【4人乗り自動車まとめ】スポーツカーから軽自動車まで20選

4人乗りの自動車には、どういった車種があるのでしょうか。
「家族がいるけどスポーツカーに乗りたい」「車の維持費を安くしたい」など、4人定員の車を求める人には様々な理由があります。

「4人定員」というカテゴリーは世間ではあまり注目されていませんが、意外に個性的なモデルがそろっているのです。

今回の記事ではスポーツカーから軽自動車までを含めて、計20車種の4人乗り自動車を紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

4人乗り自動車のメリット


軽自動車以外の自動車は小型のコンパクトカーでも5人定員のモデルがほとんどです。しかし、家族構成は4人以下の場合も多く、実際に5人以上乗車する機会は多くありません。

4人定員の自動車には、軽自動車といくつかの小型自動車、普通自動車があります。軽自動車は税金も安く、燃料費など維持費も抑えられて経済性は抜群に高いです。

4人定員の普通自動車も非常にコンパクトで取り回しの良い個性豊かな車種が存在していて、5人以上という定員にこだわらなければ穴場的なカテゴリーとなっています。

4人乗りのスポーツカー

スポーツカーのクーペタイプは基本的に後部座席が狭く4人乗車にはあまり適しませんが、後部に小さい子供を乗せるなどすれば十分に4人乗車でも実用に耐えられるでしょう。

トヨタ 86

<86>はトヨタとスバルの共同開発で誕生した、後輪駆動で小型軽量の4人乗りライトウェイトスポーツカーです。

新車価格  2,623,320~4,968,000円
・86<G>6MT  2,623,320円(税込)
・86<GR SPORT>6AT 3,846,960円(税込)

中古車相場 89万円~460 万円
・2016年式 86 <GT>6AT 走行距離 1.8万km 中古価格 210万円
・3013年式 86<リミテッド>6AT 走行距離 3.5 万km 中古価格 149万円

スバル伝統の水平対向エンジンをトヨタの直噴・ポート噴射併用技術の<D-4S>で作動させる新型エンジン<FA20型>を搭載し、低速から高速域まで高い加速力を発揮。コーナーリングでのダイレクト感を大切にした操作フィーリングは「走る楽しみ」を最大限に感じさせてくれる車に仕上がっています。

後部座席は狭く、大人4人乗車での長時間走行は少し厳しいものがあります。

【2019年最新版】世代を超えて愛されるトヨタ86の買取相場情報!

スバル BRZ

<BRZ>はトヨタ86と同型の姉妹車です。フロントグリルの形状やショックアブソーバーのセッティングなど細かい所に違いはありますが、ほぼ同じ車と言って良いでしょう。

新車価格 243~359.1円
・BRZ<R>6MT  2,678,400円(税込)
・BRZ<GT>6MT 3,315,600円(税込)

中古車相場 84.8~345万円
・2013年式 BRZ<S>6MT  走行距離 8.4万km 中古価格 118万円
・2016年式 BRZ<R>6AT  走行距離 3.8万km 中古価格 179万円

BRZの後部座席は仕様上は成人も問題なく乗れますが、後部に人が乗ると前席を少し前に移動させなければならないため、人によっては最適なドライビングポジションを取れないケースも出てきます。

成人の4人乗車を前提として購入する場合、特にマニュアル車では事前に乗車ポジションを良く確認する必要があるでしょう。

トヨタ86の最大のライバルは兄弟車!スバルBRZの買取相場

4人乗りのクーペ


国産車クーペの4人乗り自動車は1車種になります。

レクサス RC

<RC>はトヨタの高級ブランド<レクサス>の2ドアクーペ。販売価格が500万を超え、ハイブリッド仕様のグレードもあるラグジュアリークーペです。

新車価格  5,560,000~6,830,000円(税込)
・RC<350>”F SPORT” 7,070,000円(税込)
・RC<300>“version L” 6,030,000円(税込)

中古車相場 289~580万円
・2014年式 RC<300h>バージョンL 走行距離 4.5万km 中古価格 378万円
・2014年式 RC<300h>Fスポーツ 走行距離 3.1万km 中古価格 405万円

RCは2ドアクーペで後部座席部に余裕がないためか、乗車定員は4人となっています。後部座席は狭くはないけど、広いとも言えない微妙なスペースですが、あまり長時間でなければ成人が乗車しても苦になりません。

全グレードで電動シートが標準装備なので、後席乗り込みのために前席シートを倒す時にはシートが自動でスライドします。

RCは高値で買取できる?買取価格と高額査定のポイントとは

4人乗りのハッチバック


4人乗りの乗車可能なハッチバック車を紹介します。

シビック タイプR

ホンダの<シビック>にはセダンとハッチバックの2タイプの他に、4リッターエンジン並みの出力を誇る<直列4気筒2リッターターボエンジン>搭載のスポーティグレード<タイプR>が存在します。

新車価格  4,500,360円(税込)

中古車相場 389~430万円
・2017年式 シビックタイプR 走行距離 2.2万km 中古価格 409万円
・2018年式 シビックタイプR 走行距離 0.6万km 中古価格 389万円

セダンとハッチバックは5人定員ですが、タイプRは室内寸法は変わらないのに4人定員となっており、成人が4人乗車しても快適に過ごせるリヤシートです。

ただ後部シートは天井が低く頭上の空間がかなり狭いため、圧迫感を感じる人もいるでしょう。

最新版!ホンダ シビックを高く売るためのコツとは?

4人乗りのオフロード車


オフロード車にも4人定員の普通自動車が存在します。

スズキ ジムニーシエラ

<ジムニー シエラ>は軽自動車<ジムニー>に1.5リッターエンジンを搭載し、小型自動車として販売されているオフロード車です。

新車価格  1,760,400~2,019,600円
・ジムニーシエラ <JL>5MT 1,760,400円(税込)
・ジムニーシエラ <JC>4AT  2,019,600円(税込)

中古車相場 30万円~190万円
・2016年式 ジムニーシエラ<ランドベンチャー>5MT 走行距離 1.5万km 中古価格 129万円
・2012年式 ジムニーシエラ<クロスアドベンチャー>AT 走行距離 3万km 中古価格 119万円

ジムニーをベースとして、ハードな使用状況にも耐えられるように耐久性や走行性能を大幅にアップ。

ジムニーシエラは小型自動車ではありますが、ジムニーと同じホイールベースを使用しているため4人定員の仕様となっています。後部座席のスペースは狭く2ドアである事もあり、頻繁に後部座席を使用する人向きの車種ではありません。

【2019年最新版】軽オフロード唯一無二の存在・ジムニーの買取り情報

4人乗りの電気自動車


電気自動車の4人乗りモデルを見てみましょう。

三菱 i-MiEV

<i-MiEV>は三菱自動車の販売する電気自動車です。

i-MiEVの価格

新車価格  i-MiEV X 2,948,400円(税込)

中古価格相場 35.9~152 万円
・2010年式 i-MiEV 走行距離2.4万km 中古価格 54.8万円
・2015年式 i-MiEV 走行距離3.9万km 中古価格 143万円

i-MiEVの仕様

全長 3,480mm
全幅 1,475mm
全高 1,610mm
車両重量 1,100kg
乗車定員 4人
一充電走行距離 164km

i-MiEVの特徴

i-MiEV(アイ・ミーブ)は、世界で初めて量産型リチウムイオン電池を使用した電気自動車として開発されました。車体は軽自動車<i>をベースにしています。

以前は軽自動車の扱いでしたが、2018年の改良を経て小型自動車の枠の登録車となりました。

電気自動車というと充電場所が心配になりますが、昨今ではショッピングセンターやコンビニなどで充電スタンドが数多く設置されてきています。

後部座席は狭く、使用するなら子どもの乗車を前提としてください。

4人乗りの軽自動車

軽自動車は定員が4人までと決められています。売れ筋の軽自動車を見てみましょう。

ホンダ N-BOX

2018年度の軽自動車販売台数でぶっちぎりのトップを獲得したホンダの<N-BOX>。この車の売りはとにかく広い室内空間です。

新車価格  1,385,640~2,274,480円(税込)
・N-BOX<Custom G EX ターボ>FF 1,949,400円(税込)
・N-BOX<G EX ターボ> 4WD 1,880,280円(税込)

中古車相場 10~215万円
・2018年式 N-BOX <G> 走行距離 1.3万km 中古価格 126万円
・2017年式 N-BOX <G EX> 走行距離 3.2万km 中古価格 79万円

特に後部座席のスペースは広大で、軽自動車なのに窮屈感をまったく感じさせない作りになっています。リヤシートを最後部まで下げるとラゲッジスペースは少し狭くなってしまいますが、成人男性が座ってもかなり余裕を感じる広さを確保可能。

軽自動車の中でもトップクラスの車高のおかげで前席後席ともに頭上スペースはかなり確保されており、この解放感の素晴らしさは乗車してみると誰もが感じるものです。

【2019年最新版】上半期新車販売台数No.1!N-BOXの買取相場情報

日産 デイズ

<デイズ>は日産と三菱が共同で開発した軽自動車。2018年度には軽自動車販売台数で4位に入ったヒットモデルです。

新車価格  1,273,320~1,778,760円(税込)
・デイズ <ハイウェイスターX> 2WD 1,469,880円(税込)
・デイズ <X>4WD 1,456,920円(税込)

中古車相場 10~170万円
・2017年式 デイズ <ハイウェイスターX> 走行距離 1万km 中古価格 99万円
・2014年式 デイズ <J> 走行距離 3.6万km 中古価格 54万円

ノーマルのガソリンエンジンの他にマイルドハイブリッドとターボエンジンと3つのパワートレインを用意。ベースグレードの<X>ではボディカラー11色から選択可能で、好みの外観に仕上げる事が出来ます。

リヤシートとフロントシートとの間には大型セダン並みの710mmの間隔があり、よほどの長時間でない限り4人乗車での移動も心配ありません。

日産の軽自動車は維持費も優秀!大人気の日産デイズを知りつくせ

スズキ スペーシア

<スペーシア>はスーツケースをモチーフにしたおしゃれなエクステリアが特徴的な軽自動車。

新車価格  1,274,400~1,589,760円(税込)
・スペーシア<ハイブリッドX>2WD 1,468,800円(税込)
・スペーシア<ハイブリッドG>4WD 1,454,760円(税込)

中古車相場 10~150万円
・2017年式 スペーシア<ハイブリッドG> 走行距離 1万km 中古価格 109万円
・2014年式 スペーシア<G> 走行距離 4.4km 中古価格 79万円

13色のボディカラーにはルーフの色がボディカラーと違う<2トーンカラー(オプション料金が発生)>もあり、内外装ともにスタイリッシュなモデルとして非常に女性に人気があります。

軽トールワゴンのボディタイプなのでリヤシートに乗車してもスペースにはかなり余裕があり、ソファのようなシートは「くつろげる座り心地」と評判です。4人乗車を想定して購入しても十分に使用に耐えうるでしょう。

オシャレな軽ワゴンスペーシアの買取価格は?査定アップするポイントに注目!

ダイハツ タント

<タント>は2019年7月にフルモデルチェンジがなされたばかりの、今かなりホットな軽自動車です。

新車価格  1,220,400~1,684,800円(税込)
・タント<L>2WD 1,306,800円(税込)
・タント<X ターボ>2WD 1,560,600円(税込)

中古車相場 10~160万円
・2014年式 タント<Xターボ>2WD 走行距離 1.3万km 中古価格 68万円
・2016年式 タント<X”SAII”>2WD 走行距離 2.8万km 中古価格 63万円

タントは元々「家族でも使える軽自動車」をコンセプトに開発された車種。ですから、4人乗車での使用を前提に設計されていますので、子どものいる家族でもメイン車両としての役割も担えるモデルです。

特筆すべきなのは、ボディ左側のフロントドアと後部スライドドアの間のピラーを無くした大開口の<ミラクルオープンドア>。シートアレンジとの併用で、後部への人の乗り降りや荷物の積み込みがスムーズに行えます。特に子どもとお年寄りのいる家庭にはうれしい機能です。

【2019年最新版】ミラクルオープンドアが魅力!タントの買取相場に迫る

スズキ ラパン

20年ほど前、スズキのヒット車種<アルト>は男性ユーザーの比率が高くなっていました。そこで女性ユーザーを獲得するためにアルトをベースに開発されたモデルが<ラパン>です。

新車価格 1,107,000 ~1,514,160円(税込)
・ラパン<S>2WD 1,306,800円(税込)
・ラパン<G>2WD 1,107,000円(税込)

中古車相場 15~164.5万円
・2015年式 ラパン<G>2WD 走行距離 2.6万km 中古価格 78万円
・2015年式 ラパン<S>2WD 走行距離 3.2万km 中古価格 92万円

ラパンは「小さくてまるくてかわいい」というイメージを内外装で表現しています。レトロ感のある四角くて丸みのあるボディデザイン、お花をモチーフにしたホイール、天井のキルティング加工、カラーリングされた内張りなど、女性の喜ぶ要素が満載されたモデルです。

ラパンはセダンタイプなので、リヤシートの快適性はあまり高くありません。3人以上で乗車する機会が多い場合は、スライドドア付きのトールワゴンタイプにするほうが良いでしょう。

女性に人気のアルトラパン最新の買取査定例を紹介!査定の高い色は?

三菱 eKワゴン

<eKワゴン>は日産デイズとほぼ同型の兄弟車。デイズと共に2019年3月にフルモデルチェンジされたモデルです。

新車価格 1,296,000 ~1,506,600円(税込)
・eKワゴン<M> 2WD 1,296,000円(税込)
・eKワゴン<G>4WD 1,506,600円(税込)

中古車相場 10~137万円
・2013年式 eKワゴン<G>2WD 走行距離 5.1万km 中古価格 43万円
・2016年式 eKワゴン<E>2WD 走行距離 1万km 中古価格 66万円

最新のモデルだけに、安全装備もかなり充実。<衝突被害軽減ブレーキシステム><踏み間違い衝突防止アシスト><車線逸脱警報システム>を全車標準装備し、国が推奨する安全運転サポートの規格である<サポカーSワイド>の対象車種となっています。

昨今は車の重大事故が多く発生しています。これから高齢者や初心者が運転する車を購入する場合には、十分な安全装備の備わった車両がおすすめです。

【三菱eKワゴン】高く売るためのポイントまとめ!

ダイハツ ムーヴ

<ムーヴ>は発売が1995年と長い歴史を持つダイハツの代表的な軽トールワゴンです。

新車価格  1,112,400~1,474,200円(税込)
・ムーヴ<L“SA Ⅲ”>2WD 1,177,200円(税込)
・ムーヴ<X>4WD 1,333,800円(税込)

中古車相場 10~140万円
・2014年式 ムーヴ<L>2WD 走行距離 3.1万km 中古価格 45万円
・2017年式 ムーヴ<L>WD 走行距離 1.4万km 中古価格 85万円

軽量高剛性ボディの<D モノコック>、路面からの振動を吸収する<D サスペンション>、力強い<パワーモード>と燃費重視の<エコモード>の2つの走行モードを切り替える<D assist 切替ステアリングスイッチ>の3つのテクノロジーによる走行システム<フォースコントロール>を搭載。

<フォースコントロール>によりドライバーはストレスを感じない快適なドライビングを体感出来ます。

ムーヴはいくらで売れる?買取相場や高額で売るコツを伝授

ダイハツ ミラ イース

ダイハツの代表的な軽自動車であった<ミラ>が絶版となり、現在では派生車種である<ミライース>がその後継となっています。

新車価格  842,400~1,347,840円(税込)
・ミラ イース<B “SA Ⅲ”>2WD 907,200円(税込)
・ミラ イース<L>4WD 1,004,400円(税込)

中古車相場 10~130万円
・2017年式 ミラ イース<L>2WD 走行距離 7万km 中古価格 49万円
・2018年式 ミラ イース<X “SA Ⅲ”>2WD 走行距離 0.1 万km 中古価格 79
万円

ミライースは低燃費・低価格の「第三のエコカー」として開発されました。2WDでは35.2km/Lとトップレベルの燃費効率を誇り、一番安いグレードが78万円(税抜)から購入できるなど、とにかく経済性の高いモデルとなっています。

後部座席は大人が座っても膝の前には余裕がありますので、4人乗車での使用も実用の範囲でしょう。

ミライースの買取相場は?リセールバリューが高いグレードをチェック!

スズキ ワゴンR

スズキ<ワゴンR>は、発進時や低速走行時に限り動力にモーターを使用して走行する<マイルドハイブリッド>を採用(ガソリンエンジン車もあり)。33.4km/Lと高い燃費効率を持つ軽自動車です。

新車価格 1,078,920~1,593,000円(税込)
・ワゴンR<ハイブリッドFZ>2WD 1,350,000円(税込)
・ワゴンR<ハイブリッドFX>4WD 1,298,160円(税込)

中古車相場 10~150万円
・2013年式 ワゴンR<FX>2WD 走行距離 7.4万km 中古価格 38万円
・2018年式 ワゴンR<ハイブリッドFX>2WD 走行距離 0.9万km 中古価格 89万円

ワゴンRは軽ワゴンの中でもトップレベルの室内空間の広さを持っている、居住性が非常に優れているモデル。前後のドアはスライドドアではなくヒンジドアですが、2段階で開くストッパーが装備されており、狭い空間での開閉も安心して行えます。

<2017年度JNCAP予防安全性能アセスメント>で<ASV++(ダブルプラス)>と評価されるなど、安全面でも定評のあるモデルです。

諦めるのはまだ早い!軽自動車の代表格ワゴンRで狙う高価買取方法

スズキ アルト

<アルト>はスズキが販売しているセダンタイプの軽自動車です。現在では軽自動車は背の高いトールタイプが主流で、セダンタイプのアルトは珍しく感じる存在です。

新車価格  847,800~1,266,840円(税込)
・アルト<S>2WD 1,061,640円(税込)
・アルト<F>4WD 953,640円(税込)

中古車相場 10~120万円
・2014年式 アルト<X>2WD 走行距離 1.2万km 中古価格 57万円
・2016年式 アルト<L>2WD 走行距離 2.1万km 中古価格 63万円

特に現行のアルトはグリルがボディと一体になったような独特のエクステリアで、人により好みの分かれるモデルとなっています。2WD車では37km/Lと非常に高い燃費消費率を持ち、車体販売価格も84万円台からとお財布に優しい所もこの車の特徴の一つです。

後部座席は子どもならば十分に快適な広さ。大人でも長時間でなければ楽に乗車できるでしょう。

愛され続ける車、アルトを高額買取してもらうための条件は?

スズキ ハスラー

スズキの<ハスラー>は軽自動車では珍しいクロスオーバーSUVのカテゴリーに位置するモデル。

新車価格  1,100,520~1,748,520円(税込)
・ハスラー<J>2WD 1,485,000円(税込)
・ハスラー<G>4WD CVT 1,313,360円(税込)

中古車相場 48~165万円
・2014年式 ハスラー<G>4WD 走行距離 10万km 中古価格 56万円
・2016式 ハスラー<A>4WD 走行距離 2.5万km 中古価格 89万円

15インチという大きめのタイヤホイールに、最低地上高を高めに取る事により一定の悪路走行性を備えていますが、「SUV風のスタイリッシュな外観を持つ、街乗り軽自動車」として人気の出ているモデルです。

「ありきたりの車ではなく、少し個性のある車が欲しい」というユーザー層に向けた車種と言えるでしょう。

車体はワゴンRをベースとして開発されているだけに、3人以上乗車した時の居住性も悪くはありません。

【2019年最新版】新ジャンル軽クロスオーバSUV・ハスラーの買取相場は?

ダイハツ キャスト

ダイハツ<キャスト>はSUV風のエクステリアを持つ軽トールワゴンです。

新車価格 1,225,800~1,771,200円(税込)
・キャスト<スタイル・Gターボ“SA Ⅲ”>2WD 1,517,400円(税込)
・キャスト<アクティバ・G“SA Ⅲ”>4WD 1,544,400円(税込)

中古車相場 49.5~175万円
・2015年式 キャスト<スタイル・G ”SAII”>2WD 走行距離 4.7万km 中古価格 59万円
・2017年式 キャスト<スタイル・X “SAII”>2WD 走行距離 1万km 中古価格 97万円

キャストはエクステリアや装備の異なる3つのタイプが用意されています。ボディの各所にメッキ加工を施し、上質感を演出した<スタイル>、2トーンカラーでSUVの雰囲気を持つ<アクティバ>、走りに特化したサスペンションを持ち、外観もスポーティテイストの<スポーツ>。

自分のカーライフに合う車を3つのタイプから選択出来るのもキャストの魅力の一つです。

ダイハツ キャストの買取相場は?最高額で売る交渉術を教えます!

スズキ ジムニー

<ジムニー>は強度のあるラダーフレームを採用している本格派オフロード車として、世界的に定評のある4WD軽自動車です。

新車価格  1,458,000~1,841,400円(税込)
・ジムニー<XG>4WD 5MT  1,458,000円(税込)
・ジムニー<XL>4WD 4AT 1,679,400円(税込)

中古車相場 10~178万円
・2009年式 ジムニー<ワイルドウインド>4WD 走行距離 6.3万km 中古価格 59万円
・2011年式 ジムニー<クロスアドベンチャー>4WD 走行距離 4.9万km 中古価格 90万円

ジムニーは悪路走行性を第一に開発されているオフローダーなので、後席の居住性はあまり高くありません。成人男性4人での長距離移動は少し厳しいものがあるでしょう。

子どもやあまり身長の高くない女性がリヤシートに座るのならば、3人以上での使用も視野に入れて良いでしょう。

【2019年最新版】軽オフロード唯一無二の存在・ジムニーの買取り情報

ダイハツ ウェイク

ダイハツ<ウェイク>は、同社のタントをベースに開発された軽トールワゴン。室内高が145mmと軽自動車の中で一番高く、広大な室内スペースを持つモデルです。

新車価格  1,350,000~1,841,400円(税込)
・ウェイク<D “SA Ⅲ”>2WD 1,414,800円(税込)
・ウェイク<L“SA Ⅲ”>4WD 1,679,400円(税込)

中古車相場 60~175万円
・2014年式 ウェイク<X SA>2WD 走行距離 4.2万km 中古価格 89万円
・2016年式 ウェイク<Gターボ ”SAII”>2WD 走行距離 3.4万km 中古価格 119万円

レジャーや各種スポーツの用具の収納などあらゆる場面での使用を想定しているため、シートアレンジも多彩になっています。シートアレンジを優先させた結果、リヤシートの座り心地は今一つのようです。購入する時には実際に乗車して良く確認するようにしてください。

ウェイクの買取価格を上げるためには?売る前に知っておきたい秘訣!

まとめ


今回は「おすすめの4人乗りの自動車」についてお伝えしました。5人以上が定員の自動車でも、購入後には5人で乗車する機会はあまりないのが現実ですよね。

日常的に多人数乗車をしない人には取り回しが良く維持費が安い、軽自動車と4人乗り小型、普通自動車はおすすめです。

5人以上で乗車する可能性のない方は、ぜひ購入対象として検討してみてください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます