車必須の岩手県!広大な地形が生み出すクルマ社会の買取事情とは?

岩手県の車買取について、他県とは違う特徴はあるのでしょうか。岩手県は国内で2番目の広さを持った県ですが、この広大な面積でどのような車社会が形成されているのかも、気になります。今回は、岩手県の車買取事情について検証します。

岩手県内では車が必須

日本の面積のうち、約4%を占めていると言われる広大で肥沃な土地を持つ岩手県ですが、まずは岩手県の車買取事情を、人口・気候など地理的条件から検証します。

岩手県の人口と車の普及率

岩手県の人口は約135万人で、47都道府県の中では32番目で、東北では青森県に次ぐ人口となっています。

岩手県は、大きく県央・県南・沿岸・県北と4つのエリアに分類されます。しかし、そのうちの100万人以上は、内陸部の北上盆地に集中していることから、県央エリアを中心に発展していることが分かります。

県庁所在地である盛岡市を筆頭に、一関市・北上市・花巻市・奥州市などは、全国に支店を展開する大手の買取業者も店舗を構えています。

岩手県では、県の面積が広いため、公共施設や、病院・学校・職場・ショッピングモールなど、自宅から距離があるという方も多いです。そのため岩手県では、車での移動距離は長くなる傾向にあるようです。

岩手県での1世代あたりの車の保有台数は、1.390となっています。47都道府県16番目に多い数値で、各世帯において車は移動手段として重大な役割を担っていることが伺えます。

岩手県に限らず、東北地方では、3世代・4世代同居をしている世帯が多い傾向にありますが、共働きの核家族も多いため、日常で使用する目的で大人一人につき1台所有している世帯も多く見られます。そのため、女性の車の保有率も高く、運転しやすく低燃費性が特徴の、軽自動車やコンパクトカーの売れ行きが好調な背景があります。

気候と地形

岩手県は本州の北東部に位置し、東西約122キロメートル、南北約189キロメートルと、南北に長い楕円形となっています。面積は47都道府県中2番目に広く、日本の面積のうち、約4%を占めています。埼玉・千葉・東京・神奈川を合計した面積よりも広く、いかに広大なエリアとなっているかが分かります。

先ほども少し触れましたが、岩手県は大きく4つのエリアに分けられ、気候の特性も少し違います。

岩手県の中心地でもある、内陸部の大部分は山岳丘陵地帯で占められます。西側には秋田県との県境に奥羽山脈があり、東部には北上高地が広がります。そして、これらの山脈の間を北上川が南に流れ、その流域に平野が広がる地形となっています。

東の沿岸部は、宮古市より北では、典型的な隆起海岸で、海食崖や海岸段丘が発達しています。一方、宮古市より南側では、国内有数のリアス式海岸が広がり、同じ沿岸部でも対照的な景色を楽しむことができます。

そのため、岩手県の気候はエリアによって違いを見せ、奥羽山脈の山沿いにある地域は、雪の多い豪雪地帯となります。一方で北上高地では高原性、盆地性の気候を示します。また、北上川沿いの平野部では、冬は寒く夏は暑いと言った、内陸性の気候となっています。

そして沿岸部では、海洋性の気候を示しますが、宮古市以北では寒流の影響のため全般的に気温が低く、冷害などの気象災害がおこりがちです。

単純に東北のイメージとして、冬の寒さが厳しいことが挙げられますが、岩手県においては、このような気候差があることから、走破性の高い車が好まれる地域と特に人気の突出しない地域があるのも特徴です。

道路事情、公共交通機関について

岩手県内では、広大な地形を公共交通機関がカバーしきれていない現状があります。そのため、人々の移動手段としては、自家用車が最優先で考えられるようです。

冬場の積雪も多い地域ですので、公共交通機関は運休なども考えられるため、車での移動の方が、利便性と自由度が高くなっています。さらに東日本大震災の影響により、沿岸部では公共交通機関の一部で運休等が発生しています。そうした事情もあり、公共交通機関はあまり発展していない地域と考えて良いでしょう。

岩手県内では、国道4号線などの幹線道路では通勤時の渋滞は発生しますが、比較的運転しやすい環境が整っているようです。またドライバーのマナーが良いことも挙げられるので、不慣れな方でも安心して運転できています。公共施設や店舗を見ても、広い駐車スペースを確保していることから、利便性は非常に高いようです。

ただ、積雪や路面凍結が多い地域でもありますので、冬場の事故は多い傾向にあります。夜間や朝方は道路が凍り、スリップ事故が発生しやすくなります。また、日が落ちるのも早いので、視認性は低くなってしまいます。

岩手県の道路は、冬場に運転で特に注意を払う必要がありそうですが、東北の他県ほどにSUVや4WDの需要は高くないようです。スタッドレスタイヤの性能が上がっているので、そちらでカバーできるという判断からか、特定の車種に偏った需要は、あまり見受けられませんでした。

岩手で人気の車種

続いては岩手県で人気の車種についてご紹介します。2019年3月現在の価格.com人気中古車ランキングによると、岩手県では、燃費が良くコストパフォーマンスに優れた車が全般的に人気です。

プリウスやアクアといったハイブリッド車や、ノート・フィットなどのコンパクトカーなど、燃費が良く車両価格もお手ごろな車は、人気も高く車買取市場においても相場が下がりにくいジャンルのようです。

そして、女性や若い世代には、維持費も安いワゴンRやムーブなどの軽自動車のニーズが高くなっています。しかし、軽自動車と普通自動車の割合を見ると、普通自動車の方が普及率は高い傾向にあります。

広大な面積を持ち、日常で使用する際にも長距離の運転が必要となる環境下では、上記のポイント以外に疲れにくい乗り心地も鍵となるようです。したがって、岩手県でリセールバリューが他県より高い車種は、低燃費かつ乗り心地の良い、コンパクトカーをはじめとした低排気量の車だと言えるでしょう。

そして、岩手県内では年間の走行距離が自然と長くなる傾向にもあるようです。その単位に慣れているからか、多少走行距離が長い中古車であっても、リセールバリューは大きく落ちないようですが、走行距離が少ない車であればあるほど高価買取が期待できます。

岩手県内で車を売却する際には、走行距離も車買取を依頼する一つの目安にすると良いでしょう。

岩手の車買取おすすめ店舗一覧

続いては、岩手県の車買取おすすめ店舗をご紹介します。

エイトガレージ

  • 住所:岩手県盛岡市東安庭2-1-15
  • TEL: 019-651-8751
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:年中無休

何処よりも高い買取価格を

エイトガレージは、輸出車輌や解体車輌なども取り扱っているので、様々な状態の車買取に自信を持っています。早い対応と確かな査定額で、満足のいく取引を実現させています。盛岡市を中心とした県央エリアで、何処よりも高い買取価格を目指しています。

サニーくるま査定センター(サニーガイド株式会社)

  • 住所:岩手県盛岡市厨川3-11-12
  • TEL:019-618-4302
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:月曜日

岩手県にとことんこだわった買取対応

営業対象地域を岩手県全域とし、電話・メール・出張と様々な形での買取対応を行なっています。すぐに売る気が無く、愛車の正しい値段を知るためだけの査定も可能です。安定の高額査定と、手続きや支払いのスピードと確実性を追求し、各世代に愛される買取業者を目指しています。

株式会社福盛田自動車

  • 住所:岩手県花巻市西宮野目13-108-19
  • TEL:0198-26-4557
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:日曜日・祝日

小回りの効くサービス

信頼と安心をモットーに創業29年を迎えた福盛田自動車は、大きな店では出来ない小回りの利くサービスを心がけています。特にハイエースとサンバーは需要が多いため、高価買取キャンペーン中です。また、乗り換え時期も急がないという方は、最適な方法で手放すことができる委託販売を利用することも可能です。

スリーエスプロジェクト 車買取りワン

  • 住所:岩手県奥州市水沢区太日通り1-5-11
  • TEL:0197-51-7100
  • 営業時間:10:00〜20:00
  • 定休日:月曜日

スリーエスプロジェクト車買取りワンでは、ハッチバックタイプをはじめとした普通車の販売実績が豊富です。そのため、普通車の買取においては、他店より高額査定で引き取ることが可能です。査定はもちろん無料で、出張査定も早く対応してくれたと、利用者からは好評です。

クルマカイトリネットワーク株式会社

  • 住所:岩手県北上市大通り4-1-2
  • TEL:0197-72-7550
  • 営業時間:9:00-20:00
  • 定休日:年中無休

顧客サービスの限界に挑戦

普通車から工事用車両まで、車という名のつくものなら何でも買取りする自信を持っています。余分なコストをカットして顧客への還元を行なっているので、他店の見積り以上に高額査定を実現させます。岩手県内で一番高値で買取を行う業者であることを目標に、日々顧客サービスの限界を引き延ばすことに挑戦しています。

まとめ

今回は、岩手県の車買取について検証し、ご紹介しました。

岩手県は、広大な土地を持っているため、公共交通機関が網羅できていない現状があります。4つのエリアの中でも、気候や道路条件の特性は異なりますが、岩手県内で生活する上で、車を所有することは必須とも言えます。

長距離移動が多い環境のため、コストパフォーマンスに優れた車が人気が高いですが、リセールバリューにおいても期待して良いでしょう。県央エリアを中心に、大手・地域密着型と多くの買取業者が営業していますので、車の取引にも非常にスムーズな環境が整っています。