茨城県の車買取市場は活発すぎる?多様化が進むカーライフとは

茨城県は首都圏に近く、各産業がバランスよく生産・製造されている地域でもあります。茨城県にはドライブできる観光スポットも多いですが、茨城県において車はどのような役割を担っているのでしょうか。今回は、茨城県の車買取事情について、検証します。

茨城は南部と北部で車の必要性が変わる

茨城県内では、地域的な発展の差が大きいとも言われていますが、車の需要にはどういった影響を与えているのでしょうか?まずは、茨城県の人口・気候・地理的条件から、車買取事情を検証します。

茨城県の人口と車の普及率

2018年10月1日の推計人口によると、茨城県の人口は約288万人で、47都道府県中11番目に多い人口を抱えています。穏やかな雰囲気と自然豊かな印象が強いですが、インフラ整備によって人口が増え、企業や学校の誘致も積極的に行う県南部を中心に活気を見せています。

しかし、県の北部においては開発が進まず、人口流出の影響により過疎化が進んでいる点が、問題視されています。首都圏から気軽に行ける観光地という利点はありますが、高齢化が進み車の所有率も減ってくるのではないかと懸念されています。

利便性においても、南部と北部では大きな違いを見せるために、車の必要性も各地域で大きく変わってきます。一般財団法人自動車検査登録情報協会が2018年3月に調査した、茨城県全体での1世帯当たりの車普及率は、1.560となっています。この数字は全国でも8番目に多く、各世帯で1台以上の車を保有している計算になります。

茨城県全体で見ると車の普及率は非常に高く、利便性が高いエリアにおいても、レジャー目的で車を所有している方も見受けられます。また茨城県はゴルフ場も非常に多く、多く荷物を積むことができる車種も、人気が高い傾向にあります。

気候や地形

茨城県は関東地方の北東に位置し、東京から県南エリアは40キロ、県庁所在地の水戸市は100キロ圏内にあるため、高速道路を利用して都内へ出かけることも可能です。

また、茨城県は可住地面積も広く、首都圏に近いことから、今後もますます発展する可能性を秘めています。県の北部においても、南部との連携や地域振興策によっては、人口が急増するポテンシャルを秘めていると考えられます。

そんな茨城県は、全国的に見てもかなり晴天の日が多い地域です。夏は太平洋高気圧、冬は西高東低の冬型の気圧配置、春と秋は移動性高気圧の影響で、気持ちの良い気候です。初雪の観測日も周辺地域と比較しても遅く、冬に雪が降る事は少ない地域だと言えます。

しかし、近年では強風や竜巻など自然災害も多く発生しています。冬型の気圧配置が強まると、関東特有のからっ風が強まり、南部地域ではこれを筑波おろしと呼びます。

近年は日本の平均気温も高まり、異常気象も多く発生する背景があるので、今まで車選びに気候的要因が少なかった茨城県においても、機能面で特筆すべきポイントが出てくる可能性もあります。

公共交通機関について

茨城県の公共交通機関の利便性は比較的高いと言えます。JRは水戸線・水郡線・常磐線・鹿島線など各方面を網羅し、私鉄も多く運行されています。南部では首都圏に住んでいる方と同様に、公共交通機関での移動がメインの方も急増しています。

しかし、茨城県の面積は広く、南部と北部では鉄道の利便性が大きく異なります。特に北部では、バスが運行されていない地域がたくさんあるので、普段の生活は車に頼らざるをえない状況が続いています。

道路整備状況においては、長年の車の高い普及率から進捗度は高く、現在も拡幅工事など、渋滞解消のための工事が積極的に進められています。

広い茨城県内ではありますが、国道・県道・高速道路と、各路線が結ばれているので、渋滞問題が解消されるとより車の利便性は高まると考えられます。

茨城で人気の車種

続いて茨城県で人気の車種についてご紹介します。

茨城県の中古車人気ランキング

茨城県内の、価格.com人気中古車ランキングは、下記になります。

  1. トヨタ・アルファード
  2. スズキ・ワゴンR
  3. スバル・フォレスター
  4. ホンダ・N-BOXカスタム
  5. マツダ・CX-8
  6. 日産・セレナ
  7. ホンダ・フィット
  8. マツダ・デミオ
  9. トヨタ・クラウン
  10. 日産・エクストレイル

1位となったトヨタ・アルファードをはじめ、ミニバン・SUVが半数を占めています。コンパクトカーや軽自動車においても、そのクラスの車としては高い質感や性能が評価される車がランクインしています。

茨城県は、県内や県外に出かける際には、たくさんの選択肢があります。そのため、ライフスタイルも多様化しています。

北部では生活に密着した役割を持つため、実用性も重視されますが、南部ではレジャーや趣味での使用頻度も高いため、あらゆるジャンルの車がバランスよく、ランキングに入った印象です。

茨城県の車買取事情

茨城県は荷物の運送手段を見ても、車の使用頻度が高く、自家用車・商用車ともに中古車市場の動きが活発です。

ランキングから、ミニバン・SUV車の人気が伺えましたが、日常生活の移動手段は車がメインとなる世帯が多く、家族全員で行動するために乗車定員が多い車が重宝されています。

またデミオ・フィット・ワゴンRなどは、セカンドカーとしての利用頻度が高く、近距離での移動や通勤に使用される傾向にあります。

茨城県の買取業者は幅広い需要が見込めることから、年式が車でも相場以上の査定額がつくことも珍しくありません。少々古い車種であっても、茨城県内で買取査定を依頼すると、他県よりも高値がつくことが期待できます。

また通常であれば、カスタムがされている車は買取金額が下がりやすいものですが、茨城県ではカスタム車の需要も多くあるので、比較的柔軟に対応してくれる買取業者が多く見られます。

車検などの基準を満たした範囲のカスタムであれば、わざわざ純正パーツに戻す必要もなさそうです。そして競争が激しく、他社と買取価格で差別化を図ろうと考えている業者が多いため、他県と比較しても買取価格でメリットを感じるケースが多いと言えるでしょう。

茨城城の車買取おすすめ店舗一覧

続いては、茨城県の車買取おすすめ店舗をご紹介します。

レンシュポルトモーター

住所:茨城県水戸市酒門町3290-6
TEL: 080-9044-9523
営業時間:8:00~20:00
定休日:不定休

独自の流通コネクションで高価買取

地元に密着し、質の高いサービスを目指している買取業者です。茨城県内での車のニーズを把握しているので、買取をあきらめていた車でも、親身になって取引してくれます。外車・スポーツカー・旧車など、独自の流通コネクションを持っているので、高額査定も期待できます。

Euro Depot

住所:茨城県水戸市河和田2-2231-6
TEL:029-255-0100
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日

レクサス車・高級外車は特に高価買取

レクサス車や高級外車を専門的に取り扱っているので、買取においても高額査定を実現します。モデファイ車・特殊車輛・国産ディーラーで値段がつきにくい車輛なども、積極的に買取ります。 ショールームの在庫車からの乗り換えの場合は、他社に負けない独自のサービスを受けることもできます。

ジャンプつくば店

住所:茨城県つくば市古来1448-1
TEL: 029-869-5020
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日

満足と安心を提供

茨城県全域で営業するジャンプつくば店は、地域に愛され信頼され続けるお店を目指しています。持ち込まれた車を最大限の評価・査定で、満足の買取り金額、安心のサポートを行います。 車検の切れた車や動かなくなってしまった車でも、無料出張査定を行っています。

レッツつくば(株式会社カードックオオノ)

住所:茨城県つくば市古来1448-1
TEL:茨城県つくば市下平塚466-7
営業時間:9:00〜19:00
定休日:不定休

気持ちの良い買取取引

身近なお医者さんのような立場で車に接したいという理念のもとに、車の状態や価値を丁寧に査定します。車と顧客への丁寧なヒアリングも行い、双方が納得のいく気持ちの良い取引を目指しています。一期一会を大切に、世界に1台しかない愛車の魅力をしっかり細かい部分までチェックして引き出します。

Hopease株式会社

住所:茨城県取手市野々井694-21
TEL:0297-63-5477
営業時間:8:00-21:00
定休日:不定休

顧客サービスの限界に

Hopeaseは、茨城県を中心に全国の顧客からの直接仕入れ体制を敷いています。さらに海外輸出のルートも確保していますので、海外需要も考えた買取価格で状態の悪い車や不動車を引き取ることも可能です。業者間の手数料などのコスト削減を図ることで、高価買取を実現し、顧客に還元します。

まとめ

今回は、茨城県の車買取について検証し、ご紹介しました。車の普及率が高く中古車市場も活発な茨城県には、多くの買取業者が存在します。

高価買取を期待できるエリアでもあるので、車買取一括査定サイトなどを利用し、買取業者を競合させることで、限界に近い査定額を出してもらえる可能性も高まります。ぜひ参考にしてくださいね!