ローンで車を買ったら所有者が自分にならない?【所有権解除の方法】

ローンを組んで車を購入したら所有者が自分ではなくてびっくりした、という声を耳にすることはあるでしょうか。車の使用者と所有者は違い、ローンを組むと車を使用してる本人ではなく、ディーラーや信販会社が所有者になることがあります。

そこで今回は、所有権を解除して自分が所有する車とするための方法を解説します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車の所有者と使用者は違う

ローンを組んで車を購入した人が疑問に上げやすい点が、なぜ名義人が自分になっていないの?というものです。ローンを組むと、名義人が信販会社やディーラーの名称になっているかもしれません。

これはつまり、車の所有権をディーラーまたは信販会社が持っているということです。

そもそもなぜ、車の使用者と所有者と区分しているのでしょうか。ローンで車を購入したということは、信販会社に車を購入するためのお金を建替えてもらっているわけです。そして、そのお金を分割で支払っていることになります。

ですから、ローンを完済するまでは車は自分のものではなくお金を建替えてくれた信販会社のものなのです。万が一、車の使用者がローンの月々の支払いを滞納した場合、信販会社が車を引き上げてお金を回収できるようになっています。

自分が所有者でない場合のデメリット

車を使用していながら、車を所有していないという状況のデメリットは何でしょうか。なにか不都合なことがあるのでしょうか。毎日車に乗って通勤・通学したりお買い物に行ったりアウトドアに出かけるなどの日常生活に支障はありません。

また、任意保険の更新、車検、交通事故などが起きても特に問題はないでしょう。ただし、車を手放す、売却する、廃車にするとなったときに不都合にいにあります。車の所有者が自分でなければ勝手に車を売却したり廃車にすることはできないからです。

日所生活では困らないにしても、車を買い替えたくなったり、手放さなければならない状況に追い込まれたときに自分が所有者でないと、まずは名義変更から行わなければならず手間がかかります。

所有権留保とは

ローンを組んだ時に車の所有者がだれになるのかをチェックするのは大切なことです。新車か中古車にかかわりなく、車をローンで購入した時に所有者がディーラーや信販会社になることを<所有権留保>と呼びます。

車の購入者であり、使用者である実際の持ち主は車検証の所有者ではなく使用者の欄に名前が記載されるでしょう。この所有権留保は車を購入するためのお金を貸すために自動車を担保として付けるという考え方でなっています。

もし、ローンの支払いが回収不可になった場合、車を引き上げてお金を回収できます。また、ローンの返済が終了するまでは車を売却されたり乗り替えられたりする心配がなくディーラーにとってメリットの大きな権利といえるでしょう。

ローンを組んだ車の所有者がディーラーになっている理由

所有権留保についての説明をした時にも触れましたが、ローンを組んで車を購入すると、車の所有者はディーラーまたは信販会社になることがほとんどです。マイカーローンは自動車を購入するためのローンであり、何十万から何百万という大きなお金が動きます。

そして金利は低いため融資する側としてはリスクの高い取引となります。しかし、万が一ローンの返済が滞ってしまっても、所有権をディーラーまたは信販会社が持っていれば車を引き上げて売却し、返済されなかったお金を回収できるのです。

このため、現金一括払いで購入した時とは違い、車をローンで購入すると販売店や提携しているローン会社が車の所有者となります。

所有者がディーラーではないケースもある

ただ、ローンを組んで購入した車はすべて所有者が自分ではないというわけでもありません。お金を回収できない危険を避けるために、ローンを組んだ会社が所有権留保を行う事が多いのですが、リスクが少ないローンの場合あえて購入者に所有権を渡すというケースもあります。

これは、ローンを組もうとしている購入者にどれほど返済能力と社会的信用度があるかにかかっています。安定した年収がもらえる職業に長年勤務しており、信用情報に全く傷がない人の場合、ローンを組んでも車の所有者が自分になるかもしれません。

ただし、これらの決定はすべてローン会社が行うもので実際に組んでみないと分かりません。審査の段階で所有権がどちらに移るのかを確認することをおすすめします。

ローンの支払いが終わったらすぐに所有権留保解除

ローンを組んだ時には車の所有者はディーラーもしくは信販会社にあったかもしれません。しかし、ローンを完済したら、所有権を自分に移すことができます。

ローンの支払いが終わったら、車の所有者を変更したい旨をディーラーもしくは信販会社に連絡し、必要な書類を送ってもらうと良いでしょう。所有権留保を解除するための方法を簡単にご紹介します。

所有権留保解除を自分でする方法

所有権留保解除つまり車の名義変更は自分で行えば不必要な手数料を払わずに済みます。簡単に手順をご紹介します。

所有権留保解除の手順

  1. 車を購入したディーラーに所有権留保解除依頼をする
  2. 必要な書類を送付してもらい譲渡書類を発酵してもらう
  3. 陸運支局で名義変更の手続きを行う
①所有者への連絡

まず、車を購入しローンを組んだディーラーに連絡をします。ローンの返済が完了したので所有権留保を解除してほしいという依頼を出しましょう。連絡先は車検証の所有欄に記されている名義人を調べると良いでしょう。

ローン完済されていることの確認が取れ、本人が連絡してきたことが確認できれば、そろえなければならない書類の詳細を教えてくれます。ほとんどの場合は郵送でのやり取りとなります。

②必要書類を提出

普通車の所有権留保解除手続きに必要な書類は次の通りです。

  • 所有権留保解除承諾書
  • 自動車検査証のコピー
  • 予有権留保解除依頼書
  • 印鑑証明書
  • 自動車税納税証明書のコピー
  • 住民票

どのディーラーやローン会社とローン契約をしていたかによって必要書類は異なります。普通自動車ではなく軽自動車の所有者変更の場合は書類の量は少なくて済むでしょう。

③必要書類を受け取る

説明された必要書類をそろえて送付したら、ローン会社またはディーラー側で確認作業がなされます。その後<譲渡書類>や<所有権解除書類引換書>などの書類が発行されます。ほとんどの場合、ローン会社やディーラーの本社で発酵されて自宅へ郵送されるのでしばらくの間待ちましょう。

④陸運支局で手続き

ディーラーやローン会社から必要な書類が送られてきたら、あとは陸運支局に出向いて名義変更の手続きを行えば、車の所有者はディーラーから自分へと変わります。

所有者を変更するためには名義変更のための手数料500円と印紙代の10円が必要です。

売却するときに所有者は自分でなければならない

自分が所有していないものを勝手に売却してはいけない。これは基本です。マイカーローンで車を購入すると、所有権が自分にないため、車を売却することができません。車を売るためには、ローンを完済し名義変更を行い、自分の所有物にしてからです。

同じ車をできるだけ長く乗ろうと考えている方や、同じディーラーでの買い替えを検討しておられる方は、売却する必要はないので所有者が自分であろうとディーラーにあろうとあまり関係ないかもしれません。

しかし、3~5年おきに新車に買い替えたい方や、車が必要なくなったので売却して財産にしたいという方は、ローン完済と同時に所有者の変更手続きをするようおすすめします。

ローン残債を一括で支払えないときの対処法

では、何らかの事情でローンを返せなくなったとします。お金を作るために車を売却しなければならない、という場合どうすればいいのでしょうか。基本的には、ローン残高を一括で払わなければ名義変更ができません。完済し、自分に所有権が移ってから車を売却するという流れになります。

しかし、残高を一括で支払えないとなれば、まずはローン会社やディーラーにその旨を相談して、売却の承諾を得る必要があります。その後、売却した車の買取金額でローンの残債を一括返済できるでしょう。もし買取金額では足りなかった場合の残高は地道に返済しなければなりません。

ローンで購入した車は名義変更必須!ケース別・名義変更の方法

ローン未完済でも車の売却は可能?【ローンが支払えなくなった時】

まとめ

車をローンで購入すると所有者は自分ではなくディーラーや信販会社になるということがほとんどです。それは、万が一支払いが滞ったときのリスクを減らすためです。日常生活では支障をきたさないため、特に気にする必要はないでしょう。

しかし、ローン完済後や車を売却する必要が生じた時に所有権の問題が生じます。所有権留保解除が出来るタイミングで側罪に所有者を自分に変更しておくようおすすめします。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます