アウディの高級車はお手頃価格?デザイン性に優れた高級車を大解剖!

アウディ車は色気のあるデザインが特徴的で、日本では若い層を中心に支持されています。ベンツ・BMWと並んで御三家とも呼ばれているアウディですが、高級車に位置付けられる車種には、どういった特徴があるのでしょうか。今回はアウディの高級車についてご紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

アウディの高級車はこんな特徴

まずは、ドイツの老舗自動車メーカーであるアウディの、高級車に共通した特徴をご紹介します。

都会的なデザイン

アウディはドイツの自動車メーカーですが、最もデザインで遊び心を持ったメーカーなのではないかと考えます。ベンツやBMWは、伝統的で公共性の高いイメージが強いですが、アウディ車はオフの日に遠出をしたくなるようなワクワクするデザインが特徴です。

実際に海外のセレブにもアウディ車のユーザーが多いですが、オフを楽しくしてくれるデザインと走りに夢中になっていると言う意見を多く聞きます。

アウディの高級車は、都会的でシンプルなデザインですが、細部には最先端のトレンドが宿り、流行に敏感な若者にも支持されている印象です。エクステリアに曲線美をあしらうことによって、親しみやすいイメージも加わり、女性ユーザーにも愛されるデザインに仕上がっています。

走りを優先した設計

アウディは歴史的に見ても、数々の主要モータースポーツの大会で、華々しい記録を残しています。そしてその走りのノウハウは、一般向けに販売されている高級車においても、脈々と受け継がれています。

常に時代をリードする革新的な技術で人々を驚かせてきたアウディの技術は、車業界全体のスタンダードを作り上げた実績もあります。今では鉄の防錆に欠かせない亜鉛メッキを世界で初めて採用したのはアウディです。車体の耐久性・持続性の向上につながり、新時代の自動車像を作り上げました。

走行性能に特化すると、アウディ独自の技術として、クワトロと言う4WD技術が挙げられます。どんな路面状況でも最適なパフォーマンスを披露できるように、アウディが長い年月をかけて開発したこの技術は、ほとんどの高級車でグレード設定されています。

さらに高速道路での安定感や、ストップ&ゴーの機敏な動きなど、コックピットに座りハンドルを握れば、アウディらしさを存分に楽しむことが出来ます。アウディの走行性能は、自動車評論家や走りにうるさいユーザーも満足できる仕上がりです。

輸入車の中では低価格

比較的低価格に抑えられている国産メーカーの車と比較すると、どうしても輸入車の価格は高く感じられます。輸送コストなど価格が上がる様々な要素はあるのですが、それでも海外メーカーの車はやや割高な印象を受けます。

アウディも国産メーカーと比較すると少し高い印象を受けますが、輸入車メーカー同士で比較するとかなりお手頃な印象に変わります。スタイリッシュな輸入車に安く乗りたいと言う、ユーザーのニーズにピッタリなのがアウディの高級車だと言えるでしょう。

インテリアの質感が高い

アウディのインテリアのデザインは、スポーティを基調として、ラグジュアリーに仕上げられています。デザイン・素材・装備品と車内空間は快適に過ごせる工夫が随所に見られ、上質な仕上がりです。

見た目だけのラグジュアリーではなく、快適性が追求されているので、長く乗っても飽きることのないアウディの高級車は、世界的にも評価が高いです。

さらに、インテリアの細かい部分にもアウディ独自のデザイン哲学も反映され、美しいスタイリングに仕上がっています。アウディの高級車は、細部のディテールがしっかりと作り込まれていることで、他車と比較できない上質さをまとっています。

アウディのボディタイプ別高級車

続いて、現在新車で販売されているアウディの中から、ボディタイプ別に厳選した高級車をご紹介します。

ステーションワゴン

アウディではステーションワゴンのことをアバントと呼称します。アバントの中で高級車に位置付けられるのは、下記の車種です。

RS6アバント

  • 新車価格1,520〜1,823万円

ミニバン車であるA6アバントに、スポーツ仕様の開発に特化したメーカーであるクワトロGmbHが生み出した、スポーティな走りが体感できるモデルです。サーキットでも通用するような高い走行性能を持ち、ステーションワゴンならではの高い実用性も備えています。

丸みを帯びた可愛らしいボディからは想像できないような、圧倒的な加速性と安定感のある走行性能を持ち、まさに羊の皮を被った狼といった印象です。

S6アバント

  • 新車価格1,210〜1,383.8万円

ミドルクラスセダンのA6をベースに、力強い走りと環境性を両立させたモデルです。現行モデルのエンジンは、旧型より排気量が下げられていますが、高効率で排気量差を感じさせない走りを体感できます。

さらに、アイドリングストップ・エネルギー回生システム・アルミ軽量ボディなどにより、効率の良い走りをどんなシーンでも出来るので、燃費も大きく改善されています。

RS4アバント

  • 新車価格1,196万円

2019年におよそ6年ぶりにフルモデルチェンジされたRS4アバントには、従来からの高性能な走りに加えて環境性も備わっています。最先端の技術を結集して開発されたエンジンは、次世代のスポーツアバントの基準を提案しているかのようです。

機能性も高く、ナビゲーションシステム・Gフォース・トルク値などの情報が把握できる、アウディバーチャルコックピットが標準装備されているので、近未来的なドライブを楽しむことができます。

SUV

現在販売されているアウディのSUV車は4種類ありますが、高い剛性と上品さを持ったQ7が最上級モデルとなっています。

Q7

  • 新車価格804〜1,093万円

ボディサイズを無駄にしない設計で、最大7人乗りの広い室内空間を実現した、上質なプレミアムSUVです。大型のボディを持ちながら車重は軽く抑えられ、燃費の向上にも貢献しています。

ハイパワーなエンジンが採用されているので、加速性・走行性能は申し分なく、さらにSUV本来の走破性も高いレベルで維持していることから、どんな悪路でも走り抜ける頼もしさがあります。

最高級プレミアムSUVのQ7!気になる高級車の維持費は?

アウディQ7の買取徹底調査!世界中で人気のQ7は10年落ちでも売れる?

セダン・クーペ・カブリオレ

これらのボディタイプに関しては、アウディが最も力を入れていると考えられます。様々な高級車がありますが、どれも個性豊かで上質な仕上がりです。

S8

  • 新車価格1,580〜2,028万円

ベースカーのA8は、アウディのフラッグシップモデルと言えますが、クワトロ仕様となっているS8は、A8の良い特徴をそのままに、よりパワフルでスムーズなドライブを提供してくれます。

エンジン周りだけでなく足回りも見直され、専用にチューニングされたのエアサスや、21インチのアルミホイールなどが標準装備されている贅沢な一台です。

アウディS8の中古車は本当に安い!?気になる買取査定と車の特徴

RS7スポーツバック

  • 新車価格1,570〜1,881万円

A7スポーツバックをベースに、クワトロGmbHによってハイパフォーマンス仕様にカスタムされたモデルです。元々A7スポーツバックも、スポーティな仕様が高く評価されているのですが、RS7スポーツバックでは、高い走行性能にさらに付加価値がついた印象です。

流れるようなルーフラインのデザインと、4ドアならではの利便性を持ちながら、スポーツカーにも負けない走行性能を持つRS7スポーツバックは、まさに最高峰の存在と言えるでしょう。

A8

  • 新車価格1,140〜1,762万円

スポーツセダンとして、それぞれの時代で革新的な技術を披露してきたA8ですが、直近のモデルでは市販車として世界初となる、レベル3自動運転が採用されたことが話題となりました。

高い基本性能に加え、人工知能のエッセンスを反映したことで、シーンを一歩リードした印象を持ちます。A8は今後も、スポーティーさとラグジュアリー感に加え、サプライズを与え続けてくれることでしょう。

最上級セダン!アウディA8の高額査定を狙うためのポイントまとめ

S7スポーツバック

  • 新車価格1,224〜1,377.8万円

日本でも富裕層を中心に人気が高い、アッパーミドル5ドアクーペモデルです。A7スポーツバックがベースとなっていますが、エンジンシステムは全く別物で、最先端のテクノロジーによって、圧倒的な走行性能を見せつけています。

さらに快適性や静粛性にも優れている点が特徴で、エンジン音の低減や車内の密閉度なども、緻密に計算されていることから、ゆったりとしたドライブを楽しむことができます。

S6

  • 新車価格1,180〜1,337.8万円

A6をベースに開発されたS6は、ハイパフォーマンスのクワトロが搭載されたモデルで、力強く上質な走りと環境性能を両立させています。4.0LV8ツインターボエンジンによるパフォーマンスは、胸のすくような気持ち良い走りを提供してくれます。

スポーツ仕様になると燃費がどうしても気になるところですが、A6にはエンジンの効率化に加え、ボディの軽量化・アイドリングストップ・エネルギー回生システムなどで、環境性にも配慮されています。

A7スポーツバック

  • 新車価格988〜1,161万円

流線型のボディが特徴的なA7スポーツバックは、最新のデザイン言語とアウディのデザイン哲学によって、現行モデルではよりダイナミックに表現されています。

元々の走行性能に加え、最大23個のセンサーや高精度カメラによる、ハイレベルな運転支援システムが採用され、安全性と快適性も大幅に向上しています。

A6

  • 新車価格920〜1,006万円

A6はアウディの主力モデルでもあり、日本の市場でも非常に人気が高いです。日本人のデザイナーが開発・設計にも参加し、2005年には世界カーオブザイヤーを受賞した、名車です。

アウディ車らしい高い走行性能を前面に押し出しつつ、近年では燃費性能も向上も際立ちます。アウディ・ウルトラ・ライトウェイト・テクノロジーという軽量化技術が反映されていることによって、クラストップレベルの燃費性能を実現しています。

Eセグメントの傑作!アウディ100の血を引くA6の気になる維持費

アウディ A6で高額査定を狙うには?カラーとオプション装備がポイント

S5カブリオレ

  • 新車価格981〜998万円

元々ガブリオレは、ヨーロッパでは貴族が乗る2人乗りの馬車にルーツを持つ車と言われています。S5カブリオレは、その格式の高さを全身で表現したプレミアムカーと言えます。

その余裕のある佇まいを見ると、性能の高さに期待感を抱かずにはいられません。伝統的な格式に加え、パワーがあって華やかさも感じられる気品ある一台です。

スポーツカー

走行性能にこだわるアウディのスポーツカーは、ここまでやるのかといったような驚きが満載です。早く走る車というスポーツカーの特徴を最大限に引き出した、各車種の性能はプレミアム感満載です。

R8

  • 新車価格2,456〜2,915万円

いかにもスポーツカーといったスタイリングを持つR8ですが、コックピットのルーフがリアエンドに向けて緩やかに下がっていく形状が、他のスポーツカーにはない、オリジナリティだと言えるでしょう。

ミッドシップ方式が採用されるR8は、異次元の走行性能を持ちながらも、抜群の扱いやすさも兼ね揃えているので、万人が楽しめるスポーツカーだと言えるでしょう。

R8スパイダー

  • 新車価格2,618〜2,623万円

R8のオープンタイプであるR8スパイダーは、頭上を吹き抜ける風の爽快感と、光を全身で浴びることのできる開放感が気持ち良い、スペシャルなスポーツカーです。

美しいフォルムは見る人を魅了し、圧倒的なパフォーマンスはドライバーを夢中にさせてくれます。車を操る楽しさの概念が変わるような一台だと言えます。

RS5カブリオレ

  • 新車価格1,387〜1,523万円

RS5の性能を持ちながら、より開放的にアクティブなその高い走行性能を楽しむことができます。専用にチューニングされたスポーツサスや、路面状況に応じ後輪の駆動力を変化させるスポーツディファレンシャルが採用されています。

ボディサイズはあまり大きくないため、街乗りに特化した印象を持ちますが、高速域での走行時に最も力を発揮します。アウディ車の中でもより個性が際立つ一台です。

RS5

  • 新車価格1,257〜1,263万円

近年では、ハイパワーが特徴だった車が、モデルチェンジを機に排気量を下がる流れが多く見られます。RS5も例外ではなく、エンジン排気量ダウンさせながら、現行モデルでは過去最大級のトルク値を記録しています。

A5シリーズのトップモデルに位置付けられるRS5は、走行性能が最高レベルなのはもちろんのこと、大型エアインレットブリスターフェンダーや専用のシングルフレームグリルなどのオリジナリティが感じられます。

TTRSロードスター

  • 新車価格978〜1,005万円

スポーツモデルのTTをベースに開発されたTTRSロードスターは、車のデザインについて、概念を根底から変えるような独創的なフォルムが特徴です。約10秒で開閉できる電動ソフトトップを装備し、どのような天候でも快適なドライブを楽しむことができます。

TTRSロードスターに搭載されている5気筒エンジンは、エンジンを始動した瞬間に特徴的なサウンドを響かせ、強い個性を主張します。サウンド一つにもこだわられた、丁寧な作りが感じられます。

アウディの高級車をより高く買取ってもらう方法

アウディを日本国内で所有しているユーザーは多く、アウディ車の買取を得意とする業者も比較的多い状況です。しかし国産メーカーと比較すると、やはりリセールバリューは低い傾向にあります。

アウディの高級車はセダン・クーペ・カブリオレに特に多いですが、世界的に見てもライバルの多い激戦区だと言えます。アウディ車の品質は一定の評価を得ていますが、登録から5年以上経過した車は、その後のメンテナンスへの不安からか、相場の下がり幅が大きくなる傾向も見られます。

したがってアウディを先々売却しようと考えている方は、登録年数や車の状態が特に重要になってきます。登録年数は新車登録から3年・5年・7年・10年、そして走行距離は年間10000km以上を超えると、相場が大きく下がります。

一部の特別仕様車などでは、プレミアムな買取価格が付くことも否定できませんが、確実にそうなるわけではありません。アウディの高級車を高く売るコツとしては、短い周期で状態が良いうちに乗り換えることがポイントとなりそうです。

日本での人気も高く、若年層を中心にアウディの高級車は中古車市場でも人気があるので、状態の良い車両であれば、高価買取が期待できます。

まとめ

今回は、アウディの高級車についてご紹介しました。アウディの高級車はドイツの他メーカーにはない、スタイリッシュさと遊び心を持っています。さらに走行性能やインテリアの上質感も魅力的なポイントです。

今回ピックアップした車種の中では、高級車はセダンやクーペに多いですが、今回ご紹介出来なかった車種も非常に質感の高い仕上がりです。大きなコンセプトは共通していますが、車種ごとに異なる魅力がありますので、ぜひディーラーで体感して見てください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます