【収納が広い車特集】たくさんの荷物が積める!収納力の高い車12選

たくさんの買い物をしたときや、キャンプなどのアウトドアに出かける際、荷物が積み切れないということもあるでしょう。収納が広い車であれば、そういったときにも大活躍をしてくれます。ただ、収納が広い車とはどんな車をいうのでしょうか。そこで、たくさんの荷物が積める収納力が高い車を12車種を選び紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

収納が広い車のメリット

収納が広い車というのは、荷物がたくさん積めるため、たくさんの買い物や大きな買い物をする際に重宝します。また、収納力が高い車には席数が多いというケースもあり、大家族や大人数のお出かけの場合に便利です。

そのほかにも、大きな荷物がたくさん必要となるアウトドアなどに出かける際にも役に立ちます。収納力が高いことで車中泊もできるようになり。手軽にアウトドアが楽しめるでしょう。

そこで、収納力が高い車のメリットを詳しく紹介していきます。

たくさん買っても安心!買い物に便利

収納が広い車は、シートアレンジによって長さを生み出すことが可能です。カーペットや棚などの長いものを購入したときでも、後部座席と助手席を倒せば積み込めるようになるなど、組み合わせ次第で可能性が広がります。

高さのある車も多く、観葉植物など、高さがあっても倒せないものなどの積み込みもできるでしょう。また、床下収納を持つ車もあり、さまざまな荷物が積めるようになります。

週末などにたくさんの買い物をする場合や、引っ越しなどで新しい家具をそろえるときなど、収納力の高い車は役に立ちますね。

車中泊が可能!

収納力が高い車は、シートをフルフラットにすることで、車中泊が可能になります。シートがフラットになると、自宅のベッドで寝ているかのような快適さがあり、子ども連れでも楽しんで過ごせるでしょう。

キャンプなどでもテントを張る必要がなく、時間が節約できるのもメリットです。さらに、ホテルなどに宿泊する必要もないことから宿泊費も抑えられます。

早朝から釣りやハイキング、スキーやサーフィンなどを行う場合でも、車内でしっかりと睡眠がとれると事故もなく楽しむことができますね。

収納力の高さは広さだけではない!

車の収納力は積み込める荷物の量だけを指すのではありません。さまざまな部分に収納スペースが設けられ、車内が整理できる車も収納力が高いといえます。

ここからは、収納スペースがたくさん用意されている車の特徴を紹介しましょう。

小物の整理が可能

さまざまな部分に収納スペースが設けられている車は、小物の整理が可能です。スマホなどの小物やドリンク、買い物袋などをそれぞれ収納できることで車内がすっきりと片付きます。

また、子どもがいる家庭などの場合には、子どもの荷物やおもちゃなどで、車内に物が増えてしまうこともあるでしょう。そういった場合でも、収納が多いと非常に便利です。

車内の収納として、オープントレイやメーターサイドボックスなど、気軽に小物がおけるスペースが用意されている車が多いでしょう。センターコンソールには小物入れやカップホルダーなどがあり、運転中でも簡単に飲み物などが取れる配慮もされています。

運転席頭上に収納などが設けられ、駐車券などを一時的に収納しておくことも可能です。そのほかにも、フロントドアポケットの収納やアームレスト内のポケット、運転席シートバックのシートバックポケットなどが一般的でしょう。

後部座席のアームレストにはドリンクホルダーが備えられていることもあり、後部座席にも快適な空間が広がります。さらに、買い物フックがついていると、買い物をした荷物が倒れてしまうことも防げ、利便性が向上しますね。

女子力アップの観点からも人気!

収納力の高い車は女性から非常に高く評価されています。なぜなら、すっきりと片付いた車に乗っているだけで、女子力が高くなると感じる人が多いからです。車の中でもさっと小物が出せると、同乗者への気配りもしやすいでしょう。

そういったニーズに対応できるよう、収納力の高い車には工夫が散りばめられています。なかでも、女性に人気の軽自動車などでは、かゆいところに手が届くような収納スペースが多くみられます。

小さなポケットや、ちょうどスマホがおさまるサイズの小物入れ、ボックスティッシュの収納場所など、女子力アップにつながるこだわりが詰め込まれているのが魅力です。

収納が広く収納力が高いのはこんな車

ミニバン

ミニバンとは、ボンネットが長い2ボックスタイプの車です。ただ、セダンベースのステーションワゴンよりも背が高く、乗車定員6名以上の車をいいます。

ミニバンは3列目シートを格納することで大きな自転車でも積み込みが可能になることから、収納が極めて広い車だといえるでしょう。帰省や旅行、キャンプやゴルフなどのシーンで活躍する使い勝手のいい車です。

車種によっては、リアゲートの上半分を開閉できるデュアルバックドアを採用しているものもあり、荷物の積み下ろしもしやすいでしょう。

ミニバンの中でも、収納力が高い車には次の3つが挙げられます

収納が広いミニバン
日産 セレナ
トヨタ アルファード
ホンダ ステップワゴン

ここからは、これらの車種について詳しく紹介します。

日産 セレナ

5ナンバーサイズのコンパクトなミニバンでありながらも、広い車内空間を実現しているのがセレナです。ライバル車の多いミニバンのジャンルにおいて、荷室の使い勝手にこだわり、小物収納にも工夫を凝らしたことで多くのファンを集めた1台。

モデルチェンジにより5代目となったセレナは先代よりも車内空間を拡大し、収納力を高めています。荷室の高さと長さがミニバンクラスナンバーワンともいわれ、豊富なシートアレンジによって多くの荷物が積込めるのが特徴です。

2列目シートを最前列までスライドさせ、3列目シートを両側に跳ね上げると<スーパーカーゴモード>と呼ばれる最大容量の荷室が出現。スーパーカーゴモードは縦方向のスペースもあり、サーフボードの積み込みも可能です。

シートアレンジ次第では5人乗車時でも積載量の多い<2列+荷物モード>や、3列目シートの片側だけを跳ね上げる<カーゴモード>などもあり、荷物の量と乗員の数によってアレンジできます。

さらに、セレナにはバックドアの上半分にデュアルバックドアが装備され、ハーフサイズのドアのみの開閉も可能になりました。大きなバッグドアを開ける必要がなく、少ない力で開閉できることから、女性からも高く評価されています

そんなセレナは、車内の収納も多く、運転席アッパーボックスの使い勝手のよさが評判です。USB電源が内蔵されていることから、ドライブを楽しみながらスマホの充電もできるでしょう。

また、運転席には眼鏡ケースなどの収納に便利な運転席ロアボックスも装備。助手席側にもアッパーボックスが用意され、助手席トレイや大容量グローブボックスを活用するとたくさん荷物が入れられます。

【必見!】愛される理由は維持費にあり!?日産セレナの維持費を徹底検証

トヨタ アルファード

Lクラスのミニバンとして誕生したアルファード。<大空間高級サルーン>をキーワードに開発されたアルファードは、広い室内空間や床下収納スペースを実現させ、高級ホテルのようにラグジュアリーでゆとりに満ちた空間を提供しているのが特徴です。

アルファードの荷室サイズはシートアレンジによって広がりを見せるといえるでしょう。3列目シートを最大まで前に出した場合には700mmまで拡大し、3列目シートを収納すると奥行き1,260mmという空間が生まれます。さらに、深さのある床下収納を備え、収納力を高めた1台です。

運転席周辺には、カップホルダーやセンターアッパーボックス、運転席ロアボックス、オーバーヘッドコンソールなどを備え、運転手の快適性を支える工夫が施されています。

助手席側にも同じような装備が備えられていますので、同乗者も快適なドライビングが楽しめるでしょう。2列目や3列目にも収納が多く、車内を快適に保てます。

トヨタ最上位クラスのアルファード!年間にかかる維持費を徹底解説

ホンダ ステップワゴン

各メーカーがしのぎを削っている5ナンバークラスのミニバン。そのなかでも、使い勝手のよさからファミリー層に人気があるのがステップワゴンです。

ミニバンの3列目のシートアレンジにおいて、跳ね上げ式がスタンダードとなるなか、ステップワゴンは3列目シートを床下に収納できるように開発されました。

シートを跳ね上げた部分の空間も使えることで、天井までをフルに利用できるようになり、背の高い荷物の収納や大きい荷物を立てたまま積み込むことも可能です。

これは、1人暮らし用の冷蔵庫であれば2つ分も余裕をもって入れられるほどの広さであり、かなりの荷物が積めるといえるでしょう。

さらに、ステップワゴンには収納も多く、ダッシュボード収納や運転席や助手席のシート裏収納などさまざまな部分に収納が設置されています。これにより車内がすっきりと片付き、さらなる収納力を上げているのです。

そのほかにも、ステップワゴンには<わくわくゲート>が搭載され、ラゲッジスペース側から3列目シートに乗り込むことができるのも特徴でしょう。わくわくゲートを使用すると荷物の積み下ろしも楽になることから、高く評価されています。

ステップワゴンの維持費は?年間維持費、車検代もこれを読めば丸わかり!

ステーションワゴン

ステーションワゴンは、セダンをベースとした2ボックスタイプの車で後部座席とトランクルームが一体になっているのが特徴です。ミニバンと大きく違う点は車高が低く、荷物スペースに余裕があることでしょう。
収納力はミニバンに勝ることが多く、実用性の高い車としても知られています。さらに、車高が低いために重心も低く、スポーティーで安定した走りが楽しめる車です。
ステーションワゴンは長距離の移動でもストレスなく走行できるのも魅力で、大人数でのお出かけにもぴったりでしょう。また、荷物スペースをしっかりと確保したいという人からも選ばれています。
収納が多いステーションワゴンで人気の車種は以下の通りです。
収納が広いステーションワゴン
トヨタ カローラフィールダー
スバル レヴォーグ
マツダ アテンザワゴン
ホンダ シャトル
トヨタ プリウスα

ここからは、それぞれの車の特徴を説明します。

トヨタ カローラフィールダー

カローラフフィールダーは、<フィールド>で楽しめるというコンセプトのもとに開発されました。ステーションワゴンでありながらもスポーツワゴンに近く、アウトドアやキャンプなど荷物の多いお出かけにぴったりの車です。

ボディサイズに比べてラゲッジルームが広いことが特徴であり、ラゲッジの側面やシートサイド下部に設置されたレバーを引くだけでフラットなスペースが生み出せます。

簡単な操作でシートを倒すと872Lという大容量になることから、大きくかさばる物でも問題なく積み込めるでしょう。室内高も1,200mmが確保され、大人2人でも快適な車中泊が楽しめます。

さらに、後部座席には6:4の分割可倒式が採用され、3点式シートベルトが3席分用意されているのも魅力でしょう。子ども2人がチャイルドシートに座ってもシートの一部が倒せ、長い荷物の積み込みが可能です。細々した収納スペースも多く、子ども連れのお出かけでも車内が片付くと高く評価されています。

 

実用的なコンパクトカー トヨタ「 カローラ フィールダー」!の年間維持費と購入時の費用を解説

スバル レヴォーグ

スバルのスポーツツアラーとして誕生したレヴォーグは、荷室が広く使い勝手がいいのが特徴です。荷室高は770mm、荷室開口部の最大幅も1,115mmがとなることから、荷物が積み込みやすいでしょう。

さらに、フラットな空間を生み出せ、隅々まで効率よく使うことも可能です。そのほかにも、レヴォーグのカーゴルームには<大型サブトランク>が採用されています。

大型サブトランクはフロアボードの前側を外すと底の浅いスペースが出現し、その後ろ側を外すことで深底のスペースが現れる仕組みです。

カーゴルームを快適に使用するためにカーゴルームランプの採用や、買い物袋や小物などが吊り下げられるカーゴサイドフック、リアシートを荷室側から倒せるリアシートフォールディングスイッチなどを搭載。車内にも、さまざまな収納スペースが用意され、快適度を高めています。

やはりスポーツワゴンはスバル!購入前にレヴォーグの維持費を見よう

マツダ アテンザワゴン

マツダのアテンザは、マツダのフラッグシップモデルとして人気の車です。そのアテンザのステーションワゴンタイプとなるのがアテンザワゴン。

2018年5月に大幅に改良されたアテンザワゴンは、使いやすい収納スペースにこだわり、欲しいところに手が届く収納が設けられています。

リアセンターアームレストには小物入れのほかに充電用のUSB端子も採用され、後席乗員の快適性を高めました。セダンタイプよりも広めの荷室は高さ700mm、幅1,550mm、奥行き1,100mmであり、吐き出し口と荷室に段差がないことで荷物の出し入れがスムーズに行えます。

また、後部座席を倒すと奥行きが1,790mmに広がり、より多くの荷物が積めるようになるでしょう。荷室の両サイドには収納ポケットの設置され、洗車用品やタオルの収納が可能です。

マツダ・アテンザワゴンの維持費は?実は低燃費で家計に優しい!

ホンダ シャトル

シャトルは、フィット3から派生したステーションワゴンモデルです。フット3以上の荷室・ラゲッジスペースの広さを持ち、後部座席使用時でも570Lの容積を確保。これにより、9.5型のゴルフバッグが4個も収納できるようになりました。

また、ハイブリッドZ ホンダセンシングとハイブリッドX ホンダセンシングの場合には、後部座席シートバックに格納式のマルチユースバスケットを搭載。これは、他の荷物と分けて積みたい荷物がある場合に大変重宝します。

後部座席をチップアップし、3名乗車へとシートアレンジを行うと、高さのある荷物の積み込みも可能です。さらに、後部座席を倒し、2名乗車にすることで1,141Lもの容量が確保できるでしょう。奥行きも1,840mmとなることで、長い荷物の積み込みが可能です。

そのほかにも、新型シャトルのフロアボードを持ち上げると広い床下収納が現れます。約25cmもの深さがあるため、洗車道具や汚れた靴などを入れておくのにも便利でしょう。

5ナンバーサイズのステーションワゴンとしては申し分のない荷室サイズであり、フロアもほぼフラットになることから、使いやすい車として知られています。

エコカー減税がポイント!ホンダ・シャトルの維持費は?

トヨタ プリウスα

ハイブリッドカーとして人気のプリウスに、ミニバンとしての使い方もプラスしたのがプリウスα。プリウスと同様の優れた燃費性能を持ち、使い勝手のいい室内空間を実現した車です。

日常使用では問題ない広さを持つプリウスαですが、シートを全て倒すと最大で1,800mmを超えるスペースが確保できるのが魅力でしょう。長い荷物だけでなく、車中泊も楽に行えることからアウトドアでも重宝する車です。

また、5人乗車の場合には、リヤシートを使用している状態で9.5インチのゴルフバッグが4個積める広さがあります。7人乗車時でも同じ大きさのゴルフバッグを1個積むことが可能です。

リアシートを前倒しすると、5人乗車時、7人乗車時ともに1,000Lを超える容量の確保ができます。シートアレンジによりたくさんの荷物が積めることから、日常生活からレジャーと幅広く活躍する車だといえるでしょう。

さらに、カップホルダーやオーバヘッドコンソール、センターコンソールボックスルなどといった収納も豊富に用意されていいます。

軽自動車

ハイトワゴンなどの登場により、近年では、軽自動車の収納力が大幅な向上を見せています。それに伴い、軽自動車をファミリーカーとして選ぶ人が増え、4名乗車時や荷物の多い時でも快適に過ごせる広い室内空間が求められるようになりました。

軽自動車の場合には、荷室の容量だけでなく、荷物の出し入れのしやすさもポイントでしょう。そこで、いくつかの軽自動車では大きな荷室開口部を採用し、快適に荷物が積込める工夫をしています。

さらに、荷室開口部の地上高を低く設定している車もみられ、荷物の積み下ろしをさらに快適にする工夫も施されているのが特徴です。

収納力の高い軽自動車には以下の3つがあります。

収納が広い軽自動車
ダイハツ タント
スズキ ジムニー
スズキ スペーシア

では、これらの車について詳しくみていきましょう。

ダイハツ タント

センターピラーレスを採用し、ドア開口部を大幅に広げた<ミラクルオープンドア>によって世間を驚かせたタント。ダイハツのスパーハイトワゴンとして知られるタントは、フロントシート、リアシートに左右分割式を採用しているのが特徴です。

リアシートは240mmもスライドが可能で、前にスライドすることで荷室空間が拡大。さらに、助手席と助手席の後ろの後席を倒すことで、27インチの自転車が積めるほどの空間が生み出せます。

ミラクルオープンドアによって開口部が大きいため、荷物の出し入れも簡単に行えるといえるでしょう。軽自動車最大級の室内空間を生み出したタントは、頭上にもゆとりがあり、成人男性でもくつろいで座れる広さも実現しています。

女性からも人気のタントには使い勝手をよくするためのさまざなま収納スペースも設けられ、快適なドライビングを提供している車です。

女性人気が高いタントの維持費は?快適装備で家族が笑顔に!

スズキ ジムニー

ジムニーは軽自動車初となる本格的な四輪駆動車として開発されました。小さいながらも頑丈なボディが魅力で、オフロードでの走破性が高く評価されています。

アウトドアで活躍することが多いジムニーは、その収納力も人気の秘密だといえるでしょう。後席座席を倒すことで奥行きが1,100mmまで広げられ、シートアレンジ次第では、荷物と人を同時に乗せることもできます。

さらに、荷室の両サイドに設置された収納ボックスには細かいものの収納に大活躍するのです。そのほかにも、荷室には床下収納装備され、小物などの収納ができます。

そんなジムニーには、室内の収納も多く、フロアコンソールボックスやインパネボックス、センターロアボックスなどがあり、快適な車内が作り出せると評判です。

本格的オフローダー【スズキ・ジムニー】!維持費や費用を徹底調査

スズキ スペーシア

スーツケースをモチーフとしたユニークなデザインで誕生したのがスペーシアです。軽スーパーハイトワゴンであり、室内高が高いことから、高さのある荷物が楽に積めると人気があります。

スペーシアの荷室開口部は1,150mmと広く、低床設計ですので、荷物の積み下ろしがしやすいのが特徴でしょう。後部座席を倒すと十分なスペースが確保できる車です。

助手席までフルフラットにできるため、長い荷物の積み込みも可能。後部座席を格納したときには、奥行き1,380mmといった広さが生み出せます。

さらに、車内にはインパネセンターポケットやインパネアッパーボックス、グローブボックスなどが装備され、小物の収納も可能です。そのうえ、女性に嬉しいショッピングフックも用意され、買い物をした荷物が倒れることがありません。

スズキ・スペーシア家計を救う?年間の維持費を徹底調査!

まとめ

収納が広い車は、シートアレンジによって室内をさまざまなスタイルに変化できます。背の高い荷物や長さのある荷物などにも対応でき、車の使用目的も広がるでしょう。

ミニバンやステーションワゴンなどの場合には車中泊も可能になり、アウトドアなどでも大活躍します。収納の広い車にはいくつもの種類がありますので、使用目的をよく考え、自分にぴったりの1台を見つけてください。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報