【総まとめ】リセールバリューが高い国産車は?損をしない選び方もご紹介!

国産車を購入する際にリセールバリューを考慮して検討する方はどのくらいいるのでしょうか。数年先の車の価値なんて気にしない、そんな方もいるかと思います。

しかし、車の乗り換えの際にはお得に新車を購入できるので、やはりリセールバリューを把握しておくことは重要です。そこで今回は、リセールバリューの高い国産車についてご紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

リセールバリューとは?

リセールバリューとは、一般的には購入したものを再度販売する場合の、再販価値のことを指します。車業界については、中古車を売却する際の車の価値として使われるケースが多い用語です。

中古車の相場は車種によって異なります。また時代ごとのトレンドも異なるために相場は流動的でもあります。数年先の車の価値を見越して購入することは決して容易ではありませんが、ある程度の法則性がありますので、車の買い替えの際に得をするためにも無視できない項目ではあります。

リセールバリューが高い車を選ぶことで必然的に買取価格も高くなります。人気の要素が高い車を選ぶことで、移動手段としてだけでなく資産価値も高まるのです。

リセールバリューを決める要素は?

中古車相場は非常に流動的ですが、リセールバリューを決める大きな要素は、車種やグレートといった基本的な内容以外に、下記の3つが挙げられます。

市場での人気度

中古車はユーザーからの人気度というのが非常に重要です。中古車業者は再販しやすそうな車に魅力を感じ、中古車を仕入れます。そのため、人気の高い車の価値は相対的に上がります。

その反面、どんなに性能の良い素晴らしい車であっても、市場での人気度が低く再販できる見込みが低ければ、中古車としての価値は上がりません。個性的な車を好むユーザーも一定数で存在しますが、業者目線で考えるとやはり大衆的な車の方が仕入れる際に、見込みが立てやすいのです。

そのため、人気の高さもリセールバリューを決める大きな要素となります。

オプション品の充実度

買取査定の際には、オプション品がどれだけ搭載されているかも、しっかりチェックされます。車のオプション品にはメーカーオプションとディーラーオプションがありますが、特にメーカーオプションが高く評価されがちな傾向にあります。

メーカーオプションは、工場で新車を生産される際に取り付けが行われるオプション品です。装備品によっては工場でしか取り付けができないパーツがあるので、そのぶん価値が高まります。

近年では先進的なテクノロジーやセキュリティを備えたオプション品の、人気が高い傾向にあります。購入時には、そのような点も踏まえてオプション品を選択すると良いでしょう。

ボディカラー

車のイメージをガラッと変えてしまうボディカラーも、リセールバリューを決める大きな要素となります。車種によって強く打ち出すボディカラーはやや異なりますが、ここでも大衆的な人気の高いボディカラーが、リセールバリューは、高くなりがちです。

日本の車市場においては、圧倒的な割合でホワイト系やブラック系のボディカラーが人気となります。またお手入れがしやすいので、メタリック仕上げのボディカラーも評価が高いです。

ボディカラーだけでも、同じ状態の車で数万円の価格差がつくことも珍しくないので、ボディカラーを選ぶときは大衆的に人気の高い、ホワイト系やブラック系のボディカラーを選ぶことが無難と言えるでしょう。

こんな国産車はリセールバリューが高い

続いては、リセールバリューが高くなりやすい国産車の要素をご紹介します。

モデルチェンジしたばかりのクルマ

各車種は、定期的にマイナーチェンジやモデルチェンジを行います。不具合点の改善や市場でのアピールが主な目的でありますが、モデルチェンジをしたばかりの車は、注目度も高くリセールバリューが高くなりがちです。

各メーカーは、モデルチェンジのタイミングで、最新の技術もアピールします。その技術が反映されている最新車種には、ユーザーの関心も高いため、必然的にリセールバリューが高くなることでしょう。

海外でも人気のモデル

中古車市場は、何も日本だけではありません。日本車は耐久性が高く品質も安定しているので、世界的に人気が高いです。日本の中古車市場においては年式が古く走行距離が多い車は、リセールバリューが下がりますが、海外では現役で活躍している車をよく見かけます。

国や地域によっても人気の車種は異なりますが、中古車の売却の際には海外への輸出ルートを持っている業者に依頼することで、多少状態の悪い車であっても、相場より高く買い取ってもらえる可能性があります。

ファミリー層に人気の車

長年、車の人気ランキングや販売台数ランキングに上がってくるのは、ファミリー層にとって使い勝手の良い車です。特に20代〜30代のファミリー層に好まれる車が、ランキングを席巻しているように見られます。

ボディタイプ別に見ると、ミニバンや軽自動車の人気が高いですが、近年のトレンドを見るとクロスオーバーSUVやコンパクトカーも無視できません。ファミリー層に人気の車種は、長い期間値崩れしづらい特徴がありますので、リセールバリューを考慮する上で、最適な車だと言えるでしょう。

ロングセラーになっている人気モデル

各メーカーに名車と呼ばれる車種がありますが、長年活躍している車種は、相場の動きも分かりやすく、中古車市場でも安定した人気を持っています。反対に、新規車種は人気が高まった時の爆発力はすごいものがありますが、先の相場が読めない不安感があります。

手堅くリセールバリューを考慮して新車を購入するのであれば、ロングセラーとなっている名車の最新モデルを購入する方が、安心できるでしょう。また中古車市場でも、相場が急落する危険性が少ないので、買取を希望する業者も多く見られます。

生産数が少ないモデル

特別仕様車や期間限定モデルなど、限定生産が行われ生産数が少ないモデルは、希少価値が高まります。多少相場が上がっても、カーマニアの間では注目度が高いので、中古車市場でも注目されることは間違い無いでしょう。

ただし、その価値を把握していない買取業者も残念ながら存在します。そうなると通常のグレードと変わらない相場で買取される危険性がありますので、しっかり価値の分かってくれる業者を探し、その希少性に見合った価格で売却を行いましょう。

リセールバリュー高い国産車をボディタイプ別に紹介!

続いては、リセールバリュー高い国産車をボディタイプ別に一挙にご紹介します。

ミニバン

ファミリー層に人気の高いミニバンですが、全体のボディタイプを通じても評価の高い車種が並んだ印象です。

トヨタアルファード

  • グレードごとの新車価格帯:319.8~1578.5万円

LLサイズミニバンと呼ばれるアルファードは、国産車最大級のサイズ感が魅力です。そして高級セダンのようなインテリアは、サイズ感を活かしたゆとりと、重厚感と落ち着きを演出したウッドパネルがアクセントとなり、高級感を強調しています。

特に後部座席の乗り心地が素晴らしく、老若男女問わず快適なドライブを楽しめます。高い乗り心地や安定感のある走行性能、さらに先進的な安全性能と、全ての基本性能が非常に高いレベルにある車です。

 

【2019年最新版】高級ミニバン・アルファードの買取相場情報

トヨタ最上位クラスのアルファード!年間にかかる維持費を徹底解説

トヨタヴェルファイア

  • グレードごとの新車価格帯:319.8~1578.5万円

アルファードの兄弟車であるヴェルファイアは、エアロボディが印象的な若々しい雰囲気を強調したコンセプトで開発されました。20基本的な仕様はアルファードと大きく変わりませんが、そのデザイン性からかヴェルファイアは比較的若いファミリー層に支持されています。

ヴェルファイアは燃費性能も素晴らしく、ガソリン車・ハイブリッド車ともに、高効率なエンジンが採用されているので、ミニバン車の中ではトップクラスのカタログ燃費です。

またヴェルファイアは、多彩なシートアレンジが出来ることも魅力で、状況に応じて後部座席をアレンジできるので、高い利便性と快適性を兼ね揃えています。

チャンスは2019年中!?ヴェルファイアの高額買取の狙い目時期

トヨタヴォクシー

  • グレードごとの新車価格帯:251~388.2万円

ヴォクシーは、ミドルクラスのミニバンを代表する車種とと言っても過言ではないでしょう。幅広い層から支持され、基本性能もバランス良く高いので、色々なシーンで使い勝手の良い車です。

室内空間はサイズ感を無駄にしない設計により、広く快適に過ごすことができます。またエンジンの強度も高く、燃費効率にも優れているので、年間の走行距離が多いユーザーにも愛されています。

グレード設定も幅広いため、こだわり派のユーザーからライトユーザーまで、広いニーズに応えられるポテンシャルを持った車です。

ヴォクシーの維持費をできるだけ抑える方法は?ヴォクシーの修理費がかかりやすい部分も紹介

ミニバンの代表格ヴォクシーの相場は?高価買取してもらうコツ

ホンダステップワゴン

  • グレードごとの新車価格帯:245.5〜335.1万円

箱型で低床型のボディが人気のステップワゴンは、走りの安定感が人気の秘訣です。普段使いはもちろんですが、週末のレジャーに活躍してくれる印象が強いため、モデルチェンジを経ても普遍的に支持されている印象です。

ステップワゴンは駆動形式がFFで、そのぶん室内スペースを広く確保できるメリットがあります。走りにこだわりつつも、ミニバン本来の特徴を最大限に活かした室内空間は、居住性も抜群です。

【2019年最新版】FFミニバンの先駆車・ステップワゴンの買取相場情報!

ステップワゴンの維持費は?年間維持費、車検代もこれを読めば丸わかり!

日産セレナ

  • グレードごとの新車価格帯:287.4〜340.4万円

現行モデルが5代目となるセレナは、日本で初となる同一車線自動運転技術であるプロパイロットが装備されている車です。プロパイロットの先進的な機能の数々により、ドライバーのストレスや疲労を軽減する効果があります。

先進的な安全技術で、高い信頼性を獲得していますが、利便性の高さも特筆すべきポイントです。狭い場所においても荷物の積み下ろしが簡単なデュアルバックドアや、足を動かすだけで開閉可能なハンズフリーオートスライドドアなど、荷物が多い買い物帰りなどでも高い使い勝手が評判です。

【2019年最新版】日産セレナの買取相場情報は?モデルチェンジ情報も!

【必見!】愛される理由は維持費にあり!?日産セレナの維持費を徹底検証

SUV

近年では、コンパクトSUVの評価が高まっていますが、大型SUVも依然として高い人気を誇っています。

レクサスLX

  • グレードごとの新車価格帯:1,100~1,170万円

レクサスブランドの最高級SUV車に位置するLXは、日本より海外市場での認知度が高く、世界的に見てもリセールバリューの高い車です。強度の高さが伺えるエクステリアに、インテリアは機能性とラグジュアリーさを両立した、ハイクオリティな仕上がりです。

LXの装備品は、レクサス車の中でも最高級と目されるものが多く採用されています。先進的な空調システムや、自動車高調整機能など、ドライバーの快適性だけでなく、同乗者へのホスピタリティも高い車です。

レクサス最上級SUVのLX!買取における秘密と最新買取相場を紹介

レクサスRX

  • グレードごとの新車価格帯:495.0~769.0万円

SUVならではの力強さと、奥深い高級感が知的な雰囲気を感じさせるRXは、力強い3.5Lエンジンと、燃費性能が素晴らしいハイブリッドグレードに扱いやすい2.0Lエンジンと、グレードごとに異なる走り心地を体感できます。

大柄なボディサイズが特徴ですが、先進的な安全性能により取り回しのしやすさに定評があり、幅広いユーザーに厚い支持を受けています。

大人気SUVレクサスRXの維持費を徹底公開!購入時の費用も分かる

レクサスRXはどうすれば高く買取?魅力から読み解く買取のコツを伝授

トヨタランドクルーザー

  • グレードごとの新車価格帯:435~723.6万円

国産SUVの中で最高級車の地位を不動とするランドクルーザーは、耐久性や走破性が素晴らしく、長年愛用していても壊れにくいため、登録年数が長い車でもリセールバリューが高い特徴を持っています。

SUV車愛好家にとって、ランドクルーザーはまさに憧れの車と言えるでしょう。ランドクルーザー専門店もかず多く存在することから、そのニーズが普遍的であることに、疑いの余地はありません。

トヨタランドクルーザープラド

  • グレードごとの新車価格帯:353~536万円

ランドクルーザープラドは、軽量で低価格ランドクルーザーというコンセプトを持ち、ライトユーザーをターゲットに投入された車です。ランドクルーザー伝統の耐久性や走破性はそのままに、市街地や高速道路での走行安定性や静粛性も高い、乗用性の高いSUV車です。

カスタムパーツも豊富であることから、中古車市場では古い年式のモデルも、根強い人気があります。グレードのバリエーションも豊富なので、初めてSUVに乗るユーザーからも多く選択されています。

ランドクルーザープラドは維持できないと諦める前に!実際の年間維持費を調査

ランドクルーザープラドは買取業者選びが重要!全モデルの買取相場

マツダCX-8

  • グレードごとの新車価格帯:289.4~446.0万円

CX-8は、ミニバン並みの居住性と快適性を持つSUV車です。各シートのスペースが確保されていることで、どの座席に置いてもゆったりと快適な時間を過ごすことができます。

オフロードでの走破性はもちろんのこと、安全性能・快適性・静粛性など、車を選ぶ上で重視される点がバランス良く高い水準にあるのもポイントです。多方面に魅力を持った車だと、専門家も唸らす仕上がりです。

最上級SUVといえばマツダCX-8?基本情報や特徴が知りたい人は必見!

トヨタハリアー

  • グレードごとの新車価格帯:294.9~457.4万円

近年のSUV車においては、オフロード以外での使い勝手が注目されていますが、ハリアーは万能性の高い高級感を持ったSUV車の元祖と言えるでしょう。無骨でワイルドイメージの強いSUVのイメージを変えた車だとも言えます。

高級セダンのような乗り心地や快適性に加え、都会的なスタイリッシュさを持ったデザインは、これまでSUV車に目を向けなかったユーザーを夢中にさせました。現在のクロスオーバーSUVも、そもそもハリアーのヒットがなければ、存在しなかったかもしれません。

【2019年最新版】プレミアムSUVの先駆車・ハリアーの買取相場情報!

トヨタハリアーは本当に高く売れる?超人気SUVの買取相場状況に迫る!

日産 エクストレイル

  • グレードごとの新車価格帯: 243.7~380.4万円

デビュー当時は角ばった腰高なデザインが特徴で、SUV独特の強さを強く打ち出した雰囲気を持っていました。しかし、モデルチェンジを経てどんなシーンでも活躍できる、万能性の高い車に成長した印象です。

全ての基本性能がバランス良く高いため、悪い点が見つかりにくい車で、リセールバリューも高い水準で安定しています。女性ユーザーが多いことも特徴で、どんなユーザーでも乗りこなせる運転のしやすさがあります。

【最新買取情報】2018年SUV販売台数No.1のエクストレイルの相場は?

維持費はどのくらい?大人気SUV日産エクストレイルを大調査!

セダン

セダンは旧来の高級志向とは打って変わって、環境性や走行性能の高い車が人気を集めている印象があります。

トヨタプリウス

  • グレードごとの新車価格帯:251.9~399.4万円

世界初のハイブリッド車であるプリウスは、何といっても燃費の良さが魅力です。今でこそたくさんのハイブリッド車が各メーカーから発売されていますが、未だに燃費性能ではトップの座を譲りません。

旧型では燃費の良さを追求するあまり、内装の安っぽさも指摘されていましたが、現行モデルは非常に質感の良い仕上がりが印象的です。燃費性能や静粛性に加え、質感や乗り心地など新たな魅力を楽しむことができます。

【2019年最新版】世界初の量産ハイブリッド車プリウスの買取相場情報

プリウスの年間にかかるガソリン代は安い?年間維持費の算出方法を紹介

レクサスGS

  • グレードごとの新車価格帯:535.2~782.0万円

グランドツーリングセダンの略称でもあるGSは、スポーツセダンとして走行性能を追求しています。高級セダンでありながら、走行性能やハンドリングのキレが素晴らしく、走行性能にこだわるユーザーも夢中になっています。

その唯一無二の走行性能は中古車市場でも大人気です。数々の高級車を生み出すレクサスブランドの中でも、リセールバリューはトップクラスで、安心して売却できる車だとも言えます。

レクサス人気ツーリングセダンGS!1年間の維持費を項目別に解説

レクサスGSの買取価格が知りたい!買取評価と査定アップのコツとは

トヨタMIRAI

  • グレードごとの新車価格帯:723.6~727.5万円

世界初のセダン型燃料電池自動車として、環境性の高さが強調されがちなMIRAIですが、乗り心地の良さや最先端のテクノロジーも特筆すべきポイントです。悪路においても衝撃を吸収する足回りが採用され、強風を受けた際の安定感も高いです。

MIRAIはシンプルなデザインとなっていますが、最先端の技術が採用されていることから、中古車市場でも注目度の高い一台です。加速やハンドリングは、これまでに感じたことのない感覚で、ワクワクする時間を過ごせることでしょう。

日産スカイライン

  • グレードごとの新車価格帯:299~609.8万円

スカイラインが伝統的に持つスポーティさは、世代を超えてファンを多く獲得しています。現行モデルにおいては高級感や快適性が加わり、異なる魅力が備わっています。

ラグジュアリーでアグレッシブな姿は、高い走行性能を乗らずとも想起させてくれます。そしてハンドルを握ると、期待を裏切らないダイナミックな走りで、爽快なドライブを満喫できます。

ハイブリッドなら維持費が安い?憧れのスカイラインの維持費の秘密

日産スカイラインを徹底解説!買取に出すなら3年~5年落ちがベスト?

コンパクトカー

コンパクトカーに関しては、質感の高さや実用性の高い車種が特に人気です。

トヨタアクア

  • グレードごとの新車価格帯:178.5~253.5万円

アクアはまるで、軽自動車のような感覚で運転することができる、手軽なハイブリッド車です。燃費性能や静粛性に加え、リーズナブルな価格で購入できる点も、中古車市場では支持されています。

プリウスよりは若干燃費性能で劣りますが、排気量やボディサイズの違いから、ライトユーザーに好まれる傾向にあります。また法人でも、社用車として多く採用されているので、今後も高いリセールバリューを維持することが期待できます。

【2019年最新版】元祖世界で最も低燃費!アクアの最新買取相場は?

低燃費アクアは経済的な車って本当?年間維持費はいくらかかるか

日産ノート

  • グレードごとの新車価格帯:142.1~209.1万円

ノートは、2018年に登録車販売台数日本一になった、最も人気のあるコンパクトカーとも言えます。まさに今旬の車種でもあるので、中古車市場では状態の良い車は、高価買取される傾向にあります。

ノートは、細い道の多い市街地をドライブするのに、ちょうどいいサイズ感を持ちながら、大人が後部座席に乗ってもゆとりを感じられる室内空間を実現しています。さらに、どのクレードにおいても燃費性能が高いので、実用性の高さも評価されています。

販売台数日本一の秘密は維持費にあり!日産ノートの維持費を大公開

日産ノートを徹底解説!e-POWER人気で高額買取に期待が持てる!?

ホンダフィット

  • グレードごとの新車価格帯:132.3~220.5万円

軽自動車の開発に強い印象を持つホンダですが、安全性能・快適性・走りの3拍子が揃ったコンパクトカーとして、フィットも高い人気を誇っています。コンパクトカーなのか疑ってしまうほどに、広い室内空間を持ち収納スペースも充実しています。

車両価格も軽自動車とあまり変わらないので、中古車市場においても安定して需要が見込まれる車です。そのためリセールバリューは高く、人気グレード・人気のボディカラーといった要素が加われば、高価買取は間違いない一台だとも言われています。

【2019年最新版】国民的人気のホンダフィット!最新買取相場は?

フィットの維持費は〇〇?車両価格や車検費用など全てを解説!

マツダデミオ

  • グレードごとの新車価格帯:159.8~227.8万円

まるで輸入車のようなスタイリングと、高級車のような質感の高さが特徴的なデミオは、コストパフォーマンスの高い一台です。ガソリン車とクリーンディーゼル車がラインアップされますが、ブランドコンセプトである走る歓びを体現しています。

胸のすくような推進力のある走行性能は、ワンランク上のエンジンを搭載しているかのような力強さを感じます。室内の静粛性も素晴らしく、安定感があるために、リラックスしてドライブを楽しむことができます。

マツダ・デミオの維持費は?クリーンディーゼルに軍配だが注意も必要!

【デミオを高く売るには!?】 マツダデミオの高額買取を実現させるために徹底解剖

軽自動車

軽自動車は経済性に優れていますが、今回ご紹介する軽自動車は、他の車にはない独自性が伺える車種が揃いました。

ホンダS660

  • グレードごとの新車価格帯:198.1~285.0万円

本格的なスポーツドライビングを楽しめる軽自動車として、S660はデビューしました。遊び心を持った大人たちに強く支持され、休日を楽しめる一台だと評価が非常に高いです。

気分を高めてくれるデザインに、本格志向のユーザーの心をくすぐるスポーツシートなど、スピードを体感できる工夫が随所に見られます。デビューから年数が経っていないため、中古車市場では稀少性が高く、リセールバリューも高い相場で推移しています。

ダイハツコペン

  • グレードごとの新車価格帯:185.2~210.6万円

スポーティなスタイリングが印象的なコペンは、かっこよさと可愛さが両立したデザインで、強い独自性を持った車です。直列3気筒12バルブDOHC ICターボ付きエンジンが搭載され、軽自動車としてはハイスペックな走行性能を持っています。

さらに電動開閉式ルーフも搭載され、気持ち良い風を受けながらドライブを楽しむことが出来ます。先進的な安全性能も搭載され、運転は苦手でもオシャレな車に乗りたいと考えているユーザーにも、人気の高い一台です。

【ダイハツの軽スポーツカー】コペンの維持費と購入費用を解説

コペンの買取相場は?高く売るためのコツやカスタム時の注意点

スズキジムニー

  • グレードごとの新車価格帯:145.8~201.9万円

リセールバリューの高い軽自動車として、長年トップの座に君臨するジムニーは、普遍的なコンセプトと強いオリジナリティを持った車です。スタイリッシュ志向が強い現代においても、強度と耐久性を重視した無骨なスタイリングは、性能への自信を感じさせます。

軽自動車の本格オフロード車として、世界的にも高い評価を得ているので、買取業者が販売ルートに困ることはほぼない車種だとも言えます。カスタムの自由度が高いのも特徴なので、どの年代のモデルでも、リセールバリューは非常に高いです。

【2019年最新版】軽オフロード唯一無二の存在・ジムニーの買取り情報

本格的オフローダー【スズキ・ジムニー】!維持費や費用を徹底調査

スズキハスラー

  • グレードごとの新車価格帯:110.0~170.5万円

遊べる軽というコンセプトを持つハスラーは、遊び心のあるデザインや高い安全性能が、高い評価を受けています。クロスオーバータイプの軽自動車として、時代にマッチしたこともあり、リセールバリューは高い水準を維持しています。

グレードラインナップが豊富で、軽自動車としては価格帯も広いので、様々なユーザーのニーズにマッチする車種だとも言えます。デビュー以降安定した人気を持っているので、数年先の買取相場も急落する心配は少なそうです。

【2019年最新版】新ジャンル軽クロスオーバSUV・ハスラーの買取相場は?

驚きの高性能と軽自動車ならではの維持費!ハスラーの人気と魅力に迫る

ホンダN-BOX

  • グレードごとの新車価格帯:138.5~194.9万円

トール型軽ワゴンの代表格と言えるN-BOXは、何と言っても車内空間の広さが特徴です。普通車と遜色ない広さと開放感から、ファミリーの評価が圧倒的に高い1台です。

さらに、ホンダの安全運転支援システムであるHonda SENSINGが搭載され、安全面でやや脆弱な軽自動車の欠点を補っています。広い室内空間と高い安全性という、これまで軽自動車のデメリットと言われていた部分が、N-BOXでは強みとして打ち出されています。

【2019年最新版】上半期新車販売台数No.1!N-BOXの買取相場情報

軽自動車の人気車種!ホンダ【N-BOX】の維持費はどれくらい?

リセールバリュー高い国産車のメーカーは

先ほどご紹介した各車種のように、メーカーごとにリセールバリューはやや異なります。国産車のメーカーに目を向けて見ると、やはりトヨタ車のリセールバリューが頭一つ抜けている印象です。

世界最大規模のカーメーカーであり、車の品質の高さも評価されています。ターゲットも幅広く数々の名車を生み出しているので、日本のみならず海外にもファンが多いことが特徴です。

そして近年では、トヨタの別ブランドであるレクサスもリセールバリューが高いメーカーとして知られています。車両価格は高めに設定されていますが、高級感と信頼性の高さでユーザーの満足度を高め、レクサス車に憧れるファンは多くいます。

リセールバリュー高い国産車の損をしない売り方

リセールバリューがせっかく高い国産車でも、売り方を間違えてしまうと損をする可能性があります。中古車相場の変動は激しく、買取業者にも幅広い知識が求められます。

しかし車種によって、得意なジャンルとそうでないジャンルがある業者がいることも事実です。そうした特徴はなかなか見分けがつかないのではないかと思います。

このようなリスクを回避するためにも、中古車の買取を依頼する際には、車買取一括サイトなどを活用することをオススメします。車買取一括サイトを利用することで、ニーズにあった業者を少ない手間と時間で見つけることができます。

相見積もりを取ることによって、一番高い査定額を提示してくれる業者も、自然と見つけることができるので、損をしないためには、是非とも利用したいところです。

まとめ

今回は、リセールバリューの高い国産車についてご紹介しました。中古車相場は変動しやすいものですが、人気が安定することで相場が落ち着く傾向にあります。

数年先のリセールバリューを考慮するのであれば、その車種の人気度は無視できないポイントですので、是非参考にしてください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます