レジャーもお任せ!買う前に知りたいA3スポーツバックの年間維持費は?

<A3スポーツバック>はアウディのコンパクトハッチバック車で、日本での人気も非常に高いモデルです。これからA3スポーツバックを購入すると、いったいどれくらいの維持費がかかるのでしょうか?

今回の記事ではA3スポーツバックのオーナーになるとかかる維持費を、具体的な数字を挙げて項目ごとにくわしく解説していきます。

A3スポーツバックの特徴

1996年にA3が販売開始された当初は、3ドアと5ドアの2つのハッチバックでスタートしています。2代目モデル時の2004年10月からは、車体の全長を長くしてリア部を広く取った<スポーツバック>がラインナップに加わりました。そして、2012年にフルモデルチェンジした現行の<3代目A3>からは、セダンとスポーツバックの2つのボディタイプで販売される事になります。

A3スポーツバックのグレードは、1.4リッター車2つと2リッター車が2つの計4つのグレード展開。1.4リッター車はFFでターボエンジン搭載の<30 TFSI>と、<30 TFSI>の足回りなどの走行性能を高めたスポーティモデルの<30 TFSI スポーツ>。

2リッター車は同じくターボエンジンでフルタイム4輪駆動の<40 TFSI クワトロ>と<40 TFSI クワトロ スポーツ>。A3スポーツバックは個性の違う4つのグレードから、自分に合ったものを選ぶ事が出来ます。

A3スポーツバックのスペック

A3スポーツバックの主な仕様は以下の通りです。

全長 4,325mm
全幅 1,785mm
全高 1,435~1,450mm
ホイールベース 2,635mm
最小回転半径 5.1m
車体重量 1,320~1,470kg
総排気量 1,394~1,984cc
走行燃料消費率 16.0~19.5km/L
駆動方式 FF、フルタイム4WD
トランスミッション 7AT
乗車定員 5名

A3スポーツバックでかかる維持費は年間どのくらい?


A3スポーツバックを所有すると発生する費用はどれくらいなのでしょうか。

税金

自動車を購入すると、3つの税金を支払う義務があります。<自動車取得税><自動車税><自動車重量税>の3つです。ここでは継続的に支払う事になる自動車税と自動車重量税の税額を見てみましょう。

自動車税

<自動車税>は、エンジン排気量によって支払う税額が決まっている都道府県税です。自動車の購入時には、1年間の自動車税額を12で割って一ヵ月当たりの税額を算出し、購入の翌月から年度末までの期間の税額を納税します。

購入の翌年度からは、毎年4月1日時点の車両の所有者が1年分を納税します。

  • A3スポーツバック<30 TFSI><30 TFSI スポーツ>の1年間にかかる自動車税 34,500円
    「1リットル超~1.5リットル以下」34,500円
  • A3スポーツバック<40 TFSI クワトロ><40 TFSI クワトロ スポーツ>の1年間にかかる自動車税 51,000円
    「2.5リットル超~3.0リットル以下」51,000円

重量税

<自動車重量税>は、車体重量に応じて税額が定められている国税です。新車購入時と車検時に、次の車検までの期間の重量税をまとめて納税します。

A3スポーツバックの<30 TFSI><30 TFSI スポーツ>は、<令和2年度燃費基準 + 0%達成>のモデルなので、新車購入時はエコカー本則税率から25%の軽減が受けられます。

  • A3スポーツバック<30 TFSI><30 TFSI スポーツ>の1年間にかかる自動車重量税 約5,600円
    <令和2年度燃費基準 + 0%達成>のため25%軽減
    「1トン超~1.5トン以下」25%軽減 16,800円
    16,800円÷3=約5,600円
  • A3スポーツバック<40 TFSI クワトロ><40 TFSI クワトロ スポーツ>の1年間にかかる自動車重量税 12,300円

    「1トン超~1.5トン以下」3年分 36,900円
    36,900円÷3=12,300円

保険

A3スポーツバックでかかる保険料はどれくらいなのでしょうか。

自賠責保険

<自賠責保険>は強制保険とも言われ、法律で公道を走る全自動車に加入が義務付けられている保険です。自賠責保険は車検証の有効期間と同じだけ加入する人が多いですが、自賠責保険は車検より12時間ほど有効期間が短いため、新車購入時には余裕を持たせて37ヵ月分加入するのが一般的になっています。

  • A3スポーツバックの1年間にかかる自賠責保険料(新車購入時)約12,260円
    新車購入時に支払う保険料36,780円(37ヵ月分)
    36,780円(37ヵ月分)÷3=約12,260円
  • A3スポーツバックの1年間にかかる自賠責保険料(車検時2年契約の場合)約12,915円
    25,830円(24ヵ月分)÷2=約12,915円

任意保険

自賠責保険は「事故被害にあった相手方の身体的損害」にしか補償金が出ないので、ほとんどの人がリスクを考えて任意保険に加入しています。

任意保険料はドライバーの年齢性別や運転歴などの様々な<リスク要因>を元に保険料の算出が行われます。A3スポーツバックでは3~15万円ほどの保険料になる事が多いようです。

・A3スポーツバックの1年間にかかる任意保険料 およそ3~15万円ほど

その他費用

A3スポーツバックでかかる諸費用を見てみましょう。

ガソリン代

ここではA3スポーツバックで1年間に5,000kmを走行したと仮定して、かかるガソリン代を算出してみます。ガソリン価格は直近1年間のハイオクガソリンの全国平均価格である<153.1円>を使用。

  • A3スポーツバック<30 TFSI><30 TFSI スポーツ>の1年間にかかるガソリン代 約39,193円
    5,000km÷19.5(1L当たりの走行距離)=約256
    256×153.1円=約39,193円
  • A3スポーツバック<40 TFSI クワトロ><40 TFSI クワトロ スポーツ>の1年間にかかるガソリン代 約47,767円
    5,000km÷16.0(1L当たりの走行距離)=約312
    312×153.1円=約47,767円

駐車場代

駐車場代は地域により違いますが、ここでは駐車場代の全国平均価格「1ヵ月約8,200円」を使って1年間の駐車場代を算出します。

8,200円×12ヵ月=98,400円

・A3セダンの1年間にかかる駐車場代 98,400円

車検代

車検代は税金などの<法定費用>と、ディーラーや業者に支払う<検査・整備費用>の2つがあります。ここではA3スポーツバック<30 TFSI>の車検料金を見てみましょう。

・自動車重量税2年分 15,000円(継続審査時は本則税率)
・自賠責保険料 25,830円(24ヵ月分)
・印紙代 1,100円(指定工場)

自動車重量税と自賠責保険料は次回車検時までの期間分を支払います。上記の法定費用は外車、国産車を問わず、重量などの条件により額は一定です。車検と同時に行う<24ヵ月点検><車検の代行費用>などは、業者により料金に差が出ます。

外車ディーラーは料金が高めですが利用する人が多いので、ここではアウディのディーラー車検の相場を紹介します。

・法定24ヵ月点検 25,920円
・保安確認検査料 10,800円
・エンジン下回り洗浄 8,840円
・アウディ専用テスター診断 6,480円
・事務手数料(車検代行費用)12,960円

消耗品は初回車検ではそれほど費用はかかりませんが、それでも最低5万円程度は見込んでおいてください。どれくらいの部品を交換するかは人それぞれですが、アウディでは初回車検時には総額15~22万円程度の支払いになる人が多いようです。

2回目以降の車検では交換する部品も増え、費用も相当にアップする事になります。

・A3スポーツバックの車検にかかる費用 約106,930円程度+消耗品代金と工賃5万円~

A3スポーツバックの購入時にかかる費用は?

A3スポーツバックの4グレードの車体価格です。

車体価格

・A3スポーツバック<30 TFSI> 2,960,000円(税別)
・A3スポーツバック<30 TFSI スポーツ> 3,320,000円(税別)
・A3スポーツバック<40 TFSI クワトロ> 4,030,000円(税別)
・A3スポーツバック<40 TFSI クワトロ スポーツ> 4,330,000円(税別)

オプション

A3スポーツバックのオプションにはエクステリアやインテリアのパッケージング設定などもあり、個人の好みによりますがおおよそ30~70万円ほどのオプション料金になる事が多いです。

・A3スポーツバックの購入時にかかるオプション代金 およそ30~70万円程度

自動車重量税

自動車の購入時には、3年分の自動車重量税を支払います。A3スポーツバックではそれぞれ<令和2年度燃費基準 + 0%達成><平成27年基準 +10%達成>のグレードがありますので、軽減された税額となります。

  • A3スポーツバック<30 TFSI><30 TFSI スポーツ>の購入時にかかる自動車重量税 16,875円
    <令和2年度燃費基準 + 0%達成>のため25%軽減
    「1トン超~1.5トン以下」本則税率3年分 22,500円
    22,500円×75%=16,875円
  • A3スポーツバック<40 TFSI クワトロ><40 TFSI クワトロ スポーツ>の購入時にかかる自動車重量税 22,500円
    <平成27年基準 +10%達成>のためエコカー本則税率
    「1トン超~1.5トン以下」本則税率3年分 22,500円

自動車取得税

<自動車取得税>は自動車の購入時に支払い義務のある税金です。車体価格の9割ほどの金額に、車体に固定するタイプのオプション品の価格を足したものが<取得価額>になります。<取得価額>の3%が納税する取得税額です。

ここでは固定タイプのオプション品を30万円分購入したとして、A3スポーツバック<30 TFSI>の取得税額を算出してみます。

  • A3スポーツバック<30 TFSI>の購入時にかかる自動車取得税 およそ71,136円
    (車体価格2,960,000円×90%+オプション価格30万円)の3%は88,920円
    <令和2年度燃費基準 + 0%達成> 取得税20%減税
    88,920円×80%=71,136円

自賠責保険

新車購入時には、37ヵ月分の自賠責保険に加入します。

・A3スポーツバックの購入時にかかる自賠責保険料 36,780円(37ヵ月)

リサイクル料金

自動車を廃車にする時のリサイクル費用を前もって支払う義務があります。リサイクル料金は車種グレードによりそれぞれ定められています。

シュレッダーダスト料金 10,900~11,210円
エアバック類料金 2,160円
フロン類料金 1,970円
情報管理料金 130円
資金管理料金 290円
合計 15,450~15,760円

・A3スポーツバックの購入時にかかるリサイクル料金 15,450~15,760円

ディーラー代行手数料

新車を購入すると、ディーラーでは様々な手続き、作業をユーザーに代わって行います。その代行費用をディーラーに支払うのですが、外車ディーラーは総じて料金が高めになっています。以下はアウディディーラーの代行費用の例です。

・A3スポーツバックの購入時にかかるディーラー代行手数料
検査登録手続き代行費用 5~6万円程度
納車費用 15,000円程度
下取り車手続代行費用 18,360円程度
希望ナンバー代行手数料 10,800円程度
車庫証明費用 代行料21,600程度

・A3スポーツバックの購入時にかかるディーラー代行手数料 115,760~125,760円程度

壊れやすいところや注意するべき点


A3スポーツバックは乗り続けているとエンジンが始動しなくなる事があります。そんな時にはエンジン本体の不調ではなく、セルモーターの故障であるケースも多いです。セルモーター修理交換には5万円程度かかってしまいます。

まとめ


今回は<A3スポーツバック>の維持費についてお伝えしました。A3スポーツバックはアウディブランドの魅力に加えてラゲッジスペースの積載量も多く、日常使いからレジャーまで幅広い用途に活用できる優れたモデルです。

しかし、残念ながらアウディは国産車やメルセデスなどとくらべると、故障率は高いメーカーです。車検時の整備、修理費用も高額になるケースがありますので、維持費は予想より多めになると想定しておきましょう。