中古車の購入方法 現金一括とローンどちらを選んだ方が良いの?

これから中古車を購入しようとする人で、現金一括で支払った方が良いのかローンを組んだ方が良いのか悩んでいませんか。金利が掛からない現金一括の方が良いというイメージがあると思いますが、本当にそうなのでしょうか。

実際には中古車を購入する人の状況によって、現金一括の方が良い場合もあれば、ローンを組んだ方が良い場合もあります。あなたの場合は、現金一括とローンのどちらが良いのか、この記事で確認してみてください。

中古車の購入は現金一括とローンのどちらが良いの?

中古車は購入するクルマによっては車両価格が安い場合があるため、現金一括で購入した方が良いのか、ローンを組んだ方が良いのか悩む場合が出てきます。それぞれの良い点と良くない点を見てみましょう。

現金一括で中古車を購入する場合

良い点

現金一括での購入における一番良い点は、ローンで発生する金利がないため中古車を安く購入できることです。そして、ローンを組む場合には必要書類の作成や審査など手間がかかり面倒が多いのですが、現金一括ならその場で現金を支払うだけで済むので手間も面倒もありません。

良くない点

現金一括で購入すると、せっかく貯めたお金が一気に減ってしまい、今後の生活に不安を感じるかもしれません。実際にクルマは購入後にもガソリン代や消耗品の購入など、さまざまな維持費が必要となります。購入で貯金を使い果たしたことで、維持費が捻出できなくなる可能性が出てきます。また、現金一括での購入にこだわると、お金が貯まるまでクルマを購入できないので、タイミングを逃すこともあります。

ローンで中古車を購入する場合

良い点

ローンで購入すれば、貯金一気に減ってしまうような心配がありません。購入後のクルマの維持費や予期せぬ出費にも備えられるので、経済的な面で安心できます。低金利のローンを組むことができれば購入費用の膨らみも小さくできるので、毎月の支払による負担を減らすことができます。また、中古車販売店のローンを利用すれば、値引き交渉などがしやすくなり総支払額を下げられる可能性もあります。そして、手元にまとまった資金が無くても、欲しいと思ったタイミングで中古車が購入できます。

良くない点

ローンを組むには審査に通る必要があります。もし過去に何らかの支払や返済を延滞したことがあったり、他で多額の借り入れをしているような場合、審査落ちしてローンが組めない可能性があります。またローンの種類によっては、車検証の所有者名義がローン会社になるため、万が一のときに一括返済を求められるリスクもあります。他には、高い金利のローンしか組めなかったり、保証料を高く設定されることで、支払い総額が高額になる可能性もあります。

中古車購入で組めるローンには種類がある

ローンは大きくわけて3つの種類があります。それぞれの特徴をお伝えします。

金融機関のカーローン

銀行や信用金庫である金融機関が取り扱っているカーローンです。金利は1.0~3.0%ほどと他のローンよりも低金利でお得なのですが、審査は一番厳しくなっています。またローンを組むためには、取り扱いの金融機関へ出向いて手続きする必要があるため手間がかかります。返済中の車検証の所有者名義は購入者本人になることがほとんどです。

販売店のカーローン

ディーラーや中古車販売店が提携している信販会社やクレジットカード会社など取り扱っているカーローンです。金利は4.0~10.0%ほどで金利ややや高めになりますが、審査は緩く比較的通りやすくなっています。金利が高めなため支払総額が高くなりますが、一定の条件を満たすと値引きなどの優遇が受けられる場合があります。返済中の車検証の所有者名義はローン会社になることがほとんどです。

残価設定型ローン

ディーラーや中古車販売店が提供する残価設定型のカーローンです。残価クレジット型とも呼び略して残クレとも呼びます。購入時に数年先の下取り価格である残価を設定し、本体価格から残価を引いた金額をローンで返済していく方法。通常のローンよりも月々の支払額を安く抑えられることが最大のメリットですが、中古車の状態によっては残価が設定できない場合があります。

中古車購入でローンを組むときの注意点

 

ローンを組めば手元にまとまったお金が無くても、すぐにクルマが購入できるメリットがあります。しかし途中でローンを返済できなくなってしまえば、クルマを手放すことになってしまいます。確実に返済できるローンを組むための、気にするポイントや注意点をお伝えします。

毎月返済できる金額からローン期間を決める

まずは自分の収入がいくらあり、毎月生活していく上でどれくらいのお金が必要なのかという、収入と支出をしっかり確認する必要があります。月々の返済金額を適当に考えて決めると、ローンが始まってから返済できないということにもなりかねません。

ローンに使える金額は、おおむね年収の20~25%以下と見るのが適切です。例えば年収300万円の人ならローンに使える金額は60~75万円です。これを12カ月で割ると毎月の返済金額は5~6.25万円になります。この返済金額は金利も含んでの金額であることを忘れないでください。

またクルマを維持していくにはガソリン代、駐車場代、自動車保険、毎年の自動車税、2年毎の車検、その他タイヤやオイルなどの消耗品にもお金が必要になります。欲しいと思っているクルマは、年間でどれくらい維持費がかかるのかも調べておく必要があります。もし欲しいと思っているクルマが、年間で10万円の維持費がかかるなら、先ほど計算したローンで使える金額からこの10万円は必ず引いておかなければなりません。

これらの計算はあくまでも一例になりますので、実際にはご自身の支出額や残る金額によってローンで使える金額は変わります。しっかりと事前に計算して、毎月無理なく返済できる金額でローンを組むようにしましょう。

何年乗るかでローン期間を決める

できればクルマを乗り換える前にローンを完済したいものです。新しいクルマを購入するには、今のクルマを売却して手放すことにないます。もし売却する今のクルマにローンがまだ残っている場合、残金を一括で返済しなければなりません。

乗り換えを考えるタイミングの多くは車検を迎える時です。中古車購入の場合は車検が切れている場合もあれば、車検の有効期間がいくらか残っている場合があります。購入と同時に車検を受ける場合は、2年後、4年後、6年後となり、いくらか車検がの有効期間が残っている場合は、その期間プラス2年後、4年後、6年後というようになります。車検が来る前にローンを終わらせるためには、4年や6年といった年数で返済できるように設定しましょう。

ローン期間と毎月の返済金額、どちらを優先した方が良いのかと言えば毎月の返済金額です。毎月の返済金額が許容範囲を超えるとローンの返済が滞り、クルマを泣く泣く手放すことになります。キリがいいからと3年など短いローン期間を選択して、毎月の返済金額が多くならないように注意しましょう。

生活変化も考えてローンの返済金額や期間を決める

結婚する予定がなくしばらくの間は独身で過ごすというような、生活に大きな変化がない人であれば、今の状態を基準にローンの返済金額や期間を決めても問題はないでしょう。しかし結婚している人、子供が近々産まれる人、来年には子供が入学や進学する人など、これからどんどん生活が変化していく人は、先の変化を見据えてローンを考えなければなりません。

子供が増えると養育費が必要となり出費が増えます。そして子供の成長とともに養育費は大きくなっていきます。お子さんの養育費がいくら必要になるのかを把握して計算した上で、無理のないローンの返済金額や期間を決めるようにしましょう。

ボーナス払いは避ける

ローンには毎月の返済とは別に「ボーナス払い」というものがあります。このボーナス払いは任意に設定できるものです。ボーナス払いを併用すると、毎月の返済額を少なくできたり返済期間を短くすることができます。

返済額が少なくなったり、返済期間が短くなるのは嬉しいことなのですが、ボーナス払いの金額は毎月の金額に比べてかなり高額に設定されます。ボーナスは会社が利益を出した時に出るものなので、もしもの時には出ないことも考えらえます。万が一ボーナスが出なくても不安なくローンの返済をしたいのであれば、ボーナス払いは使わないようにしましょう。

繰り上げ返済の活用

住宅ローンでよく聞く「繰り上げ返済」ですが、これはクルマのローンにもあります。繰り上げ返済とは、ローン残金の一部もしくは全部を、毎月の返済とは別にまとめて返済することです。

繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2つがあります。毎月の返済額はそのままでローン返済期間を短くしたいなら期間短縮型、ローン返済期間はそのままで毎月の返済額を減らしたいなら返済額軽減型を選びます。どちらにしても繰り上げ返済をすれば、ローン残金が減るので利息も下がり得になります。

金融機関や信販会社によっては、どちらかしか選択できない場合があります。また繰り上げ返済できる回数が決まっている場合もあります。そして繰り上げ返済には手数料がかかる場合もあります。複数回の繰り上げ返済を行うと手数料がかさばり、逆に返済金額が大きくなることもありますので、繰り上げ返済を行うときは手数料などを事前に調べて損にならないように行いましょう。

まとめ

中古車を購入する方法として現金一括とローンそれぞれを見てきましたが、現金一括にもローンにもそれぞれ良い点と良くない点があります。どちらが良いのかという判断は、購入する中古車や購入される方の経済状況などで変化します。これらを総合的に見て、自分にとってどちらが良いのかを見極めることが大切です。

またローンを組む場合には、できるだけ金利の低いところを利用するようにして支払総額を極力少なくし、月々の支払金額や返済期間をご自身の経済状況と照らし合わせて、無理のない計画を立てるようにしましょう。