中古車の修復歴は車にどんな影響がある?メリットとデメリットを解説!

中古車を購入する際は、できるだけ安くてお得な車を探したいものです。そこでポイントとなるのが修復歴です。修復歴がある中古車は値段が安く、場合によってはお得なケースもあります。

修復歴がある車とはどんなものなのか、安全性に問題はないかなど、中古車の修復歴について解説します。

中古車の修復歴とは


修復歴というと、過去に何らかの修理を行った車というイメージがあります。しかし、ただ修理をしたからといって、全ての車に修復歴がつくわけではありません。

中古車市場における修復歴とは、車体の骨格に当たるフレーム部分を修理した履歴のことです。外装や内装など、フレーム以外の部位の修理は、修復歴に含まれません。

修復歴の定義

修復歴の定義は明確に定められており、中古車市場では自動車公正取引協議会と日本自動車査定協会の基準に基づいて査定を行っています。

修復歴とは、車両のフレーム(骨格)の損傷により、該当部位の修理や交換をした履歴を指します。

フレーム部分は自動車の基礎となる部分なので、ここが損傷すると自動車の強度に直接影響を及ぼす可能性があります。

そのため、ほかの部位の修理とは異なり、特筆すべき条件として修復歴と呼ばれています。

車の塗装やドア、ライトなど、フレームに関係ない部分の損傷を修復した車は、修復歴はつきません。直接車の本体に影響がない部分なので、交換や板金塗装をすれば運転に支障がないからです。

自動車公正取引協議会

自動車公正取引協議会は、修復歴の定義を車体のフレーム部分に影響する部位を修理もしくは交換した車両と定めています。

また、修復したことで自走が可能で、走行に支障がないものという条件もあります。自動車公正取引協議会に加盟している中古車販売店では、修復歴の有無を必ず告知しています。

修復歴のある車に関しては、部位や修理内容など詳細を書面にて記載し、購入者に伝わるようにつとめています。

日本自動車査定協会

日本自動車査定協会による修復歴の定義は、自動車公正取引協議会の定めるものよりさらに詳細に決められています。

①フレーム (サイドメンバー)
②フロントクロスメンバー
③フロントインサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦ルームフロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ラジエータコアサポート

これら9部位の交換や修理が修復歴にあたりますが、フレーム部分と認められるのは溶接された部分のみで、ネジ止め部分は除きます。

①から⑧の部位は、交換および凹み、曲がりがあるものが修復歴とされます。また、⑨のラジエーターコアサポートは交換を行った上で、隣接するフレーム部分に凹みや曲がりがあり、修理されているものが対象となります。

さらに一部車種に関しては、ラジエーターコアサポートは修復歴にあたらないケースもあるため、この部分の補修を行っていた場合は販売店に内容の確認が必要です。

事故車との違い

修復歴と事故歴はよく混同されがちですが、全く異なるものです。事故歴というのは、何らかの事故により損傷した履歴を指します。また、事故というのは自動車事故だけでなく、災害なども含まれるので、たとえば冠水被害に遭った車も事故歴になります。

それに対して修復歴はあくまでフレーム部分の修復をした履歴だけを指すため、事故歴があっても修復歴がない車というのが存在します。

ちなみに修理歴というのは、フレーム部分以外を修理した履歴です。車の本体に影響しない部位の修理のため、販売店によっては修理歴の告知がないケースもあります。

修復歴がある中古車のデメリット


修復歴がある車は、車体のフレーム部分に何らかの修理を加えているだけに、購入の際は注意が必要です。デメリットも多いため、単純に値段の安さだけで購入すると後で後悔する可能性もあります。

修復歴がある車を購入する際は、自分にとってどれだけ影響があるか、デメリットを十分検討しましょう。

修復の内容を確認しないと後でトラブルに

修復歴と一言でいっても、その修理内容や原因は様々です。

フレーム部分の修理でも軽微なものであれば走行にほとんど影響はありませんが、中には重大な損傷を修復したものもあります。どのような修理を行ったのか、また損傷の原因を必ず確認しましょう。

重大な事故などで損傷した車の場合、購入後にトラブルが発覚する可能性があるからです。特に直したところがフロントの場合は、操舵性や安全性に関わるため細かいチェックが必要です。

信頼できる販売店であれば、修復歴についての説明はきちんとされるはずです。説明が不十分な場合、質問しても納得のいく答えが得られない場合は、購入を再検討することをおすすめします。

修復歴がある車はリスクがあるということを頭に入れ、相場より明らかに安い中古車は修復歴が明示されていなくても、過去にトラブルがなかったか確認を取ると安心です。

買取査定時には不利に

特に問題なく走行する車でも、修復歴ありというのはそれだけで大きなマイナスポイントとなるので、買取査定時には大幅に査定が不利になることがほとんどです。

やはり、一般的には修復歴のある車は敬遠される傾向が強いため、たとえ軽微なものであっても価値は下がってしまいます。

修復歴のある車を購入した場合、買取に出す際は最悪値段がつかないケースも想定しておき、再度買取に出すより、廃車まで乗り続けることも検討するといいでしょう。

修復歴がある中古車のメリット


修復歴がある車はリスクが大きい点ばかりではありません。

主に価格面で大きなメリットがあり、とにかく安い中古車を探しているなら、あえて修復歴のある車を探すというのもありです。

修復歴なしの中古車より安い

修復歴のある中古車を購入する最大のメリットは、やはり価格の安さです。

同じ年式、走行距離の同車種でも修復歴の有無で数十万円単位の価格差があることは珍しくありません。年式が新しく走行距離が短い車は高値が当たり前ですが、修復歴がつくだけで破格の値段で購入できることもあります。

過去にフレーム部分を修理した車でも、走行に支障をきたすほどの大きな損傷があった車というのは意外と少ないです。
ほとんどの場合、フレーム部分のちょっとした凹みや曲がりなど、軽微な損傷ばかりですが、やはり骨格に当たる部分を修理したというイメージの悪さは、根強く消費者に広がっています。

修復歴があるというだけで敬遠されることが多いため、安くしないと買い手がつかないので、大幅に価格が下がるのです。

価格重視ならば狙い目

中古車を購入する際、価格を第一条件で探すのであれば修復歴のある車は狙い目です。

前述の通り、修復歴がある中古車でも大きなダメージがあるものは稀なので、実際は値段以上にお得な車がほとんどです。

修復歴のない車に比べると確かに故障リスクは高く、あとで買取価格も付きづらいですが、取り急ぎ安い車が欲しいという場合などは、修復歴がある車をあえて選ぶという選択肢もありでしょう。

修復歴がある中古車の見分け方


信頼出来る中古車販売店であれば、何らかの修理を行った場合、きちんと詳細が告知されています。

しかし、全ての中古車販売店が誠実とは限らない上、見落とされているトラブルがある可能性もあります。いざというとき、自分で修復歴の有無を判断するためにチェックしたいポイントをまとめました。

車体のゆがみがないか

本来、自動車というものはパーツの隙間が均一で、全ての部分が歪みなく組み合わされています。そのため、車の隙間に歪んでいる部分があれば、何らかの修理があった可能性を疑った方がいいでしょう。

自動車というのは非常に剛性が高く精密に作られているため、多少の衝撃で歪むことはありません。
もしも車体のどこかにズレや歪みを見つけたら、過去に強い衝撃を受けた可能性があるため、必ず販売店に状態を確認しましょう。

特に、ボンネット、ヘッドライト、フロントバンパー周辺は念入りにチェックしてみて下さい。事故に遭った車は、前面が歪みやすく、注意してみれば一目瞭然というケースが多いです。

修理した跡がないか

自動車の修理跡を確認するには、塗装の色合いをチェックする方法が役立ちます。

修理している部分がある場合、その部分の色合いが変わっていたら板金塗装やパーツ交換の可能性が高いです。車の色合いをチェックする際は、近くで見るだけでなく、離れて全体を見ると違和感のある部分を見つけやすくなります。

また、ボルトや取付部位、樹脂部分の接合部は壊れやすい部分なので要チェックです。これらの部位に溶接や接着の形跡があった場合は、事故による修復の可能性を疑いましょう。

車の状態を確認した際、フレーム部分に関係ない部分でも修理の跡が見られれば、内部にも何らかの影響を及ぼしている可能性は十分あります。

ちょっとした塗装の違いや、部品の欠けなどでも、必ず販売店に理由を確認するようにしましょう。

同じ車と見比べる

もし可能であれば、購入したい車と同じ車を見比べるようにすると違いに気付きやすくなります。どれだけ慎重に確認しても、やはり素人が車の状態を見極めるのはなかなか難しいものです。

歪みや塗装の違いなど、明らかにわかりやすいトラブルなら気付きやすいですが、そうでない部分を判断するのはかなりハードルが高いです。

そんな時、同じ車を見比べることができれば、明らかに違う部分を見つけやすくなります。
例えば、単体では何の違和感もなかった部分も、同じ車を見比べた時、ボルトが他と違うものが使われていたなどというケースがあります。

こうした細かい部分は意外と気付きにくいので、修理や交換の可能性を調べる際は要チェックです。

中古車の修復歴にこだわる


修復歴のある中古車にはメリットとデメリットがあります。どのような乗り方をするかによって、修復歴の有無にこだわった方がいい場合と、そうでない場合があります。

長期的にみれば避けた方がいい

修復歴があっても軽微なものなら、購入してしばらくは問題なく乗ることができるでしょう。しかし、長い間乗る車を探しているのであれば、修復歴がある車は避けた方が無難です。

修復歴がある車は、短期間で乗り潰す使い方をする分には安くておすすめですが、乗る期間が長くなるほど故障リスクが上がります。

そもそも中古車は新車と比べて故障リスクは高い上、車の重要な部分であるフレーム部分の損傷はやはり大きなデメリットです。

修復歴があっても問題なく乗れる車が多いとははいえ、リスクはあります。また、修復歴がある車は長期保証が付けられないこともあるので、故障した場合は実費での修理か買い替えが必要です。

安さと故障リスクを比較した上で、自分で納得できるものであれば修復歴がある車は非常にお得になりますが、購入を検討するなら修復歴のある部位や損傷の程度をしっかり見極めることが大切です。

修復歴ゼロの中古車を扱う業者

購入した中古車に長く乗りたい方にとっては、修復歴のある車はできるだけ避けたいものですが、中古車販売店などで直接在庫を見ると、修復歴のある車とない車が混在している事がほとんどです。

最初から修復歴がある中古車を避けるなら、修復歴ゼロの車を扱う業者から選ぶのがおすすめです。

中古車情報サイトのカーセンサーなら、検索で修復歴のない車だけを選ぶことができます。メーカーごとに細かく条件を絞った検索が可能なので、修復歴のないの中から自分に合った中古車を探せます。

また、中古車販売店の大手であるガリバーは、全ての中古車の修復歴を徹底的にチェックして、問題の無い車を販売しています。

入庫時の検査を元に車の状態を6段階に評価し、修復歴はもちろん、軽微な修理の履歴まで全て開示しているので、購入時に修復歴のない車を確認して選ぶことが可能です。

ガリバー独自の車両状態表により、内装、外装、フレーム部分まで細かい評価を確認できるので、信頼性は抜群です。

まとめ


いかがでしたか?修復歴は、中古車を購入する上で重要なポイントとなります。値段の安さは魅力ですが、フレーム部分の修復をしたという履歴は、やはり事故リスクに影響を及ぼします。

自分が値段の安さを重視するか、安全に長期間車を利用したいかによって、メリットとデメリットのバランスを考えて検討しましょう。

状態の良い車を見つけることができれば、値段も安く十分走行できるものが多いので、お買い得な車を探している方にはメリットが大きいでしょう。