【維持費まとめ】購入前に要チェック!日産の車種別14選

自動車は購入後にも何かと費用がかかるものです。購入を検討している車種がどれくらい維持費がかかるのか気になりますよね。

今回の記事では「日産車14車種の維持費」を項目ごとにくわしく紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

自動車を所有するとかかる維持費


自動車を購入すると必要になる維持費は次の7つです。

自動車の1年間にかかる維持費
自動車税(軽自動車税)
重量税
自賠責保険
任意保険
ガソリン代
駐車場代
車検代

今回の記事では、「日産車14車種の1年にかかる維持費」を項目ごとに紹介します。

重量税、自賠責保険などのまとめて支払うものは、1年当たりの額に直して表示してあります。車検代だけは1年当たりの額ではなく、一回の車検にかかる費用です。

日産車の維持費


日産車14車種の維持費を紹介していきます。

ノート

<ノート>は2018年に日本国内で普通乗用車販売台数1位に輝いた大ヒットコンパクトカー。

ノート(ガソリン車)の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

ノート<ガソリン車グレードX>の1年間にかかる維持費
自動車税 34,500円
重量税 5,600円(購入時エコカー25%減税)
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約30,000~90,000円
ガソリン代(年間1万km走行)76,300円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・ノートの1年間にかかる維持費の総額 254,660~314,660円

・車検代 約10万円

ノートの電気モーターで走行するグレード<e-POWER>は高い燃費効率を誇ります。

<e-POWER>はエコカー減税・グリーン化特例の軽減率も高く、とても経済的なグレードです。

販売台数日本一の秘密は維持費にあり!日産ノートの維持費を大公開

マーチ

<マーチ>は愛らしいエクステリアで女性を中心に人気のあるコンパクトカー。

マーチの1年間にかかる維持費は以下の通りです。

マーチ<S>の1年間にかかる維持費
自動車税 34,500円
重量税 8,200円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約50,000円
ガソリン代(年間1万km走行)83,300円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・マーチの1年間にかかる維持費の総額 284,260円

・車検代 約10万円

マーチにはハイブリッド仕様のグレードはなく、エコカー減税対象にはなっていません。

しかし、燃費効率がそこそこ良く、車体が軽いために重量税も安いので維持費が安くつくモデルです。

コンパクトカーとして人気の日産マーチ!年間にかかる維持費を大調査

キューブ

<キューブ>は独特の箱型のエクステリアで人気のコンパクトカー。残念ながら2019年12月に生産終了する事が発表されました。

キューブの1年間にかかる維持費は以下の通りです。

キューブの1年間にかかる維持費
自動車税 34,500円
重量税 12,300円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約65,000円
ガソリン代(年間1万km走行)94,000円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・キューブの1年間にかかる維持費の総額 314,060円

・車検代 約10万円

キューブもハイブリッド仕様がなく、エコカー減税適用もありません。

燃費効率もあまり良くないので、維持費を節約するのにはあまり向いていないモデルです。

女性に人気の秘密がたくさん!日産キューブの維持費を徹底解説

ティーダ

<ティーダ>は国内では2012年まで販売されていた、ハッチバック型コンパクトカー。

ティーダの1年間にかかる維持費は以下の通りです。

ティーダ<15M>の1年間にかかる維持費
自動車税 34,500円
重量税 12,300円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約52,000円
ガソリン代(年間1万km走行)73,196円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・ティーダの1年間にかかる維持費の総額 280,256円

・車検代 約10万円

エコカー減税適用が無いので維持費面では特筆すべきところはありませんが、コンパクトカーなので燃費や重量税は比較的安く済むでしょう。

“上質コンパクトカー”日産・ティーダ!その価格や維持費もコンパクト?

エクストレイル

<エクストレイル>はマリンスポーツやレジャーなどの使用に最適化され、多彩な用途に対応できるSUVです。

エクストレイル(ガソリン車)の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

エクストレイル<20X 3列シート>の1年間にかかる維持費
自動車税 39,500円
重量税 16,400円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約10~20万円
ガソリン代(年間1万km走行)109,000円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・エクストレイルの1年間にかかる維持費の総額 373,160~473,160円

・車検代 約10万円

エクストレイルにはガソリン車とハイブリッド車のグレードがあります。

もちろん、ハイブリッド車の方がエコカー減税もあり燃費も良いので維持費は安くつきます。2列シート車と3列シート車では重量税に違いのあるグレードがありますので注意してください。

維持費はどのくらい?大人気SUV日産エクストレイルを大調査!

セレナ

<セレナ>は2018年には国内でミニバン販売台数1位に輝いた、大ヒットミドルサイズミニバン。

セレナ(ガソリン車)の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

セレナ(ガソリン車)の1年間にかかる維持費
自動車税 39,500円
重量税 7,500円(購入時エコカー減税25%軽減)
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約32,440~101,550円
ガソリン代(年間1万km走行)127,500円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・セレナの1年間にかかる維持費の総額 315,200~384,310円

・車検代 約10万円

<e-POWER>はエコカー減税・グリーン化特例もダブル適用で、税金面と燃料費ではお得感があります。

しかし、e-POWERは車体価格が高いので、トータルでの出費を良く計算したほうが良いでしょう。

【必見!】愛される理由は維持費にあり!?日産セレナの維持費を徹底検証

エルグランド

<エルグランド>は日産の最上級ミニバン。エクステリア、インテリア共に高級感あふれる車種です。

エルグランド(2.5リッター車)の1年間にかかる維持費は以下の通り。

エルグランド(2.5リッター車)の1年間にかかる維持費
自動車税 45,000円
重量税 16,400円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約60,000円
ガソリン代(年間1万km走行)165,000円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・エルグランドの1年間にかかる維持費の総額 394,660円

・車検代 約10万円

エルグランドはハイブリッドグレードがないので燃費効率が悪く、エコカー減税も対象外のため維持費は高くモデルです。

車体重量が重いために重量税も高くなっています。

高級ミニバンは維持費も高額?エルグランドの維持費を大調査

フーガ

<フーガ>は日産のプレミアムセダン。スタイリッシュで落ちつきのある外観と上質な内装は、正にラグジュアリーカーと言った雰囲気です。

フーガ(2.5リッター車)の1年間にかかる維持費は以下の通り。

フーガ(2.5リッター車)の1年間にかかる維持費
自動車税 45,000円
重量税 16,400円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約66,000円
ガソリン代(年間1万km走行)136,608円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・フーガの1年間にかかる維持費の総額 372,268円

・車検代 約10万円

フーガには「2.5リッターと3.7リッターのガソリンエンジン車」と「3.5リッターのハイブリッドエンジン車」のグレードがあります。

維持費面ではハイブリッドエンジン車がお得です。

日産・フーガの維持費が得なのはガソリンエンジン?ハイブリッド?

ティアナ

<ティアナ>は世界120ヵ国で販売されている日産の世界戦略車。「モダンリビングのような室内空間」を目指して開発されたモデルです。

ティアナの1年間にかかる維持費は以下の通り。

ティアナの1年間にかかる維持費
自動車税 45,000円
重量税 12,300円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約36,000円
ガソリン代(年間1万km走行)144,898円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・ティアナの1年間にかかる維持費の総額 346,458円

・車検代 約10万円

エコカー減税・グリーン化特例もなく、燃費効率も良くないので維持費は決して安くありません。

しかし、見た感じの印象より車体価格が安いのがティアナの良いところです。

【購入検討者必見】日産・ティアナにかかる維持費を徹底調査!

スカイライン

<スカイライン>は1957年から生産販売されている日産の代表的な車種で、高い走行性能を持つスポーツセダン。

スカイライン(ガソリンエンジン車)の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

スカイライン(ガソリンエンジン車)の1年間にかかる維持費
自動車税 39,500円
重量税 16,400円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約60,000円
ガソリン代(年間1万km走行)175,800円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・スカイラインの1年間にかかる維持費の総額 399.960円

・車検代 約10万円

「3.5リッターハイブリッド車」と「3リッターターボエンジン車」のグレードがあります。

やはりハイブリッドグレードのほうが維持費はお得です。

ハイブリッドなら維持費が安い?憧れのスカイラインの維持費の秘密

フェアレディZ

<フェアレディZ>は初代モデルが1969年に登場した「日本を代表するスポーツカー」とも言える特別な車種です。

フェアレディZの1年間にかかる維持費は以下の通り。

フェアレディZの1年間にかかる維持費
自動車税 66,500円
重量税 16,400円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約60,000円
ガソリン代(年間1万km走行)254,000円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・フェアレディZの1年間にかかる維持費の総額 505,160円

・車検代 約10万円

3.7リッターエンジンを搭載しているため燃費効率はかなり悪く、当然エコカー減税の適用もないため、維持費はかなり高くつきます。

日産フェアレディZの維持費は?憧れのスポーツカーは維持費も高め!

リーフ

<リーフ>は一切ガソリンを使用しないで走行できる電気自動車。

リーフの1年間にかかる維持費は以下の通りです。

リーフの1年間にかかる維持費
自動車税 29,500円(2年目は減税あり)
重量税 0円(購入時免税)
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約62,600円
電気代(年間1万km走行)11,200円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・リーフの1年間にかかる維持費の総額 211,560円

・車検代 約10万円

電気自動車なので維持費がとにかく安く済みます。電気自動車を購入すると国から補助金が出ますので、それを維持費に充てるとさらにお得。

維持費を安く抑えたいなら!電気自動車(EV)の日産・リーフが最高

デイズ

<デイズ>は日産と三菱自動車が共同開発した軽自動車。2019年3月にはフルモデルチェンジが行われました。

デイズの1年間にかかる維持費は以下の通りです。

の1年間にかかる維持費
軽自動車税 10,800円(2年目には減税有り)
重量税 約1,233円(購入時エコカー50%減税)
自賠責保険 11,870円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約60,000円
ガソリン代(年間1万km走行)56,800円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・デイズの1年間にかかる維持費の総額 236,703円

・車検代 約7万円

デイズはエコカー減税とグリーン化特例が適用されるので、税金面の負担は軽くなります。

日産の軽自動車は維持費も優秀!大人気の日産デイズを知りつくせ

モコ

<モコ>は日産自動車が2015年まで販売していた軽自動車。

モコの1年間にかかる維持費は以下の通りです。

モコの1年間にかかる維持費
軽自動車税 10,800円
重量税 3,300円
自賠責保険 約11,870円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約60,000円
ガソリン代(年間1万km走行)61,280円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・モコの1年間にかかる維持費の総額 243,250円

・車検代 約7万円

現在モコを購入するとなると中古車になりますので、エコカー減税などの税金面の優遇はありません。

しかし、やはり軽自動車ですので普通車とくらべて維持費は安くなります。

日産初の軽自動車の維持費が気になる!日産モコの維持費を大調査

まとめ


今回は「日産車14車種の維持費」をお伝えしました。

車を購入した後の維持費もきちんと計算しておかないと、「維持費に意外とお金がかかって家計が火の車…」などという事にもなりかねません。

車種の好みだけではなく、維持費までも考慮した購入計画を建てましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報