【輸入車編】リセールバリューが高いメーカーまとめ!

輸入車はリセールバリューが高いメーカーとそうでないメーカーで大きく分かれます。どのような要素でリセールバリューは決まるのでしょうか。またリセールバリューが高いメーカーには、どんな特徴があるのでしょうか。

今回は、リセールバリューの高い輸入車についてご紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

輸入車のリセールバリューは国産車と比較すると低い

まずは輸入車の中古車市場での価値についてご紹介します。高級車としてのイメージが強い輸入車ですが、中古車市場ではどういった位置付けなのでしょうか。

リセールバリューとは?

リセールバリューは、購入したものを売却する際の、再販価値のことを意味します。車の業界では、中古車を売却する際の車の価値として使われるケースが一般的です。

中古車相場は、車種によって全く異なります。また車業界を取り巻く環境や、ライフスタイルやトレンドが異なるので、相場は非常に流動的です。

今所有している車の数年先の価値は、はっきり言って約束されたものではありません。極論を言うと、致命的な不具合やリコールを頻発して人気が急落してしまうことだってあるのです。

そのような面を見越して、リセールバリューを読み取ることは決して容易ではありませんが、車の買い替えの際に得をするためにも無視できない項目です。

リセールバリューが高い車を選ぶことで必然的に買取価格も高くなります。人気の要素が高い車を選ぶことで、移動手段としてだけでなく資産価値も高まるのです。

リセールバリューが高い要素は

リセールバリューは大きく車種やグレードといった要素がありますが、それ以外に下記の3つも気にしておきたい点です。

市場での人気度

中古車はユーザーからの人気度が重要になります。中古車販売業者は、再販しやすそうな車に魅力を感じ、なるべくそのような中古車を多く在庫として仕入れたいと考えます。そのため、人気の高い車の価値は相対的に上がります。

一方で、どんなに性能の良い素晴らしい車であっても、市場での人気が低く業者が再販できる見込みが少なければ、中古車としての価値や相場は上がりません。個性的な車を志向するユーザーも存在しますが、業者の目線で考えると、やはり大衆的な車の方が仕入れる際に、安心できるでしょう。

人気の高さが車の価値を決めるといっても過言ではありません。だからこそ大衆車のリセールバリューは高いのです。

オプション品の充実度

査定額をさらに上がるために、オプション品の充実度も無視できないポイントです。車のオプション品にはメーカーオプションとディーラーオプションがあり、特にメーカーオプションは、買取業者へ高く評価されがちな傾向にあります。

メーカーオプションは、工場で新車を生産される際に取り付けられるオプション品です。装備品によっては、車体への加工が必要なため、工場でしか取り付けができないパーツがあります。

一度市場に出ると再度取り付けができるわけではないため、そのぶん価値が高まります。

近年では先進的なテクノロジーやセキュリティを備えたオプション品の、人気が高い傾向にあります。購入時には、そのような点も踏まえてオプション品を選択すると良いでしょう。

ボディカラー

車のイメージをガラッと変えてしまうボディカラーも、リセールバリューを決める大きな要素となります。車種によって強く打ち出すボディカラーはやや異なりますが、ここでも大衆的な人気の高いボディカラーが、リセールバリューは、高くなりがちです。

日本の車市場においては、圧倒的な割合でホワイト系やブラック系のボディカラーが人気となります。またお手入れがしやすいので、メタリック仕上げのボディカラーも評価が高いです。

ボディカラーだけでも、同じ状態の車で数万円の価格差がつくことも珍しくないので、ボディカラーを選ぶときは大衆的に人気の高い、ホワイト系やブラック系のボディカラーを選ぶことが無難と言えるでしょう。

なぜ輸入車のリセールバリューは低い?

先ほど市場での人気度がリセールバリューに影響を及ぼす旨をご紹介しましたが、輸入車のリセールバリューが低いのはまさにその点に尽きると言えるでしょう。

輸入車のメーカーを見ると、世界に名を轟かせる錚々たるメーカーが揃い、その車の高級感は言うまでもありません。実際に日本でも輸入車を所有するオーナーは憧れの目で見られますし、輸入車を欲しいと言うユーザーも一定数見られます。

いいことずくしのように感じる輸入車ですが、なぜリセールバリューが低いのでしょうか。

まず業者目線で考えると、販売ルートの確保が難しい・相場変動が激しく読めない・高額査定をする必要性がない・そもそも国内での需要が少ないなどの、デメリットが浮かび上がってきます。

日本の車市場においては、やはり国産車の方が人気が高いため、輸入車の相場は安定しづらく、国産車に比べると再販できる見込みも少ないようです。

そしてユーザー目線で考えて見ると、維持費の高さがデメリットとして考えられます。もともと高級車であることからひとつひとつの部品が高く、万が一の故障時の修理費が想定しづらい面があるようです。

さらに、国産車ほどの手厚いメーカー保証もないために、中古の輸入車を購入するのはリスキーだとも考えられています。このような要素があるため、新車時に人気の高い輸入車でも、国産車と比較するとリセールバリューが低くなるのです。

リセールバリュー高い輸入車メーカーを紹介!

続いては、日本でリセールバリューが高い輸入車メーカーをご紹介します。

BMW

  • リセールバリュー高い代表的な車種:X3・X5・M3セダン・3シリーズなど

駆け抜ける喜びという明確なコンセプトを持つBMWは、ドイツに本社を持つ老舗の自動車メーカーです。

スポーティな雰囲気が印象的なBMWの車は、どの車種・ボディタイプにおいても走行性能の高さが特徴的です。エクステリア・インテリアのデザインでもスポーティな雰囲気が反映され、無意識にドライブへの期待感を高めてくれるブランドだと言えるでしょう。

日本の市場においても長年その人気は高く、中古車市場においても多くのBMW車が見られます。近年はSUV車のリセールバリューや人気の高さが目立ちますが、セダンの存在感も依然として高く、富裕層を中心に普遍的な人気となっています。

【BMW】SUVの魅力とは?その特徴や人気シリーズを徹底解剖!

実用的かつスポーティなBMW5シリーズツーリング!高価買取のポイントとは?

実用性を持つ BMWのスポーツカーM3!買取相場で有利なポイントは?

迫力あるスタイリングのBMW X5!輸入車なのに買取相場は安定?

メルセデスベンツ

  • リセールバリュー高い代表的な車種:Gクラス・GLAクラス・Aクラス・Cクラス・Eクラスなど

高級車としてのイメージが強いメルセデスベンツですが、質感の高い車種が幅広いボディタイプで揃っている印象です。ブランドの知名度は疑う余地もなく、メルセデスベンツからリリースされる各車種は品質の高さでユーザーを夢中にさせています。

安全性をかなり重視した車作りと、正統派と言える高級感で、日本の輸入車市場において、長年トップクラスの人気を維持しています。その高級感は唯一無二で、まさに高級車の王道を作った存在だと言えるでしょう。

メルセデスベンツ車は、セダンの高級車が印象的ではありますが、堅牢なSUVに実用性の高いステーションワゴン、さらには質感の高いコンパクトカーまで、リセールバリューの高い車が揃っています。時代にマッチしたカーラインナップを揃えているのも、魅力の一つです。

Gクラスを高値で売りたい人必読!買取で高額査定を目指すコツ

ベンツGLCの買取価格は?人気のグレードからオプションまでを調査!

買取でベンツCLAクラスの評価は?高額査定を狙う方法を伝授!

メルセデス・ベンツのAクラスは高価買取間違いなし?カラーとオプションが鍵!

メルセデス・ベンツCクラスの最新買取相場は?高価買取のポイントをチェック

フォルクスワーゲン

  • リセールバリュー高い代表的な車種:ゴルフ・ポロ・ニュービートル・ティグアンなど

ビートルを始めとする、可愛らしくてスタイリッシュな印象の強いフォルクスワーゲンの車は、特に女性の人気が高い印象です。一目でわかるデザイン性の高さは、世界中のユーザーを虜にし、カーデザイン全体のトレンドにも革新性をもたらしています。

また、ハンドリングの良さと安全装備が充実しているのも、大きな魅力です。高級志向の強い輸入車の中では、比較的リーズナブルな価格設定でもあるので、親しみやすいブランドイメージです。

国産車のコンパクトカーも、近年では質感の高さが評価される傾向にありますが、最上級の質感を味わえるのは、やはりフォルクスワーゲンが一番だという評価も多いです。

1,000万円超えプレミアムSUVのトゥアレグ!国内買取相場は?

個性的なデザインが魅力!フォルクスワーゲン【ニュービートル】の買取相場

ゴルフの買取で得するには?高額査定のチェックポイントを解説!

【フォルクスワーゲン】を代表するSUV!ティグアンの買取事情とは?

アウディ

  • リセールバリュー高い代表的な車種:A8・A4・A4アバント・TTクーペなど

日本では若い層に人気の高いアウディ車ですが、先進的でスタイリッシュなデザインがどの車でも際立っています。シンプルではありますが、細部にこだわられた質感の高さがアウディ車の独自性を演出しています。

またアウディ車には、ほぼ全車種にオリジナルの4WD技術が採用されています。クワトロと名付けられた4WD技術は、他の4WD車では味わえない走行性能と推進力を持っています。

さらに、昔からアウディ車はラリーをはじめとしたモータースポーツで実績を残し、走行性能の高さは折り紙つきです。このように、アウディ車でのみ体感できるデザイン性と走行性能は、日本の中古車市場においても高い評価を得ています。

買取相場の水準が高いアウディQ5!更に高く売るためのポイントとは?

Q3は高価買取を狙える人気車種!更に高く売るためのポイントは?

【アウディS8】気になる買取査定と車の特徴を解説!

革新的なテクノロジーのアウディA3スポーツバック!高価買取のポイントは?

格式高いプレミアムカーのアウディA5スポーツバック!買取相場は横ばい?

ボルボ

  • リセールバリュー高い代表的な車種:XC40・V60・V40・XC60など

スウェーデンの自動車メーカーであるボルボでは、とにかく頑丈な車作りが行われています。ボディの耐久性もさることながら、安全性への高い意識も現在の評価を得るに至った要因でしょう。

ボルボ車設計の基本として、常に安全でなければならないという理念があります。徹底した事故調査の実施し、最新の安全技術や安全装備の研究を行い、世界トップクラスのファミリーカーとなっています。

さらに北欧デザインが反映されたエクステリアとインテリアは、シンプルながらも機能美が徹底的に追及されています。スタイリッシュで先進的なデザインは、所有しているオーナーのセンスの良さも高めてくれることでしょう。

ボルボの高級車はシンプルながら個性的?北欧の大地が生み出した耐久性!

日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボXC40!その魅力と買取り事情は?

7年ぶりフルモデルチェンジのボルボV60の最新買取相場は?買取ポイントも紹介!

【ボルボV40クロスカントリー】10年落ちでも売れる?その気になる買取相場は?

ポルシェ

  • リセールバリュー高い代表的な車種: 911カレラ・ケイマン・カイエン・ボクスターなど

ポルシェは創業して以来、一貫してスポーツカーに特化した車作りを行なってきました。スポーツカーでは確固たる地位を得ましたが、大衆的ではない市場で将来性も懸念されていました。

そのような状況を脱却するために、2000年以降は新たな挑戦も多く見られます。ポルシェのスポーツカーのイメージはそのままに、SUVのカイエンや4ドアセダンのパナメーラなど、異なるボディタイプの開発にも注力しています。

根強くスポーツカーに特化したメーカーという印象は強いですが、今後は総合的に高級車を発売する自動車メーカーとして、動向が注目されています。

ポルシェを代表するSUVカイエン!買取相場や人気カラーを大公開

中古車市場で注目のポルシェ・ケイマン!年式が古い車ほど維持費に注意?

ポルシェの最高峰911!気になる買取価格や高価買取のポイントを公開

パナメーラの最新買取相場は?人気グレードと買取ポイントもご紹介!

プジョー

  • リセールバリュー高い代表的な車種:208・308・3008・2008・RCZなど

ライオンをモチーフにしたエンブレムが特徴的なプジョーは、フランスの老舗自動車メーカーです。ネコ足とも呼ばれるしなやかな足回りと、ネコ目と呼ばれる、吊り上がったフロントマスクが、どの車種においても共通しています。

コンパクトカー・クーペ・カブリオレに名車が多いプジョーですが、近年では2008・3008などSUV車が非常に注目されています。機能性の高さと取り回しのしやすさが幅広い年代層のユーザーに支持されています。

都会的でエスプリの効いたデザインも素晴らしく、個性的かつ飽きのこない仕上がりは、世代を超えて多くのカーマニアを夢中にさせています。

人気フランス車のプジョー508!買取はフルモデルチェンジ前の今がチャンス?

プジョーの7人乗りSUV!モデルチェンジ後の5008は高値で買取される?

人気のオープンカープジョー206cc!販売終了後の買取査定を大調査してみた

孤高の存在!プジョーの人気車種RCZはどのくらいで買取してもらえる?

小柄なのに圧倒的な存在感!プジョー2008の高価買取のポイントは?

クライスラー

  • リセールバリュー高い代表的な車種:300・300C・PTクルーザー・グランドポイジャーなど

アメリカ車やクラシックカーの代名詞と言えるクライスラーは、リーマンショックによる経営破綻も経験しましたが、フィアットの支援を受けて再建を遂げています。

もともと世界ビッグ3に挙げられるカーメーカーということもあり、個性あふれるデザインやアメリカ車ならではのダイナミズムは、他の自動車メーカーでは表現できないオリジナリティに溢れています。

さらに、全鋼製のボディや油圧ブレーキシステム、油圧式パワーステアリングなど、のちにスタンダートとなる革新的な技術の数々をクライスラーは開発してきました。このような魅力は今なお色褪せることはありません。

フィアット

  • リセールバリュー高い代表的な車種:500・パンダ・500C・500X

イタリアのトリノを発祥の地とするフィアットは、道幅が狭い日本の道路事情にもマッチするコンパクトカーの開発に優れたメーカーです。

コンパクトカーは運転のしやすさやサイズのコンパクトさが評価されがちですが、フィアットの車はデザイン性に優れた特徴を持ちます。オリジナリティの高いデザインは、流行も反映しつつアート作品のような美しさとユニークさを持っています。

明るくおおらかなイメージを持っているため、個性的で可愛らしい車に乗りたいというユーザーには、最も適したメーカーだと言えるでしょう。

アルファロメオ

  • リセールバリュー高い代表的な車種:ジュリエッタ・ジュリア・ミト・アルファ147など

アルファロメオの車は、ユーザーの感情に訴えかける情熱的なデザイン性が特徴的です。全車種共通の意匠となっている盾型のフロントグリルとスポーティな雰囲気は、遊び心のあるユーザーの心を揺さぶります。

アルファロメオのデザインでは、人間工学に基づくインテリアや空力性能を追求したエクステリアが採用されています。単純にデザインに優れているだけでなく、こうした機能性も併せ持っているのが特徴です。

他のメーカーにはない、シンプルかつ直感的な美しさが際立ち、高い走行性能と合わせて美しさを随所に感じることができます。

リセールバリュー高い輸入車に多いボディタイプは?

輸入車は特定のボディタイプでリセールバリューの高さが際立ちます。名車も数多く販売されていますので、どのボディタイプのリセールバリューが高いのかご紹介します。

SUV

広大な土地を持ち、オフロードも多く存在する海外では、SUV車には特に耐久性が求められます。さらにパワーや個性的な外見も相まって、日本の中古車市場でも人気の高さが伺えます。

さらに輸入車のSUVは、高級感も兼ね揃えています。極上の質感と快適性を兼ね揃えて、国産車では味わうことのできないひと時に病みつきになるユーザーも多いようです。

輸入車のSUVは、快適な居住性と悪路にも強い走破性で、カーマニアからファミリー層にまで幅広く愛されています。高年式の車種であっても、そのデザイン性が高く評価されることもあるので、リセールバリューが下がりづらいのも特徴だと言えるでしょう。

【まとめ】人気の7人乗りの車種って?国内外の注目車種24選

輸入車SUVのおすすめ人気車種4つ!各スペックと売れる秘密を解説

セダン

輸入車の高級感を印象付けたボディタイプとして、セダン車は依然根強い人気が伺えます。どの輸入車メーカーにおいても、日本での市場人気を図るポイントとして、セダン車に力を入れている様子が見られます。

輸入車のセダンは高級感以外にも、先進的なテクノロジーや広々とした室内空間など、日本の規格にはおさまらない良い特徴が見られます。ボディサイズの大きさをデメリットだと指摘する声もありますが、先進的な安全装置の搭載により、駐車場での取り回しの良さも格段に向上した印象です。

車種やメーカーコンセプトも、デザインや性能から強く感じられるのが、輸入車セダンの特徴とも言えます。バランスの良さが特徴的な国産車のセダンより個性が強く打ち出され、一味違う車に乗りたいユーザーには圧倒的な支持を受けています。

輸入車セダンの存在感や高級感は、どの時代においても普遍的なものだと言えるでしょう。

輸入車の買取価格が高い優良店の特徴

続いて、輸入車を高く買い取ってくれる優良買取業者の特徴をご紹介します。

接客が丁寧

まず基本的な部分ではありますが、接客が丁寧でわかりやすいことが優良買取業者に共通する項目です。実際に商談を行った時の対応はもちろんですが、ホームページやチラシの内容など、情報発信に積極的でオープンなスタイルをモットーとしている買取業者は、優良買取業者である割合が高いようです。

ユーザーのことを最優先に考えて、もし査定額に満足できずに断ったら、それ以上しつこくしない業者もポイントが高い要素です。受付が丁寧で親切な対応で、輸入車市場の動向も丁寧に教えてくれつつ査定額の背景も説明してくれる業者は、優良査定業者と言って良いでしょう。

また査定士の接客対応が慣れているかどうかも、見極めるポイントです。輸入車は国産車とは異なる査定ポイントがあるので、そういって面も加味して査定してくれる業者を探しましょう。

輸入車の買取実績や知識が豊富

優良買取業者は、総じて輸入車の買取実績や知識が豊富です。相場を熟知し、査定ポイントもしっかり把握しているからこそ、一朝一夕でないノウハウを持っています。

輸入車の価値を熟知している優良買取業者は、一般的な買取店では価値が理解されない、オプション品はプレミアムなグレードもしっかりと査定してくれます。

過走行であったり高年式の輸入車は、ディーラーでの下取りだと0円査定されることも珍しくありません。もしかするとその車は、希少性の高い要素を持っているかもしれません。輸入車の買取実績や知識が豊富であれば、そのようなポイントを見逃すことはないでしょう。

輸入車の販売ルートが豊富な店舗

日本国内では需要の少ない輸入車も、海外ではリセールバリューが高い車種が多くあります。そのため買取業者を選ぶポイントとして、海外への販売ルートに精通しているかも、見逃せないポイントです。

また日本国内でも輸入車を専門的に扱っている中古車販売店は、多く存在します。そのような業者と太いパイプを持つ買取業者であれば、突発的な需要を受けることも少なくないため、対象となる車種であれば、相場以上の高値で買い取ってくれる可能性が発生します。

販売ルートが豊富でない店舗は、輸入車を高く転売するノウハウが少ないため、必然的な仕入れ価格を安く抑えたい心理が働きます。そのような業者に依頼することで、ユーザーは結果的に損をしますので、買取業者が販売ルートを豊富に持っているかどうかも確認したいところです。

輸入車を高く売るコツ

最後に輸入車を高く売るコツをご紹介します。難しい内容は一切ありませんので、売却を検討する際には、ぜひ実践して見てください。

下取りよりも買取業者の方が相場は高い

車を売却する方法は、大きく下取りと買取があります。

下取りとは、車を買い替える際に販売店に車を引き取ってもらう方法です。新たに購入する車の価格が安くなり、車の買い替えに関する面倒な手続きも一つの店舗で済むメリットがあります。

しかし下取りと買取では、そもそもの目的が違うため、それぞれの業者で売却する車に感じる価値は異なります。あくまで下取りは車を販売するための手段だと業者は捉えているため、車を引き取ることにそこまで積極的ではありません。

逆に買取業者は、車を手に入れ転売することが目的となります。また下取り業者より中間マージンが発生しやすい構造となっているため、必然的なユーザーへの還元率が高くなります。

買い替えの場合は、少し時間と手間が余分にかかりますが、少しでも高く売却したいのであれば、買取業者へ依頼することをオススメします。

複数の業者を競合させる

下取りと買取では、買取業者へ依頼した方がお得な売却できる可能性が高まりますが、買取業者同士でも査定額は異なります。特に輸入車に関しては、ノウハウを持っている業者とそうでない業者の傾向が顕著に現れます。

ノウハウを持っていないと、転売先の見込みがないために、必然的に買取価格は下がります。また、輸入車は国産車よりも相場がわかりづらい面があります。

自分の所有する車種の相場を明確にするためにも、輸入車を売却する際には、複数の業者へ査定を依頼すると良いでしょう。

車一括査定サイトを利用し手間と時間を削減

複数の業者へ査定するのは、高く売却する有効な方法ですが、多くの業者へアプローチすればするほど、時間や手間がかかってしまうデメリットが発生します。

時間がなく効率よく売却をしたい方には、車一括査定サイトを利用することをオススメします。車一括査定サイトでは、多くの買取業者と提携しているので、最適な業者を少ない時間で見つけることができます。

さらに必要最低限の項目を入力するだけで、概算の見積を複数の業者が送ってくれるので、相場と高値をつけてくれる業者を簡単に見つけることもできます。

輸入車は国産車よりも、買取業者の査定額が開きやすい傾向にあるので、損をしないためにはぜひ実践していただきたいポイントです。

まとめ

今回は、リセールバリューの高い輸入車についてご紹介しました。国産車と比較すると、どうしてもリセールバリューは低くなりがちですが、売却の際のコツを抑えることで、損をしない買取業者を見つけることができます。複数の業者へ車一括査定サイトを活用しアプローチすることで、高く売却することができますので、ぜひ実践してください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます