静岡県は車の買い替え需要が高い?売る前に知っておきたい情報と買取業者まとめ

静岡県と言えば、軽自動車No.1の株式会社スズキの本社があることで有名な都市です。東名高速道路が横断していることで、交通事故件数も大変多い県でもあります。今回は、静岡県の車買取りについて調べましたので、県の特徴とあわせて紹介していきます。

静岡県の特徴と車の関係について

静岡県は、富士山・伊豆半島・日本一深いと言われる駿河湾などが有名で、東西155km・南北118kmの広さの県域を有しています。静岡県の特徴や、静岡県の車事情を紹介していきます。

人口や県の概要など静岡県の特徴

  • 静岡県の人口:3,651,912人(2019年2月1日時点)
  • 面積    : 7,777.42平方キロメートル
  • 人口密度  : 470人/平方キロメートル
  • 県庁所在地 :静岡市

静岡県は、戦国時代に桶狭間の戦いで、織田信長に討たれた今川義元が治めていた領土であることでも知られています。静岡県の駿府宿・浜松宿・熱海宿は、江戸時代に日本橋から京都の三条大橋までの東海道五十三次の宿場町として栄えてきました。

徳川家康ゆかりの岡崎城・浜松城・駿府城や、世界遺産に登録された韮山反射炉など多くの史跡や歴史のある県です。また、熱海温泉や伊東温泉など伊豆半島には多くの温泉地もありますし、富士山を眺めることができる浜名湖も静岡県にあります。スポーツでは、サッカー王国と呼ばれるほどサッカーが盛んな地域で、Jリーグのジュビロ磐田や清水エスパルスの本拠地が静岡県にはあります。

車関係では、軽自動車の販売台数国内No.1の株式会社スズキが浜松市に本社を構えていますし、静岡県駿東郡小山町には富士スピードウェイがあるので、自動車とも非常に縁のある県と言えます。

静岡県の地形や気候

静岡県の地形は、北に南アルプスがそびえて、東には富士山や箱根山に伊豆火山群があり、伊豆半島はフィリピン海プレート上にあると言う、非常に特殊な地形になっています。標高の高い山々に囲まれているので、水源は豊富ですが安部川を境にして、東西で地質構造的には全く異なる地形になっています。

静岡県の気候は太平洋側気候ですが、海と標高の高い山々に囲まれている地形で、南北の気候が全く異なります。海側では黒潮の影響もあって温暖な気候で雪も殆ど降ることはありませんが、南アルプス側では中央高地式気候で東北地方と変わらぬほど雪が多く降ることでも知られています。

国内の中でも比較的南側に位置している静岡県ですが、20年連続1番早いオープンを記録するスノータウンイエティ・スキー場があるほどの豪雪地帯です。南アルプス側では、4WDやSUVを中心に車の売買が行われる地域と言えます。

静岡県の道路事情

静岡県は東西155kmと長く、東名高速道路や新東名高速道路が走っている関東圏と関西圏を結ぶ交通の要衝にあるため、交通量が非常に多い県でもあります。そのため、トラックや観光バスなど大きな自動車も多く走っていますし、スピードを出して走行しているので、交通事故が非常に多い県と言われています。

事故件数が多い理由としては、幹線道路や高速道路が長い距離横断しているので、速いスピードで走行している車も多く、必然的に事故を起こす確率が上がります。

1度事故を起こすと多重事故になることも多く、大事故になる確率も上がってしまいます。こうして見てみると静岡県の道路事情は、あまり良いとは言えないかもしれません。

公共交通機関について

静岡県の鉄道利用者は、大きく減ることもなく一定を保っている状況ですが、路線バスの利用者が年々減少していて、県民の多くが自動車を交通手段にしていることが分かります。

静岡県としては、過度な自動車の利用を控えて、県民が利用しやすいように、公共交通機関を円滑に接続することを目標にしています。特に自動車を運転することができない高齢者や、通学者の交通手段を確保することを最優先として、公共サービスの強化に取り組んでいます。

浜松市:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kotsu/traffic/kokyo_sesaku/kasseika/index.html

静岡県でよく乗られている車

静岡県で良く乗られている車を調べるために、価格.comの静岡県人気中古車ランキングのデータを参考にしてみます。

  • プリウス
  • アルファード
  • セレナ
  • タントカスタム
  • ヴォクシー
  • ハイエースバン
  • スペーシアカスタム
  • ランドクルーザープラド
  • ヴェルファイア
  • エブリイワゴン

静岡県の中古車人気ランキングは、軽自動車販売台数No.1のスズキが本社を構えるだけあって、人気車種に交じってBEST10の中にスズキの軽自動車が2台ランクインしています。

静岡県の自動車保有台数の内訳は、【乗用車が約134万台】【軽自動車が112万台】で、軽自動車の保有台数が41年連続で増え続けていますし、近い将来には軽自動車が乗用車の保有台数を抜く勢いにあります。

軽自動車以外では、ワンボックスとミニバンが5台もBEST10にランクインしているのも静岡県の特徴となっています。静岡県でよく乗られている車は、【軽自動車】【ワンボックス車】【ミニバン】と言って良いでしょう。

静岡県の車買取おすすめ店舗一覧

静岡県の車買取り事情は、ガリバーやアップルなど大手車買取専門業者が独占している状態です。静岡市と浜松市に出店が集中しているのも、静岡県の大きな特徴と言えます。静岡県でのおすすめ車買取専門業者を紹介します。

カーチス浜松

カーチスは、静岡県で一番人口が多い、浜松市に店舗を構えています。車買取専門店としては、中堅規模になりますが1店舗1店舗の敷地面積が広く、ゆっくりと寛ぐことができます。

カーチス浜松の特徴

カーチスは、業界初の仮想通貨決済やマイルが貯まるシステムなど、様々なサービスを一早く導入していることで話題を集めている車買取専門店です。カーチス浜松は、大型家電量販店や大型ショッピングモールが近くにあるため、ショッピングの帰りでも気軽に立ち寄れる立地にあります。

店舗内には、キッズコーナーや雑誌コーナーなど、お子様がいらっしゃるお客様でも安心して利用ができます。また、店舗に直接来店することができないお客様には、浜松市内全域と磐田市であれば無料出張査定サービスも実施しています。車の買取りだけではなく、車の販売にも力を入れている地域密着型店舗になっています。

カーチスの評判

カーチスの評価で1番高いのは、買取査定額が高いことです。一括査定サイトで、お客様満足度No,1に8年連続受賞しています。また、プライシングセンターを設けることによって、全国の相場価格と在庫状況を見極めることができるので、高く買い取った車をより安く販売するシステムが構築されています。

お客様満足度の指標は、買取り価格の満足度と比例しているので、カーチスが8年連続No.1に輝いた理由は、高額査定で得たものだと考えて良さそうです。悪い評価としては、査定後に修復歴が判明した際、減額返金を強要されたり、解約する場合にも解約金が発生するなど、契約後のトラブルが目立ちます。

これは査定技術が低いことで起こるトラブルなので、接客面が高い水準にあるだけに大変残念なことです。査定技術を高める企業努力をすることで解決できる部分でもあります。

ガリバー静岡

ガリバーは、全国に約550店舗展開する車買取専門店国内No.1のシェアを持っていますが、静岡県内だけでも30店舗も展開しています。

ガリバー静岡の特徴

静岡県内でのガリバーは、主要道路を走行しているだけでガリバーの黄色い看板が良く目につきます。店舗数が示す通り、ガリバーの特徴はその展開規模にあります。ガリバーは、買取った車を直接在庫として販売することもありますが、展示するのは最長でも2週間と決まっているので、長期在庫での原価割れが殆どありません。

展示場にはいつも新鮮な在庫が並んでいますので、回転率も良くお客様の心理としても早く決断をしないと売れてしまうと思ってしまうため、契約するまでの日数も他社と比べて早いのが特徴です。

また、全国約550店舗とドルフィンネットで繋がっているので、店頭にない車でも全国のガリバーの在庫車の中から探すこともできますし、毎日全国で約500台もの買取りを行っているので、探していた車が見つかる可能性もあります。

特許を取得した全国統一査定システムで、各店舗スタッフによる不公平差もなく、安心して査定を依頼することもできます。買取り実績、販売実績ともにNo.1のガリバーなら、高額査定に期待が持てます。

ガリバーの評判

全国統一の査定方法や、接客態度に満足しているユーザーが多いガリバーですが、これだけ大きな会社になると良い評価ばかりではありません。良く耳にする悪い評判は、契約するまでのしつこい営業が鬱陶しく感じている人が多いようです。

車を買い取ることが仕事なので、ある程度の営業は仕方がないとは思いますが、しつこさにも限度があります。また、査定価格を天秤にかけることを嫌って、査定価格を契約するまで提示してくれないと言う話も良く聞きます。

しかし、査定価格を口に出してしまうと、他社へ情報が流れてしまって買取価格がどんどん上がってしまうので、ガリバー側からすると嫌がるのも当然かもしれません。この悪い評判は商売上、仕方がない部分もありますが、営業マンによってもお客様に与える影響は違うので、社員教育の徹底をもう少し親身になって行うべきです。

アップル静岡

静岡県内で5店舗を展開しているアップルですが、ガリバーとは対照的に主要都市以外での出店が目立ちます。

アップル静岡の特徴

静岡県内にあるアップルは、全店舗キッズコーナーが完備されているので、小さなお子様がいらっしゃるユーザーでも安心して来店することができます。読者の方がご存知かどうかは分かりませんが、アップルが日本で初めて車買取業を始めた会社と言われています。車買取専門業者として老舗のアップルですが、古い車や4WD車やディーゼル車などに最近は力を入れて買取りを行っています。

流通方法としては、他社と同じように買い取った車を自社で販売を行うか、業者オートオークションへ出品して売却するのですが、海外への輸出に力を入れているので、過走行車や修復歴車でも買い取ってくれることがアップルの特徴です。他社で買取り不可だった車などは、アップルへ査定依頼を行って見るのも良い方法です。

アップルの評判

アップルの評価は、他社との見積比較になったときでも、数万円単位で買取りを行ってくれることと、インターネットで査定依頼を行うのも店舗で査定を行うのも嘘偽りなく査定価格に差がないことです。

営業マンや店舗によっては、無料出張と言っても査定額に多少の差を付けて提示する場合がありますが、アップルは正真正銘の無料出張査定で、ユーザーからの信用度が非常に高いと言われています。そこまで悪いことではないのですが、他社の査定価格を参考にしてから査定価格を提示してくるスタッフが多いとも聞きます。

考えようによっては、少しでも高く買い取ってくれるので、他店の情報を流すのも良いことかもしれませんが、逆に言えば査定基準がスタッフによって曖昧になっているとも言えます。会社としての査定価格の基準がハッキリと設けられていないのが問題なのと、担当するスタッフによって価格が異なることも大きな問題と言えます。

まとめ

静岡県の車の買取りについて紹介してきましたが、スズキ自動車の影響もあって軽自動車の需要が非常に高い県です。

車買取専門店も非常に多いのですが、軽自動車はリセールバリューが高い車種なので、静岡県内で店舗を構えている車買取専門店は利益を出しやすいとも言えます。

また、交通事故発生件数も全国で上位の静岡県なので、車の買い替え需要も高い県です。車の買取としては活気があるので、静岡県は高額査定が期待できますよ。