世界中で愛されるボルボXC40!1年間に必要な維持費を調べてみました

XC40は、ボルボカーズとして初めて欧州カーオブザイヤー2018を受賞するなど、数々の賞を受賞しているコンパクトSUVです。

ボルボカーズが開発した新世代プラットフォーム・CMAを、1番最初に採用したのもXC40です。納車待ちが出るほど人気を集めているXC40ですが、輸入車としても気になる維持費について今回は紹介します。

XC40の特徴

電動化を着々と進めていることで話題のボルボ。時代に合わせたデザイン&システムで世界中の注目を集めています。ボルボの新世代コンパクトSUV車が「XC40」。マイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドもラインナップされています。

ボルボの魅力は丈夫さ

ボルボがは販売している車種の魅力の一つは頑丈さです。もともとトラックメーカーであることを生かして、高い耐久性を誇るメーカーとなっています。

ボルボXC40でもその丈夫さは失われていません。強靭なボディと軽量性を両立させた素材を使い、安全にも配慮を示した車種です。

ボルボXC40のラインナップ

排気量 サイズ 総重量
B4 1,968㏄ 4,425㎜×1,875㎜×1,660㎜ 1,670kg
B4 Momentum
B4 AWD Momentum 1,730kg
B4 AWD R-Design 1,750kg
B4 AWD Inscription
B5 AWD R-Design
Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription

ボルボは2021年から全モデルをマイルドハイブリッドもしくはプラグインハイブリッドにすることを発表しています。パワートレインはガソリンエンジン×モーターのみです。

完全に電動化されたXC40 2021年度型はエンジン始動が滑らかかつ静かであり、不快な振動や音がありません。

新機構のプラグインを追加することで、状況に合わせたハイブリッド走行が可能です。充電に必要な時間は約3時間程度。

「インテリセーフ」を全車標準装備

ボルボの先進安全技術と運転支援機能を詰め込んでいるのが「インテリセーフ」です。周りの車両や歩行者、自転車に乗っている人や動物との衝突を回避し、被害を軽減するためのシステムが充実しています。

アダプティブクルーズコントロールやハンドル操作をアシストするパイロットアシストなどが搭載されている機能です。

そのほかにもランオフロードプロテクションや衝撃吸収機構付フロントシートなどの安全機能も搭載されています。

ボルボXC40のエクステリア

XC40はダイナミックな印象を与えるパーツが魅力。車両全体に個性があふれています。艶消しステンレススチール製のスタイリングパーツを用いており、SUV車ならではのドアモールディングにより高級感が一層増しています。

XC40でかかる維持費は年間どのくらい?

XC40の維持費として、年間どれくらいの費用が掛かるのかを調べてみましたので紹介します。

税金

XC40を維持していく上で、1年間に課税される税金について紹介します。

自動車税

毎年4月1日に自動車を所有している人に自動的にかかる税金が自動車税です。自動車税の金額は用途や排気量によって決められています。

2019年10月から消費税が10%になったことに伴い、自動車税は引き下げられました。そのため、新車登録日によって支払う自動車税が異なります。

ボルボXC40の排気量は1.5L超2.0Lに分類されるため、通常の自動車税は39,500円です。2019年10月1日以降に新車登録した場合は36,000円になります。

「XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription」のみ、グリーン化特例により自動車税が75%減税されます。そのため、支払う税額は9,000円です。

重量税

所有している自動車の重量に応じて課せられる税金を自動車重量税といいます。車検時または新車登録時に支払う税金です。税額は車両区分や車両重量によって決められています。

ボルボXC40の車両重量は1,500kg超2,000kg以下ですから、新車登録時(3年分)の自動車重量税は49,200円です。しかし、「XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription」は免税となります。

保険

自動車に関する保険は、大きく分けて【自賠責保険】と【任意保険】の2種類があります。自賠責保険と任意保険について説明していきます。

自賠責保険

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づく制度で、被害者救済を目的として1955年に施行された保険です。自賠責保険は被害者救済を目的とした最低限の補償しかなく、公道を走行する自動車は必ず自賠責保険に加入することが法律で義務付けられています。自賠責保険の保険料は、損害保険料算出機構が定めているため、どの保険会社で加入しても保険料は同じです。

自賠責保険は、人的被害に対してのみ適用されますが最低限の補償しかなく、物損事故や加害者側に人的被害が生じても一切補償を受けることができません。

自賠責保険は、車検有効期間に合わせて加入するので、継続車検を受ける場合は24ヶ月または25ヵ月の期間で加入することになります。次の車検満了日まで自賠責保険も加入しておく必要があるのですが、車検満了日と自賠責保険の満了日が異なるため、自賠責保険が切れないように少し長めの期間で加入しておく必要があります。

新車の場合は、新規登録がズレる可能性もあるので、契約時に1ヶ月余裕を持って24ヶ月ではなく、25ヶ月で加入することが殆どです。自賠責保険は、加入した後でも付帯しておかなければ罰せられますから、自賠責保険証明書を自動車検査証と一緒に保管・携帯して下さい。XC40の車検時に加入する自賠責保険は、25ヶ月で【¥26,680-】になります。

1年間分に換算しますと、【¥26,680-÷2年=¥13,340-/年】です。

任意保険

任意保険は、自賠責保険では補償しきれない部分を補う保険ですが、強制ではなく任意に加入することができます。任意とは言っても、事故を起こした場合に双方の自動車の修理代や、ガードレールや電柱などの公共物を破損させてしまった場合には自賠責保険では補償されませんから、任意保険に加入して補償を受けなければ莫大な補償が降りかかってきます。

任意保険は、自動車を所有している人の約85%が加入していますし、万が一死亡事故でも起こしたらと考えると、任意保険に加入していなければ安心して車を運転することができません。

自賠責保険と違って任意保険は、各保険会社のサービス内容によって保険料が異なります。自分に必要な補償内容を吟味して、万が一事故を起こした場合でも被害者にしっかりとした補償ができるように任意保険へ加入しておく責任があります。

XC40は、年齢・老若男女問わず幅広い人から高い支持を受けているコンパクトSUVなので、一般的な任意保険の料金を1例として紹介します。

●XC40 T4の料率クラス:対人・4/対物・4/搭乗者・4/車両・7

  • 年齢     :26歳以上
  • 等級     :12等級
  • 年間走行距離 :16,000km
  • 免許の種類  :ブルー
  • 運転者限定  :本人限定
  • 運転者年齢制限:26歳以上
  • 対人賠償   :無制限
  • 対物賠償   :無制限
  • 年間の保険料(車両保険無し):¥ 53,600-
  • 年間の保険料(車両保険有り):¥163,400-

その他費用

XC40を維持するためには、税金以外にもガソリン代や駐車場代など様々な費用が必要です。大きく節約できる部分でもありますので、早めに予算を立てて計画的に維持費を管理するようおすすめします。

ガソリン代

XC40に使用されるガソリンは、【無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)】で、ハイオクガソリンの全国平均価格は【¥143.2/L】です(2020年11月現在)。

一般的に1年間に走る距離は、10,000kmと言われていますので、1年間に必要なガソリン代を求める計算式は次のようになります。

【1年間の走行距離÷カタログ燃費数値×燃料価格】

現行ボルボXC40 B4のカタログ燃費はFWDで12.7㎞/Lです。この数字で一年間に必要と予想されるガソリン代を計算してみましょう。

10,000㎞÷12.7km/L×143.2円=112,755円

一年間の走行距離が10,000㎞未満だとすれば10~15万円をガソリン代として維持費に組み込んでおけば安心です。

エンジンオイル交換費用

XC40に良く使用されるエンジンオイルの種類は5W30または5W40で、価格は¥3,000-/L前後が相場です。オイルの量は【約5.5L】で、エンジンオイル交換工賃は、工場や店舗によって全く異なりますが¥3,000-前後が相場になっています。

エンジンオイルの交換時期は、激しい運転をしない限りは1年または10,000kmで構いませんが、油温の上がる夏場や遠距離走行したときなどは、早めに交換するようにして下さい。XC40のエンジンオイル交換の料金は、【(5.5L×¥3,000-)+¥3,000-=¥19,500-(消費税別)】です。

XC40の1年間に必要なエンジンオイル交換費用は、【¥19,500-(消費税別)】となります。

駐車場代

XC40はボルボのSUVの中で最もコンパクトなサイズですが、全幅が1,875mmもあるので狭い日本の駐車場では停めることができない所もあります。日本の立体駐車場のサイズは、全長5,000mm×全幅1,850mm~1,900mm×高さ1,550mm~1,600mmが最も一般的で、SUVや大型の車は駐車できないことがあります。

XC40のサイズは、全長4,425mm×全幅1,875mm×全高1,660mmなので、立体駐車場には駐車できない所が多いので注意が必要です。XC40のようにユーザー層が幅広いコンパクトSUVは、豪雪地域でも多く販売されているので、東北地域の月極駐車場代を1例として紹介します。

●東北地域の月極駐車場平均月額

  • 宮城県の月極駐車場・平均賃料:¥20,845-(¥250,140-/年)
  • 青森県の月極駐車場・平均賃料:¥ 4,652-(¥ 55,824-/年)
  • 秋田県の月極駐車場・平均賃料:¥ 5,422-(¥ 65,064-/年)

宮城県は、東北最大の都市・仙台市の地価が高いため、東北地方の中では最も駐車場代が高くなっています。青森県や秋田県など、その他の東北地域の駐車場代は、それほど大きな差はありません。

車検代

XC40を購入すると、初年度登録から10年が経過するまでは、2年に1度の間隔で必ず車検を受けることになります。今回は大きな修理もなく車検に合格したことを想定した金額で車検整備費用を算出していますが、車検時には必ず消耗品の交換があるのでXC40の場合は、¥200,000ほどは交換部品用に準備しておくようにして下さい。

  • 自動車重量税:¥20,000-/24ヶ月
  • 自賠責保険料:¥26,680-/25ヶ月
  • 印紙代   :¥ 1,200-
  • 車検整備費用:¥30,000-
  • 車検代行料 :¥10,000-
  • 消費税   :¥ 3,200-
  • 車検費用合計:¥91,080-

車検は2年に1度なので、1年間の維持費として計算を行うと、【¥91,080-÷2年=¥45,540-/年】となります。

年間の維持費合計

  • 自動車税   :¥ 39,500-/年
  • ガソリン代  :¥118,529-/年~¥130,000-/年
  • オイル交換代 :¥ 19,500-/年
  • 車検費用   :¥ 43,940-/年
  • 年間維持費合計:¥221,469-/年~¥232,940-/年

※上記費用に消費税は含まれておりません。

この年間維持費合計には、加入条件によって大きく金額が異なる任意保険料と、お住いの地域によって大きく価格が異なる駐車場代は含まれていません。

XC40の購入時にかかる費用は?

XC40には、【T4シリーズ】と【T5シリーズ】の2タイプ7グレードが用意されています。XC40を新車で購入するときの費用を調べてみましたので紹介していきます。

車体価格

  • B4:¥4,090,000
  • B4 Momentum:¥4,790,000
  • B4 AWD Momentum :¥499,000
  • B4 AWD Inscription  :¥5,390,000
  • B4 AWD R-Design :¥5,390,000
  • B5 AWD R-Design:¥5,890,000
  • Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription:¥6,490,000

※上記の価格に、消費税は含まれておりません。

オプション装備

XC40に用意されているオプション装備を一部、紹介します。

  • パノラマ・ガラス・サンルーフ      :¥190,741-
  • ダークティンテッド・ガラス       :¥ 46,296-
  • 助手席8ウェイパワーシート        :¥ 46,296-
  • プレミアムサウンド・オーディオシステム :¥ 92,593-
  • ホワイトカラールーフ&19inアルミホイール:¥166,667-

※上記の価格に、消費税は含まれておりません。

自動車重量税

XC40を新車で購入した場合は、最初の車検有効期間が3年なので、3年分の自動車重量税を新車契約時に支払うことになります。

XC40の新車購入時に課せられる3年分の自動車重量税額は、全タイプ車両重量・1,610kg~1,690kgで、エコカー減税・本則適用車になるので【¥30,000-/3年】になります。

環境性能割

2019年10月から自動車取得税にかわって環境性能割が適用されるようになりました。車の環境性能割に応じて非課税・1%・2%・3%の4段階で税率が決められています。

「XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription」に関しては環境性能割が非課税となります。

自賠責保険

XC40を新車で購入するときの自賠責保険は、新規登録の車検有効期間は3年なので、自賠責保険は36ヶ月~37ヵ月で加入することになります。維持費のところでも説明しましたが、車検の有効期間と自賠責保険の有効期間には満了日の時間にズレがあります。

自賠責保険に加入していないと公道を走行することもできませんし、車検を受けることもできません。万が一に備えて、自賠責保険の加入はギリギリの36ヶ月ではなく、1ヶ月余裕を持って37ヶ月で加入するのが一般的になっています。

XC40を新車で購入する場合の自賠責保険料は、37ヶ月分で【¥36,780-】となります。

リサイクル料金

XC40を新車で購入する時に、解体するときの処理料金としてリサイクル料金を預託金として支払うことが義務付けられています。リサイクル料金の預託を行った証明として、リサイクル券が発行されるので自動車検査証と一緒に大切に保管して下さい。

  • T4/T4 Momentum                      :¥20,000-
  • T4 AWD Momentum/T4 AWD R-Design/T4 AWD Inscription:¥20,340-
  • T5 AWD R-Design/T5 AWD Inscription               :¥20,440-

登録に必要な諸経費

XC40を新車で購入した場合、車庫証明や名義変更の手続きを管轄の警察署や陸運局で行わなければいけません。XC40の登録に必要な諸経費の内容と費用を紹介します。

  • 検査登録手続代行費用:¥35,000-
  • 車庫証明費用    :¥ 2,600-
  • 車庫証明手続代行費用:¥25,000-
  • 納車費用                      :¥35,000-
  • ナンバープレート代 :¥ 1,500-
  • 諸経費合計     :¥99,100-

※手続き代行費用、車庫証明費用、ナンバープレート代などは、店舗や地域によって金額は異なります。

XC40の壊れやすいところや注意するべき点

XC40の故障についての報告は、他の輸入車でも良くある電気系のトラブルが多いように感じます。レギュレターの故障により、窓が急に落ちたり、上げ下げができなくなったりします。

レギュレターの不具合は、ドアの開け閉めによる衝撃や、経年劣化によって起こる故障ですが、レギュレターを交換することで改善することができます。修理代は国産車よりも部品代が高いこともあって、¥50,000-~¥100,000-ほど掛かる見込みです。

まとめ

XC40の維持費について紹介してきましたが、世界中で人気の高いコンパクトSUVで、日本でも納車待ちが出るほど人気の車種です。

コンパクトカーにしては年間の維持費も決して安くないXC40ですが、新車3年保証しかなかったボルボが2019年から5年保証が始まっていいます。ディーラー保証に頼るのも良いのですが、保証外の故障も起こる可能性はあります。万が一のためにも、消耗品交換や修理代として¥200,000-ほどは蓄えておくようにして下さい。