中古車の価格を決める条件とは?お買い得中古車を見つけるポイント

中古車の価格は、車の状態とリアルタイムの相場の人気度によって決まります。

同じ車種でも条件の違いで価格に差が付くため、お得に中古車を購入したいなら、価格が安くなりやすい条件を選ぶのが一番です。今回は、中古車の価格に影響するさまざまな要素について詳しく解説します。売却する際にも役に立つ知識なので、是非参考にしてみて下さい。

中古車価格に影響するボディカラー

車の価値を決める上で、ボディカラーというのは意外にも大きな要素を占めるポイントの一つです。一般的に、中古車市場で高値が付くのはホワイトやブラックのような、万人受けするボディカラーと言われています。

特にパールホワイトの車は世界的に人気があり、最も好まれるボディカラーです。
限定色や特別色などは希少価値が高いため価値がつきやすいと思われがちですが、万人受けするカラーではないことも多く、レアカラーだからと言って必ずしも高値になるとは限りません。

同じ車種でも価格に影響しやすい

ボディカラーの違いは価格差に影響しやすく、同じ車種でも人気色と不人気色では数万円から数十万円の差が付くこともあります。

買取査定にも大きく影響するため、いずれ売却を考えている方は、新車購入時にホワイトやブラックのような人気色を購入しておくと、後で売る際に高値が付きます。

無難な色と言えばシルバーも思い浮かびますが、シルバーは車種によっては業務用の車に見えてしまうこともあり、ホワイトやブラックに比べると人気が一段落ちます。

赤や青、黄色などの個性的なカラーは、スポーティーなSUVなどに似合うため一部で人気はありますが、やはり万人受けという点では難しいため、価格は安くなります。

色を気にしないなら人気車種を安く買える

人気車種は需要が高いためなかなか市場でも値が落ちづらいものですが、色を気にしなければお手頃価格で手に入ることが多いです。

人気車種の人気色では手が出ないという方は、色の条件を外して選ぶのが安く買えるコツです。
特に年式の新しい車は値段が下がりにくいため、色を気にしないことで安値で手に入る可能性が高まります。

中古車価格に影響する走行距離


中古車価格を決める上で特に重要なのが走行距離です。走行距離とは、車がこれまで走った総距離のことで、車の状態にも影響する大事なポイントです。

査定にも一番影響する要素

走行距離の長さは、買取査定の際にも大きな影響を与えます。一般的な走行距離の目安は1年につき1万キロで、それを超えると過走行となり、査定額が下がります。

また、走行距離が10万キロを超える車は消耗が激しいとみなされることが多く、10万キロを境に買取価格が大幅に下がるケースが多いです。

走行距離が長くても良い車がある

走行距離の長さは価格に大きく影響しますが、走行距離が長くても十分乗れる良い車というのがあります。車種によっては耐久性が高く、10万キロを超えても全く走行に影響がないというものも多いです。

そうした車は海外でも現役として活躍しており、中には30万キロ、50万キロを超えても元気に走っている車もあります。また、最近の車は性能や耐久性が年々進化しているため、10万キロが限界と言われていた一昔前の車とは比べられないほど丈夫です。

比較的年式の新しい車であれば、1年に1万キロ以上走っているような車でも、問題なく快適な走りが期待できるものが多いです。お得な価格の掘り出し物を探すなら、走行距離の長さだけでなく、車そのものの状態と併せてチェックするのがいいでしょう。

中古車価格に影響する年式


走行距離と共に、価格を大きく左右する要素が年式です。年式とは、その車が登録された年度の事で、たとえば2016年に初年度登録された車は16年式などと言います。

また、初年度登録から経った年数を数えて〇年落ちという数え方をすることもあります。

3年落ち、5年落ち、7年落ちと年式が古くなるにつれだんだん価格は下がっていき、10年落ちのタイミングは自動車としての価値がなくなる目安とされています。

年式が新しい方が人気の理由

自動車というのはモデルチェンジを重ねて進化しています。年式が新しい車が人気の理由は、まず第一にその車種の最新モデルであるケースが多いからです。

細かい部分の変更のみのマイナーチェンジと、機能やデザインが大幅に変わるフルモデルチェンジがありますが、フルモデルチェンジがされた後は一番価値が高くなります。

年式が新しい車は最新モデルであることが多く、機能的にもデザイン的にも旧モデルより優れています。やはり車を買い替えるならできるだけ最新の車種を安く手に入れたいという需要が高いため、年式の新しい車は人気となります。

また、年式の新しい車は市場に出てからの年数が少なく、走行距離が短く車の状態が良いことが多いのもメリットです。
古い年式のものほど走行距離が長くなり、車の劣化が進みます。年式の新しいものは劣化が少ないため、より新車に近い状態の中古車が欲しい方に人気です。

年式が古くても状態が良ければ狙い目

年式が古いものでも、定期点検やメンテナンスがきちんとされているものであれば、状態が良い車はたくさんあります。

年式が古く、状態の良い車は価格の安さの割に良い車なので、購入するメリットが大きいです。最新のものにこだわらないのであれば、あえて古い年式の車を狙う方が、よりリーズナブルなお買い得品が手に入ります。

中古車価格に影響する装備


中古車の場合、後からつけることができない装備が多いので、人気の装備がついた車は需要が高く手に入れにくいことがあります。

しかし、メーカー純正オプションの装備に関してはプラスに反映されることが多く、ETCやバックモニターなどが搭載されている車は普段使いに便利なので価値が上がります。

その反面、エンジンなど走行性能に関わる装備やアップグレードは街乗りでは必要ないため、それほど重要視されません。
購入する時の基準を装備で選ぶなら、走行性能より、利便性や快適性に役立つものがおすすめです。自分のライフスタイルに合わせて、どんな装備が必要かよく考えましょう。

上級グレードの車種にある装備

上級グレードに搭載されている装備は、中古車市場でも人気です。人気の装備であれば、売却する際も高額査定が期待できるでしょう。

近年ますます需要が高まっている安全機能や運転支援システムは、上級グレードの車に搭載されていることが多いです。また、上級グレードの車種はデザイン面でもワンランク上の装備が付いていることが多く、内装にこだわる方に人気です。

人気の装備

中古車価格に影響しやすい装備は、後からつけることができないものが多いです。中でも、サンルーフ、本革シート、純正カーナビは非常に人気の高い装備です。

これら全ての装備が搭載されていると、数十万円分の価値が付くこともあります。特にこだわりがなければ、あえて人気装備付きの車を選択肢から外すことで、より安く購入することができます。

例えばサンルーフは、実際に空けて走行する機会が少ないこともあり、外してもそれほど支障はありません。カーナビも、最近では市販品にも優れた商品が登場しているため、あえて純正を選ぶ必要は減ってきました。

本革シートは、車内のデザインや高級感に影響するため、人気装備の中でも最もおすすめです。

もし装備の有無をどうするか迷ったら、後から付けられる装備はカットして、購入時にしか付けられない装備を優先すると失敗が少ないでしょう。

中古車価格に影響する内外装


車の内装や外装のきれいさは、価格に影響を与えるだけではありません。その車が丁寧に使用されていたかの目安になるため、中古車を購入する際は必ず内外装の状態をチェックしましょう。

もちろん、内外装の状態が良いほど査定の際の印象が良いので、買取額もプラスになります。

売却時に外装の傷は修理しない

車の外装についた傷は、購入者から見るとかなり気になる部分です。そのため、中古車を購入する際は、傷やへこみの有無は大きな影響があります。
同じ車種でも外装の傷の有無で値段が変わってくることがあるので、自分がどの程度の範囲の傷まで許容できるか決めておくといいでしょう。

外装の傷は購入時には大きな影響を与えますが、実は売却時にはそれほど問題にはなりません。それどころか、売却時の車の傷は修理しない方が価値が上がります。
なぜ修理しない方が査定額が高くなるかというと、買取業者が自社で修理をしたほうが安価で確実な修理ができるからです

ちょっとした傷やへこみを直せる市販品もありますが、こういった商品を使うと、プロの目にはすぐに修理したことがバレてしまいます。

修理跡が目立つと車の価値が下がってしまうので、売却前に外装に傷などがあれば、そのまま査定に出してプロに修理を依頼するのがおすすめです。

内装は必ず綺麗か確認

内装が綺麗な車は清潔感があって気分が良いものです。しかし、内装が綺麗かどうかは、見た目の美しさや清潔さ以外に大きな意味があります。

中古車を買う際も売る際も、業者は内装の綺麗さを細かくチェックしています。なぜなら、内装が綺麗という事は、それだけ普段から大切に車に乗っていることがわかるからです。

もちろんすべてのケースに当てはまるわけではありませんが、内装を綺麗に使っているオーナーは、車の運転も丁寧なことが多いです。

つまり、内装だけでなく車の内部の劣化も少なく、状態が良い車と評価されます。内装の綺麗さは車の扱いの良さに繋がるので、中古車を購入する際は必ず内装をチェックしましょう。

反対に、自分が車を売る場合は内装はできるだけ綺麗にしておくと、高額査定に繋がります。

最近では禁煙車が好まれる傾向があるため、煙草の臭いが残っているのもマイナスポイントになります。ほこり等の汚れだけでなく、車内の臭いも気にするようにしましょう。

中古車価格に影響する市場人気


中古車価格を左右するのは、車の状態だけではありません。その時の市場人気というのも、価格に大きく影響します。

ランキング上位の人気車は高値になりやすい

インターネットや雑誌などで特集されている車の人気ランキングは、市場にかなり影響を与えます。ランキング上位に掲載されている車は人気が高く、中古車市場でも需要が大きいため高値になりやすい傾向があります。

人気が出やすい車種はその時代の流行によって異なりますが、SUVやミニバンは根強い人気があります。また、車種の人気ランキングだけでなく、燃費ランキングなど、性能に関する順位も要チェックです。

同グレードの車種でも、当然ランキング上位の車の方が圧倒的に人気が高く、市場価値が上がります。もちろん、買取査定の際もランキング上位に掲載されている人気車であれば、その分査定額はアップします。

長く乗るなら不人気でも条件の良い車はある

人気のある車というのは、購入する際は需要が高いため値段も高いです。しかし、流行の移り変わりやモデルチェンジ、ライバル車の登場などで人気が下がれば、値段はぐっと安くなってしまいます。

流行の移り変わりを気にせず、購入した車に長く乗り続けたいのであれば、最初から不人気車を安く手に入れるのも賢い手段です。不人気車といっても、人気がない理由はそれぞれ異なります。

例えば、デザインが理由であれば、走行性能には影響がありません。また、モデルチェンジ前の型落ちの車は最新モデルに比べて人気が落ちますが、性能としてはまだまだ十分使えるものが多いです。

不人気車だからといって敬遠せず、何故その車の人気がないかを調べれば、リーズナブルでお買い得な車を手に入れられるかもしれません。

まとめ


中古車価格は、単純に新車が値下がりしたものというわけではありません。価格が決まるには、ボディカラーや走行距離、年式、市場の人気など様々な条件が関わっています。

人気があって状態の良い車はやはり高くなりますが、お買い得な掘り出し物を見つけるなら、あえて好条件を外して探すのもありでしょう。どんな条件が人気かを知っておけば、中古車選びの際に自分にあわせて条件を取捨選択できます。

中古車の価格はちょっとした条件の違いで数万円から数十万円変わることもあるので、しっかり状態を見極めて、自分にぴったりの一台を手に入れましょう。