イギリス王室御用達の高級車「ジャガー」の人気車種を一挙紹介!

ジャガーは、イギリスの高級自動車メーカーです。最近ではプロテニスプレーヤーの錦織圭選手がテレビCMをしているので、知っている人は多いと思いますが初めてジャガーを知った人も少なくないと思います。また、ジャガーをもっと知りたい、ジャガーの購入を検討しようと思っている人もいるでしょう。そこで今回は、イギリスの高級車ジャガーの人気車種を中心にご紹介していきたいと思います。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

目次

イギリスの高級自動車メーカー「ジャガー」

イギリスの自動車メーカーは、高級車やスポーツカーを取り扱う傾向が強くあります。高級車ならロールス・ロイスやベントレー、スポーツカーならマクラーレンやジャガーなどが代表的です。その中でジャガーは高級車もスポーツカーもラインナップする歴史あるイギリスの高級自動車メーカーとして存在しています。

ジャガーの歴史

ジャガーの歴史は、ウィリアム・ライオンズと、友人のウィリアム・ウォームズレイの二人によって1922年に「スワロー・サイドカー・カンパニー」が設立されたことから始まります。

価格よりもデザインを重視しした時代

1927年、ウィリアム・ライオンズがデザインした高級感あるアルミ製ボディを、当時のイギリスの大衆車「オースチン・セブン」のボディと換装させた「オースチン・セブン・スワロー」を発表しました。ウィリアム・ライオンズは「美しい物は売れる」という思想から価格よりもデザインを重視し、張り出したフェンダー部分とボディサイド・ルーフを塗り分ける「デュオ・トーン」という一部の高級車にしか施さない特別な塗装手法を大衆車に取り入れました。

これにより「オースチン・セブン・スワロー」の価格は高くなりましたが、1932年までに約2,500台を生産する大ヒット車種となりウィリアム・ライオンズの考え「美しい物は売れる」がズバリ的中した形となりました。

「SSカーズ」と社名を変更

1933年には専用シャシーを製造し「SS1」と「SS2」を発売し「SSカーズ」と社名を変更しました。これらのモデルは、格上のイギリス高級車「ベントレー」にも負けない美しい外見と豪華な内装を備え大ヒットしたが、搭載されたエンジンは量産車メーカーのごく平凡なエンジンだったため専門家やマニアからは「見かけ倒しのまがい物」と酷評されました。

2年後の1935年にエンジンの自社開発にも成功し、ボディ・シャシー・エンジン全てを専用設計したモデルの開発に成功しました。今まで手掛けてきた車と区別するために、この新型車には「ジャガー」という名前が付けられました。この車は他社の高級車と比べても見劣りしないデザインと性能を有しながらも価格は他社の半分以下で提供され高い人気を得ました。

「ジャガー・カーズ」誕生

1945年には社名を「ジャガー・カーズ」に、ブランド名を「ジャガー」にそれぞれ変更しました。1948年に発表されたスポーツカー「XK120」は流麗なスタイリングと高性能を有しながら、同程度の性能を持つベントレーやアストンマーティンと比べて圧倒的に安価だったため大人気となり「ジャガー=高級車ブランド」というイメージを決定付ける重要なモデルでした。

さらにモータースポーツの世界では、ル・マン24時間レースにおいて名門フェラーリやポルシェ、メルセデス・ベンツを圧倒し3連覇を達成させるなどの活躍により、世界にジャガーの名を知らしめました。ちなみにモータースポーツでの活躍は2000年代まで続きました。

ジャガーの勢いは止まらず、ジャガーの主力車種「マーク2」の販売好調に伴い工場を拡大するために、1960年に高級車メーカーのデイムラーを買収しました。その後もジャガーは順調な経営を続け、1966年にイギリス最大の民族資本系自動車会社グループである「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」との合併を行い「ブリティッシュ・モーター・ホールディングス」(BMH)を結成しました。

しかし、1968年にはBMH主要モデルの販売不振からBMH自体が経営不振に陥り、事態を重く見たイギリス政府は、もう一つの民族資本系グループである「レイランド・モーター・カンパニー」との統合を決め「ブリティッシュ・レイランド・モーター・コーポレーション」(BLMC)として参集させました。ここから事態が思わぬ方向へ進みます。

「冬の時代」突入

高級車メーカーであるはずのジャガーでしたが、今までの統合により作業員のレベルを下げられたり、多発した労働運動の激化、著しい品質低下に陥り販売台数も大幅に減少しました。さらに古参社員の引退が相次ぎ、ウィリアム・ライオンズも1972年に経営の座から退きました。その後に発売する「XJS」は品質の低さやデザインが市場に受けられず販売は低迷を続けました。この頃のジャガーは「冬の時代」と呼ばれています。

1979年にジャガーは新たな経営トップとして社外からジョン・イーガンを招き入れ、あらゆる改革・改善を行いました。その行動は短期間のうちに結果を出し、ジャガーの品質は改善され生産台数も急回復しました。その後の1984年、サッチャー首相による民営化政策によってジャガーは再び民営化されました。

その後1989年にフォードグループがジャガーを買収し、フォードの傘下に入ることとなるのですが2000年代後半にフォードグループは深刻な経営不振に陥り、ジャガーはランドローバーと共にインドのタタ・モーターズに売却されることとなりました。ジャガーは現在、インド資本となりましたがイギリスの高級自動車メーカーに変わりはなく今も存続し続けています。

幅広いラインナップ

イギリスの自動車メーカーは、高級車志向もしくは(高級)スポーツカー志向のどちらかという企業が多い中、ジャガーはセダンタイプの高級車をはじめ、高級スポーツカーやステーションワゴン、最近ではSUVやEV車(電気自動車)まで幅広い車種をラインナップさせています。

ジャガーの人気車種紹介

ジャガーの人気車種その1:F-PACE

特徴

2016年に発売されたジャガー初のクロスオーバーSUV車です。F-PACEはクロスオーバーSUVとして誕生しましたが、モータースポーツやスポーツカーで実績あるジャガーが手掛けたF-PACEは、ボディ素材をアルミにすることで高剛性&軽量化、前後重量配分をほぼ50:50にするなどスポーツカー顔負けの作りになっています。

ボディスタイルもSUV車にありがちな重たい感じはなく、とてもスポーティーな仕上がりになっていますので、普段の街乗りや、フォーマルな場所へ乗り付けても違和感がありません。エンジンはガソリンタイプとディーゼルタイプが用意されていますので、お好みで選択することが可能です。最高出力550PS、0-100km/h加速4.3秒をたたき出す「SVR」というホットなグレードもあります。

スペック

ボディサイズ

全長4,740mm×全幅1,935mm×全高1,665mm

燃費
  • ガソリンエンジン:10.1~12.2km/L
  • ディーゼルエンジン:15.8km/L
パワー
  • ガソリンエンジン:250~550PS
  • ディーゼルエンジン:180PS

本体価格

新車
  • PURE:6,660,000円~
  • PRESTIGE:6,930,000円~
  • PORTFOLIO:7,500,000円~
  • R-SPORT:7,580,000円~
  • S:10,110,000円~
  • 300 SPORT: 8,830,000円~
  • CHEQUERED FLAG:7,890,000円~
  • SVR:12,820,000円~
中古車

最高値:828.0円(2019年式 Rスポーツ 2.0L D180 ディーゼルターボ 4WD 認定中古車保証付)
最安値:388.0万円(2017年式 20d プレステージ 4WD 純正ナビBカメラDSRC装備新車保証継承)

買取価格の例

3,524,000万円(2019年2月査定、平成29年式 ジャガーFペース ピュア、黒、走行距離1万km)

ジャガーの人気車種その2:E-PACE

特徴

E-PACEは、F-PACEよりも一回り小さいコンパクトSUV車として2018年にデビューしました。500万円以下でジャガーという高級ブランドが手に入ることと、運転に自信がない人でも「乗ってみようかな」と思わせるコンパクトなボディがE-PACEの魅力でしょう。

E-PACEのAWD(全輪駆動)は前後輪のトルク配分をインテリジェントに制御し、路面状況に合わせて両方のアクスル間でトルクを最適に配分することで4輪すべてのトラクションをフルに効かせ最高のパフォーマンスを発揮します。コーナーリング時のトラクションを最適化し最大のグリップ力を発揮することで狙ったライン通りに走行できるアクティブドライブライン、滑りやすい路面でトラクションを安定させるオールサーフェイスプログレスコントロールも装備しているので、初心者の方も安心してドライブが楽しめます。

スペック

ボディサイズ

全長4,410mm×全幅1,900mm×全高1,650mm

燃費
  • ガソリンエンジン:10.7~11.2km/L
  • ディーゼルエンジン:14.9km/L
パワー
  • ガソリンエンジン:200~300PS
  • ディーゼルエンジン:180PS

本体価格

新車
  • ベースグレード:4,430,000円~
  • S:5,010,000円~
  • SE:5,560,000円~
  • HSE:6,110,000円~
  • R-DYNAMIC:4,860,000円~
  • R-DYNAMIC S:5,440,000円~
  • R-DYNAMIC SE:5,990,000円~
  • R-DYNAMIC HSE:6,550,000円~
中古車
  • 最高値:760.0万円(2019年式 Rダイナミック HSE 2.0L P300 4WD 認定  HUD 20インチAW ACC)
  • 最安値:355.8万円(2018年式 2.0L D180 ディーゼルターボ 4WD ACC Pバックドア 1オーナー 360度カメラ)

買取価格の例

現在、買取価格の情報はありません。

ジャガーの人気車種その3:I-PACE

特徴

I-PACEは、2018年3月にジュネーブ・モーターショーにてジャガー初の市販EV車(電気自動車)として発表されました。バッテリーの蓄電容量は90kWhの大容量で1回の充電で最大航続距離は480kmを実現します。DC100kWの急速チャージャー使用でバッテリー容量の80%を約40分で充電できます。100km走行させるための充電なら約15分で完了させることができます。

価格は最低でも1,000万円弱と高額になりますが、ガソリンを全く使わず自宅で充電も可能なため燃料などのランニングコストは大幅に削減できます。走行性能ですが、最高速度は200km/hと驚くほどではないですが、最高出力は400PS、0-100㎞/h加速も4.8秒と出力・加速はスポーツカーに匹敵する数値をたたき出しています。

スペック

ボディサイズ

全長4,695mm×全幅1,895mm×全高1,565mm

燃費

1kWhあたりの電気料金を日中30円・深夜15円とし、満充電で480㎞走行、レギュラーガソリン140円/Lとした場合。

  • 日中:約25㎞/L
  • 夜間:約50km/L
パワー

400PS

本体価格

新車
  • S:9,590,000円~
  • SE:10,640,000円~
  • HSE:11,620,000円~
中古車

現在、中古車価格の情報はありません。

買取価格の例

現在、買取価格の情報はありません。

ジャガーの人気車種その4:F-TYPE

特徴

F-TYPEは、2013年に登場したジャガーのスポーツタイプ車です。エンジンはガソリンタイプのみで2.0L直列4気筒と3.0LV型6気筒と5.0LV型8気筒、ボディタイプは2ドアクーペとコンバーチブル、トランスミッションはMTとAT、駆動方式は後輪駆動と全輪駆動をラインナップさせており組合せは全部で28パターンになります。スポーツカー初心者からベテランやプロ級のドライバーまで満足させるランナップになっています。

スポーツカーという「走り」に妥協が許されないF-TYPEは、軽量で強靭なアルミボディ、鍛造アルミニウム製ダブルウィッシュボーン式サスペンション、車種ごとに選択可能なブレーキングシステム、パワフルなエンジンラインナップなど、高次元の走行性能を十分に発揮できるスポーツカーに仕上げられており、F-TYPEをドライブしたドライバーは車を走らせる楽しさの虜になるでしょう。

スペック

ボディサイズ

全長4,475-4,480mm×全幅1,925mm×全高1310-1,315mm

燃費
  • ガソリンエンジン:8.1~12.2km/L
パワー
  • ガソリンエンジン:300~575PS

本体価格

新車
  • COUPÉ:8,120,000円( 9,770,000円)
  • R-DYNAMIC COUPÉ:8,790,000円(10,440,000円)
  • CHEQUERED FLAG COUPÉ:10,140,000円(11,920,000 円)
  • R COUPÉ:15,210,000円(16,860,000円)
  • SVR COUPÉ:18,380,000円(20,030,000円)

※( )内はコンバーチブル

中古車
  • 最高値:1,480.0万円(2018年式 SVR 5.0L P575 AWD)
  • 最安値:439.9万円(2014年式 3.0 純正ナビ ハーフレザー 禁煙車 HID)

買取価格の例

4,826,000万円(2019年1月査定、平成27年式 ジャガーFタイプ Rクーペ、白、走行距離2万km)

ジャガーの人気車種その5:XE

特徴

XEは、500万円台から700万円以下で購入できるジャガーとしては比較的低価格なスポーツサルーンの4ドアセダンという位置づけの車種になります。XEは4ドアセダンでもスポーティーな走りを楽しみたい人におすすめな車種でしょう。3グレード用意されており、最上位の「HSE」は最高出力300PS、最高速度250km/h、0-100km/h加速5.9秒というスポーツカー顔負けのパフォーマンスを誇ります。

スペック

ボディサイズ

全長4,678mm×全幅1,967mm×全高1,416mm

燃費
  • ガソリンエンジン:11.8~12.5km/L
  • ディーゼルエンジン:16.4km/L
パワー
  • ガソリンエンジン:250~300PS
  • ディーゼルエンジン:180PS

本体価格

新車
  • S:5,290,000円~
  • SE:5,540,000円~
  • HSE:6,820,000円~
  • R-DYNAMIC S:5,670,000円~
  • R-DYNAMIC SE: 5,920,000円~
  • R-DYNAMIC HSE:6,560,000円~
中古車
  • 最高値:669.0万円(2019年式 Rスポーツ 2.0L P250)
  • 最安値:179.0万円(2015年式 2.0 ピュア メリディアン ACC レーンキープ HID)

買取価格の例

2,148,000万円(2019年2月査定、平成29年式 ジャガーXE プレステージ、白、走行距離1万km)

ジャガーの人気車種その6:XF

特徴

XFは、ジャガーの4ドアセダンの中ではXEとXJの中間に位置するEセグメントセダンになります。そしてジャガーの中で唯一、「スポーツブレイク」と名付けられたステーションワゴンもラインナップされています。逆に言えば、ジャガーでステーションワゴンに乗りたいならばXF一択となります。

ボディ構造体の75%を軽量なアルミを使用することで先代よりも約190kgの軽量化に成功し、フロントダブルウィッシュボーンとリアマルチリンクサスペンションシステムに最適なプラットフォームにするためにモノコックボディ構造を採用しています。さらに8速オートマチックトランスミッション、インテリジェントドライブラインダイナミクス、アダプティブサーフェイスレスポンス、オール・サーフェイス・プログレス・コントロールなどの先進技術をふんだんにつぎ込むことでシャープな走りと優れた乗り心地を実現しています。

スペック

ボディサイズ

全長4,965mm×全幅1,880mm×全高1,455-1,495mm

燃費
  • ガソリンエンジン:12.7km/L
  • ディーゼルエンジン:15.0~16.9km/L
パワー
  • ガソリンエンジン:200~380PS
  • ディーゼルエンジン:180PS

本体価格

新車
  • SALOON PURE:6,240,000円~
  • SALOON PRESTIGE:6,910,000円~(7,510,000円~)
  • SALOON PORTFOLIO:9,180,000円~
  • SALOON R-SPORT:8,390,000円~(7,940,000円~)
  • SALOON CHEQUERED FLAG:8,630,000円~(8,180,000円~)
  • SALOON S:11,660,000円~

※( )はスポーツブレイク

中古車
  • 最高値:1,031.0万円(2019年式 S 3.0L P380 H31.3登録車NEW 認定 SLパノラマルーフ)
  • 最安値:75.0万円(2010年式 3.0 ラグジュアリー リミテッド ラグジュアリーリミデット)

買取価格の例

147.9万円(2019年1月査定、平成25年式 ジャガーXF2.0 プレミアムラグジュアリー、白、走行距離3万km)

ジャガーの人気車種その7:XJ

特徴

XJは、1968年のシリーズⅠから現在まで続いているジャガーの最上位高級ラグジュアリーカーです。ジャガーのXJシリーズの特徴として過去のXJシリーズは全高1,400mm以下と他社の同クラスセダンに比べていくらか低いのが特徴でした。現行型は全高1,455mmと他社とほぼ同等の寸法になりましたが、流れるような美しいデザインにより今までのモデルと変わらない雰囲気を保っています。

トランスミッションは8速オートマチックトランスミッションと全グレード共通ですが、エンジンはガソリンタイプで共通ですが、V6の340PS、V8の510PS、V8の575PSと3つのバリエーションを取り揃えています。ジャガー最上位の高級車だけに、ボディは100%オールアルミ、シャシーは溶接ではなくリベット打ちされた100%アルミニウムモノコックを採用し最軽量かつ高剛性となり、操作性および安全性にとても優れた車に仕上がっています。

ボディは全長がショートの「SWB」とロングの「LWB」の2タイプがあり、SWBは6タイプと多彩ですが、LWBは1タイプのみでありエンジンもV8の510PSのみとなります。SWBではV8の510PSのみ選択ができません。

スペック

ボディサイズ

全長5,135-5,260mm×全幅1,900mm×全高1,455mm

燃費
  • ガソリンエンジン:6.8~7.6km/L
パワー
  • ガソリンエンジン:340~575PS

本体価格

新車
  • SWB LUXURY:11,490,000円~
  • SWB PREMIUM LUXURY:12,530,000円~
  • SWB PORTFOLIO:14,030,000円~
  • SWB XJ50:13,210,000円~
  • SWB R-SPORT:14,340,000円~
  • SWB XJR575:18,870,000円
  • LWB AUTOBIOGRAPHY:20,690,000円
中古車
  • 最高値:1,150.2万円(2018年式 XJ プレミアム ラグジュアリー XJ50)
  • 最安値:139.9万円(2010年式 XJ ラグジュアリー 本革 SR ナビ TV Bカメラ)

買取価格の例

339.5万円(2019年3月査定、平成29年式 ジャガーXJ プレミアムラグジュアリー、白、走行距離1万km)

まとめ

ジャガーの最新人気車種を一挙にご紹介していきました。ジャガーという会社自体は紆余曲折があり現在は母国イギリス資本ではないものの、ジャガーという車自体の雰囲気はブリティッシュ感は損なわれることなく随所に見ることができます。ジャガーは数値化してパフォーマンスを求める車ではなく、雰囲気を感じ楽しむ大人の高級車ではないかと感じました。

高級車としてはリーズナブルな価格設定のジャガーを手に入れて、ブリティッシュな雰囲気と高級感を味わってみてはいかがでしょうか。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます