【ダイハツの人気車種まとめ】かわいさもパワフルさも選べる軽自動車!

軽自動車の販売に力を入れ、軽自動車メーカとしての揺るぎない人気を誇るダイハツ。そんなダイハツの魅力はどこにあるのでしょうか。また、人気の車種について気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、ダイハツが高い支持を得ている秘密を解説しながら、人気の車を12種類選んで紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

ダイハツの歴史

ダイハツの歴史は、明治時代の大阪で発動機の生産を始めたことからスタートします。それまで輸入に頼っていた発動機をなんとか国内で生産できないかと考え、1907年に発動機製造株式会社として誕生したのが現在のダイハツです。

国産の発動機の開発を進めたのは、大阪高等工業学校(現・大阪大学工学部)の学者や技術者たちでした。彼らは幾度もの失敗を乗り越え、ついに国産の発動機の制作に成功したのです。

そんな発動機製造株式会社は、日本産業の発展に大きく貢献したといわれています

自動車メーカーとしてのスタート

発動機製造株式会社は、その後も発動機を作り続けながら、ある需要にいち早く目を向けるようになりました。それが、三輪自動車の需要です。

当時の日本の工場や流通の現場では、小さくて小回りの利く三輪自動車が必要とされていました。そこで、自動車の自主生産に乗り出し、自動車メーカーとしてのスタートを切ります。

発動機製造株式会社が初めて手がけた自動車は【ダイハツ号】と呼ばれる小型三輪自動車です。この小型三輪自動車は、開発の地である<大阪>と発動機製造の<発>の組み合わせによって名付けられました。

ダイハツ号は大ブームを巻き起こし、発動機製造株式会社を躍進させるきかっけとなったのです。その後、1951年に社名を変更して【ダイハツ工業株式会社】となり、現在の日本の自動車メーカーとしての地位を築きます。

次々と生み出されるヒット商品

1957年に軽三輪自動車の【ミゼット】を登場させたダイハツは、その機能性と経済性から記録的な大ヒットを生み出しました。ミゼットはダイハツの代名詞とも呼ばれるようになり、国内外からの注目を集めます。

その後、軽自動車としての【ハイゼット】や小型自動車の【シャレード】を誕生させ、スモールカーならダイハツといわしめるほどの技術力を見せつけてきました。

トヨタとの業務提携で事業を拡大

1967年からは、国内自動車メーカー大手であるトヨタかと業務提携を結ぶようになります。トヨタ車にダイハツ製エンジンが搭載されるようになり、ダイハツの事業が大きく拡大されるのです。

また、この業務提携により、ダイハツのルーツであるエンジンが国内外から高く評価されるきっかけになりました。世界中にダイハツのエンジンが知られるようになり、各国から注目される自動車メーカーへと成長します。

世界を拠点に活躍するダイハツ

世界へと活躍の幅を広げたダイハツは、2015年に世界生産台数141万台を突破しています。そのうちの65万台以上は海外で生産されたものでした。

ダイハツの海外での生産拠点となるのはマレーシアやインドネシア、ベネズエラさらに中国です。これらの国で効率よく生産され、世界各国へと送り出されています。

日本でのダイハツのシェア

日本国内でのダイハツのシェアは年々増加し、2015年の市場シェアは11.9%を達成しています。ダイハツが得意とする軽市場に限定すると32.3%にまでのぼり、軽自動車メーカーとしての確固たる地位を築き上げました。

ダイハツ車の魅力

軽自動車の分野で活躍するダイハツは、ムーブやタント、ミラココアなどバラエティに富んだラインアップが揃えられています。

さらに、燃費性能も高く、ミライ―スではJC08モードで35.3km/Lもの低燃費を実現しました。このように、多くのユーザーを取り込んでいるメーカーです。

充実した予防安全機能

ダイハツの魅力の1つには、予防安全機能の充実が挙げられるでしょう。運転者の不注意による事故は後を絶ちません。なかでも、わき見運転や操作ミスといった人的要因による事故が問題視されています。

そこに目を付けたダイハツでは、ドライバーの油断によって起こるミスを未然に防ぐ予防安全機能を充実させました。

ダイハツの予防安全機能はスマートアシストと呼ばれ、さまざまな予防安全を可能にしています。

  • 衝突警報機能(対 歩行者・車両)
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対 歩行者・車両)
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 前車速追従機能付ACC(アクティブクルーズコントロール)
  • LKC(レーンキープコントロール)
  • スマートパノラマパーキングアシスト
  • 車線逸脱警報機能
  • 車線逸脱抑制制御機能
  • コーナーセンサー(前方・後方)
  • パノラマモニター
  • サイドビューランプ
  • オートハイビーム
  • ADB(アダプティブドライビングビーム)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能(進入禁止)

多彩なラインアップ

ダイハツの一番の魅力ともいえるのが、さまざまなニーズに対応できる多彩なラインアップでしょう。小さい子供がいる家庭でも軽自動車をファミリーカーとして使用できるのがタントです。

また、週末のスポーツカーでのドライブを楽しみにしている世代に愛されているのが、2シーターのオープンカーであるコペンでしょう。

多彩なラインアップによって軽自動車ユーザーの購買層を確実に広げたダイハツは、軽自動車界をけん引する自動車メーカーとして注目を集めています。

ダイハツの人気車種12選はコレ!

ここからは、バラエティに富んだダイハツ車の中でも人気の車種を12種選んで紹介していきます。

タント

ダイハツ車の中で、圧倒的な人気を獲得しているのがタントです。ダイハツだけでなく、軽自動車全体の中でも、タントは高い支持を得ているといえるでしょう。

タントの特徴ともいえるのが、開口部の広いドアです。後部座席にスライドドアが設けられた車には、一般的に助手席との間に支柱が建てられています。しかし、タントでは、助手席側の支柱がスライドドアに内蔵されました。

そのことで、開口幅を1490mmにすることを可能にし、子どもやお年寄りが楽に乗り降りできるように設計されています。

また、大きな荷物でも簡単に積み込めるため、買い物にも行きやすい車です。荷室も広く、さまざまなシートアレンジも楽しめることから、使い方の幅が広がる1台であるともいえるでしょう。

タントに備え付けられている緊急ブレーキは時速100km/hでも作動するため、安全性も高い車です。さらに、シートには撥水シートが採用され、子どもが食べこぼしても心配いりません。

そういった理由からファミリー層からの高い人気を獲得しています。

【2019年最新版】ミラクルオープンドアが魅力!タントの買取相場に迫る

ミライ―ス

乗用車タイプの軽自動車で最もリーズナブルなのがミライースです。最廉価のグレードであれば76万円という価格でありながら、35.2km/Lという燃費の良さも魅力でしょう。

圧倒的なコストパフォーマンスを求める人から人気のお財布に優しい車です。

また、キーを持っている状態であればドアハンドルに指を触れるだけでドアの開閉ができます。さらに、エンジンもプッシュボタンによって始動でき、快適に乗りこなせるでしょう。

それだけでなく、衝突回避支援システムのスマートアシストが搭載されていることで、安全性もしっかりと考慮されているのが魅力です。通勤や買い物など、近場を毎日運転するユーザーにぴったりの1台です。

ミライースの買取相場は?リセールバリューが高いグレードをチェック!

ムーヴ

軽自動車に<走り>を求めるユーザーからの人気を集めているのがムーヴです。走ることにとことんまでこだわったムーヴは、快適な乗り心地を高めるため、軽量高剛性ボディを採用しています。

さらに、サスペンション特性にまで見直しを重ねることで、騒音や振動を最大限に抑えることに成功しました。そのほかにも、運転のしやすさにもこだわりを見せ、ステアリングやペダルの位置なども細かく調整されているのが特徴でしょう。

ダイハツの軽自動車の中では車両価格が高めに設定されているものの、燃費性能や安全性能の高さからも判断すると、満足度の高い1台です。

ムーヴはいくらで売れる?買取相場や高額で売るコツを伝授

コペン

燃費性能の高いスポーツカーを求めるユーザーから評価されているのがコペンです。2シーターのスポーツモデルとして登場したコペンは、全車ターボの加速力が魅力のひとつ。さらに、軽快なハンドリングで走ることが楽しくなる1台です。

また、コペンはスイッチを押すだけでハードトップが開閉し、オープンカーにもスポーツクーペにも姿を変えることができます。状況に合わせて2つのスタイルが楽しめることから、遊び心満載のセカンドカーとしても人気です。

コペンの買取相場は?高く売るためのコツやカスタム時の注意点

ミラジーノ

5代目ミラのバリエーション車両のひとつとして登場したミラジーノは、クラシックカー風の外見が魅力です。また、4代目ミラとして登場したミラ・クラシックの後継車両でもあります。

レトロな外見にぴったりの愛らしい丸目が印象的なミラジーノは、<かわいく品よく>をコンセプトに開発され、多くの女性ファンを惹きつけてきました。

残念なことに、2009年3月をもってミラジーノは生産を終了しています。しかし、ミラジーノ独特のクラシカルなエクステリアデザインは高い人気を呼び、中古車市場では流通がさかんな1台です。

【ダイハツミラジーノの全て】最新の買取相場や人気グレードを調査!

アトレーワゴン

軽でもワンボックスカーに乗りたいというユーザーの声を受けて誕生したのがアトレーワゴンです。初代のアトレーワゴンは、<ハイゼット>の乗用車版として登場しました。

<家族みんなで楽しく使えるプレジャーサポーター>をコンセプトにするアトレーワゴンは、家族サービスを大切にする父親の車として人気を博します。

家族で使える軽のワンボックスならではの工夫も多く、居住性と積載性が両立された広い室内空間を実現。さらに、使い勝手もよく、さまざまなシーンでの活用が可能です。

また、エクステリアにも力強いデザインが採用されているのも特徴でしょう。それでいて、快適に過ごせるよう、インテリアには上質な素材が選ばれています。

ターボエンジンが全車に標準搭載となり、パワフルでスムーズな走りも実現された車です。そのうえ、予防安全装備が充実。衝突回避支援システムであるスマートアシストⅢが搭載され、安全性能も高められています。

売却する前に!アトレーワゴンの最新の買取相場と高く売るポイントは?

ムーヴキャンバス

パステルカラーのボディが印象的なムーヴキャンバスは、女性にとって使い勝手のいい車として開発されました。

17色ものボディーカラーが用意されていることで、自分好みのカラーが見つかると評判の車です。さらに、全高が1,700mm以下のハイトワゴン初となるスライドドアの採用により、使い勝手が向上しています。

子供と一緒に車を利用することの多い女性の問題のひとつには、子どもを抱えたままではドアが開けにくいという点が挙げられていました。また、買い物などでは荷物で手がふさがっていることも多くみられます。

そういった悩みを解決するため、ムーヴキャンバスでは両側をスライドドアにしているのです。さらに、<置きラクバスケット>を後席の下の引き出しに設置することで、倒れやすい荷物を安定して置ける工夫も施されています。

女性目線で愛される車といわれる理由には、<パノラマモニター>の採用にもあります。駐車時のサポートをしてくれることで、運転が不慣れな女性でも安心してお出かけが可能です。

さらに、衝突支援回避システムである<スマートアシストⅡ>の搭載により、安全性も高められています。

ムーヴキャンバスの人気カラーとオプションは?高額買取してもらうポイント

ウェイク

広々とした居室空間と、積載力を実現したのがウェイクです。ウェイクは1800mmをこえる背の高さがあり、軽自動車の中でもトップクラスを誇ります。

背が高いことで、実用性に優れているのも特徴でしょう。荷室に高さがあるため、ベビーカーを寝かすことなく収納が可能です。ベビーカーを入れると荷室がいっぱいになってしまうことが防げ、子ども連れで買い物に行っても安心です。

さらに、荷室から後席を動かすことも可能で、使い勝手がいいといえるでしょう。そのほかにも、安全性能にもこだわり、緊急自動ブレーキも搭載されています。

この緊急自動ブレーキは歩行者も検知が可能なため、女性や年配の人でも安心して乗りこなせる車としても人気です。

ウェイクの買取価格を上げるためには?売る前に知っておきたい秘訣!

 

ミラ

軽自動車の中で、圧倒的な知名度を誇るのがミラです。1980年6月に初代モデルの発売が開始されたミラは、発売当時から記録的なセールスを樹立します。

その人気は何年たって衰えることはなく、2018年の上半期だけでも5万台以上を売り上げるなど、常に愛され続けている車です。

庶民的な価格と、乗りやすさで大きな評判を呼び、ミラは日本を代表する軽自動車となりました。ミラからはさまざまなシリーズが登場し、それぞれのスタイルが確立されていきます。

その結果、ベースモデルとなるミラは2018年3月に生産を終了しました。ミラの乗りやすさは後継車へと受け継がれましたが、中古車市場では現在でも高い人気を誇っています。

必見!ミラの買取相場とリセールバリュー・高く売るためのポイントは?

ミラココア

若い女性が好む可愛らしいデザインを押し出し、ミラシリーズの1つとして誕生したのがミラココアです。キュートなデザインが人気であり、オプションも多く、内装を自分好みにカスタムできます。

そういった理由から、デザインを楽しみたい女性に人気があります。また、女性向けの車に重点を置いていることから、ターボ車は用意されず、緊急ブレーキや横滑り防止機能なども装備されていません。

しかし、ボディが軽いため、燃費性能や動力性能がいい車であるといえるでしょう。さらに、車両間隔がつかみやすいよう、運転席からボンネットが見えるように設計されています。

そのほかにも、斜め後ろの確認のため、リヤにガラスが採用されました。このように、女性の<欲しい>が詰まったミラココアは、かわいいデザインと乗りやすさでお出かけが楽しくなる1台です。

ミラココアの買取価格を上げるためには?ミラココアの高額買取の極意!

キャスト

キャストの魅力は何といっても、タイプの異なる3種類が用意されていることでしょう。

  • 質感を求めるユーザーから人気の<スタイル>
  • 走りを重視するユーザーを満足させるターボエンジン搭載の<スポーツ>
  • 軽自動車にSUVを加味した<アクティバ>

高い質感が人気のスタイルですが、他のモデルであっても内外装の質感は高められています。そのため、どの車種であってもハイクオリティであることには間違いありません。

さらに、緊急ブレーキには赤外線レーザーと単眼カメラが併用され、充実した安全性能を持った車です。

ダイハツ キャストの買取相場は?最高額で売る交渉術を教えます!

ハイゼットカーゴ

ダイハツには、乗用車としての軽自動車だけでなく、商用車として幅広い業種で活用される軽自動車も用意されています。それが、ハイゼットカーゴです。

しっかり、楽々仕事ができる高効率カーゴ>をコンセプトとしたハイゼットカーゴは、ハイゼットトラックの軽バン仕様として登場しました。

軽バンのなかでも荷室が広く、商用車としての機能を最大限に引き出した車です。例えば、65個ものみかん箱や、36ケースのビールケースの積載が可能であり、開口幅の広いバックドアと低床設計の組み合わせで積み下ろしの効率も高められています。

ダイハツのハイゼットカーゴを高く売りたい!買取相場と人気のグレードは?

まとめ

発動機メーカーとしてスタートしたダイハツは、発動機ならではの技術を活かして力強いエンジンを生み出してきました。

また、軽自動車の開発にも力を入れ、国内外で高い人気を誇っているメーカでもあります。そんなダイハツには、ユーザーの好みを実現する車がたくさんあるといえるでしょう。

女性にぴったりのオシャレな外装や、本格的な走りが楽しめるスポーツタイプまであり、常にユーザーの満足度を満たしてくれるのがダイハツの魅力です。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます