フォレスターの年間維持費はどのくらい?項目別に計算しました

スバルのフォレスターは、パワフルな走りで悪路や雪道にも強い、ミドルサイズのクロスオーバーSUVです。同社のインプレッサの実質的な後継車として開発され、ステーションワゴンから派生したSUV車として独自のポジションを築いてきました。数あるSUVの中でも人気の高い車種ですが、年間の維持費はどのくらいかかるのでしょうか?

この記事では、スバルフォレスターの購入にかかるお金や維持費を計算してみました。

フォレスターの特徴

高評価なデザイン

フォレスターはインプレッサと同じプラットフォームを使用して開発されているので、SUVとはいえ全高が低く重心も低いのが特徴です。そのため、オフロードだけではなく舗装された道路での走りも安定しています。デザインも高く評価されており、2018年のグッドデザイン賞を受賞しています。

快適な乗り心地

現行の5代目フォレスターでは次世代のプラットフォーム<スバルグローバルプラットフォーム>を採用し、安全性を高めるとともに取り回しの良さや振動の軽減など、乗る人すべてに快適な乗り心地を提供しています。

運転のしやすさ

5代目のフォレスターのラインナップは、2.5L直噴エンジン搭載の<Touring><Premium><X-BREAK>、2.0L直噴エンジン+モーター搭載の<Advance>の4モデルです。ハイブリッド車のAdvanceには水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたスバル独自の新開発のパワーユニット<e-BOXER>を採用していいます。これにより走りの楽しみと運転のしやすさを実現し、スムーズな加速と軽快な走行で街中での運転性能も向上しています。

フォレスターでかかる維持費は年間どのくらい?

フォレスターには、年間どのくらいの維持費がかかるのでしょうか。フォレスターにかかる維持費には、税金、保険料、ガソリン代、駐車場などがあります。フォレスターの1年間の維持費は約33万円です。内訳を見てみましょう。

税金

フォレスターにかかる税金は、自動車税と自動車重量税です。

自動車税

自動車税の金額は<エンジンの総排気量>によって変わります。排気量1リットル以下の29,500円~6リットル以上超の111,000円まで、自動車税は変わっていきます。さらに、車種(普通・大型・大型特殊・小型特殊)や、用途(乗用・乗合・貨物・特殊用)によっても異なります。

フォレスターの排気量は<Touring><Premium><X-BREAK>は2500ccで自動車税の金額は45,000円、ハイブリッド車の<Advance>は2000ccで、エコカー減税(自動車グリーン税制)の対象なので19,500円になります。自動車税は4月1日時点での所有者に毎年課せられる税金で登録時に支払いますが、年度の途中で購入した場合は、購入した月の翌月から3月までの月割りで計算されます。

重量税

自動車重量税は車両の重量により違い、新車の購入時には0.5トン以下の12,300円から3トン以上の73,800円まで、0.5トンごとに増えていきます。フォレスターの車両重量は1,520-1,660kgですので、<Touring><Premium><X-BREAK>は32,800円、1年あたり16,400円です。<Advance>はエコカー減税が適用され20,000円、1年あたり10,000円になります。

保険

保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は加入の義務があり、加入の義務が無いのが任意保険です。自賠責保険に加入していない車は運転をすることができません。

自賠責保険

自賠責保険は、車を購入する場合には必ず加入しなければならない保険で、<強制保険>とも呼ばれます。事故に遭った時に相手方の身体への補償に限られており、自分への補償はありません。また、自賠責保険に加入していない車は車検を通すことができません。

自賠責保険には新車購入に3年分36,780円を支払い、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。フォレスターの自賠責保険料は、1~3年目は1年あたり12,260円です。

任意保険

任意保険は、種類を自分で選び任意で加入する保険です。事故の相手方はもちろんのこと、自分や搭乗者・車や物など多岐に渡る補償があります。さらに、特約を付加したりロードサービスを受けられるなど、保険会社やプランによって補償をより充実させることができます。

年齢や等級、補償内容などで値段の差がかなりありますので一概に金額は出せませんが、平均して年間65,000円程度です。

その他費用

その他にかかる費用としては、ガソリン代・駐車場代・車検代やメンテナンス費用があります。

ガソリン代

ガソリン代は走る距離や用途によって変わりますが、1年に1万キロ走行する場合で見てみましょう。

フォレスターの燃費はカタログ値で13.2km/Lです。ガソリン代の計算は以下の計算式を使います。

消費ガソリン量 = 走行距離 ÷ 燃費
費用 = 消費ガソリン量 × ガソリン単価

ガソリンの値段を140円/Lで計算すると、ガソリン代は約106,060円です。実際に走った時の燃費はカタログ値よりも悪くなるので、値段は上がります。

駐車場代

駐車場を借りている場合は駐車場代もかかります。地域によって差がありますが、全国平均は約8,000円といわれています。年間だと96,000円です。

注意したいのが、立体駐車場に入れる場合です。フォレスターのサイズは4625mm × 1815mm × 1715mm、旧型でも4595mm × 1795mm × 1695mmです。機械式立体駐車場の場合、駐車可能な車は全高1,550mm以下が一般的です。フォレスターはサイズオーバーになりますので、自宅マンションや勤務先などが機械式立体駐車場の場合は気を付けてください。

車検代

車検代には通常、大きく分けて<法定費用><車検基本費用><部品交換費用>の3つがかかります。
法定費用には自動車重量税、自賠責保険も含まれますが、すでに上記で説明していますのでその他の費用を計算します。

検査手数料の1,800円は変わりませんが、24か月定期点検料はディーラーかその他のショップかで費用がかなり変わります。

  • 自動車ディーラーで行うと約21,600円(カー用品店などでは約13,000円のところも)
  • 事務手数料がディーラーだと10,800円(カー用品店では定期点検料に含まれている場合もあります)が目安です。

※その他にはオイル交換やタイヤ交換などがあればその分も加算されます。

以上を計算するとフォレスターの車検費用は自動車ディーラーに出した場合には34,200円+自動車重量税、自賠責保険がかかります。

フォレスターの購入時にかかる費用は?

フォレスターを新車で購入する場合にかかる費用は、車体価格+オプション価格+税金+その他諸費用です。スバルのウェブサイトで見積もりのシミュレーションが可能です。フォレスターTouringの場合、ウェブサイトでの見積もり結果は、オプションを何もつけずに計算すると3,054,310円でした。

車体価格

フォレスターTouringの車体価格は2,808,000円です。

オプション

オプションには、メーカーオプションとディーラー(ショップ)オプションがあり、装着できるタイミングが異なります。メーカーオプションは工場で自動車を製造する際に装着するもので、新車の購入時にのみ注文することができます。ディーラーオプションはメーカーに出荷された後に装着するもので、納車後でも装着できます。

メーカーオプション

フォレスターのメーカーオプションはパッケージになっています。<キーレスアクセス&プッシュスタート>と<運転席&助手席8ウェイパワーシート>がセットになったBE(108,000円)から、<パワーリヤゲート><大型サンルーフ><アイサイトセイフティプラス>などすべてのオプションがセットになった4I(334,800円)まで幅広くチョイスできます。

ディーラーオプション

ディーラーオプションではナビやインテリア、外装などが選べます。金額は数千円から20万円程度まで様々です。

自動車税・自動車重量税

自動車税は、4月1日の時点での車の所有者に対して毎年課せられます。新車を購入する場合は購入時に支払いますが、年度の途中で購入(新規登録)した場合には月割りになります。普通自動車は排気量ごとに料金が異なり、フォレスターでは37,500円になります。

自動車重量税は、車の重さに対して毎年かかる税金です。新車で購入した場合には3年分、その後は車検の際に2年分ずつまとめて納付する仕組みになっています。フォレスターの場合は、2年分で49,200円です。

自動車取得税

自動車取得税とは、50万円以上の自動車を取得した場合に課される税金です。自動車取得税の課税対象は三輪以上の軽自動車、小型自動車、普通自動車(特殊自動車を除く)で、新車の場合は自動車取得価格×税率、中古車で購入した場合は残価率を用いて計算します。

フォレスターTouring(オプション無し)の場合は70,200円です。

なお、2019年10月に消費税が10%に増税された場合には自動車取得税は廃止され、環境性能割という課税方式に変わる予定です。

自賠責保険

自動車を取得する際に必ず加入する必要のある自賠責保険料はフォレスターTouringの場合36,780円です。

リサイクル料金

2005年に施行された自動車リサイクル法により、自動車を所有する人は、将来廃車にするための「自動車リサイクル料金」を支払うことになりました。

リサイクル料金は車両タイプによって変わりますが、上記のフォレスターTouringの場合は10,910円になります。

ディーラー代行手数料

ディーラーの代行手数料は、車両を登録するための書類の手続きにかかる費用です。ディーラーや中古車販売店によってまちまちですが、スバルのウェブサイトの見積もりでは41,720円でした。

壊れやすいところや注意するべき点

アイドリングストップの不調

フォレスターでよくあるトラブルが、<アイドリングストップの不調>です。通常、アイドリングストップ機能はブレーキを踏んで一時停止するとエンジンが止まり、ブレーキを放すとエンジンが再始動するというものです。フォレスターではブレーキを踏んでもエンジンが止まらず、ブレーキを放すとエンジンが止まってしまうということがあります。これが起こった場合には、アイドリングストップ機構をキャンセルすることで対処します。

水回りの故障

水回りの故障もフォレスターにはつきものです。ラジエーターのサイドタンクが樹脂製のため、経年劣化により変形し、アルミ製の冷却部分との間に隙間ができてしまい水漏れが起こります。修理には10万円程度かかりますが、ラジエーターの構造により年数が経つと同じ症状が出てしまうため、対策として社外品のラジエーターを使うオーナーも多いようです。

ウォーターポンプの不具合

水温警告灯が点灯するというトラブルです。ウォーターポンプの不具合で冷却水が回らなくなり、オーバーヒートになる危険がありますので、水温警告灯が点灯した場合にはウォーターポンプの交換が必要になる場合があります。修理には3~4万円程度かかります。フォレスターには水平対向エンジンが搭載されているので、修理は複雑になり工賃が高くなる傾向にあります。

まとめ

フォレスターの維持費は、1年間に約33万円という結果でした。これは保険料や走行距離など、オーナーの使用状況によってまちまちです。あくまでも目安として参考にしていただけると幸いです。また、新車の購入費用はフォレスターTouringでオプションなど何もつけない状態の車体価格と諸費用、消費税で3,054,310円でした。オプションはお好みによって数万円から数十万円までの開きがあります。