スポーツクーペRCFの年間維持費に驚愕!項目別に解説つきで紹介

「<RCF>が欲しいけど、年間の維持費はどれくらいになるのかな?」という疑問をお持ちの方のために、RCFを保有するとかかる費用を税金から車検代まで項目ごとにくわしく解説します。

レクサスRCFは2014年から販売されている、大排気量、後輪駆動のスポーティ2ドアクーペです。これからRCFを購入する方のために、購入時にかかる諸費用も紹介します。

RCFの特徴

RCFはレクサスのクーペ<RC>をベースに開発された、プレミアムスポーツカーです。車名の由来は<ラディカルクーペ>の頭文字から<RC>、車両の開発で使用された<フジスピードウェイ>の頭文字から<F>を取って名付けられました。

RCFはRCのスポーツグレード<F SPORT>よりも、さらに本格的にサーキットでの走行性能を重視したモデル。

RCの<F SPORT>はあくまで街乗り用クーペのスポーティグレードですが、RCFはそのままレースにも出られる本格仕様のサスペンションやブレーキを採用し、並み外れた大排気量の5リッターV8エンジンを搭載。いつでもレースに出走できるポテンシャルを秘めたプレミアムスポーツカーなのです。

RCFのボディサイズ

RCFは低い車高に大きな車体の<ワイド&ロー>のボディデザインを持っています。2ドアクーペですがなかなかのボディサイズですので、駐車場などの環境はよく検討してから購入するようにしてください。

全長 4,705mm
全幅 1,850mm
全高 1,390mm

RCFの燃費効率

排気量5リッターの大型エンジンを搭載するRCFは、さすがに燃費効率はあまり良くないです。RCFは走りを追及したプレミアムカー。あまり燃費を気にするような車ではありません。

  • 5リッターV型8気筒エンジン 8.2km/L(ハイオクガソリン使用車)

グレード

RCFはノーマルグレードと<Carbon Exterior package>というグレードがあり、2種類のグレード展開になっています。

<Carbon Exterior package>はエンジンフードやルーフをカーボン製とし、車体重量を約10kg軽量化して加速性能をアップさせたグレード。ボディカラーが専用のツートーンカラーとなり、プレミアム感に浸れるグレードです。

駆動力制御システムTVD

RCFでは、コーナーリング中に左右の後輪の駆動力をコンピューターで最適に調整する<TVD>がメーカーオプションとして用意されています。TVDによりタイヤのグリップ能力を極限まで発揮させ、ドライバーの思い通りのコーナーリングを実現可能です。

<TVD>ではバランス重視の<スタンダード>、ステアリングレスポンスを優先した<スラローム>、サーキットでの走行を想定した<サーキット>の3つのモードを選択できます。

RCFでかかる維持費は年間どのくらい?


RCFのオーナーになるとかかる維持費を見てみましょう。

税金

自動車を購入すると、以下の2つの税金を支払う義務が生じます。

自動車税

自動車の排気量によって税額が決まる地方税です。毎年4月1日午前0時の時点で自動車を所有している人が、年度分の自動車税を一括して支払います。車を年度途中で購入した場合は、新規登録した次の月から年度末である3月までの分を月割りで支払います。

  • RCFの1年間にかかる自動車税 88,000円
    <4.5リットル超~6.0リットル以下>88,000円

重量税

<自動車重量税>は車体の重量に応じて税額の決まる国税です。車検時に、次回車検までの期間の税額をまとめて納めなければなりません。RCFの車体重量は1,780~1,790kgですから<1.5トン超~2トン以下>の税額となり、年額16,400円となります。

  • RCFの1年間にかかる自動車重量税 16,400円

保険

自動車保険には2つの種類があります。

自賠責保険

<自動車損害賠償保障法>によって、すべての車両に加入が義務付けられている保険。車検の時に次回の車検までの保険料を支払うのが一般的です。自賠責保険は車検より12時間ほど有効期間が短いため、新車購入時には余裕を持たせて37ヵ月分加入します。

  • RCFの1年間にかかる自賠責保険料(新車購入時)約12,260円
    新車購入時に支払う保険料36,780円(37ヵ月分)
    36,780円(37ヵ月分)÷3=約12,260円
  • RCFの1年間にかかる自賠責保険料(車検時2年契約の場合) 約12,915円
    25,830円(24ヵ月分)÷2=約12,915円

任意保険

自賠責保険では補償額が「死亡1名につき3千万円まで」となっていますが、様々なケースを想定すると心もとない金額です。それに相手方の身体だけが補償対象になっいて、自分のケガや物損への補償はありません。ですから万が一の事態を想定して、ほとんどの人は任意保険に加入しています。

任意保険料は、ドライバーの年齢、事故歴、運転者の範囲、車両保険の有無などによって違ってきます。RCFの場合は3~15万円の間に収まる事が多いようです。

  • RCFの1年間にかかる任意保険料 およそ3~15万円ほど

その他費用

税金と保険の他にかかる維持費を見てみましょう。

ガソリン代

RCFで走行するとかかるガソリン代を、ハイオクガソリンの直近1年間の平均値である「153.1円」を使って計算してみます。

  • RCFの1年間にかかるガソリン代 約93,391円
    5,000km÷8.2(1L当たりの走行距離)=約610
    610×153.1円=約93,391円

駐車場代

駐車場代は地域によって相場が違いますが、ここでは全国平均価格「1ヵ月約8,200円」を使って、年間の駐車場代を算出します。

  • RCFの1年間にかかる駐車場代 98,400円
    8,200円×12ヵ月=98,400円

車検代

車検代は<法定費用>と<検査・整備費用>の2つの費用がかかります。法定費用は税金や保険料の事で法律で金額が決まっているので、どこで車検を行っても価格は同じです。

  • RCFの自動車重量税 32,800円(2年分)
  • 自賠責保険料 25,830円(24ヵ月分)
  • 印紙代 1,100円(指定工場)

自動車重量税は次回の車検時までの税額をまとめて支払います。同じく自賠責保険料も車検有効期間分を支払うケースが多いです。

<検査・整備費用>は車検の代行費用と車検時に行う<24ヵ月点検>の費用の事で、業者により価格設定は様々です。ここではレクサスディーラーでかかる費用を見てみましょう。

  • 24ヵ月点検 32,000円程度
  • コンピューター診断料金 3,240円
  • テスター検査料 18,360円
  • 事務手数料(車検代行費用)10,000円程度

大型自動車用品チェーン店などの格安車検にくらべると少し高く感じますが、やはり整備に関しては信頼性の高いディーラーにまかせたほうが安心です。他に部品交換をすると費用が発生しますが、初回車検時ではあまり多くはないでしょう。

レクサスディーラーでの初回車検代金は、総額になると高くなる傾向があります。それは次の理由によるものです。

レクサスでは<レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)>というサービスがあり、6ヵ月ごとの点検やオイル交換が無料で受けられるようになっています。このサービスは、レクサスで新車か認定中古車を購入すると3年間は無償で受けられるのですが、初回車検時以降にも継続しようとすると今度は有料で加入しなければなりません。

初回車検時以降には<レクサスケアメンテナンスプログラムⅡ>となり、更新には2年契約で45,000円の費用が必要です。その他にもレクサスには、事故や故障への24時間対応や鍵のかけ忘れまで教えてくれる<G-Link>という便利なサービスがあります。これも同じように最初は無料で初回の車検以降には有料になります。

<G-Link>には高度な渋滞情報などのサービスもあるため、マップの更新をしておいたほうが快適に利用できますがこれも有料です。<レクサスケアメンテナンスパック(LCMP)>と<G-Link>の更新は任意なので継続しない選択肢もあるのですが、レクサスのディーラーだと断りにくい雰囲気もあるようです。

  • RCFの車検にかかる費用 約124,030円程度+消耗品代金と工賃
  • レクサスケアメンテナンスプログラムⅡ更新料(2年分) 4,5000円
  • G-Link更新料(2年分) 32,000円
  • マップ更新料(2年分) 21,600円

RCFの車検代金と3つのサービスを更新した場合の総額 221,930円

RCFの購入時にかかる費用は?


RCFを新車で購入した時には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

車体価格

RCFの2つのグレードの車体価格です。オプションも合わせると1千万円を超える事は確実です。

  • RCF ノーマルグレード 9,454,545円(税抜)
  • Carbon Exterior package 10,181,819円(税抜)

オプション

レクサスは車体価格だけではなく、オプション品も高額です。個人の好みにもよりますが、RCFでは50万円は超える事が多いようです。

  • RCFの購入時にかかるオプション代金 およそ50~100万円

自動車重量税

自動車の購入時には、次回車検までの3年間の自動車重量税を支払います。

  • RCFの購入時にかかる自動車重量税 49,200円
    16,400円(1年分)×3年分=49,200円

自動車取得税

<自動車取得税>は自動車を購入する時に課せられる税金です。車体価格の90%ほどに、本体に固定するタイプのオプション品の価格を合わせた金額が<取得価格>になります。取得価格の3%を取得税として納めなければなりません。ここではオプション品を50万円としてRCFの自動車取得税を計算してみます。

  • RCFの購入時にかかる自動車取得税 およそ260,599~279,849円

自賠責保険

自賠責保険は1ヵ月から加入できますが、新車の購入時には次回車検時までの3年間+1ヵ月分の自賠責保険料を支払う事が多いです。

  • RCFの購入時にかかる自賠責保険料  36,780円(37ヵ月分)

リサイクル料金

<自動車リサイクル法>により、自動車を購入する時にはその車の廃棄時にかかる費用を前もって支払う事になっています。RCFのリサイクル料金は以下の金額です。

シュレッダーダスト料金 9,080円
エアバック類料金 1,930円
フロン類料金 1,650円
情報管理料金 130円
資金管理料金 290円
合計 13,080円

  • RCFの購入時にかかるリサイクル料金 13,080円

ディーラー代行手数料

車の購入時にはいろいろな手続きや作業が必要になります。それらはディーラーが行ってくれるのですが、その代行費用が発生します。

RCFの購入時にかかるディーラー代行手数料

  • 納車費用 10,000円程度
  • 登録代行費用(登録費用込み)15,000円~20,000円程度
  • 車庫証明費用 代行料15,000円程度、印紙・標章代として2,700円程度

RCFの購入時にかかるディーラー代行手数料 42,700~47,700円程度

壊れやすいところや注意するべき点


RCFでは走行距離が伸びてくると、セルモーターが消耗してエンジンが始動しなくなる事があります。セルモーターを交換すると、部品代と工賃で5~7万円程度かかってしまいます。

まとめ


今回はRCFの1年間にかかる維持費についてお伝えしました。RCFはスペックを見ているだけでもワクワクしてくる、ロマンの詰まったプレミアムクーペです。

多くの男性がこのクラスの車に乗る事を夢見ています。ただ、購入費が1千万円を超えてくるモデルなだけに、維持費もそれなりの金額になりますのでご注意ください。