、冬は暖かい車は外の空気を入れない工夫に加えて外部の温度が内温を変化させない構造や遮断材を使った車に注目が集まります。

他の地域では値が付きにくい車も売れることがある

車が普及している県として、一般利用者が中古で車を購入する機会が結構あるのが山形県の中古車事情です。そのため、本来は、他の県で買取を拒否されたり値が付けられないといったことが起こるような車でも山形県内の買取や売却では、売れる場所がすぐに見つかる場合があります。

ただし、通常では売れない状態の車両や人気の低い車種であることが多いため、売却時の値が低い可能性があります。

山形で車を高く買取してもらう方法

車の買い替えや不要になった車の買取を考える場合、高く売るための方法を知っておく必要があります。ここでは、山形で車を高く売るための方法についていくつか解説します。

中古車買取業者への依頼が一番

「山形で車を高く売りたい!」という方に一番の近道が近くの中古車業者に査定を出すことです。そして、最も大事なことが山形県内の高く売れる中古車買取業者を見つけることにあります。

必ずしも選んだ業者が高く買い取ってくれるか分かりません。それに加えて、業者の査定次第です。平均相場よりも高い買取を実施している業者を選べるのであればそれに越したことはありません。高い業者に持ち込めれば相場よりも高い買取額になることが業者による中古車買取のメリットです。

一括査定サイトも利用

近い場所に買取店舗があるわけではない地域の方もいます。査定して周るのも面倒な方もいます。そこで、高い買取を実現するために利用したいのが一括査定サイトです。

一括査定サイトのメリットは、直接足を運ばなくてもある程度の見積もりが出ます。そして、その車の車種やグレード、状態から買取価格を予想することが簡単な点です。

ディーラーの下取り価格も参考に

買取額を高くするために参考にしたいのが買取額と比較した場合のディーラーの下取り価格です。

下取りが買取とは大きく違う理由

買取には、新車や中古車の購入は契約に含みません。実際に買取の手続きが進む一方で、中古車などの購入を進められるお店も存在します。

しかし、基本は買取を専門にしており、査定の中で中古車の購入をすすめられることはまずありません。そのため、買取と下取りでは中古車を処分するという意味で全く異なるものです。

下取りといえば、買取のように査定で値が確定してそれが振り込まれるという手続きはなく、新車購入とセットになって下取り価格が決められるいわば目安の値であることでしょう。

下取り価格が参考になる理由

下取りはほとんどのケースで買取よりも価格が下になります。そのため、両者を比較するメリットとしては、買取額からどのくらいの割合で上の査定額になるのかを知ることができる点です。

万が一、下取り額よりも車の買取査定で付いた値が下回るようであれば、買取業者を変更する必要があります。

山形で車買取をする際の注意点

山形で中古車買取をするのは良いこともあれば、反対に良くないこともあります。買取できる車のジャンルが極めて多いことがメリットである一方、買取業者やそれに関連した査定サイトで気をつけなければならないことやデメリットが買取方法ごとにあります。

業者と査定サイトのデメリット

業者に買取をしてもらう際のデメリットとして、優良店とそうでない店を一般の方は見分けるのが難しいことです。

中古車買取業者

買取業者を査定調査しながら比較すると、買取価格が査定する店によって大きく変動します。特に一部の業者では、標準の買取額よりも低く設定している場合があります。運悪くこのようなお店に当たった場合、他の業者と見比べるまでそれが平均以下の買取額であると判らないところです。

場合によっては出張買取のある買取業者にしか依頼できないといったケースもあるため、住んでいる場所によっては中古車査定に遠くまで足を運ぶ必要があるなど業者買取のデメリットです。

一括査定サイト

一括査定サイトは業者同士に競合によって高い買取額を実現できることがメリットです。しかし、一括査定サイトと一言で言っても実にいろいろなサイト業者があります。直接的に車パーツ買取に関連した会社が一括サイトを運営していることもあれば、会社が業者と提携して一括査定サイトを成立させていることなどがあります。

一括査定サイトの最大のデメリットは、このサイトを運営する会社ごとに業者の事情や見積額の上限・下限が違っていることです。山形で提携している業者の数が少ないと、競争が起こりづらくなり、結果として見積の価格がそれほど上がらないことがありえることでしょう。特に地方では、グレードや状態を選択した先でたくさんあった業者から振るいにかけられて数が減ります。

最後に残ったわずかな業者の中から査定先を選ばなくてはならないという状況が発生するなど、グレードや車種によっては業者がそれほど見つからないことも視野に入れなければなりません。

見積もりと査定の差

また、山形における一括査定サイトは見積もりと実際の査定に差が生まれやすいことも一つのデメリットです。全国的には見積もりとしてある一定の買取額が成立したとしても山形県内での流通量や中古車販売事情の影響で見積もりから価格を下げざるを得ない状況になることがあるからです。

以上のことから、一括査定サイト登録には、個人情報の流出や営業のしつこさなども加味します。そして、適切な一括査定を選ぶ必要があるので注意しましょう。

ディーラー

ディーラーはデメリットとして、車を持ち込むと、予定していた見積額よりもかなり低い査定額を提示される場合があります。下取りではなく買取に絞るのであれば、中古車買取業者の中から査定員に見てもらうのが高額買取には必要です。

積雪によるサビが査定額に響く

山形で振る雪だけに限ったことではなく、全国でも雪の降る地域は車が傷みやすいでしょう。特にサビは買取査定にとっての天敵です。雪に接触する機会の多い山形県では、特にタイヤ周りや車体下部にサビが発生しやすいといえます。サビは査定のマイナス要因となる項目の一つであるため、査定額に影響することが知られています。

山形県内のおすすめ買取業者

ここで挙げるのは、大手や地方を拠点に活動するおすすめの買取業者です。

全国展開大手

  • カーセブン 鶴岡店

全国展開するカーセブンの山形最初の出店店舗です。高価買取に自信のある買取をします。

  • ガリバー アウトレット鶴岡店・ガリバースナップハウス山形西バイパス店

全国に550店舗ある有名な買取会社のガリバーです。キッズルームや買取相談が充実しています。

  • アップル 新庄バイパス店

知名度の高いアップルの店舗です。常時軽自動車の展示などを行っている買取に意欲的な店舗です。

  • レッドバロン 鶴岡

バイクで有名なレッドバロン。東北に各店舗があり、鶴岡店舗は国道沿いでアクセスがよい。

  • ビッグモーター 山形店

全国に店舗があるビッグモーターの店舗です。高価買取フェアなど買取サービスが充実しています。

山形にはガリバーやカーセブンなどおすすめの大手買取業者が参入しているため、各エリアの中心から近いところで山形の車を中古車買取できる状況といえます。

他の県に販売するパイプがあるため、山形では需要のない車種やグレードでも高く買取できる可能性のある店舗です。

地元の買取業者

  • 農機具 買取

トラクターを買取してくれる農機具関連の買取業者です。

  • カーサービス山形 酒田店

出張買取や持込など車の買取をする買取業者です。

  • ラウズ山形店

中古の農機具を買取してくれる業者です。小型機からトラクターまで買取可能。

  • 山形オートリサイクルセンター

トラック中古パーツの買取や廃車買取も行い業者です。

  • 山形県自動車販売店(リサイクルセンターエコショップカーセブンター庄内)

車のパーツなどを中心に買取している業者です。中古車を有効活用する資源リサイクルを中心に活動しています。

エリア中心から離れている地方の市町村では、大手は少ないため、地元のおすすめ買取業者に買取を依頼しましょう。

農機具 買取、山形オートや山形県自動車販売店など、リサイクルやエコショップ、農業関連の器具を総合的に扱うお店が車買取を別に行っています。

もちろん、山形をエリアの拠点とした買取ショップもたくさんあります。それらを比較しながら利用できます。

まとめ

今回は、山形で車を売却する際に知っておきたい中古車需要の背景や実際に買取の際に注意したい点など紹介しました。大手の業者に買取してもらうのか、それとも地元で買取を進めるのか。一括買取サイトを利用する際に、メリットやデメリットを把握した上で、正しく買取業者を利用しましょう。