とにかく広い!驚きの室内空間が人気の【シエンタ】は年間どれくらいの費用が必要?

コンパクトなボディサイズとアクティブな走行性能が魅力のトヨタ<シエンタ>。豊富なボディカラーとスニーカーをイメージしたデザインのシエンタはファミリーカーとしても人気があります。そんなシエンタの年間維持費を算出してみましょう。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

シエンタの特徴

2003年に発売されて以来賛否両論叫ばれるトヨタのミニバンがシエンタです。シエンタはビビッドカラーとベーシックカラーの多彩なカラーバリエーションが保守的なトヨタからは想像できない新しいスタイルとなっています。

実際には納車まで半年近く待たされるというほどの人気の高いミニバン<シエンタ>の魅力は何でしょうか。

  • 高天井・大開口ラゲージ・低床設計
  • 3列シートグレ―ドで家族にも快適な室内空間
  • コンパクト&ワイドビューで初心者も安心運転

デザインは確かに批評が多いのですが、コンパクトで奇抜なイメージのデザインとは想像のできない実用性に驚かされます。大人数・大荷物が可能で、運転のしやすい設計になっているので運転自体に不安のある方でも安心してドライブを楽しめるでしょう。

シエンタの基本スペック

  • 新車価格:177.7~253.3万円
  • サイズ:全長4.24m~4.26m×全幅1.7m×全高1.68m~1.7m
  • エンジン駆動方式:FF
  • エンジン排気量:1496㏄
  • 燃費:15.4~27.2㎞/L

シエンタでかかる維持費は年間どのくらい?

シエンタはファミリーカーとして大変人気のミニバンです。経済的にはどうなのでしょうか。年間維持費を計算していきましょう。

税金

車の維持費で最も重要なのは税金です。

自動車税

自動車税は自動車を所有している人に毎年課税されます。自家用か営業用かの用途に応じて料金が決まっています。また、車種・グレード別のエンジン排気量によっても自動車税は決められています。

シエンタのエンジン排気量は1496㏄ですので、1000㏄超1500㏄以下の自家用乗用車に区分されます。ですからシエンタの自動車税は34,500円です。

2015年のフルモデルチェンジによってシエンタではハイブリッドモデルも登場しています。エコカー減税対象車として登録できるシエンタの自動車税は9,000円です。エコカー減税によって実際の税金よりも75%OFFになっています。

重量税

自動車重量税も忘れてはいけない維持費の一つです。自動車の重量によって決められています。自家用乗用車の場合自動車重量税は0.5tごとに4,100円が課税されます。さらに、新車登録から13年以上経過すると5,700円、18年以上経過すると6,300円となりどんどん税額が上がっていくシステムとなっています。

シエンタの重量は1,310~1,380kgですから、1t超1.5t以下の分類に区分されます。重量税はエコカー減税対象車の場合免税になることもあります。シエンタの重量税は次の通りです。
≪エコカー減税対象外≫

新車登録後~13年 13年経過 18年経過 エコカー
1年自家用 12,300円 17,100円 18,900円 7,500円
2年自家用 24,600円 34,200円 37,800円 15,000円
3年自家用(新車新規登録時) 36,900円 22,500円

≪エコカー減税対象車≫

免税 50%減税 75%減税
1年自家用 0円 3,700円
2年自家用 0円 7,500円
3年自家用 0円 11,200円 5,600円

保険

税金のほかに保険も法律で決められている維持費です。

自賠責保険

自賠責保険は保険の中でも加入が義務付けられているものです。強制保険とも呼ばれています。自賠責保険で補償される範囲は次のように決められています。

  • 対人障害:120万円
  • 対人死亡:3000万円
  • 後遺傷害時:4000万円

物損に関しては一切補償がありません。自賠責保険は4種類の車種系統と保険契約期間によって決められています。シエンタの車種系統は普通乗用車ですので自賠責保険料は次のようになります。

契約期間 12カ月 13カ月 24カ月 25カ月 36カ月 37カ月
契約金額 15,520円 16,380円 25,830円 26,680円 35,950円 36,780円

自賠責保険の継続加入の際は1カ月余分に支払わなければならないため、13カ月・25カ月・37カ月の契約期間が存在しています。

任意保険

任意保険では自賠責保険でカバーできない部分まで幅広いサポート体制が整っている保険です。任意保険でしか保証されないものとして人身傷害補償保険や自損事故保険、対物補償保険などがあります。

形式別料率クラスによって任意保険の料金は異なります。形式別料率クラスとは車の形式ごとの事故実績にもとづいて4つの項目で9段階評価されているものです。これまで保険金支払いが必要となる事故の回数が少ないほど評価は小さくなり、料率クラスの数字が小さいほど保険料が安くなりますので、購入時の参考にできます。また、セルフで保険料を計算する際に役立つの料率クラスを表で簡単にご紹介しましょう。

対人賠償責任保険 対物賠償責任保険 搭乗者傷害保険 車両保険
NCP81G
NCP85G

この表で示されている料率クラスは、保険始期が2019年1月1日から2019年12月31日のものに限定されます。

価格.comのサイト情報には様々な年代、年式、グレードによる任意保険の見積もり情報が掲載されています。その情報によると280件の見積もりをもとに、シエンタの任意保険料最安額は11,720円、最高額は108,000円となっています。

では、シエンタの保険料見積もりを様々な年齢、グレード、走行距離から簡単に表でご紹介しましょう。

車両保険クラス 年間走行距離 免許 等級 運転者年齢 保険料
一般 3,000㎞ ブルー 13 35 50,000円
一般 12,000㎞ ブルー 19 49 45,000円
一般 4,000㎞ ブルー 15 39 52,000円
エコノミー 10,000㎞ ゴールド 13 37 47,000円
なし 3,000㎞ ブルー 12 50 27,000円

その他費用

税金や保険以外にどのような年間維持費がかかるのでしょうか。

ガソリン代

車を動かすためにはどうしてもガソリンが必要です。現在、全国平均のレギュラー価格は144.8円、ハイオク価格は155.5円です。では、シエンタで10,000㎞走らせるとするとどのくらいのガソリンが必要でしょうか。

シエンタの実燃費は11~13㎞/Lですから、ここでは一例として<シエンタNSP172G>の実燃費12㎞/Lで計算してみましょう。10,000㎞走るためにはガソリンが約833.3L必要です。では、2019年5月現在のガソリン平均価格をもとに年間ガソリン代を計算してみましょう。

≪レギュラーの場合≫
約833.3L×144.8円=12,0661円(約120,000円)
≪ハイオクの場合≫
約833.3L×155.5円=12,9578円(約130,000円)

シエンタは1年間に10,000㎞走らせるには約120,000~130,000円のガソリン代が必要です。

駐車場代

駐車場を必要とする方は、年間維持費の中に駐車場代も含めましょう。月極駐車場は全国平均で月8,000円が必要です。そのため、年間で必要な駐車場代は次のようになります。

約8,000円×12カ月=約96,000円(更新料が必要なところもあります。)

車検代

車が保安基準に適合している状態で維持されているかどうかを判断するために自動車検査登録制度というものがあります。これを略して一般では車検と呼びます。自動車と250㏄以上のバイクは国土交通省による検査が行われなければなりません。

シエンタは車検費用としてどのくらいかかるのでしょうか。運輸支局から認定されている認定工場であればどこでも車検を受けることができます。法定費用は変わりませんが車検の基本費用は万単位で変わることがあるので節約できるでしょう。

自動車重量税 24,600円~
自賠責保険料 25,830円~
印紙代 1,200円~
車検整備費用 11,880円~
車検代行料 10,800円~
消費税 1,000円~
車検費用合計 52,630円~

車検は新車登録時から3年後、また2年ごとに受ける悲痛用があるため、年間維持費には52,630円の3分の1(約17,450円)または2分の1(26,300円)を計算すると良いでしょう。

さらに、車検時には修理費用や部品交換費用がプラスされることもあります。修理費用として基本車検費用以外にも+50,000~150,000円が必要でしょう。

シエンタの購入時にかかる費用は?

シエンタを新車購入するときにはどのような費用がかかるのでしょうか。

車体価格

シエンタの車体価格はグレードによって次のように異なります。

≪ハイブリッド車≫

  • G Cuero:2,532,600円
  • G:2,380,320円
  • X:2,226,960円
  • FUNBASE G:2,340,360円
  • FUNBASE X:2,187,000円

≪ガソリン車≫

  • G Cuero:2,172,960円
  • G:2,020,680円
  • X:1,816,560円
  • FUNBASE G:1,980,720円
  • FUNBASE X:1,776,600円

オプション

車を新車で購入する際にはメーカー純正オプションを購入することができます。自分好みにカスタマイズできるので、ここではよく購入されるおすすめのオプション価格をご紹介します。

LEDランプパッケージ 116,640円
スマートエントリーパッケージ 39,960円
スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ 39,960円
パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ 57,240円
ナビレディパッケージ 35,640円

自動車重量税

自動車を新車購入するときに必要な自動車重量税は3年自家用プランです。3年後の車検を受けるまでの重量税を支払わなければなりません。ですから、シエンタ基本グレードの重量税は36,900円です。

エコカー減税対象車の場合はこのようになります。

  • 免税:0円
  • 25%減税:16,800円
  • 50%減税:11,200円
  • 75%減税:5,600円

自動車取得税

シエンタの自動車取得税はグレード別に設定されています。トヨタ公式サイトで発表されている情報を表の形式でわかりやすくご紹介します。

グレード 自動車取得税 エコカー減税+グリーン特化例 エコカー減税
ハイブリッドX 55,600円 非課税
ハイブリッドG 58,200円 非課税
ハイブリッドG Cuero 61,600円 非課税
X 45,400円 36,300円
G 49,500円 39,600円

自賠責保険

新車購入時には車を所有するすべての人に加入が求められる自賠責保険料を支払わなければなりません。3年後の車検までに保険契約期間を伸ばすためにシエンタの自賠責保険は36,780円です。

リサイクル料金

シエンタのリサイクル料金は次のように決まっています。

  • NHP、NCP、NSP170系(2015年):10,230円
  • NCP80系(2003年):9,470~11,270円

新車購入時にはリサイクル料金に基本合計額+420円が必要です。

ディーラー代行手数料

新車購入時の節約できる費用にはディーラー代行手数料があります。ディーラー代行手数料には次のようなものがあります。

  • 納車費用:10,000円~
  • 検査登録代行費用:15,000円~
  • 車庫証明代行費用:5,000円~
  • 下取り車手続き代行費用:5,000円~
  • 下取り査定量:0円~

ディーラーにすべてを預けてしまうと、0円だったかもしれないものが+30,000円以上必要となります。納車や車庫証明、下取りなど自分で行えたり業者を探せたりするものは自力で行うようにすることをおすすめします。

壊れやすいところや注意するべき点

シエンタで修理事例としてよく上げられるのはCVTの故障・不調です。アクセルを踏まなくても進んでいたのに停止してしまう、変速時にもたつく、アクセルを踏み込んでも加速感がないなどの症状が出てきます。

なんと走行距離50,000㎞以下でも生じる故障ですから注意が必要です。CVTオイルの交換を定期的に行うならCVT本体の交換を避けられるでしょう。オイルの交換だけなら約5,000~10000円、CVT交換なら400,000円~の費用がかかります。急に莫大な修理費用が掛からないよう定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

まとめ

シエンタは見かけによらずギャップがすごいコンパクトミニバンとして愛されている人気車です。室内空間は広々としており、小回りが利き運転しやすいのにファミリーカーとして充実しています。

そんなシエンタはエコカー対象グレードもあるので経済的に維持できるでしょう。ご紹介した年間維持費や購入時の費用をもとに予算を立てて年間費用を賢くやりくりしてみましょう。

 

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます