【ベンツの人気車種まとめ】豊富なラインアップで世界中を魅了する高級車ベンツ

ドイツの高級車として知られるベンツ。タフなボディとパワフルな走りでドライバーを魅了し、世界中から愛されている車です。そんなベンツの人気の車種にはどんなものがあるのでしょうか。ベンツの魅力を紐解きながら、人気の車種をまとめてみました。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

ベンツとは

ベンツは最古の自動車メーカとして知られる<ベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリーク>と<ダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト>が合併し、1926年に設立された会社です。

日本では高級車の代名詞として知られるベンツですが、欧州では比較的安価な自動車やトラック、大型バスなどの販売も行っています。また、特殊車両や、軍用車なども手掛けている自動車メーカーです。

乗用車のラインアップも豊富なベンツでは、セダンだけでなくSUVやステーションワゴン、コンパクトカーといったさまざまな車を製造しています。

ベンツのエンブレムの秘密

ベンツには特徴的なエンブレムが採用されています。このエンブレムは<スリー・ポインテッド・スター>と呼ばれるものであり、合併前のダイムラーのエンブレムとして使用されていました。

これに、ベンツ社の円形月桂冠が組み合わされ、新しいエンブレムとして誕生しています。スリー・ポインテッド・スターが示す3カ所の点には、地海空の各分野で反映するようにといった願いが込められました。

メルセデスは女性の名前に由来する

日本ではベンツと呼ばれることが多くみられますが、本場ドイツをはじめとする欧州ではメルセデスと呼ばれて親しれています。この、メルセデスという名前は、ダイムラー社の支援者であるエミール・イェリネックの長女の名前から取られました。

2社が合併した際、ダイムラーという固い響きではなく、女性の名前のほうが愛着が沸くと考えられたからです。また、メルセデスはスペイン語で優美を意味することから、美しい意味合いもぴったりだという理由で採用されました。

ベンツのモデル分け

メルセデスのラインアップは、大きく3つのモデルに分けられます。高級感のあるセダンやスポーティーさを重視したクーペ、オフロード走行も可能なSUVです。

メルセデスのクラス分けはしばしば名称が変更され、たくさんあることから覚えきれないという人も多いでしょう。また、メルセデスのクラスはアルファベットのみで示されているため、混同してしまうこともめずらしくありません。

覚えやすい方法としては、セダンであればSクラスが最上級モデルです。そこから順に、E、C、B、Aとランクが下げられていきます。しかしながら、Eクラスにはセダンだけでなくクーペもあるため注意が必要です。

また、クーペの1つであるCLAは、Cクラスのようでありながら、Aクラスがベースになっています。CLAのCLはCoupe Laxuryを意味し、Aクラスのクーペであると考えられているのです。

この考え方はSUVにもみられ、SUVにはGLS、GLC、GLAがありますが、どれも3つ目のアルファベットがクラス分けを示しています。

ベンツの魅力

富裕層から愛されるベンツ。いつかはベンツを手に入れたいと考える人も多いでしょう。ただ、ベンツを所有したくなる秘密や、ベンツで運転したくなる理由にはどんなものがあるのでしょうか。ここからは、ベンツの魅力について紹介します。

高い安全性能

メルセデス・ベンツは、安全性の高い車を生産する自動車メーカーとして知られています。メルセデス・ベンツの安全性に対する取り組みは非常に古く、1953年には衝突吸収構造ボディが採用されました。

その後、1978年には、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)をいち早く採用し、高い安全性能を提供し続けています。また、フラッグシップのみではなく、ボトムグレードにまで高いレベルの安全装備を採用しているのがメルセデス・ベンツのこだわりです。

ベンツはモデルでも高い安全性能が期待できることから、ドライバーの信頼を獲得し続けている自動車メーカーです。近年では、予防安全装置である自動ブレーキにおいても高いレベルを誇り、安全で快適なドライブが楽しめる高く評価されています。

乗り心地のよさ

ベンツは極めて乗り心地の高い車として知られています。どんな路面でも車が跳ねず滑らかな走行が可能で、でこぼこ道や高速道路であっても快適なドライブが楽しめる車です。

その理由は、ベンツはサスペンションや車体剛性、ホイルサイズなどのセッティングを非常に高いレベルで行っていることにあるでしょう。最高級車と呼ばれるだけでのクオリティを提供し、どんな路面状況であっても難なく走りのけられます。

ベンツの本拠地であるドイツは日本以上にさまざまな路面状況に遭遇する機会が多く、街中には石畳なども多いのが特徴です。さらに、アウトバーンと呼ばれる高速道路では速度制限がないエリアも多く、日本の高速道路と比べると速度が大きく異なります。

こういったたくさんの道路状況での経験を活かし、ベンツの最高レベルの乗り心地は生み出されているのです。

運転のしやすさ

アウトバーンでの極めて速い速度での走行を求められるベンツは、高速走走行時の安定性が高いといわれています。なぜなら、アウトバーンには直線だけでなく、カーブも存在し、カーブ走行時の高い安定性は非常に重要だからです。

そこでベンツは、カーブ時に重要となる車体の剛性を重視し、安定性を高めてきました。車体の剛性が高い場合にはカーブ時にかかる遠心力で車体が歪むことがありません。

また、剛性が高いと余計なハンドル操作を行うことなく、安定して曲がり切ることも可能になります、車の操作が楽になることで、事故の減少にもつながるといえるでしょう。高い安定性は運転のしやすさを生み出し、ドライバーの安全も守ります。

最新の技術が楽しめる

ベンツは世界最古の自動車会社の1つであることから、長きに渡ってさまざまな技術を開発し、実用化してきました。直噴ガソリンエンジンや乗用車用のディーゼルエンジンなどの実用化を最初に行ったのはベンツです。

また、環境にやさしいクリーンディーゼルの普及に尽力を尽くしたのもベンツでした。なぜなら、クリーンディーゼル技術の近代化にはベンツの技術が数多く活かされているからです。このような最新技術をいち早く楽しめるのがベンツを所有する魅力でしょう。

ベンツの人気の秘密

日本では高級車といえばベンツといわれるほど高い人気を誇ります。ただ、ベンツの人気の秘密にはどのようなものが挙げられるのでしょう。ここからは、ベンツに人気が集まる秘密について紹介します。

ステータスの高さが証明できる

ベンツは成功者の象徴として扱われることが多く、地位が高い人や社長が乗っている車というイメージを持つ人もたくさんいるでしょう。これこそが、ベンツが人気の秘密です。

また、ベンツは非常に上質で高級感にあふれている車としても知られています。そのため、ベンツを所有していると上質な暮らしができる人だという点も証明できるでしょう。

ベンツに乗ることで社会的なステータスを手に入れることと同じ意味があり、成功を望む人の憧れとして位置づけられています。

高級感のある内装

ベンツの魅力として、高級感のある内装を挙げる人も多いでしょう。ベンツの中でも、Cクラス以上のモデルになると、内装の高級感が豪華さが格段にアップします。

内装の高級感の代名詞となる本革シートや木目パネルなどが贅沢に使用され、ラグジュアリーな車内を演出。それだけでなく、内装の手触りやステッチの精巧さにまでこだわり、高いレベルで仕上げています。

ベンツはモデルのランクを上げると値段以上の価値が得られる車といわれることもあり、高いクオリティを求める人から選ばれている車です。

ベンツの人気車種12選はコレ!

ベンツには極めてたくさんのモデルが存在します。そのため、どの車を選んでいいのかわからないという人も多いでしょう。そこで、たくさんのモデルの中から、人気の車種を12種選んで紹介していきます。

Aクラス

ベンツのエントリーモデルとなるのがAクラス。モデルチェンジによって新しくなったAクラスには、ダイヤモンドグリルが採用され、大きな注目を集めました。また、バンパーのエアインテークもAMG調へと変更し、ワイドな印象へと変化しています。

よりスポーティーさを増したAクラスは乗り心地も向上。乗りやすい車として高く評価されています。落ち着いた走りを見せることになったのも特徴であり、ステアリングの反応も速くなったことでしなやかな走りを可能にした1台です。

また、コンパクトなボディは取り回しやすく、女性にも人気があるといえるでしょう。

メルセデス・ベンツのAクラスは高価買取間違いなし?カラーとオプションが鍵!

Bクラス

コンパクトカーにミニバンのよさをプラスしたのがBクラスです。BクラスのラインアップはB180の1つだけであり、ブルーダイレクトエンジンに7G-DCTが組み合わせられています。前輪駆動もBクラスの特徴で、エアロダイナミクスはクラストップレベルを誇る1台です。

また、コンパクトでありながらもドライブに必要なユーティリティが備えられているBクラスは、ラゲッジスペースの広さも魅力でしょう。通常でも488Lもの容量をもち、最大で1,574Lにまで拡大が可能なため、大型の荷物も問題なく積み込めます。開口部には大きなテールゲートを採用し、荷物の積み下ろしが楽なのも特徴でしょう。

家族でのお出かけにも十分の大きさであり、ファミリーカーとしても人気です。

Cクラス

2014-2015年の日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのがCクラスです。Cクラスセダンのラインアップは豊富で、C180、C180アバンギャルド、C200アバンギャルド、C250スポーツがあります。

Cクラスの魅力は日本人や日本の道路事情にピッタリとマッチしたコンパクトボディでしょう。大型のボディが多いベンツにおいて比較的小さめに作られていることから、運転しやすいと高く評価されています。

また、Cクラスはデザイン性も高く、最上クラスのSクラスと同じくらいの上質さが感じられるのも特徴です。ベンツの目指すデザインの哲学がCクラスに活かされ、高級感あふれる風合いを引き出しました。

内装にもこだわり、内壁にはレザー、センターコンソールにはウッドパネルを使用するなど、高級感を高めています。さらに、Cクラスにも高い安全性能が採用され、安全なドライブも楽しめる車です。

メルセデス・ベンツCクラスの最新買取相場は?高価買取のポイントをチェック

Sクラス

ベンツのフラッグシップモデルとなるのがSクラス。SクラスにはセダンとクーペだけでなくAMGモデルもあり、サブブランドとして最高峰となるメルセデス・マイバッハも存在します。

Sクラスセダンでは、直6×ISG搭載モデルや4MATIC仕様といったラインアップが用意され、12気筒エンジンを搭載したS 600 longが人気です。

これは、標準モデルと比べると130mm長いボディが特徴で、後席にくつろぎの空間を生み出しています。また、インテリアには最上級の素材を贅沢に使用し、上質で快適な空間をに仕上げられました。

オーナーカーだけでなくショーファードリブンとしても使用されることが多く、最上級のプレミアムセダンとして人気です。

最高峰の上質さを持つメルセデス・ベンツSクラス!維持費もやっぱり規格外?

Vクラス

ワンボックススタイルのミニバンとして誕生したのがVクラスです。Vクラスのボディの長さには3タイプがあり、ポップアップルーフを備えるホライゾンも登場したことから、より選択肢が増えています。

Vクラスの中でも最長ボディが特徴なのがV 220 d AVANTGARDE Extra-longです。ミニバンにはめずらしいFRレイアウトが採用され、ブルーテックエンジンによって環境性能も高められました。

広々とした室内は2列目と3列目の対面座も可能で、思い通りのレイアウトが楽しめます。さらに、テールゲートはガラスエリアだけを開閉することもでき、自動開閉仕様で使い勝手のよさも人気です。

7名乗車時でも1,410Lが確保できるラゲッジスペースも用意され、大人数でのお出かけが楽しくなります。

Gクラス

軍用車として誕生し、装備を充実させて普通自動車となったのがGクラスです。力強いラダーフレームが魅力で、デビュー当時からその姿をほとんど変えることなく高い人気を誇ってきました。

Gクラスにはガソリンとクリーンディーゼルの2つのグレードがあり、AMGモデルも用意されていることから自分好みの1台が見つかります。

上級なSUVとして知られるGクラスは桁違いの走りが楽しめるのも魅力でしょう。最新のGクラスであるG550には、AMG GTやAMGのC63などに採用されている4LV8ツインターボエンジンが搭載されました。

さらに、ラゲッジスペースには2,250Lもの容量を確保し、ゆとりのある車内空間も魅力でしょう。Gクラスは本格的な冒険が快適に楽しめる四輪駆動車に仕上がっています。

王者の品格を持つメルセデス・ベンツGクラス!維持費や部品代はどう?

GLSクラス

GLクラスの後継車両として誕生し、2016年4月に発売された大型SUVがGLSクラスです。GLSのSは最上級クラスを意味し、Sクラスと同様の高級感が持たされました。

7人乗車時でも十分なスペースが確保できる車内は非常に快適であり、くつろぎの空間が広がります。また、SUVであるため、悪路走行での得意とし、アウトドアでも大活躍する車です。

さらに、専用セッティングされたエアサスペンションによってエンジンパワーを無駄なく路面に伝えることができます。市街地でもオフロードでも高い走行性能が楽しめるGLSクラスは、最上級SUVとして人気の1台です。

CLAクラス

4ドアクーペとワゴンスタイルのシューティングブレークを揃えているのがCLAクラスです。FFとAWDから選べ、AWD仕様には最上級モデルとなるAMGモデルが用意されています。

なかでも、CLA 180 Shooting Brake AMG StyleにはAMGスタイリングパッケージがセットされ、コンパクトなエンジンに7G-DCTが組み合わせられているのが特徴です。

Cピラーに備えられたテールゲートは開口部が広く、ワンタッチ&ハンズフリーでの開閉が可能。リアシートは分割可倒式で、自由なアレンジも楽しめます。大容量のラゲッジスペースと、広い室内空間の確保により、長距離のドライブも楽しくなる車だといえるでしょう。

買取でベンツCLAクラスの評価は?高額査定を狙う方法を伝授!

SLCクラス

2シーターのオープンスポーツタイプのベンツとして知られているのがSLCクラス。ルーフレールにはマグネシウム合金が採用され、軽量なバリオルーフを備えている車です。手軽にオープンエアドライブが楽しめることから風を切って走りたい人に人気の1台だといえるでしょう。

SLCクラスで快適なオープンエアドライブが楽しめる理由は、エアスカーフが首周りを温め、エアガイドが後方からの風の巻き込みを防いでいることにあるでしょう。

ルーフは約20秒で開閉が可能で、あっという間にオープンエアにできることも魅力です。俊敏なパワートレインとスポーツサスペンションにより、満足のいく走りが楽しめるモデルに仕上がっています。

SLクラス

ベンツの中で最も長い歴史を持つモデルがSLクラスです。1950年代に誕生し、300SLをルーツとするSLクラスには、量産車として初めてモノコックにフルアルミニウムシェルが採用されました。

大幅な軽量化によって高い剛性を実現したことから、ハイパフォーマンスなV8エンジンによる力強い加速が楽しめる1台です。さらに、相対なハンドリングも味わえるため、満足のいく走りが実現できる車だといえるでしょう。

さらに、マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフの採用により、ガラスルーフの濃淡をスイッチ1つで切り替えられるのも魅力です。ルーフを開けることなく開放的なドライブが楽しめ、多くの人から愛されています。

GLAクラス

AクラスがベースとなるSUV車がGLAクラスです。エントリークラスとなるGLAクラスは、コンパクトさも人気の秘密でしょう。それでいて、SUVらしい、力強い走りも楽しめる車です。

テールゲートは荷物の積み下ろしがしやすく、フラットなラゲッジスペースを採用したことで、大型荷物も問題なく積み込めます。家族や仲間とどこにでも気軽に出かけられることがコンセプトであり、大人数で出かけたくなる1台です。

GLCクラス

ベンツの主力SUVとして人気があるのがGLCクラスです。パワートレインはガソリン、クリーンディーゼル、PHEVの3種類で、FRとAWDも用意されています。

SUVだけでなくスタイリッシュなクーペスタイルやAMGなどもあり、多彩なバリエーションから選べるのも魅力でしょう。なかでも、SUVスタイルのGLC 220 d 4MATIC Sportsは、最先端のクリーンディーゼルエンジンを搭載した4輪駆動のグレードです。

乗り心地に優れ、俊敏なハンドリングによって、走る楽しみも得られる1台。SUVに必要な開口部の広いテールゲートや4:2:4分割のリヤシートなども装備し、ドライバーのニーズに応える車です。

扱いやすいメルセデス・ベンツGLC!購入前に知っておきたい維持費とは?

まとめ

高級車としての風格があり、成功者としてのステータスも得られるベンツには非常にたくさんのラインアップが用意されています。コンパクトなサイズから、スタイリッシュなクーペ、ベーシックなセダンやSUVなどもあり、ドライバーのニーズに合わせて選べるのが特徴です。

ベンツの種類や特徴をしっかりと知り、自分にぴったりの1台を見つけてください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます