アウトドアにおすすめの車25選!選び方のコツとは?

荷物が多く悪路走行になりがちなアウトドア。適している車はいったい何でしょうか。家族で楽しむか、友人と楽しむか、キャンプをするか車中泊をするかによって最適な車は異なります。そこで今回は、アウトドアにおすすめの車をご紹介していきます。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

アウトドアにぴったりの車はどれ?


アウトドアで選ばれる車のほとんどは車高が高くタイヤが大きい車です。車内空間を広々と確保できますし、悪路でもスムーズに走り抜けることができるからです。車の中にもいろいろな種類がありますが、特にアウトドアにぴったりと言える車の種類を4つご紹介しましょう。

SUV

無骨な印象を与える剛健な作りになっており、4WDは標準装備されています。悪路走破性が高い車であるため、野山や岩場などへのアウトドアに活発な方にとって最適な車と言えるでしょう。

ミニバン

アウトドア向きの車のひとつの条件は積載性が高いことです。ミニバンは車内空間が広く荷室も広々としているためアウトドアにおすすめと言えます。アウトドアで何を車に詰め込むか、車でどのような生活をするかによって求めるものは異なります。

例えば、自転車を車に積みたいのであれば荷物の格納力が高いミニバン、特に床下格納が広いミニバンがおすすめです。また、車中泊をする予定であればシートアレンジが自由自在で睡眠の邪魔にならないフラットなシートが装備されているミニバンが良いでしょう。

セダン

アウトドア向きの車の種類の中で忘れられてしまいがちなのがセダンです。セダンは車高が低いためオフロード走行に適していないとイメージされがちです。しかし、アウトドアで実用的な車としてセダンはおすすめできます。トヨタのクラウンやカムリなどセダンの代表的な車はゴルフバック4つが余裕で積める積載性を持っています。

4WD

アウトドアに間違いなくぴったり当てはまる車は4WDです。4WD車は前輪駆動車のことです。エンジンとトランスミッションを横置きすることによって車内空間を広くとることができます。

グリップが低い道でも発進性と走破性が高いためオフロード走行にぴったりの車と言えるでしょう、雪道やアップダウンの激しい山道などはパワーがあり安定性の高い4WDが活躍します。

アウトドアを楽しむための車の選び方

趣味や家族とのレクリエーションなどのためにアウトドア向けの車を探しておられるでしょうか。都会の街並みから離れて、不便ではあるもののアウトドアを楽しみたい!という方にぴったりの車を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。

積載性

アウトドアにおすすめの車の最低条件は積載性が高いことです。アウトドアでは宿泊のためのテント、食料、自転車など様々な道具や荷物を運ばなければなりません。

スキーやスノボ、釣竿、サーフィンボードなど長さのある荷物を運ぶためにはそれなりの車高と車長が必要です。大型SUVやワンボックスカーなどはもちろん荷物をたくさん積むことが出来ます。

見た目オシャレなセダンやSUV、ミニバンの中にもアウトドアに十分な積載性を持つ車種がありますので、サイズ感をチェックすることは大切です。

車内装備

アウトドアを最適に快適に楽しむためには車内装備も重要なポイントとなります。できれば車の装備として条件に含めたい2つをご紹介します。

フルフラットモード

アウトドアを楽しむ方の中には車中泊をされる方もおられることでしょう。車の中から満天の星空を眺めたり、長距離移動中に車で寝落ちするという体験をしたいという方もおられます。

車の中で長い時間を過ごすことが多いアウトドアではシートのフルフラットモードが装備されている車がおすすめです。シートを倒してできるだけフラットな車内空間を作ることで、ストレスなく睡眠をしっかり取れるでしょう。

特殊シート加工

アウトドアにおすすめの車に装備しておきたいものの一つは特殊シートです。アウトドアに出かけると自然を堪能したり、外で料理をしたり様々なアクティブを行うため、服や道具が汚れることがあります。キャンプやバーベキューなどをした後は、靴に土や砂をたくさんつけてしまいますし、雨にぬれた状態で車内に入るとシートがぬれてしまうという恐れもあります。

ですから、車が汚れることを恐れず思いっきりアウトドアを楽しむためにも、防水や防汚加工が施されたシート装備の車を選ぶようおすすめします。そうすれば、もし汚れたりぬれたりした服のままシートに座っても、ふき取るだけで元通りになるでしょう。

車高

積載性の部分でも触れましたが、アウトドアを楽しむためには車内空間と荷室の広さがポイントとなります。その要素となるものが車高です。また、車内空間の快適さだけではなく、車高が高いことで路面状況が悪い道路での走破性もアップします。

もし、車高が低い車で悪路走行をすると、車のフロア部分をこすってしまい部品が損傷してしまう恐れもあります。どんな道でも快適なドライブを楽しめるように、オフロード走行に強い車高の高い車を選びましょう。目安は最低地上高200㎜以上です。

駆動方式

駆動方式には5種類あり、FF・FR・MR・RR・4WDと分けられています。アウトドアにピッタリの駆動方式は4WDです。滑りやすい雪道などの悪路走行に強く、安定した走破性を見せてくれるからです。

キャンプなどのアウトドアを目的としているのであれば、4輪それぞれに駆動力を伝える方式の車の方が操作が安定するため、快適なドライブができます。同じ車種の中でもFFと4WDのそれぞれを選択することができるためアウトドアにおすすめの車を探しているのであれば4WDの駆動方式を選ぶと良いでしょう。

運転サポートシステム

長距離を移動してアウトドアを楽しむ方も増えています。車内空間の快適性や積載性だけではなく移動中の運転のしやすさに関しても車選びの際は注意が必要です。最近、車の運転サポートシステムはどんどん進化しており、事故を防ぎ運転疲労をやわらげています。

運転サポートシステムには次のようなものがあります。

  • 自動ブレーキシステム
  • 踏み間違い時加速抑制装置
  • 車線逸脱警報システム
  • ヘッドライド自動切替先進ライト

こうした運転サポートシステムが標準装備されているグレードまたは車種を選ぶと良いでしょう。

オフロード走行に最適な4WD駆動車10選

トヨタ ハイラックス

新車価格 332.1~296.1万円
車高 1800㎜
積載量 500kg
エンジン排気量 2393㏄
燃費 11.8km/L
運転サポートシステム プリクラッシュセーフティ
  • 最大500kgの積載が可能なデックスペースは雨や風にも強い耐久性
  • 直42.4Lディーゼルエンジンによりパワフルな走行性能でオフロードにも最適なポテンシャル

スバル インプレッサXV

新車価格 213.8~282.9万円
車高 1550㎜
積載量 385L
エンジン排気量 1600/2000㏄
燃費 15.8~19.2km/L
運転サポートシステム アイサイト
  • フルモデルチェンジによりSGPが採用され走行安定性が向上+車体剛性が強化
  • ミドルサイズSUVに匹敵する荷室の広さによりキャンプ用品がラクラク収納

XVの売り時は?買取査定や中古車価格も上々な都会派コンパクトSUV

スズキ ジムニー

新車価格 145.8~184.1万円
車高 1725㎜
積載量 352L
エンジン排気量 658㏄
燃費 13.2~17.5km/L
運転サポートシステム スズキセーフティサポート
  • リヤシートを倒しフロアをフラットにすることで室内空間の無駄なく活用が可能
  • FRレイアウトによる険しい凸凹道でもアプローチが可能な本格的4WD

知って得する!ジムニ―の買取価格を上げる5つの方法とは?

日産 エルグランド

新車価格 361~816.4万円
車高 1815㎜
積載量
エンジン排気量 2488/3496㏄
燃費 9.2~10.4km/L
運転サポートシステム インテリジェントエマージェンシーブレーキ等
  • VQ35DEエンジンにより低回転から高回転まで自由自在な加速が可能
  • フロア位置をダウン化することで開放感のある室内空間×ウォークスルーの設置

【日産エルグランド高額買取のポイント】エルグランドが高く売れる理由に迫る!

ホンダ ステップワゴンスパーダ

新車価格 285~366万円
車高 1855㎜
積載量 385kg
エンジン排気量 1496㏄
燃費 15.0~25.0㎞/L
運転サポートシステム クルーズコントロール等
  • 低床設計によりレジャーに使う重い荷物も楽に詰め込み可能
  • スパーダハイブリッドはトールサイズミニバン最高値の燃費性能

三菱 アウトランダーPHEV

新車価格 393.9~509万円
車高 1710㎜
積載量 275kg
エンジン排気量 2359㏄
燃費 16.4~18.6km/L
運転サポートシステム 三菱e-Assist
  • 高出力モーター×大容量バッテリ×2.4Lエンジンによる静粛性の高い4WDシステム
  • プラグインハイブリッドカーならではのガソリンいらずでスポーツカーのようなアウトドア体験

メルセデスベンツ Gクラス

新車価格 1170万円~
車高 1975㎜
積載量 275kg
エンジン排気量 3982㏄
燃費 6.6~7.9km/L
運転サポートシステム インテリジェントドライブ
  • 最大1941Lのラゲッジスペースが確保できるフラットでスクエア設計なラゲッジルーム
  • 360度カメラシステムにより死角の路面確認が可能でオフロード走行の安心度を向上

Gクラスを高値で売りたい人必読!買取で高額査定を目指すコツ

BMW X3

新車価格 657万円~
車高 1675㎜
積載量 275kg
エンジン排気量 1998㏄
燃費 13.5km/L
運転サポートシステム BMW Inteligent Perasonal Assistant
  • 直列4気筒BMWツインパワーターボディーゼルエンジンにより最大トルク400Nmを達成
  • 軽量構造により空気抵抗の最適化を実現し燃費性能を向上

高い走行性能を持つBMW X3!古いモデルの買取価格はどのくらい?

アウディ Q5

新車価格 636~893.2万円
車高 1665㎜
積載量 275kg
エンジン排気量 1984㏄
燃費 13.9km/L
運転サポートシステム アダプティブクルーズコントロール等
  • 4気筒2Lディーゼルターボエンジン×7速ATの組み合わせによるワイドな高トルクキープが可能
  • 3つの走行モードすべてがソフトで安心感のある操縦性がオフロード走行にも最適

買取相場の水準が高いアウディQ5!更に高く売るためのポイントとは?

ジープ チェロキー

新車価格 429~479万円
車高 1740㎜
積載量
エンジン排気量 2359㏄
燃費 10.2~10.4km/L
運転サポートシステム ブラインドスポットモニター×リアクロスパスディティクション
  • 2.4Lまたは2.0Lターボエンジンによりパワーと燃費効率の料率が可能
  • 9速ATの改良により素早く加速・高速走行がすべての条件でスムーズに順応

家族でアウトドアを楽しみたい方におすすめの車5選

トヨタ ハリアー

家族でアウトドアを楽しむ時にオススメのはトヨタのハリアーです。ハリアーは見た目の高級感が高く、ラグジュアリーな印象を与えるため、ただ走破性が高い車ではなくおしゃれにアウトドアを楽しめる車と言えるでしょう。排気量は2000㏄と少なめですが、車幅は1240㎜もあるゆとりのあるサイズ感となっており窮屈感を与えません。

ペットともにレジャーに出かけるという家族も、大型犬を一緒に載せてドライブが出来るでしょう。足元付近もゆったりとしているため、長距離ドライブの疲労をできるだけ抑えられると期待できます。

ホンダ ヴェゼル

SUVとクーペの魅力を詰め込んだ融合車として発売されているホンダのヴェゼルはコンパクトカーではありますが、くつろげる車内空間を確保してくれています。Honda SENSINGという安全運転支援システムを標準装備しているため、家族でアウトドアを安全に楽しむことができる車としてもお勧めです。

1500㏄ですから維持費が高すぎるということはなく、燃費性能も優秀であるため家計に優しい車とおいえるでしょう。車内空間の質は高く、迫力のあるエクステリアは若い世代の家族がアウトドアを楽しむ際によく選ばれています。

トヨタ ヴォクシー

アウトドアに使える家族向けのミニバンといえばトヨタのコクシーです。後ろから見ても正面から見ても角ばったデザインは非常にかっこよく、どこまでも一緒に連れ添いたくなるものといえるでしょう。スマートなデザインの多いミニバンの中でもトヨタのヴォクシーは重圧なイメージがあり、アウトドアの雰囲気とぴったりマッチします。

迫力と圧力を感じるボディサイズとデザインではありますが2000㏄ですので税金は安く、維持しやすいという点がアウトドア好きな家族にとって魅力となるでしょう。

トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイアは2008年に発売が開始されモデルチェンジを繰り返しながら多くの家族に愛されています。ヴォクシーよりもグレードが高く高級ミニバンという位置にありますが、ハイブリッドモデルも登場しており、長距離を移動してレジャーに出かける家族にもってこいです。

車幅は広いため、大人8人定員いっぱいに乗車しても余裕があるでしょう。ペットを乗せたり、子どもたちと長旅をする時にも車酔いしにくく快適に過ごせるヴェルファイアはアウトドア好きな家族に非常におすすめです。

トヨタ ランドクルーザープラド

アウトドアにも街乗りにも向いている家族向けの車はトヨタのランドクルーザープラドです。最大トルク246Naというタフで走行性の高い2.7Lエンジンを搭載しています。オンロードでもオフロードでもスムーズな加速が可能であり、普段使いから休日の家族でのお出かけにも重宝される車となるでしょう。

クリーンディーゼルモデルは2.8Lクリーンディーゼルエンジンを搭載しており、4Lクラスのエンジンを上回るタフでパワフルな走りを期待できます。ディーゼルエンジンならではのどっしりとした走行性は起伏の激しい走行が安定しにくい道路状況で安心感を与えてくれるものとなるでしょう。

女性に人気!可愛らしいアウトドアにおすすめの車5選

フィアット500X

イタリアの自動車メーカーであるフィアットの500XはSUV車としてアウトドアにおすすめです。エンジンには1.4L直列4気筒ターボエンジンが搭載されており、最大出力は140PSとなっています。4WDを選択できるようになっていますので、オフロード走行の機械が多いアウトドア好きな方は4WDを選んでおくちょいでしょう。

フィアットの丸みのあるキュートなデザインからは想像できないタフな作りになっているため、街乗りで日常使いするにはもちろんのこと、アウトドアに出かけるときにも重宝される車です。

ホンダ N−BOX

軽自動車がアウトドアに使える?と不思議に思われたかもしれませんが、軽トールワゴン車もアウトドアにピッタリの種類なのです。軽自動車の中でもN‐BOXは車内の広さが最大級ですし、ラゲッジルームも広々と確保されています。

魚釣り用のグッズやスノーボード、スキー板、サーフィン板など長さのあるアウトドア用品もN-BOXなら余裕で収納できるでしょう。直列3気筒エンジンが搭載されており、最大出力は58PSとなっています。ターボエンジンではないグレードであっても十分力強い走りをしてくれる軽自動車です。

ホンダ ヴェゼルハイブリッド

小型クロスオーバーSUV車として女性に人気があるキュートな車がヴェゼルハイブリッドです。燃費性能が高くパフォーマンス力も高いため長距離を移動してレジャーに出かけることの多いかたにおすすめします。

ラゲッジスペースには9.5インチゴルフバッグが簡単に収納できるほどの広さがります。Honda SENSINGが標準装備されていますので、疲労を軽減し安全に目的地に到着できるように十分アシストしてくれることでしょう。4WDを選択できるように居なっていますので、悪路走行が多い方はオプション設定するようにお勧めします。

スズキ クロスビー

スズキのクロスビーは2017年12月に発売開始された最近登場した車です。発売前から輪千になっていましたが1000㏄エンジン排気量で大人5人が余裕で乗ることのできる室内空間の広さが特徴です。

小型トールワゴン車としての広々とした室内とSUVのオフロード走破性の両方が兼ね備わっているアウトドアにおすすめの車です。ハスラーのデザインに似ており女性からの評価も高いオシャレなアウトドアカーとしておすすめできます。

本格アウトドア派に愛されるおすすめの車5選

トヨタ ラウンドクルーザー

世界中のアウトドア愛好家から愛されている本格派アウトドア向けの車といえばトヨタのラウンドクルーザーです。アスファルトに覆われていないさまざまな悪路環境でタフに走行し続けています。ラゲッジスペースのカバーを外せば自転車を積むことができるほどの広々とした荷室空間も特徴の一つです。

ランドクルーザーはシートが本革仕様となっており、クッション性が優れています。起伏の激しい山道や長期間のドライブでも疲れにくい車と言えるでしょう。レーダー×カメラの安全装置によって危険を事前に察知して回避できるシステムも標準装備されているため安心です。

日産 エクストレイル

レジャーに出かけるときはいつも荷物がどうしても多くなってしまうと困っている方におすすめのアウトドア向けカーはエクストレイルです。エクストレイルにはリモコンオートバックドアが標準装備されていますので、両手に荷物を持っているときでも自動でドアを開けて荷物の積み込みが行えるのです。

ラゲッジルームの高さは845㎜、幅は最大1305㎜となっていますので、マウンテンバイクを積み込むことさえできます。友達と少し遠くまでドライブして自然を満喫しながらバイクを楽しみたいというアウトドアにもピッタリのラゲッジスペースを確保してくれているのがエクストレイルなのです。

スバル レガシィ・アウトバック

レガシィ・アウトバックは低燃費を実現したアウトドア向けの車です。アイサイト運転支援システムを標準装備されているため安全性能の点でも信頼がおけます。たくさんの荷物を余裕を持って乗せることができるようにラゲッジスペースが確保されています。

さらに、自然と触れ合う機会の多いアウトドア向けの車ですから、オプションでサンルーフを設置して自然の景色を思う存分楽しむこともできるでしょう。運転席と後部座席など、それぞれの座席に応じて温度設定ができるため、どこに座っている人も快適に過ごすことができます。

スバル フォレスター

フォレスターは2018年にフルモデルチェンジが行われ<e-BoVER>や<X-MODE>などのアシスト機能やモードが加わり、アウトドアを好む方にとってより魅力的な車となっています。倒すことのできるリヤシートを採用しているため、シートを倒せばアウトドアグッズを積載するためのスペースを広々と確保できるでしょう。

三菱 パジェロ

三菱のパジェロは世界で最も過酷なレースに参加し優勝した実績を持つ車です。燃費を抑えるモードや路面状況が悪いときに作動する4HLCモードなど、シフト操作を行って最も良い快適な走行が行えるようにしてくれる車としてアウトドアに最適です。

パジェロには乗り上げ防止機能がついているため、傾斜のある道でも安心して運転できるでしょう。ハイビームとロービームを自動的に切り替えて危険や障害物を早めに察知できるように安全装置も標準装備されています。

まとめ

様々なニーズに適した、アウトドアにおすすめの車をご紹介してきました。しかし、どの車が本当に良いかは個人の好みや求めているものによって異なります。アウトドア向けの車を探しているのであれば、選び方のポイントや車種例を参考にして自分にとってのオンリーワンを発見していただければと思います。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

5