ラグジュアリーセダンLSの1年の維持費明細を紹介!購入費の試算も

「レクサス<LS>の維持費ってどれくらいかかるの?」という疑問をお持ちの方へ向けて、LSの維持費を詳しく解説する記事です。

LSはほとんどのグレードで車体価格が1千万円を超える高級セダンですので、維持費のほうも安くはありません。この記事ではLSを所有する事で1年間にかかる維持費を、項目ごとに解説つきで詳しくご紹介します。

LSの特徴

1989年にトヨタは主にアメリカ市場をターゲットとした高級車ブランド<レクサス>を立ち上げました。それと同時にレクサスの最上級モデルとしてLSの販売が開始されます。

LSは特に静粛性とエンジン性能が高く評価され、レクサスが高級ブランドとして世界的に認知されるのに大きく貢献しました。

LSは1989年の発売以降、4回のフルモデルチェンジが繰り返され現行の5代目LSに至ります。2017年から生産されている5代目LSでは、3.5Lツインターボエンジン搭載の<LS500>と、3.5Lハイブリッドエンジン搭載の<LS500h>の2つのモデルをラインナップ。

LSは高級ブランドであるレクサスの中で最も販売価格の高いセダンである事からステータス性は抜群で、国産車のみならずすべての自動車の中でも最高レベルのラグジュアリーセダンであると言えるでしょう。

LSの安全性能

LSには、レクサスの自動安全システムである<Lexus Safety System +>を発展させた<Lexus Safety System +A>が装備されています。

<プリクラッシュセーフティシステム(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)>は、レーダーとカメラで車両に衝突しそうな歩行者や障害物を発見し、ディスプレイでの警告や警報音、ブレーキアシストで衝突回避を支援してくれます。

LSのボディデザイン

現行の5代目LSでは、リヤシート横のウインドウの後ろにもう一つウインドウを配置する<6ライトキャビン(サイドに3つのウインドウがあるデザイン)>を採用。全高を先代モデルより15mm下げて低重心化し、クーペのテイストを取り入れた今までにないエクステリアとなっています。

フロントグリルはレクサスのこだわりが見られるパーツ。LSのグリルのメッシュパターンは光の状態や見る方向によって見え方が違くなるように、数千個にもなる面で緻密に構成されています。ラグジュアリーセダンにふさわしい押し出し感、プレミア性が感じられるフロントマスクです。

LSのボディサイズ

LSは全長が5m超、全幅が1.9mのビックサイズなため、駐車場のサイズや周辺環境には前もって十分な調査が必要です。

全長 5,235mm
全幅 1,900mm
全高 1,450~1,460mm

LSの燃費効率

全長が5m、重量が2トンを超える車体ですので、燃費効率は高くありません。ハイブリッドエンジン搭載の<LS500h>では燃費が良くなりますが、<LS500h><LS500>ともにハイオクガソリン仕様車ですので、ガソリン代はかさむ事になるでしょう。

  • 3.5L V型6気筒ハイブリッドエンジン 14.4~16.4km/L
  • 3.5L V型6気筒インタークーラー付ツインターボエンジン 9.5~10.2km/L

LSでかかる維持費は年間どのくらい?


LSを購入したら、1年間にかかる費用とその内訳はどうなるのでしょうか。

税金

自動車を保有すると必ず発生する費用が税金です。LSを所有する事によりかかる税金はどのくらいなのでしょうか。

自動車税

自動車を所有すると、登録している都道府県に自動車税を納めなければなりません。自動車税は毎年4月1日に車両の所有者であった人が、その年度分をまとめて支払います。

年度途中に新規登録した場合の税額は、1年分の税額を12で割って一ヵ月分の税額とし、登録月の翌月から年度末までの月数を掛けて算出します。

自動車税の課税額の算出基準は、エンジン排気量です。現行の5代目LSの排気量は3,444~3,456ccですから、「3.0リットル超~3.5リットル以下」の枠になりますので、1年間に58,000円の自動車税を納める事になります。

  • LSの1年間に支払う自動車税 58,000円

ハイブリッドシステムを搭載した<LS500h>には、排出ガス性能と燃費効率に優れた自動車の自動車税を減免する<グリーン化特例>が適用されます。LSのグリーン特例による軽減率は75%で、適用になるのは購入の翌年の自動車税です。減免額は「58,000円×75%=43,500円」となり、購入翌年に収める自動車税額は14,500円になります。

  • LS500hの購入翌年の自動車税 14,500円

こう見ると、ハイブリッド車は税制でかなり優遇されているのが分かります。

重量税

重量税は自動車の車両重量に応じて税額が決定され、車検時に車検の有効年数分をまとめて納税します。LSは車両重量が2,210~2,390kgですから、当てはまる区分は「車両重量2トン超~2.5トン以下」です。自家用車の「2トン超~2.5トン以下」の1年の自動車重量税額は、20,500円になります。

  • LS500の1年間にかかる重量税 20,500円

LS500は上記の重量税額ですが、LS500hでは<エコカー減税>が適用されますので重量税が大幅に安くなります。

例えばグレード<F SPORT>の2WDでは、新車購入時に収める重量税の「エコカー本則税率12,500円×3年分の37,500円」が100%減額になるので超お得。LS500hはすべてエコカー減税対象車になっていて、グレードにより軽減率50%か100%のどちらかになります。

  • LS500hで1年にかかる重量税 0(100%軽減)円か6,250(50%軽減された重量税3年分18,750円÷3)円

保険

自動車を運転するには、保険に加入しなければなりません。自動車の保険には<自賠責保険>と<任意保険>の2種類があります。

自賠責保険

交通事故が起こった場合の被害者を救済する為の法律「自動車損害賠償保障法」により、すべての自動車に「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」の加入が義務付けられています。自家用普通自動車の新車購入時に支払う自賠責保険料は37ヵ月分の36,780円。36,780円÷3で、1年にかかる自賠責保険料は約12,260円になります。

  • LSの1年間にかかる自賠責保険料(新車購入時)約12,260円
    新車購入時に支払う保険料36,780円(37ヵ月分)
    36,780円(37ヵ月分)÷3=約12,260円
  • LSの1年間にかかる自賠責保険料(車検時2年契約の場合) 約12,915円
    25,830円(24ヵ月分)÷2=約12,915円

任意保険

万一人身事故を起こしてしまった時のために、任意保険への加入が必要です。任意保険料は、運転者の年齢や事故歴、車両の使用用途により幅広い保険料設定になります。LSの任意保険料金は5万~20万円ほどに収まる事が多いようです。

  • LSで1年にかかる任意保険料金 約5~20万円

その他費用

上で挙げた税金と保険料以外にかかる維持費を見ていきましょう。

ガソリン代

LSはハイオクガソリン仕様車です。最近1年間のハイオクガソリンの平均価格は152.7円。自動車の走行距離はユーザーにより千差万別ですが、ここでは例として年間走行距離5,000kmの場合を計算してみましょう。

  • LS500hで1年にかかるガソリン代(年間走行距離5,000kmの場合)約49,566円
    計算式:5,000km÷<平均燃費約15.4km/L>=約324.6L
    324.6L×152.7円=約49,566円
  • LS500で1年にかかるガソリン代(年間走行距離5,000kmの場合)約77,113円
    計算式:5,000km÷<平均燃費約9.9km/L>=約505L
    505L×152.7円=約77,113円

あくまでカタログ値の燃費効率での計算ですので、実際にかかるガソリン代はもう少し上乗せされると考えてください。

駐車場代

車の駐車場料金は地域によりかなり幅があります。ここでは全国平均である1ヵ月8,200円の価格を使って年間の駐車場料金を算出します。

  • LSで1年間にかかる駐車場料金(8,200円×12ヵ月)98,400円

車検代

新車購入の3年後には、一回目の車検が待っています。車検でどの車両でも一定してかかる法定費用は、すでに紹介した<重量税><自賠責保険料>の他に印紙代があります。ここではLS500hの車検費用を見てみましょう。

  • 自動車重量税 25,000円(エコカー減税本則税率)
  • 自賠責保険料 25,830円(24ヵ月分)
  • 印紙代 1,100円(指定工場)

車検には法定費用以外に、整備料や代行費用がかかります。レクサスディーラーでは以下の料金になります。

  • 24ヵ月点検 32,000円程度
  • コンピューター診断料金 3,240円
  • テスター検査料 18,360円
  • 事務手数料(車検代行費用)1万円程度

レクサスディーラーでの車の購入時にはどの車両でも、6ヵ月ごとの点検やエンジンオイルの交換を無料でできる<レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)>に加入しています。このサービスが無料なのが初回車検の時までなので、次回車検時まで加入期間を延ばす場合は更新料金が発生します。

ロードサービスや電話オペレーターの対応などのサービスが受けられる<G-Link>も初回車検時までは無料ですが、それ以降は更新料がかかります。渋滞予測などの高度な道路ナビゲーションなどで使用しているマップも更新する場合は有料です。

  • レクサスケアメンテナンスプログラムⅡ更新料(2年分) 4,5000円
  • G-Link更新料(2年分) 32,000円
  • マップ更新料(2年分) 21,600円

レクサスケアメンテナンスパックⅡとG-Linkの更新は任意ですが、やはり便利な機能なので更新する人が多いようです。この更新料のためにレクサスの初回車検は費用が高くなります。

  • LS500hの車検にかかる費用の総額 214,130円程度

LSの購入時にかかる費用は?


LSの購入時にどれくらい費用がかかるのか見てみましょう。

車体価格

LSの本体価格はグレードにより差があり、約1,161万円~1,640万円(税込)の範囲になります。

オプション

レクサスではオプション品もそれなりの価格になります。LSに付けるオプションも50万~100万円程度を想定しておきましょう。

自動車重量税

すでにご紹介した通り、「2トン超~2.5トン以下」の1年の自動車重量税額は20,500円。LS500hはエコカー減税が適用されますので、LS500hとLS500では軽減率の違いで重量税額に差があります。

  • LS500h(100%軽減適用車)の購入時にかかる重量税 0円(100%軽減)
  • LS500h(50%軽減適用車)の購入時にかかる重量税 18,750円(50%軽減)
  • LS500の購入時にかかる重量税 61,500円

自動車取得税

自動車の購入する時には自動車取得税として、「本体価格の9割に、車に固定されるオプション品を足した金額」の3%の金額を収めます。LSはエコカー減税対象車ですので、購入時の自動車取得税は、100%か50%の軽減された税額になります。

  • LS500hの購入時に払う自動車取得税 0円~26万円程
  • LS500の購入時に払う自動車取得税 32万~48万円程

自賠責保険

自賠責保険は車検より有効期間が12時間ほど短いため、新車購入時には余裕を持たせて37ヵ月分加入するのが一般的です。

  • LSの購入時に払う自賠責保険料 36,780円(37ヵ月分)

リサイクル料金

自動車を解体する時に、「シュレッダーダスト、エアバック類、フロン類」をリサイクルするための費用を支払わなければなりません。

  • LS500hの購入時に支払うリサイクル料金 16,070円
  • LS500の購入時に支払うリサイクル料金 15,500円

ディーラー代行手数料

「納車、検査登録、車庫証明書取得」をディーラーに依頼すると、代行費用が発生します。

  • 納車費用 1万円程度
  • 登録代行費用(登録費用込み)1万5千円~2万円程度
  • 車庫証明費用 代行料1万5千円程度、印紙・標章代として2,700円程度

壊れやすいところや注意するべき点


LSでは走行距離が伸びてくると冷房が効きにくくなる場合があり、その原因がエアコンの<コンプレッサー>とその関連部品の<電磁クラッチ>の不調であるケースが見られます。

エアコンのコンプレッサーを修理すると、10万~20万円の費用がかかります。

まとめ


今回の記事では<LS>の維持費についてお伝えしましまた。LSはレクサスのフラッグシップセダンだけに車体価格が高く重量があり大排気量と、自動車関連の税金が高額になってしまう条件がそろっています。

ガソリン代や修理費なども一般的な国産車よりは高くなりますので、LSの購入には余裕をもって資金計画を立てて行きましょう。