【セダン編】高級車といえばセダン!プレミアムな高級セダン20選

高級車というキーワードで、真っ先に思い浮かぶボディタイプはセダンではないでしょうか。高級車の王道とも言えるセダンには、各時代に名車と呼べる高級車が存在しました。セダンの高級車は具体的にどんな特徴を持っているのか気になるところです。

そこで今回は、セダンの高級車についてご紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

セダンの高級車はここがすごい!

まずはセダンの高級車について、主な特徴をまとめてみました。

優れた走行性能

セダンは低重心で安定感のあるのボディで、空気抵抗を少なくするメリットがあります。そのため走行性能に優れている車種が多いのが特徴です。スポーティな走行やゆったりとした走り心地など、車種ごとに特徴はやや異なりますが、比較的どの車種でも余裕のある走りを楽しむことができます。

さらにカスタムパーツも豊富ですので、足回りのチューンアップを行う楽しさもあります。ストップ&ゴーの多い街中から、高速道路においても安定感のある走りを楽しめるのは、セダンの大きな魅力だと言えます。

ボディ剛性や安全性が高い

セダンは、室内空間の前にボンネットが広くとられ、後ろに荷室があります。室内空間の前後を広く確保していることによって、ボディ剛性が他のボディタイプより高くなっています。

居室空間まで衝撃が伝わりにくいことに加え、セダンの高級車は安全装置が充実しているので、事故を未然に防ぐ効果も近年では高まっています。

また、荷室が見えない設計なので、セキュリティの観点でも安心できる設計です。セダンの高級車には、盗難防止のセキュリティアラームが搭載されている車種も多いので、大切な荷物も安心して積むことができます。

静粛性に優れ快適な室内

セダンの高級車は、他のボディタイプと比較しても乗り心地が抜群に良いと言われています。セダンは重心が低いので、コーナリング時も左右へ振られることが少なく、安定感があります。

そしてセダンは、サスペンションが柔らかめに設計されている車が多いので、結果的に振動や揺れを感じにくい乗り心地につながり、上質なドライブを楽しむことができます。

また先述したように、ボンネット・室内空間・荷室が区切られている設計なので、ロードノイズなどの影響を受けにくい設計でもあります。そのため静粛性も優れ、まるでリビングにいるかのようなひと時を楽しむことができるでしょう。

セダン高級車の人気車を紹介

続いては、人気のセダン高級車を車種別にご紹介します。

国産車

国産車のセダン高級車は、各メーカーの技術力が集約された性能が多く反映され、プレミアム感を随所に感じることができます。

トヨタ・センチュリー

  • 新車価格:1,113~ 1,960万円

運転するためではなく、ゲストをもてなすための車として、皇室でも愛されている日本代表のセダン高級車と言えるでしょう。センチュリーが纏う高級感は、世界中のセダン高級車と比較しても、遜色ない性能と上質感を持ち、メイドインジャパンならではの独自の存在感を持っています。

センチュリーの生産体制は徹底して最上級の環境が重視され、トヨタの中で特に優れたエンジニアのみが生産ラインに立つことが許されます。装備品の質感はもちろん、ドアの開閉音もこだわられるというセンチュリーの後部座席に、誰もが一度は乗ってみたいと思うのではないでしょうか。

トヨタ・クラウン

  • 新車価格:460.6~718.7万円

センチュリー同様に、官公庁や企業のトップ、そしてタクシーなど、日本の公共の場では必ずと言っていいほど見かける車です。トヨタ量販車の中でも、最高級車として半世紀に渡り君臨してきたことで、クラウンは成功の象徴とも考えられています。

常に時代の最先端を取り入れた技術と上質かつ快適な室内空間など、高級車としての基準は、クラウンが作っていると言っても良いでしょう。現在は、環境性・多様性などが多く車に求められる傾向ですが、現行モデルのクラウンは、そんなトレンドも反映しつつ、高級車としてのプライドも強く感じさせてくれます。

【2019年最新版】トヨタクラウンの買取相場情報は?高く売る方法も分析!

新型登場で大注目のトヨタクラウン!気になる年間維持費と購入時の費用は?

レクサス・LS

  • 新車価格:980~1,680万円

レクサスのフラッグシップモデルにして最高級セダンに位置付けられるLSは、内外装のデザインや質感に加え、最先端のテクノロジーも備わり文句のつけどころがない存在です。

これまでLSは、圧倒的な排気量を持つエンジンが特徴でしたが、高効率なエンジンの開発により、現行モデルでは排気量を落としつつも、より力強い走りを楽しむことができます。

そして車内で快適に過ごすための機能性も秀逸で、大型カラーヘッドアップディスプレイなどを始めとする先進的な機能の数々は、ファーストクラスで過ごすのと遜色ないひと時を提供してくれます。

ラグジュアリーセダンLSの1年の維持費明細を紹介!購入費の試算も

レクサスLSは買取に出すと高値が期待できる?その買取事情に注目!

レクサス・GS

  • 新車価格:535.2~782.0万円

グランドツーリングセダンを意味するGSは、最高峰のスポーツセダンとして、走行性能の高い理想を追求しています。GSはセダン高級車でありながら、スポーツカーのような走行性能とハンドリングのキレによって、こだわり派のユーザーも夢中にさせています。

GSのスポーティな走行性能は、日本や海外の中古車市場でも非常に人気が高いです。レクサスの数ある車種の中でも、GSのリセールバリューは安定して高く、数年先のリセールバリューも期待できる一台だとも言えます。

レクサス人気ツーリングセダンGS!1年間の維持費を項目別に解説

レクサスGSの買取価格が知りたい!買取評価と査定アップのコツとは

レクサス・IS

  • 新車価格:420~643.8万円

Dセグメントセダンのレクサスブランドを牽引する存在としてだけではなく、GSと並ぶ高級スポーツセダンの代表格とも言えます。より運転しやすい取り回しの良さと本格的な走行性能は、非常にオリジナリティの高い存在だと言えます。

ISを開発する際のセッティングは、実際にレースがおこなわるサーキット場で徹底的に磨き上げられます。ガソリン車・ハイブリッド車ともに走行性能は高く、さらに専用チューニングが施させれたグレードでは、より本格的なスポーツ走行を楽しむことができます。

レクサス人気スポーツセダンISの年間維持費の一覧!項目別に解説も

レクサスISの買取評価が気になる!高額査定してもらうための秘訣とは

レクサス・HS

  • 新車価格:434.7~570.5万円

レクサス初のハイブリッド専用モデルとなるHSは、走行性能やデザイン・ボディの素材などを厳選することによって、徹底して燃費効率を追求していることが伺える車種です。

他のレクサス車もハイブリッド仕様のグレードが存在しますが、HSはハイブリッドエンジンを効率的に動かすために開発された車と言っても過言ではありません。そして、直列4気筒エンジンが採用されているので、ハイブリッドでありながらも、直感的なドライビングを存分に楽しむことが出来るのも魅力です。

レクサスのハイブリッド車HSの維持費を徹底解説!1年間の費用は?

レクサスHSはいくらで買取できる?買取相場とコツを大調査

日産・スカイライン

  • 新車価格:299~609.8万円

各モデルに熱狂的なファンを持つスカイラインは、伝統が継承されたスポーティさと高級感や快適性を武器に、国産セダン市場で確固たる存在感を示しています。

ラグジュアリーかつアグレッシブな姿、そして運動能力の高さを感じさせてくれるデザインは、スカイラインのポテンシャルを乗らずとも想像させてくれます。ハンドルを握るとやはり、期待を裏切らないアグレッシブかつダイナミズム溢れる走りで、ユーザーを満足させてくれます。

ハイブリッドなら維持費が安い?憧れのスカイラインの維持費の秘密

【2019最新版】9月にマイナーチェンジ!スカイラインの買取相場は?

日産・シーマ

  • 新車価格:735~902.7万円

日産の最高級セダンに位置付けれられるシーマは、衝撃のデビューから約30年となる現在、ハイブリッド専用車に進化し、ユーザーを驚かせました。従来からの高級感としての格はそのままに、走行性能や機能性をブラッシュアップし、より満足度の高い一台に仕上がっています。

現行モデルにおいても、走行性能と環境性を高次元で両立し、上質感を得られる仕上がりとなっています。そして室内空間も極上のしつらえにより、ゴージャスな雰囲気を存分に感じられ、VIPを迎えるのにも恥ずかしくない車です。

ホンダ・レジェンド

  • 新車価格:680.0~707.4万円

ホンダの最高級セダンであるレジェンドは、主に中高年の富裕層がメインユーザーとなっています。直近では2018年のマイナーチェンジによって、フロントグリルやバンパーのデザインを変更し、より精悍な顔つきになった印象です。

ホンダ車はどのボディタイプでも走行性能の高さが特徴ですが、レジェンドは安全運転支援システムのHonda SENSINGの機能も、最高級車にふさわしい充実した内容で、圧倒的な走りを支えています。

時代の最先端を行く技術と、さらなる高みを目指して進化するレジェンドは、ホンダの最高級セダンと呼ぶにふさわしい車です。

ホンダの誇る最高級車!レジェンドの維持費は年間どれくらいかかる?

レジェンドの買取相場は?高額買取される人気グレードやポイント解説

ホンダ・アコード

  • 新車価格:385.0~410.0万円

初代モデル発売後から、人と車の調和を一貫したコンセプトに据え、開発されているアコードは、海外ユーザーからも強く愛されている一台です。歴史あるモデルながら、常に時代のニーズを読み取り長く愛される仕様を心がけています。

アコードは、ホンダの持つ技術が余すところなく反映されたドライバーズセダンだと言われます。現行モデルにおいても、高効率なエンジンや先進安全装備など、最先端のテクノロジーが惜しげもなく使われています。

高いポテンシャルをベースに、常に時代にマッチしている変化を遂げたことで、息の長い名車へと育った印象です。

根強い人気を誇るホンダ・アコード!維持費や節約ポイントを詳しく解説

2019年版!ホンダ アコードの買取価格相場や高額売却のコツとは?

輸入車

輸入車のセダンは内装が特に豪華で、世界基準の高級感を体感することができます。

ロールスロイス・ファントム

  • 新車価格:5,167~5,995万円

ファントムは、どの時代においても最高級車として、繊細かつ力強い存在感を示し続けました。最高級の車にふさわしい内装・外装ともに一つ一つ丁寧に手作りされ、そのどれもが際立った個性を見せ全体の高級感を引き上げています。

角ばったフロントマスクと、パルテノン神殿をオマージュしたとされるフロントグリルなど、一目見るだけでロールスロイスと分かるスタイリングからは、完璧な高級感を追及した車だけが放つ輝きを持っています。

そんなロールスロイスの中でも、最高級セダンと位置付けられるファントムは、まさにキングオブセダンの名にふさわしい高貴な存在です。

ロールスロイス・ドーン

  • 新車価格:3,890万円

ドーンは高級感はさることながら、非常に静粛性に優れた車として高い評価を得ています。さらに世界一とも評される、走行中の揺れの少なさは、ボンネットの上に立てたコインが、エンジン始動時にも倒れなかったというほどに優れています。

雑音が多い街中においても、まるで都会の喧騒を離れ、森の中で休んでいるかのような、心地よい乗り心地を味わうことが出来る車です。

ドーンは世界中の社交界の中でも愛される最上級車ですが、スタイリッシュで現代的なだけでなく、乗る人の心を癒す性能を持つ最高級のセダンです。

ベントレー・ミュルザンヌ

  • 新車価格:3,537~3,873万円

ベントレーのフラッグシップモデルであるミュルザンヌは、モデルチェンジ時にスタイリングを見直したことにより、より斬新でモダンな雰囲気に生まれ変わりました。

最新のシャシー技術に加え、より一段と洗練された味わいを持つ乗り心地と、最先端の革新的テクノロジーやコネクティビティによっが、高いレベルで融合しています。

ミュルザンヌは、ベントレーの熟練工によって一台一台ハンドクラフトされ、完成までに約400時間を要すると言われます。最高級の質感に加え、職人の魂がこもった最高級車だと言えます。

メルセデスベンツ・Sクラス

  • 新車価格:998~2,533.4万円

メルセデスベンツでは、車をアルファベットによってクラス分けしていますが、Sクラスは最上級を意味します。最新のテクノロジーを駆使したインテリジェントドライブによって、究極の快適性と最上級のおもてなしを味わうことができます。

ベンツのSクラスでは、ユーザーが車に求めるすべての要素を備えるという、確固としたコンセプトがあります。Sクラスは高級車として不動の地位を得ていますが、現状に甘んじることなく、進化を続けています。

Sクラスの基本性能は、どれを取っても最上級と呼ぶにふさわしい仕上がりで、名前の通りにSクラスの感動を味わうことが出来る車です。

最高峰の上質さを持つメルセデス・ベンツSクラス!維持費もやっぱり規格外?

メルセデス・ベンツSクラスの買取相場をチェック!高価買取のポイントとは?

メルセデスベンツ・Eクラス

  • 新車価格:675~1,074万円

Eクラスはサイズ感はそれほどワイドではありませんが、VIPを乗せるのにふさわしい高級感と、快適性や利便性を持ち合わせた高級セダンとして、世界中で高い評価を受けています。

室内設計は各所が緻密に計算され、ゆとりある空間づくりで快適なドライブを楽しめます。さらに運転席からの視認性が高く、車幅をちょうど良いので、狭い道が多い日本の都市部でも好評な車です。

圧倒的な高級感を持ちながらも、運転のしやすさには定評があるので、ユーザー層が幅広い点も特徴です。

ゲストも喜ぶ広さと高級感のEクラス!購入するときにかかる費用と維持費は?

正統派セダンらしいメルセデス・ベンツEクラス!買取相場や人気グレードは?

 

BMW・7シリーズ

  • 新車価格:1,066~2,558.7万円

BMWを代表する高級セダンである7シリーズは、圧倒的かつスポーティな走行性能を持ちながら、高級ラウンジでのひと時を過ごしているかのような上質な室内空間が特徴の高級車です。

近年BMWでは、コンテンポラリー・ラグジュアリーというコンセプトが掲げられていますが、7シリーズはその全ての要素を体現していると、自動車評論家からも支持されています。

品質の持続・細部への徹底したこだわり・技術的なイノベーションを常に追求している7シリーズは、強いこだわりと高い開発能力で、乗る人全てを感動へと誘います。

自動車工学の傑作BMW7シリーズ!幅広い維持費とは?

世界最高級セダンの7シリーズ!高額に買い取ってもらうポイント

BMW・M5

  • 新車価格:1,703~1,964万円

本格スポーツカーとも遜色ない走行性能と、高級感に満ちたラグジュアリーカーの要素を持つM5は、世界最高峰のスポーツセダンと評されています。

BMWシリーズの中でも、Mモデルはハイグレードな車種と言えますが、M5はその位置付けにふさわしい圧倒的なスタイリングを持っています。

街中や高速道路など、様々な道路状況においても最高のパフォーマンスを見せ、最先端のコネクティビティによって、極上のひとときを演出してくれます。

アウディ・A8

  • 新車価格:1,140~1,762万円

A8の現行モデルでは、市販車として世界初搭載のレベル3自動運転を体感することができます。もともとスポーティな運動能力には定評がありましたが、さらに革新性も加わりますます進化した印象です。

走行性能に関わる部分のスペックは全て最上級の数値を誇り、最先端のテクノロジーが備わったことによって、スポーツセダンの中でも一気に存在感が高まりました。

スポーティーさとラグジュアリー感を併せ持つA8は、今後も我々に思いもよらぬサプライズを与えてくれる予感がします。

最上級セダン!アウディA8の高額査定を狙うためのポイントまとめ

アウディ・A6

  • 新車価格:920~1,006万円

アウディのフラッグシップモデルに位置付けられるA6は、日本での新車登録台数も多く、中古車市場でも人気が高い車種です。A6は、開発・設計に日本人のデザイナーが参加したことでも話題となりましたが、世界カーオブザイヤーの受賞歴もある名車です。

伝統的にアウディ車は、高い運動能力を持っていますが、そんなブランドイメージに違わぬ能力に加え、A6は燃費性能も注目されています。

エンジン・ボディ・素材と総合的に見直すことによって、燃費効率の向上につながっています。

Eセグメントの傑作!アウディ100の血を引くA6の気になる維持費

アウディ A6で高額査定を狙うには?カラーとオプション装備がポイント

ボルボ・S90

  • 新車価格:644~842万円

ボルボ車の中で最高級車に位置付けれらるS90は、車としての歴史は浅いながらも、ボルボ社のイメージを覆した革新的に車だと言えます。

北欧デザインと呼ばれるボルボのデザインセンスや、頼もしい安全性など、ボルボ車の素晴らしさはそのままに、優雅な走行性能に極上の乗り心地を持つ室内空間と、新たなボルボ車の魅力がふんだんに反映されています。

セダン高級車のリセールバリューはどう?

最後にセダン高級車のリセールバリューをご紹介します。

近年は他のボディタイプに押され気味

長年セダンは中古車市場でも、高いリセールバリューを誇っていました。しかし近年はユーザーの多様化が進み、多機能性を持ったSUVやミニバンといったボディタイプが、人気が高い傾向です。

そのため、セダンの高級車も一定の人気こそありますが、全ボディタイプで比較すると中の上の人気度という位置付けです。さらに近年ではセダンの中でも、高級志向より環境性の高い車種の方がリセールバリューが高い傾向にあります。

セダン高級車はオリジナリティの高い特徴を持った車種が多いですが、売却先を間違えると損をする可能性もあるので、注意が必要です。

セダン高級車をより高く売却する方法

売却先を間違えると損をしかねないセダン高級車を売却する際には、必ず複数の業者へ売却依頼をしましょう。最初の段階からひとつの業者に絞ってしまうと、本来の買取相場がわからないまま売却する流れになり、得をしているのか損をしているのか分からない状態です。

中古車相場は日々変動しますので、愛車がいくらの買い値がつくのかは、分かりづらいものです。そのため、複数の業者に見積もり依頼をすることで、相場を把握でき、なおかつ一番高値で買い取ってくれる業者を見つけることが出来るのです。

アプローチする業者が増えるほどに、時間と手間はかかってしまいますが、近年は多くの方が、ネットでの車一括査定サイトを利用しています。ネットを活用することで時間と手間を大幅に軽減することが出来るので、セダン高級車の売却を検討されている方は、利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、セダン高級車についてご紹介しました。キングオブ高級車とも言えるセダンですが、近年はユーザーのニーズが多様化しています。従来の高級志向にプラスする付加価値をつけようと、各メーカーが努力している様子が伺えます。

とは言え、極上の快適性を持ったセダン高級車は、プレミアムな存在です。時代やニーズが変わっても、セダン高級車が提供する上質な空間は、色褪せることはないでしょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報