レクサスNXに乗るとかかる維持費を教えます!SUVは費用も高い?

「NXが気になるけど、維持費はどれくらいかかるのかな?」という疑問をお持ちの方のための記事です。NXはレクサスで人気のクロスオーバーSUV。

今流行のSUVでしかもレクサスブランドですから、街での注目度もかなり高いモデルです。今回はNXを購入するとかかる年間の維持費を、項目ごとに詳しく解説します。

NXの特徴


NXはレクサスで初めて発売されたコンパクトクロスオーバーSUVです。ヨーロッパや北米基準ではコンパクトですが、日本的な感覚からするとミドルサイズSUVという事になるでしょう。

レクサスのSUVは車体サイズの大きい順に、<LX><RX><NX><UX>となっていて、価格も大きさと比例しています。

実際にコンパクトサイズSUVとしては後発の<UX>がそれに当たりますので、<NX>は車体も価格も中間のゾーンになります。<NX>の車体サイズは日本の環境では取り回しも良く、販売台数もかなり出ている人気モデルです。

NXにはハイブリッドカーの<NX300h>と、2リッターターボエンジンを搭載する<NX300>の2つのグレードがあります。好みによって2つのパワートレインを選択できる事も、NXの人気の理由です。

どちらのパワートレインでも<ノーマルグレード><I package><F SPORT><version L>の4つのグレードがあり、全車でAWDと4WDの選択が可能になっています。

NXの基本スペック

NXの主なスペックは以下の通りです。

  • 全長 4,640mm
  • 全幅 1,845mm
  • 全高 1,645mm
  • ホイールベース 2,600mm
  • 最低地上高 170mm
  • 最小回転半径 5.3~5.7m
  • 室内長 2,080mm
  • 室内幅 1,520mm
  • 室内高 1,180mm
  • 車体重量 1,710~1,850kg
  • 乗車定員 5名

NXの燃費効率

ハイブリッドカーであるNX300hのほうが燃費効率では優れています。

  • NX300h 2.5リッター直列4気筒エンジン 19.8~21.0km/L
    (レギュラーガソリン使用)
  • NX300 2リッター直列4気筒インタークーラー付ターボエンジン 12.4~13.0km/L
    (ハイオクガソリン使用)

NXでかかる維持費は年間どのくらい?


NXの維持費は、1年間でどれくらいかかるのでしょうか。

税金

自動車の維持費で大きなウェイトを占めるのが税金です。

自動車税

自動車税は、車両のエンジン排気量に応じて課されれる都道府県税です。毎年4月1日午前0時の時点の、車両の車検上の所有者に支払い義務があります。

ハイブリッド車のNX300hは、<令和2年度燃料基準達成+30%>の<グリーン化特例>適用車ですから、購入翌年度の自動車税が75%の軽減になります。

  • NX300h(排気量2.493cc)の1年間にかかる自動車税 11,500円
    自動車税<2.0リットル超~2.5リットル以下>45,000円
    45,000円の75%軽減=11,500円
  • NX300(排気量1.998cc)の1年間にかかる自動車税 39,500円
    自動車税<1.5リットル超~2.0リットル以下>39,500円

年度途中に車を購入した場合は、購入翌月から3月までの自動車税を月割りで計算して納税します。

重量税

自動車重量税は、車体重量によって税額が決まっている国税です。新車登録時と車検時に次の車検までの期間の税額を一括して納税します。NXの車体重量 は<1,710~1,850kg>ですから、重量税は<1.5トン超~2トン以下>の税額になります。

ハイブリッドカーで<令和2年度燃料基準達成+30%>であるNX300hの新車購入時の重量税額は、エコカーの本則税率から50%軽減された額です。車検時には本則税率になります。

  • NX300hの1年間にかかる自動車重量税 5,000円(新車購入時50%軽減)
    <version L><F SPORT>で(オプション装着により車両重量が1,880kg以上になった場合)は100%軽減
  • NX300の1年間にかかる自動車重量税 16,400円

保険

自動車の運転をするのに必ず必要なのが保険です。

自賠責保険

交通事故が起こると時には大きな被害が発生します。事故の被害者が必ず補償を受けられるように、法律で加入を義務付けられているのが、<自動車損害賠償責任保険>略して自賠責保険です。

自賠責保険は加入期間が長いほどひと月当たりの保険料が安くなりますので、次の車検の期間までを加入期間とするのが一般的です。自賠責保険は車検の有効期間と同じ契約月数にしても12時間ほど有効期間が短いため、新車購入時には余裕を持って37ヵ月分加入します。

  • NXの1年間にかかる自賠責保険料(新車購入時)約12,260円
    新車購入時に支払う保険料36,780円(37ヵ月分)
    36,780円(37ヵ月分)÷3=約12,260円
  • NXの1年間にかかる自賠責保険料(車検時2年契約の場合) 約12,915円
    25,830円(24ヵ月分)÷2=約12,915円

任意保険

上記の自賠責保険は、事故の被害者である相手方の身体への損害を補償する保険です。自分の身体や物損に関しては自賠責保険では補償されませんので、万一のために任意保険に加入する必要があります。

任意保険は事故に遭う確率を算出するための<リスク要因>によって、ケースにより幅広い保険料設定になります。リスク要因とは主に年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、安全装備などです。

高級車で物損に対応する車両保険を付けると保険料が高くなります。NXではだいたい5~20万円ほどになる場合が多いようです。

  • NXの1年間にかかる任意保険料 およそ5~20万円ほど

その他費用

税金・保険の他にかかる費用を見てみましょう。

ガソリン代

車をどれくらい走行させるかは人により千差万別ですが、ここでは仮にNXを購入して1年間の走行距離が5,000kmだったと想定して、1年間にかかるガソリン代を算出してみます。

ガソリン価格は、直近1年間の平均価格であるハイオク153.1円、レギュラー141.7円を使用します。

  • NX300hの1年間にかかるガソリン代 約33,724~35,708円
    5,000km÷<19.8~21>(1L当たりの走行距離)=約238~252
    <238~252>×141.7円=約33,724~35,708円
  • NX300の1年間にかかるガソリン代 約58,790~61,699円
    5,000km÷<12.4~13.0>(1L当たりの走行距離)=約384~403
    <384~403>×153.1円=約58,790~61,699円

やはりハイブリッドカーであるNX300hのほうが、かなりガソリン代が安くなっています。

駐車場代

駐車場代も地域によってかなり差の出る費用ですが、ここでは駐車場代の全国平均価格「1ヵ月約8,200円」を使って、年間の駐車場代を算出します。

8,200円×12ヵ月=98,400円

  • NXの1年間にかかる駐車場代 98,400円

車検代

正式には<自動車検査登録制度>で、自動車が保安基準に達しているかどうかを確認するためのものです。初回の車検は新車登録から3年後、その後は2年ごとに行います。

車検にかかる費用は税金などの法定費用と、検査・整備費用の2つがあります。ここではNX300hの車検料金を見てみましょう。300hの初回車検時の重量税は本則税率での納税になります。

  • 自動車重量税 20,000円(エコカー本則税率2年分)
  • 自賠責保険料 25,830円(24ヵ月分)
  • 印紙代 1,100円(指定工場)

自動車重量税は次回の車検までの2年分を納めます。自賠責保険料も次回車検時までの期間を加入期間とするのが一般的です。

上記の法定費用はどこの業者に依頼しても同じ金額になります。一方、検査・整備費用は業者により差が出る費用です。ディーラー車検は料金が少し高めになりますが、やはり信頼性がありますので安心です。ここではレクサスディーラーでの車検の相場を紹介します。

検査・整備費用とは、主に車検と同時に行う<24ヵ月点検>と<車検の代行>の費用です。この他にも、交換が必要と判断される部品があれば費用が発生します。

  • 24ヵ月点検 32,000円程度
  • コンピューター診断料金 3,240円
  • テスター検査料 18,360円
  • 事務手数料(車検代行費用)1万円程度

レクサスでは独自のメンテナンスパックである<レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)>があります。6ヵ月ごとの点検や12ヵ月の法定点検、エンジンオイル交換などを無料で受けられるサービスです。

新車購入時から初回の車検までは無料ですが、それ以降は<LCMPⅡ>となり費用がかかります。更新には2年間で45,000円の料金が必要です。

セキュリティ機能や高精度ナビゲーションといった各機能を利用できるサービス<G-Link>も初回車検以降は有料となります。<G-Link>の情報を十分に活用するには、高精度なマップ情報の更新が推奨されています。

<レクサスケアメンテナンスプログラム(LCMP)>と<G-Link>の更新は任意ですが、レクサスのディーラーだと断りにくい雰囲気を感じる人もいるようです。

  • NXの車検にかかる費用 約7~9万円程度+消耗品代金と工賃
  • レクサスケアメンテナンスパックⅡ更新料(2年分) 4,5000円
  • G-Link更新料(2年分) 32,000円
  • マップ更新料(2年分) 21,600円

NX300hの車検代金と3つのサービスを更新した場合の総額 209,130円

NXの購入時にかかる費用は?


NXの購入時には、トータルでどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

車体価格

NXの税抜き車体価格です。

  • NX300h 4,923,636~5,293,636円
  • NX300 4,338,182~4,708,182円

オプション

レクサスはオプション品の価格も高く、特にこだわりがなくとも50万円を超えるケースが多いようです。

  • NXの購入時にかかるオプション代金 およそ50~100万円

自動車重量税

自動車の購入時には、3年分の自動車重量税を納めます。

  • NX300hの購入時にかかる自動車重量税 15,000円(50%軽減)
    エコカー本則税率5,000×3年分
    <version L><F SPORT>で(オプション装着により車両重量が1,880kg以上になった場合)は100%軽減
  • NX300の購入時にかかる自動車重量税 49,200円
    16,400×3年分

自動車取得税

自動車を購入する時に課せられる税金が自動車取得税です。自動車の車体価格の9割程度の金額に、カーナビやアルミホイールなどの車体に固定するタイプのオプション品の価格を足したものが<取得価額>です。

この取得価額の3%ほどが納入する自動車取得税額になります。NX300hではエコカー減税による軽減が受けられます。ここでは固定オプション50万円で計算してみました。

  • NX300hの購入時にかかる自動車取得税 およそ73,969~78,964円
    <147,938~157,928円>×50%
    <version L><F SPORT>で(オプション装着により車両重量が1,880kg以上になった場合)は100%軽減
  • NX300の購入時にかかる自動車取得税 およそ132,130~142,120円円
    <132,130~142,120円>

自賠責保険

新車購入時の自賠責保険は、初回車検までの3年間分プラス1ヵ月分の<37ヵ月分>を加入するのが一般的です。

  • NXの購入時にかかる自賠責保険料 36,780円(37ヵ月分)

リサイクル料金

車両を廃棄する時のために、新車購入時にリサイクル料金を支払う事が義務付けられています。

シュレッダーダスト料金 NX300h 8,950円
NX300 8,660円
エアバック類料金 1,930円
フロン類料金 1,650円
情報管理料金 130円
資金管理料金 290円
合計 13,080円

  • NX300hの購入時にかかるリサイクル料金 12,950円
  • NX300の購入時にかかるリサイクル料金 12,660円

ディーラー代行手数料

車を購入すると、最初にいろいろな手続きが必要になります。それらはディーラーに代行してもらうので、手数料を支払います。

・NXの購入時にかかるディーラー代行手数料
・納車費用 1万円程度
・登録代行費用(登録費用込み)1万5千円~2万円程度
・車庫証明費用 代行料1万5千円程度、印紙・標章代として2,700円程度

NXの購入時にかかるディーラー代行手数料 42,700~47,700円程度

壊れやすいところや注意するべき点


NXを運転しているとブレーキの操作感がおかしくなり、<ABSエラー>の警告が出る事があります。

そういう時はエネルギーを変換する装置である<アクチュエーター>の不具合であるケースがあり、交換すると16万円ほどの費用がかかります。

まとめ

今回はNXを持つ事でかかる維持費に関してお伝えしました。レクサスは他の国産車とくらべると、やはり維持費は少し高くなります。

特に初回車検などの費用は高額ですが、レクサスオーナーになった充実感は必ずあなたを満足させてくれるでしょう。