お得に中古車が購入できるタイミングは?【購入時期が重要なポイント】

中古車を購入しようと思い立ち、すぐに販売店で契約をする人もいるでしょう。しかし、中古車はいつ購入しても同じ値段なのでしょうか。

同じものを購入するのであれば、少しでも安く買いたいですよね。そこで、中古車購入がお得になる時期があるのかを調べてみました。どの時期にどのようにすれば安くなるのかといった点も交えて紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

中古車が安く買える時期はある?

中古車を購入する時期について調べてみると、全ての中古車が必ず安く買える時期というのは基本的には存在しないということがわかります。

洋服などのバーゲンセールのように、店内の商品が全て半額になるという時期はないのです。この理由は、中古車の販売価格の設定方式にあります。

中古車の販売価格を決めるもととなるのは、車の車種モデルメーカーグレードさらに年式走行距離に加えて、修理歴やメンテナンス歴といった車の状態です。

高額で販売されやすい車は人気の車種であり、状態がよく、年式が新しいといえるでしょう。言いかえると、中古車が安く購入できるかは、一年のうちのどこ時期ではなく、発売からどのくらいの時期が経過しているかがポイントとなります。

中古車購入は交渉のタイミングが重要

どの中古車も安く購入できる時期はありません。しかし、時期によっては交渉がうまくすすめられるタイミングもあるのです。このタイミングを逃さずに交渉すると相場より安くなることも考えられるでしょう。

場合によっては5万~10万円ほど安く購入できるケースもみられ、お得に中古車を購入できる可能性があります。

交渉が成立しやすいのはモデルチェンジ後!

自動車はというのは、定期的にモデルチェンジを行い、デザインや装備を変更しています。モデルチェンジを行うことで新しい技術を投入し、自動車としての機能性を向上させていくのです。

自動車の購入を考える人の多くは新型モデルの購入を希望しているため、これまでのモデルの人気が大幅に下がってしまうでしょう。さらに、最新型に買い替える人が増えることで、これまでのモデルが中古車市場に出回りやすくなるのです。

これまでのモデルが古いタイプの車として認識され、中古車市場にもあふれている場合には売れにくくなりますよね。そういった理由から新型モデルが出た後には値下げ交渉がしやすいといえるでしょう。

また、モデルチェンジにはマイナーチェンジとフルモデルチェンジの2種類があります。マイナーチェンジの場合には一部の機能やデザインの変更ですが、フルモデルチェンジではエンジンやデザインなどにおいて大きな変更が加えられるのです。

よって、フルモデルチェンジ後にはこれまでのタイプは完全な旧型としての見た目になることも多く、大幅に人気が下がります。このタイミングをねらい、かねてから購入を考えていた旧型を購入すると安くなりやすいでしょう。

売れにくいシーズンも交渉しやすい

中古車は新生活を始める直前の3月や、引っ越しや転勤の多い時期の少し前の8月が売れやすいといわれています。新しい生活で車が必要となる人が増える時期ですので、たくさんの車が売れるのです。

このような時期に中古車を購入した場合、値引き交渉に応じてくれることは少ないでしょう。一方で4月から5月は新生活に向けて車を購入する動きが落ち着く時期です。

中古車が売れないため、業者も価格を下げることや値下げ交渉に応じるなどを行い、少しでも多くの車を販売しようと考えます。よって、4月から5月の時期にかけて中古車を購入すると、値下げ交渉がうまくいきやすいでしょう。

決算の時期も見逃せない!

3月は新生活を始める準備をすることで中古車が売れやすい時期ですが、決算の時期でもあります。また、9月には中間決済もあり、中古車販売店はなんとか売り上げを伸ばそうとするのです。

利益を多少減らしてでも販売台数を増やそうと試みる中古車販売店も多く、3月や9月の決済の時期は見逃せないといえるでしょう。

交渉時のポイント

中古車の購入で営業マンに交渉をするとき、いくつかの点に気を付けると値下げをしてくれることがあります。交渉時には営業マンとのコミュニケーションが非常に重要な鍵を握りますので、ポイントをしっかりとおさえて交渉しましょう。

ただし、営業マンも人間です。無理に値段を下げさせようとはせず、お互いが気持ちよく契約できるようなコミュニケーションを目指すことも大切ですね。

そのほかにも、交渉時には車についてわからないことがあれば聞いておくチャンスでもあります。営業マンは車のプロですので、積極的に相談しておくのがいいでしょう。購入後に「思ってたのと違う」と感じないためにも、わからないことは事前に聞いておくことが重要です。

近いうちにモデルチェンジはあるのか

中古車の値下げ交渉に置いて、モデルチェンジは大きなポイントとなります。モデルチェンジ後には現行モデルの価格が大幅に下がるため、少し待つだけで欲しい車が安く手に入ることもあるのです。

中古車販売店は、モデルチェンジの1カ月前にはお客さまにモデルチェンジがあることを伝えなければならないと決められています。よって、モデルチェンジが近い場合にはモデルチェンジによって型落ちになるまで待つのがいいでしょう。

さらに、モデルチェンジ後には新古車や在庫車と呼ばれる未使用の中古車も流出します。モデルチェンジの時期を知ることで、これらの車を手に入れられる可能性も高いため、必ず聞いておきたいポイントです。

営業マンの成績は?

中古車販売店の営業マンにはノルマがあり、月間にどのくらいの車を売るのかという数字と戦っているケースが多くみられます。月末や決算期には特にノルマを気にする傾向にあり、ノルマ達成のために値引きをしてくれる可能性も高いでしょう。

中古車の購入時の交渉では、正直に<成績>に関する点を質問し、サービスを促すのも1つのテクニックです。営業マンは買う可能性の高いお客さまを判断する能力が養われているため、少しばかり損をしても成績が上がることはメリットがあると考えています。

よって、営業マンの成績を交渉のカードに持ち出し、サービスを上手に促してみましょう。

販売店がキャンペーンを打ち出す時期も見逃せない!

中古車販売店によっては、販売台数を伸ばすためにキャンペーンを打ち出すことがあります。このキャンペーンの時期を利用すると中古車が安く購入できるでしょう。

ただ、キャンペーンがどの時期に行われやすいか気になりますよね。そこで、ここからは、中古車販売店がキャンペーンをしやすい時期を紹介します。

ボーナスの時期はやっぱり車を売りたい!

ボーナスの時期には大きな買い物を考える人も多いでしょう。やはり、ボーナスが支給される時期には、新車や中古車の販売台数が伸びる傾向にあります。

そのため、中古車販売店でもキャンペーンを打ち出し、少しでも多くの車を販売しようと考えるのです。よって、ボーナス時期には中古車が安く買える可能性が高まります

大型連休後にもキャンペーンが多い

中古車販売店のキャンペーンは、ボーナスなど多くの人が車を購入する時期だけではありません。あまり車が売れない時期にもキャンペーンが打ち出されることが多いでしょう。

あまり車が売れない時期というのは、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの大型連休の後です。大型連休前には車を購入する人が増えるため、その時期には車がたくさん売れます。

しかし、大型連休が終わると需要が落ち着き、車が売れにくくなるのです。また、大型連休の旅行やレジャーでたくさんお金を使った人も多く、このタイミングで中古車を購入しようと考える人は少ないでしょう。

そういった理由から、キャンペーンを行うことで価格を下げ、購入者を増やそうとします。

年式が変わる前も要チェック

中古車は年式によって販売価格が異なります。年式が古い車は人気が下がり、年式が新しい車は需要が高くなるのです。よって、年式が新しい車は同じモデルでも高値で販売されています。

ただし、車の年式は毎年1月に変わります。12月までは3年落ちであった車が1月には4年落ちとなり、その分だけ販売価格が下げらてしまうのです。よって、年式が変わる1月に値下げキャンペーンが行われることも多く、このキャンペーンを利用する方法もあります。 

安い時期の中古車購入で気をつけたいポイント

中古車を購入する際、少しでも安く買いたいという人は多いでしょう。しかし、安い時期をねらって購入するときにはいくつかの点に注意することが大切です。

まず、安い時期には自分が欲しいと思う車が見つかりにくいことがあるでしょう。また、安い時期であっても人気の車種やカラーは値段が下がらないケースも多いものです。

ここからは、安い時期の中古車購入で気をつけたいポイントについて詳しく紹介します。

希望の車種が見つかりにくい

中古車販売店では売れる時期に車の在庫を増やし、販売台数を増やそうとします。一方、売れない時期には在庫を増やさず、店舗に残っている車の販売に力を注いでいるのです。

よって、人気の車やカラーが売れ残っている可能性は低いといえでしょう。自分の希望の車種が見つかりにくいため、車に対するこだわりが強い人にはおすすめできない時期です。

さらに、車の状態が良好であるのか、どういった理由で売れ残っているのかといった中古車の知識がない人は安い時期の購入を控えるのがいいでしょう。なぜなら、売れ残っている車には何かしらの理由があるケースが多いからです。

一方、車種やデザインにこだわりがない人や、車の状態と価格が見合っている車であればいいという人にはぴったりの時期だといえます。

人気車種は値下げの対象外になることが多い

車が売れない時期だからといって、人気の車種も値下げしてもらえるわけではありません。なぜなら、人気の車種は年式や時期に関係なく売れるからです。

売れる車の値段を下げてしまっては販売店の利益が下がってしまうため、人気車種を値下げの対象外としているお店は多くみられます。なかでも、SUVやミニバン、ハイブリッドカーなどは需要が高く、値下げされるケースは非常に稀です。

さらに、人気のボディカラーは価格が安定している傾向にあり、黒・白・シルバーの3色は値下がりしにくいといえます。値下げの対象となりやすいのは、極めて奇抜なカラーです。また、汚れが目立つ色などを選ぶ人も少ないでしょう。

ただし、中古車を少しでも安く購入したいという人のなかにはあえて人気のないボディカラーを選ぶ人もみられます。見た目やカラーにこだわらないのであれば、中古車を安く買うことは可能です。

税金のタイミングでも安く買える時期がある

中古車は購入する時期によって支払う税金の金額が異なります。なぜなら、中古車を年の途中で購入すると、自動車税や自賠責保険は月割の計算となるため、1度に支払う金額が少なくなるからです。また、時期によっては税金の節約もできます。

ここからは、中古車購入時の自動車税と購入時期について説明しましょう。

普通自動車の自動車税

自動車税というのは、4月1日の時点で自動車を所有している人に課せられる税金です。4月から翌年の3月までの分を一度に払う必要があり、中古車購入時には購入月の翌月から翌年3月分までを支払います。

言い換えると、購入月の自動車税は支払う必要がありません。よって、月初めに中古車を購入すると約1カ月分の自動車税が節約できます。月末に購入してしまうと免税になる期間が短くなってしまいますので、できるだけ月初めに購入するのがいいでしょう。

また、購入月の翌月から翌年3月までの支払う必要があり、年度末に購入した場合には一度に支払う自動車税が少なくなります。翌年には次の3月までの1年分が課税されますが、たくさんのお金がかかる中古車の購入時に、まとめて支払うお金が少なくなると助かる人も多いでしょう。

軽自動車税はタイミング次第でかなりお得に

軽自動車を購入した際には自動車税ではなく、軽自動車税がかかります。しかし、軽自動車税は年の途中でも購入翌月から支払う必要はありません。軽自動車税の課税は翌年からと決められていますので、年度の早い時期に車を購入すると約1年分の自動車税が節約できます。

軽自動車税が課税されるのは4月1日の時点で車を所有している人です。よって、極端な話、4月2日に中古で軽自動車を購入すると、約1年分の軽自動車税が節約できるでしょう。軽自動車を購入する際には、新年度となった4月や5月に購入すると軽自動車税が大幅に抑えられるといったメリットがあります。

ただし、ここで気をつけたいのは納車日と契約日です。車の所有は車検登録された時点ですので、契約終了後、4月2日以降に車検登録をしてもらうようにするのがいいでしょう。

中古車の場合には車検が残っている可能性もあることから、購入前にきちんと確かめておくことが大切です。

【中古車購入時に気を付けたい税金の話】中古車にもこんなに税金が必要?

どんな書類が必要?中古車の購入時に取得する書類【保存版】

まとめ

中古車の購入は時期によって大幅に値引きされるといったことありません。ただ、キャンペーンなどを利用し、営業マンとうまく交渉することで安く購入できる可能性が高まります。また、税金のタイミングなどでも得をするケースもあるのです。

ただし、車へのこだわりが強い場合には欲しい中古車が残っていないケースもあり、中古車購入の時期を見極めるのは非常に難しいともいえるでしょう。自分が欲しい車に合った時期をしっかりと考え、お気に入りの中古車を購入して下さい。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報