かっこいいSUVランキング10選!車種別に特徴と魅力を解説します。

「そろそろ新しい車を買おうと思っているが、SUVデビューしたい。具体的にどんなSUVが人気なのか知りたい。」と考えているあなたへ。
そこで今回は、【かっこいいSUVランキング】をご紹介します!【2019年に売れているSUVランキング】をはじめ【国内のかっこいいSUV10選】それから【海外のかっこいいSUV10選】まで幅広くピックアップしました。

最近じわじわと人気を集めているSUV。いち早く「SUVブーム」に乗って素敵なカーライフを過ごしましょう!

2019年SUV車人気ランキング販売台数順1位~5位!

まずは【2019年SUV人気ランキング(販売台数)】を見ていきましょう!なかでも人気の5モデルをピックアップし、それぞれの魅力を解説していきます。誰しもきっと一度は聞いたことのある車種ばかりです。それでは早速ご紹介します。

1位 ヴェゼル:4,554台

ホンダが手がけるSUV【ヴェゼル】が堂々の第1位。2013年の発売から3年連続で国内SUV販売台数第1位を獲得した人気SUVです。2019年になってもその人気は絶えず、スポーティな走行ながらも抜群のコストパフォーマンスを実現してくれるのが魅力的。ガソリン車とハイブリッド車の2タイプがあり、ハイブリッド車にはパワフルな動力源を持つモーターが搭載されています。

その他にもメリットはたくさんあり、「広々とした後席とラゲッジルーム」「コンパクトな走行」「安全性抜群のホンダセンシング」など多彩です。

コンパクトサイズながらも後席とラゲッジルームは広々空間を実現。大きい大人が座っても前の席に膝がぶつかりません。また、低床設計のためラゲッジルームの積載量も◎。

アウトドアでも大活躍で、コンパクトボディなので小回りの利きも抜群です。都会での走行や狭い駐車場でも高いパフォーマンスを発揮してくれます。

ホンダの安全技術「ホンダセンシング」も見逃せません。衝突軽減ブレーキをはじめ車線維持支援システム、誤発進抑制機能など安全運転をサポートしてくれる機能が充実しています。

海外でも人気のヴェゼル!高く売却するオススメの方法とポイント

 

2位 C-HR:4,327台

日本最大手トヨタが手がけるSUV【C-HR】が第2位。2017年に初登場したコンパクトSUVで、クーペの要素を取り入れたオリジナリティあふれるデザインが魅力的です。その魅力は見た目だけでなく「安定性に富んだ走行性能」「SUVトップクラスの低燃費」「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンス P)」など多岐に渡ります。

まずC-HRにはボディの剛性に富んだ「TNGAプラットフォーム」が採用されており、正確なハンドリングが可能です。足回りの安定性はピカイチで、気になる振動なども全て排除されているのが特徴です。

ハイブリッドモデルの最大燃費は30.2km/L(JC08モード)。SUVの中でもトップクラスの低燃費を誇ります。月々のガソリン代を抑えたい人にはぴったりです。

また、トヨタが誇る安全装備「Toyota Safety Sense P」も標準搭載。高性能センサーによって車両はもちろん歩行者まで自動検知されるため、事故を未然に防ぐことができます。人通りの多い街中を運転する機会の多い人にはオススメしたいSUVですね。

3位 エクストレイル:3,382台

日産が手がけるミドルサイズSUV【エクストレイル】。テレビCMで見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。丸みを帯びたシティ風なデザインが特徴で、街乗りからオフロードまでどんな場面でもパフォーマンスを発揮してくれる一台です。

エクストレイルの魅力は「圧倒的な走破性」「5人・7人乗りから選べる」「水や汚れに強い」などがあります。
まずエクストレイルの4WDモデルには「インテリジェント4×4」と呼ばれる機能が搭載されており、2WD・4WD・ロックモードを1つのダイヤルで切り替えることができます。オフロードにはロックモードが大活躍。ぬかるんだ道や雪道でもスイスイ進んでくれますよ。

またエクストレイルには、ミドルサイズSUVには珍しい「7人乗りモデル」も用意されています(ガソリン車のみ)。大人数でのキャンプなどでも活躍してくれますし、人が乗らないときはシートをたたんで荷室にすることも可能です。

水や汚れに強いのも魅力的。フロアやシート、ラゲッジボードは高い防水性を備えた仕様になっています。たとえ車内が汚れても、軽く拭くだけで汚れが落ちますよ。日頃の手入れも簡単です。

維持費はどのくらい?大人気SUV日産エクストレイルを大調査!

4位 CX-5:3,307台

マツダが手がける新型SUV【CX-5】が4位にランクイン。「走る歓びのさらなる“深化”」をコンセプトに設計されたモデルで、研ぎ澄まされたオトナのSUVと言える一台です。クリーンディーゼルエンジンを搭載しており、走破性・デザイン性ともに高いパフォーマンスを発揮します。

CX-5の魅力は「高級かつスタイリッシュなデザイン」「先進技術アイストップ」「高い積載性」などが挙げられます。まずデザイン性ですが、CX-5の「フロントからリアへの表現」に注目したいところ。躍動感あふれるデザインとなっており、彫りの深いエクステリアが高級感をいっそう高めます。ボディカラーは全部で8色です。

またCX-5には先進技術「アイストップ」が採用されており、ブレーキで車を停車させると自動的にエンジンが止まり、ブレーキを離すとすぐに走り出します。無駄なエネルギーを消費しないため燃費性能アップにもつながるのです。

高い積載性も重要ポイントです。CX-5のラゲッジルームはなんと505リットル。定員5人をいっぱいに乗せた車内に、さらにゴルフバッグを4つ積むことができます。荷物の多いアウトドアでも大活躍してくれること間違いありません。

マツダの人気車種【CX-5】!購入した後の維持費について詳しく解説

個性派SUVからハイグレードSUVへ!CX-5の気になる買取相場

 

 

 

5位 CX-8:3,105台

同じくマツダが販売しているSUV【CX-8】が5位にランクイン。カテゴリーとしてはSUVの位置にあるものの「SUVとミニバンのちょうど間くらいのボディ」が特徴的で、圧倒的な存在感を放ちます。
CX-8の魅力は「ファミリー層でも満足できるサイズ感」「コストが低め」「ヨーロピアンなデザイン」などが挙げられます。

まず注目したいのがそのサイズ感です。SUVとミニバンを足して2で割ったような居住性の高い設計となっていることから、ファミリー層にも人気があります。3列目シートも広々としているので、後ろに大人が乗っても快適です。
またコストが低いのも魅力的で、CX-8は、他の競合車種と比べると車両価格が安くなっています。

同じサイズ感だと4,000,000円を超えるものがほとんどですが、CX-8は3,600,000円での新車購入が可能です。おトク感がありますね。ヨーロピアンなデザインも必見。

マツダは全車種を「魂動」というコンセプトを元に生産していますが、CX-8は走破性が高い上に高級感も兼ね備えています。アウトドアでも使えるSUVでありながらも、パッと見「高級車なのでは?」と思わせるデザインとなっています。

最上級SUVといえばマツダCX-8?基本情報や特徴が知りたい人は必見!

国内のかっこいいSUV10車種

続いては【国内のかっこいいSUV】を見ていきましょう。数ある中でも10モデルをピックアップしました。皆さんご存知の有名車種から、デザインが特徴的な車種まで多彩です。ぜひSUV選びの参考にしてみてくださいね。

ハリアー

トヨタが手がける上級SUV【ハリアー】。SUVに興味のある人なら一度は見たことがあるはず。ガソリン車、ハイブリッド車、ターボ車の3つが用意されています。

エクステリア・インテリア共に上質感たっぷりで、まるで高級セダンに乗っているかのような乗り心地が魅力の一台です。足回りの安定性はピカイチ。ちょっとしたショッピングから高速道路を使った長距離運転まで、さまざまな場面で活躍してくれますよ。Toyota Safety Sense Pも搭載されているので安全性もバッチリです。

トヨタハリアーは本当に高く売れる?超人気SUVの買取相場状況に迫る!

ランドクルーザー

トヨタが生産販売している大人気SUV【ランドクルーザー】。長いあいだSUV業界を牽引しているとも言える超有名な一台です。ひとくちにランドクルーザーといっても、5人乗りと7人乗りから選べる「ランドクルーザー150プラド」と、8人乗りの大キャパシティが魅力の「ランドクルーザー200」があります。

最大の魅力はやはり「圧倒的なパワフルさ」でしょう。大排気量エンジンと大型タイヤを使っていることから、どんな悪路でもスイスイ進むことができます。本格SUVデビューしたい人にはうってつけの一台ですよ。

ランドクルーザープラドは買取業者選びが重要!全モデルの買取相場

クロスビー

スズキが生産販売しているSUV【クロスビー】。大きくてスポーティーなイメージのあるSUVとは裏腹に「コンパクトで個性あふれるデザイン」が魅力の一台です。車高の高いコンパクトカーのような見た目ですが、居住空間・積載性ともにSUVらしさが最大限引き出されています。

またクロスビーには、リヤバンパーの部分に障害物センサーが搭載されているため、バックするときでも自動ブレーキが働きます。SUVが初めての人でも安心して乗れる一台です。

スバルXV

ご存知スバルが生産販売しているクロスオーバーSUV【スバルXV】。インプレッサを元にして生産されたモデルで、「個性的なデザインとダイナミックな走行」が魅力的です。

またXVの滑らかな走行は必見。ステアリング時のペダル操作をはじめ、振動や騒音など、運転時に気になる部分を最大限排除した設計となっているため、やさしい走りを体感できます。

ボディに関しても、ゴツゴツしたイメージのあるSUVとは打って変わって、全体的にスタイリッシュな仕上がりになっています。よりスポーティーな走りを体感したい人にはぜひオススメです。

XVの売り時は?買取査定や中古車価格も上々な都会派コンパクトSUV

CR-V

ヴェゼルの次に人気のあるホンダのSUV【CR-V】。現在では5代目CR-Vが販売されており、長年ホンダユーザーから愛されている一台です。Lサイズよりのミドルサイズボディが特徴的で、パワフルな走行かつ低燃費な走りを実現しています。

またCR-Vには3列シートが搭載されており、最大で7人までの乗車が可能です。ミニバンなどのファミリーカーに比べると居住性は落ちますが、大人がいっぱいに乗っても窮屈さを感じない空間となっています。また他のホンダ車と同じように「ホンダセンシング」が搭載されているので安全性も抜群。

CX-3

マツダが手がけるコンパクトSUV【CX-3】。CXシリーズの中でももっとも小さいボディなのが特徴で、1~3人での少人数利用で最高のパフォーマンスを発揮する一台です。

エクステリア・インテリア共に高級感あふれる仕様になっており、コンパクトSUV界の中ではトップクラスの質感とも言えるでしょう。また都会でも運転しやすい取り回し、最大25.0km/L(ディーゼル車)の低燃費も魅力的ですね。

ディーゼル車は軽油を使うこともあり、ハイブリッドカー並みのコストダウンが可能です。かつ太いトルクが使われているのでパワフルな走りを体感できます。

人気クロスオーバーSUVのマツダ・CX-3の気になる維持費を調査!

【最新相場】高いデザイン性で人気のマツダ・CX-3の高価買取のポイントは?

エクリプスクロス

三菱が生産販売を行っているSUV【エクリプスクロス】。クーペのエクステリア要素を取り入れた「角ばったデザイン」が特徴的の一台です。フロントデザインも魅力的で、フロントから鋭く伸びるように「LEDヘッドライト・デイライト」が搭載されています。

エクステリア・インテリア共に上質な設計がなされ、車内はシルバーを基調とした贅沢な仕様となっています。スマートフォンと連携するオーディオ機能やヘッドアップディスプレイなど、最新のアイテムもずらりと並んでいます。あまりに実用的・居心地の良い空間に見惚れること間違いなしです。

ハスラー

スズキが手がけるクロスオーバーSUV【ハスラー】。テレビCMでもよく見かける一台ですよね。軽トールワゴンの要素を取り入れたSUVとなっており、コンパクトかつ個性的なデザインが魅力的です。

テーブルとして使えるインパネボックスや、収納可能なアームレスト、リアポケットなど車内にはさまざまな仕掛けがあります。ボディカラーも独特で、ピンクとホワイト、オレンジとホワイトなどを掛け合わせた可愛らしい塗装が施されています。

実用的である一方で「遊び心」をくすぐられる一台です。また、コンパクトサイズなので運転慣れしていない人でもスイスイ運転できるでしょう。

驚きの高性能と軽自動車ならではの維持費!ハスラーの人気と魅力に迫る

売却を検討している方必見!スズキ・ハスラーの買取相場は?

ジムニー

スズキが1970年から販売しているSUV【ジムニー】。言わずと知れた名車で、発売当初から圧倒的な人気を誇っています。ジムニーはコンパクトボディながら高い走破性を発揮してくれるSUVです。

ぬかるんだ道や山道、雪道などさまざまなオフロードを突破してくれる力強さを持っています。車高が高く視認性にも優れている上に、小回りの利きも抜群なので女性人気も高いです。

また、軽自動車なのでガソリン代や自動車税なども少なく済みます。街乗りからアウトドアまで様々な場面で活躍してくれるので実用性・コストパフォーマンス共にピカイチです。

ジムニーの買取査定額は?実例・特徴や買取方法について解説

本格的オフローダー【スズキ・ジムニー】!維持費や費用を徹底調査

RAV4

トヨタが生産販売しているクロスオーバー【RAV4】は、2019年に日本に上陸した最新SUVで、本格オフロードに特化した一台となっています。先代までは海外で販売されていたRAV4ですが、2019年春に満を持して日本に上陸。

トヨタの世界戦略車として知られており、世界のどんなオフロードでも突破できる機能を持ちます。また「幾何学的なデザイン」も必見で、8角形をイメージした角ばったボディがアウトドアらしさを際立たせています。

アウトドアが好きな人にはたまらない一台です。

海外のかっこいいSUV10車種

最後に【海外のかっこいいSUV】を見ていきましょう。ひとくちに海外SUVと言っても無数に存在しています。ここでは、なかでも特にオススメしたい10車種をご紹介します。ぜひ、海外SUV選びの参考にしてみてくださいね。

マカン(ポルシェ)

言わずと知れた大手企業ポルシェが手がけるSUV【マカン】。5ドアのコンパクトSUVとして生産されている一台で、2013年に初めて世に出回りました。

最大の特徴は「甘いフロントマスク」です。ルーフのスポーティさやパワフルなフロントデザインとなど「ポルシェらしいエクステリア」がふんだんに取り込まれています。コンパクトボディながらも最高速度は272km/Lとなっており、一流スポーツカー並みの走行性能も併せ持っているSUVです。

マカンの最新相場は?高額買取ポイントと人気グレードまとめ

SUVにして脅威の走行性能を誇るマカン!その気になる維持費は?

XC60(ボルボ)

ボルボが生産販売を行っているSUV【XC60】。2017年・2018年の日本カーオブザイヤーを獲得したSUVです。人気の理由は何といっても「高いデザイン性」でしょう。

スウェーデンで誕生したボルボは、立体的なリアゲートをはじめ一体感のあるインパネ周り、ひんやり感を与えるメタルコートなど「北欧らしいデザイン」が前面に押し出されています。ダイナミックな外観はもちろん、細かい部分までこだわりぬいた車内空間は必見です。

ボルボ初の高級SUV車XC60!人気の秘密と驚きの高額買取り査定のポイントは?

MINIクロスオーバー(BMW)

ドイツの大手企業BMWが手がけるSUV【MINIクロスオーバー】。名前から分かるように「ミニサイズのボディ」が特徴的な一台で、コンパクトながらもスペックの高さは抜群。

パワフル性と静粛性を兼ね備えた新型ディーゼルエンジンを搭載しており、高い走破性を誇ります。コンパクトSUVだと可愛らしさが先行しがちですがMINIクロスオーバーには「大人っぽさ」が醸し出されています。シンプルな車内デザインと落ち着いたボディカラーがオトナな雰囲気を演出。

ミニクロスオーバーの買取価格は?オプションとカラーで査定が変わる!

3008(プジョー)

フランスの老舗自動車企業プジョーが手がけるSUV【3008】は、2016年に初公開されたモデルで、発売開始から1年足らずで世界での販売台数が100,000台を突破した超人気車です。

ガソリン車またはディーゼル車から選ぶことができます。SUVらしい力強いデザイン、走行性能、セーフティ機能共にピカイチです。インパネ周りは「未来的」な設計となっており、最新テクノロジーを駆使した機能やアイテムがずらりと並んでいます。

プジョーらしいアーバンSUV!高価買取される人気車種3008の魅力は?

プジョー初!完全自社開発&生産のSUV3008の維持費を徹底調査

Mクラス(メルセデス・ベンツ)

言わずと知れた高級車の大手ベンツが生産販売を行うクロスオーバーSUV【Mクラス】。ベンツらしい上質感あふれるエクステリア、そして悪路での高い突破力を併せ持つ一台です。

「7G-TRONIC」と呼ばれる7速オートマチックを採用していることから、操作性の高さを誇ります。加えて好燃費も実現。また最新テクノロジーを駆使したカメラシステムも導入しているので安全性もバッチリです。

エクスプローラー(フォード)

アメリカの大手自動車メーカー”フォード”が生産販売を行なっているSUV【エクスプローラー】。世界のSUV人気に火をつけた一台とも言われており、世界中から根強い人気を集めているSUVです。

その最大の魅力は、オフロードでの突破力をキープしたまま環境にも配慮したエンジンが搭載されてること。SUVにありがちな「排気量が多く環境に良くないイメージ」を払拭してくれます。また、アメリカン仕様ながらも混み合った街にもマッチングするサイズとなっています。ハンドル操作もスムーズなので快適なドライブが可能です。

カイエン(ポルシェ)

ポルシェが手がけるSUV【カイエン】。先ほどご紹介した「3008」と並び、ポルシェの2大SUVとも言われる一台です。

高級車として位置づけられており中々手が出ないSUVでしたが、2017年にモデルチェンジが行われて以降、お手頃価格で入手できるようになりました。SUVならではのスポーティーな要素を残しつつも、ゆったりとした走りが体感できるのが魅力的です。居住空間・ラゲッジスペース共に広々としているのでアウトドアでも大活躍してくれますよ。

ポルシェを代表するSUVカイエン!買取相場や人気カラーを大公開

レンジローバー(ランドローバー)

イギリスの大手自動車メーカー”ランドローバー”が生産販売を行うSUV【レンジローバー】。当メーカーのフラグシップモデルであり、主に街乗りに特化させたSUVとなっています。

生まれ故郷イギリスでは、王室やセレブからも愛される一台です。多くの有名人が使っていることもあり、そのスペックの高さは抜群で、軽やかな走行・デザイン性・安定性共にトップクラスを誇ります。SUV好きにはたまらない一台とも言えるでしょう。

チェロキー(ジープ)

言わずと知れた海外ブランド”ジープ”が手がけるSUV【チェロキー】。長い歴史を持つ大人気SUVであり、時代に合わせて「ジープらしい見た目」から「女性受けするおしゃれなデザイン」へと変化を遂げた一台です。

かつては4WDモデルのみの販売でしたが、現在ではFFモデルも販売されています。どんな悪路でも、物ともしない力強い走りが可能です。街乗りでも高いパフォーマンスを発揮してくれますよ。

ティグアン(フォルクスワーゲン)

大手フォルクスワーゲンが生産販売を行うSUV【ティグアン】。ゴツゴツしたイメージのある海外SUVとは異なり、普通乗用車のような小さめのボディが特徴です。

扱いやすいサイズ感から実用性は高く、都会でもストレスのない運転ができますよ。加速性にも富んでいるので長距離運転でもスムーズな走行が可能です。2017年にモデルチェンジされたことから、全モデルの中古車なら低価格で入手することができます。

【フォルクスワーゲン】を代表するSUV!ティグアンの買取事情とは?

まとめ

かっこいいSUVランキングをご紹介しました。いかがでしたか?ひとくちにSUVといってもコンパクトSUVやミドルサイズSUV、さらには海外のSUVなど多彩です。むしろ海外の方が圧倒的に数が多いので、この際に思い切って外車デビューしてみるのもアリですね。

今回ご紹介した車種はどれもデザイン性・走行性能ともに優れた車種なので、気になるものがあればぜひチェックしてみてください。あなたに合ったSUVを選んで、素敵なカーライフを過ごしましょう!