人気のSUVをランキング比較!クロスオーバーSUVの流行車種の特徴は?

この記事では、suvのランキングを通してメーカーや国内・海外で人気のある車種について紹介します。

ランキングに見る人気のsuv

ランキングには売れている車の特徴が色濃く反映されます。suvの自動車も同様に選ばれる理由やその特徴がランキングから垣間見えます。そこで、ランキングから分かるsuvの購入層や支持層から選ばれているタイプについて解説します。

女性にも人気のコンパクトタイプ

suvの車種ランキングでは、CX-3やハスラーなど女性から支持を受けるコンパクトな車種があります。ホンダのヴェゼルはインテリアにも気を使っている車で女性からの乗り心地も好評です。

特にサイズが小さいコンパクトクロスオーバーsuvは海外製の車でも日本の女性に人気が高い傾向にあります。

ファミリー層の支持が高い3列シート

女性人気はデザインやモデルに左右されることが多いでしょう。最近のsuvは、ファミリー層向けの車種が増加しています。出回たっばかりの初期頃、マツダのCX-8は家族の多いご家庭での買い物や旅行などを実現する3列シートを日本で最初にsuvとして導入しています。

ファミリー層向けの7人乗れる3列シートとしては、CX-8に加えて、スバルのエクシーガ・クロスオーバー7、ランドローバーのディスカバリースポーツ、シボレーのキャプティバなどがあります。

トヨタのランキング上位suv

人気のsuvを生み出しているメーカーの一つに世界で多くの販売実績を生み出したトヨタが挙げられます。トヨタは日本を販売の中心としている新車suvと比べて、現suvの車種に海外で技術や走行性能を高めたノウハウを注ぎ込んでいます。

そこでトヨタのランキング上位suvについて紹介します。

CH-R

最近では、suvの利用場所として、都会で舗装された車を運転する機会が増えたことから、フォレスターやジュークだけではなくトヨタのCH-Rが選ばれています。分類としては、コンパクトsuvに位置づけられています。

CH-Rのエンジンの中でもハイブリッドが特に人気で燃費や環境基準のクリアなど運転性能や乗り心地だけでなく実際の燃費コストに目を向けている車両です。足回りのよさや運転のしやすさが追求されていて、日本の外で荒地や見通しの悪い場所でも走行可能など世界を代表するsuvです。

アクアクロスオーバー

クロスオーバーsuvとしてトヨタから発売されているのがAQUA(アクア)です。デザインは細部までこだわっていて、燃費効率が高い走行ができます。車底も30mmの高さがプラスされたことにより、乗車時の視点が高く運転時の視界が良くなります。

重心を車体の中心に集めているため安定した運転が可能で、クロスオーバーsuvとしての長所を生かす走りを実現します。またデザインはシャープな印象を与えるこだわりインテリアとして、ベージュなど14色のカラーから選べます。

ハリアー

トヨタが1997年に別車種のカムリから改良した高級クロスオーバーsuvというsuvのジャンルを開拓した自動車です。現在では、クロスオーバーsuvとしての外観や性能に加えて全体的に高級感を残しているのが特徴です。

特にハリアーの機動力を支えているターボエンジンが燃費を維持したまま自在な加速を可能とします。ロスの少ない走り出しや制御に加えて、スポーツカーのような走りをAI制御のシステムにより実現しています。

ランドクルーザープラド

1984年にライトデューティーのワゴン車として登場したのが、ランドクルーザーです。元々、業務向けの自動車であった車の足回りを小型化して乗用車にしたsuvがランドクルーザープラドです。

2009年に一新して、現在のランドクルーザープラドになるまでフルモデルチェンジを繰り返して改良や変更が加えられています。

オフロード走行の性能が高く、マルチテレインセレクトと呼ばれるシステムで足場や路面に合わせた5つのモードを選択できます。また、足回りの制御(ステアリング)だけで悪路を突破する走破性能を保持していることも特徴です。

ディスプレイには簡単なガイドが表示されるなど、しっかりとしたサポートが備わっています。

スズキのランキング上位suv

スズキは独自のコンパクトカーを作る技術に加えて4輪駆動の技術をまとめて実現した自動車がスズキのsuvです。

人気のコンパクトカーを排出してきたスズキのノウハウを組み合わせたsuv、今のsuv流行の市場でも十分に人気を獲得しています。そこで、スズキのランキング上位suvとして4つの車種を紹介します。

イグニス

スズキが販売するイグニスは、2016年に発売されたばかりのクロスオーバーsuvでしょう。外観のシンプルさと内装や運転席回りのインテリアが特徴です。

同じスズキから出ているsuvのハスラーやエスクードが小型・軽であるのに対し、コンパクトカーの位置づけとして販売されています。コンパクトなデザインと機敏で小回りができる長所があります。

また、走行性能が高い点やシチュエーションにあわせた走りができる点が評価されています。走行のコントロールによって坂道や雪道でも快適に運転できる4WDを駆使したシステムを採用しています。

エスクード

スズキの車種の中でもクロスカントリーsuvとして爆発的な人気を獲得したのがこのエスクードです。1988年に発売されて、現在では数度のフルモデルチェンジを経たのち、コンパクトsuvとして現在のsuvトレンドにあたる自動車です。

レジャー向けだけに限らず、走行性能の高さや駆動の自在さは普段の道路を運転するのにも使えます。エスクードなら移動距離が長くても快適なドライブを楽しめます。

ハスラー

2014年にスズキから登場したのが、クロスオーバーsuvの小さめの乗用車として作られたハスラーです。2019年にはフルモデルチェンジが予定されている最先端のsuvです。

雪道やオフロードに強いアクティブな動きができる車になっていて、その軽やかさや軽快さからsuvとしての人気も非常に高いものがあります。スズキといえばジムニーだが、ハスラーも結構な人気があります。

ジムニー

ジムニーはsuvの中でもとりわけ珍しいラダーフレームによる設計思想なのが特徴です。悪路の走行に高い走行性能を発揮します。

レジャーや山道・雪道の走行も問題なくこなせるだけのキャパシティがある数少ない車です。ラダーフレームは現在新開発されたものに置き換わっており、爽快な走りを支えています。

レクサスのランキング上位suv

トヨタが発売するsuvの中でも高級車を基本としたオンセプトで生産されているのがレクサスです。

トヨタ製品ではあるが他の乗用車と共通ではなく、レクサスブランドとしての独自性を強調するためにレクサスブランドにしかない技術開発をしているなど海外向けのみならず日本でのブランド拡大を目指して販売が続けられてきたsuvという側面があります。そこで、レクサスブランドの人気suvを紹介します。

RX

レクサスブランドの一つとして発売されたモデルで、高級車とクロスオーバーsuvを組み合わせた車です。3列シートの7人乗りが可能な車内と、都心の一般道を走るための高級感あふれるデザインが特徴のミドルサイズsuvとしても人気が高いでしょう。

NX

レクサスブランドの中でもコンパクトさやスタイリッシュな形状に力が入っているのがNXです。クロスオーバーsuvとしてパワフルな走りができると同時にsuvとしてコーナリングのトルクの間隔チェンジを自動でするなど安定した走りができます。

LX

レクサスブランドのsuvとして先陣を切ったのがこのLXです。フラッグシップsuvと呼ばれる最高級車としての立ち場として販売された車種です。クロスカントリーのランドクルーザーの姉妹車で、オフロード走行の性能に優れています。

マツダのランキング上位suv


マツダで人気のsuvといえばCXシリーズです。そこで、マツダのランキング上位suvについて紹介します。

CX-3

マツダから2014年に発売しているsuvの一つがCX-3です。コンパクト車×クロスオーバーsuvとしてのデザインや性能が注目を集めた魂動をテーマとする自動車でもあります。

CX-5

クロスオーバーsuvで人気のマツダのCX-5。独自のエンジン技術による燃費効率の高さや乗り心地が快適な部分などsuvとして評価されています。また、メタルティックな外観のかっこよさと相まってデザインの人気が高いことも忘れてはなりません。

CX-8

ミニバンの自動車市場の減退に新たなカンフル剤として投入されたクロスオーバーsuvこそがCX-8です。これまで登場したCX-5などとプラットフォームを同じくしていながら荷物より人の乗車を優先。空間を意識した車内やシートが、ドライブをより楽しめるsuvにしています。

三菱のランキング上位suv

三菱のsuvには人気のアウトランダーやパジェロなどが発売されています。そこで、ランキング上位suvについて3車種を紹介します。

アウトランダー

ミドルサイズsuvとして人気を強固なものにしたのが三菱のアウトランダーです。ライズという軽くて堅いボディと燃費の良いエンジン走行時の安定感を確立したサスペンション、47WDの電子制御などsuvとして実現するための高い技術が投入されている自動車です。

RVR

三菱の中でアウトランダーの陰に隠れているものの一定の評価を市場で得ているのがこのワゴンとsuvの特徴を持つRVRです。

2010年に最新モデルが発売され、エネルギー効率を高める低燃費仕様やデザインコンセプトの変更がモデルチェンジで随時されています。そして、サイズとsuvの走行性能を組み合わせた自動車です。

パジェロ

suvの走破性やオフロード走行など走りがっての良さをイメージさせるデザインとフレームが特徴の人気RVがパジェロです。ラダーフレームによる衝撃の吸収や動作の性能向上により荒れた場所の走行も快適にできるsuvのメリットをかね備えています。

その他メーカーのランキング上位suv

以上に挙げた車種以外にメーカーで上位のランキングです。

日産 エクストレイル

ミドルサイズsuvとして世界で人気を誇るのが日産のエクストレイルです。各国市場に人気がある車種でsuvの代表的な自動車といえば名前が挙がるほどです。特にヨーロッパ向けの車両は人気が高く、モデルチェンジなどが繰り返しされている状況です。

スバル フォレスター

スバルのフォレスターは、家族や多人数向けのクロスオーバーsuvです。総合的な安全性能を保持しているのが強みです。使いやすさや心地よさを提供することをテーマとして開発が行われた自動車でもあります。

suvのリセールバリューは?

suvはリセールバリューが下がりにくい車種として中古車市場では人気があります。人気車種suvのリセールバリューは3~5年でおよそ65~82%です。そこで、suvのリセールバリューについて車種ごとに解説します。

スズキ ハスラー

スズキのハスラーは、3年落ちでも90%近いリセーリュバリューを維持します。G・グレードであれば3年で走行距離も短ければ60~70%、高ければ80%ほどの高いリセールバリューになります。

ホンダ ヴェゼル

ホンダのヴェゼルは平均して65~70%という高いリセーリュバリューのあるsuvです。ハイブリッドZ・グレードでは、3年落ちでも70%を超えるリセーリュバリューで、他のグレードも68%前後を維持しています。

日産 エクストレイル

日産のエクストレイルは3年落ちで55~60%のリセーリュバリューです。5年落ちになると50%を下回るため、3年以内の下取りや買取が必要な車種です。

スズキ ジムニー

スズキのジムニーは、全体的に新車の状態でのリセーリュバリューが高くXG・ランドベンチャーなど90~130万円と、3年~5年でも60~80%の高い価格が見込めます。

三菱 アウトランダー

新車価格が高めのアウトランダーでは250~300万円の間で下取りされます。

トヨタ C-HR

人気のトヨタC-HRは最低でも60%を超えていて、新車購入から時間の経っていないものなら75%ほどのリセールバリューで、200万円以上の価格がつきます。

まとめ

今回は人気のsuvとしてランキングから見た車種の特徴やリセールバリューについて解説しました。女性に人気のsuvやメーカーごとに特徴のある車種がコンセプトによってさまざまなsuvのジャンルを開拓してきたことが分かります。リセールバリューを確認しつつ、下取りや買取に適切している時期を見極めましょう。