今話題の未使用車はどこに行けば買えるの?未使用車を徹底調査

新車を買いたいけど、未使用車の方がお得だと聞いて未使用車に興味のある人が結構いますよね。未使用車は、文字の通り未だ誰も使用していない車のことを言いますが、新車ではありません。今回は、意外と分からないことが多い未使用車について紹介していきます。

未使用車の定義

各自動車メーカーで製造して誰も購入をしていない新品の車のことを言いますが、未使用車とは新車を書類上だけで名義変更を行った車のことを言います。そうした理由から、未使用車の販売元はディーラーしかありません。

名義登録した後一度も使用されていない

新車の名義変更だけを行った車を未使用車と言いますが、未使用車を実際に運転して日常使いをしてしまうと未使用ではなく、普通の中古車になってしまいます。

簡単に言いますと、新車はまだ誰の物でもない状態ですが、名義変更を行うことで書類上だけであっても法律上、誰かの所有物になってしまうため、その瞬間から新車ではなくなってしまうということです。昔は新古車とも言われていましたが、一度誰かの名義になった車は法律上は中古車の扱いになるので、現在では未使用車の呼び方で統一されています。

なぜ未使用車はできるのか

通常の販売経路でいきますと、未使用車が誕生するとしたら、一度お客様が購入して名義変更まで完了したにも関わらず、何らかの理由で納車目前にキャンセルした場合にしか発生することがありません。

本当はしてはいけないことですが、ディーラーが新車販売台数を増やすために自社名義で大量に新規登録を行うことがあるため、未使用車が生まれてしまっています。なぜ、ディーラーは無理をして未使用車を作るのかと言いますと、販売台数の確保を最優先にしているからです。

自動車メーカーにとって販売台数は、各メーカーにとって大切な指標なので、販売台数を下げる訳にはいかないため、販売店であるディーラーへ奨励金を出してでも販売するよう促します。例えば、現在の国内の自動車販売台数の1位はトヨタですが、トヨタが3位になったらどうですか?

トヨタの販売台数が急激に落ち込むことがあれば、株価にも影響が出ますし、日本だけではなく世界にも影響が出るほど大変なことが起こってしまいます。そうならないためにも、各メーカーは1台でも多く車を販売して、それぞれの地位を確保しなければいけません。

しかし、ディーラーも販売台数を安定させることは困難なため、厳しい月には自社で買い取ってでも販売台数を確保しなければいけない時があります。目標としている販売台数をクリアするため、自社で買い取った新車を新規登録して未使用車をまず作ります。

その未使用車を業者オークションへ出品して、売却することで新車を買い取ったお金を回収する仕組みをとっています。万が一、未使用車が業者オークションで赤字になったとしても、メーカーからの奨励金で収支のバランスをとっています。このようなディーラーとメーカーの事情によって、どうしても未使用車が作られてしまうのが実情です。

未使用車のメリット

一般的に未使用車とは、新車にナンバープレートが付いただけなので、神経質にならなければ未使用車も新車も基本的には同じと考えても間違いはありません。自動車検査証の所有者欄にディーラーの名前が入っただけなので、車自体は新車と変わらないため、問題はありません。未使用車を購入するメリットについて紹介していきます。

納車が早い

未使用車は、新車と比べて納車が早いと良く聞きますが実際はどうでしょうか?新車の通常の流れは、お客様との契約が決まってからメーカーへ車の発注を行います。

メーカーは、ディーラーからの仕様書が届いてから生産に入るのですが、オプションパーツなどがある車の場合は、生産ラインの工程が違うのでどうしても納期に時間が掛かってしまいます。オプションパーツの取り付けが無い車でも、最短で2~3週間はかかりますし、出来上がった車をメーカーからディーラーまで陸送させなければいけません。

ディーラーに車が届いてから名義変更の作業に取り掛かるので、どうしても新車の場合は早くても1ヶ月ほど納期に時間が掛かってしまいます。それに比べて未使用車の場合は、車がすでにある状態からスタートするので、新車を一から生産することを思うと納期が早くて当然ですね。

一般的な中古車と比べても未使用車は、大きな整備もする必要がないため車庫証明を出している間に、オイル交換など簡単な作業は済ませることが出来ますし、陸運局へ行っても新車のような新規検査も必要ないので名義変更も簡単に終わらせることができます。未使用車なら購入から納車まで1週間もあれば可能なので、新車と比べたら格段に早く納車することができます。

新車同然なのに安い

未使用車は新車よりも安いと言いますが、新車を買うことを思えば安いかな?という程度です。とても安い訳ではありませんが、¥100,000-でも新車よりも安ければ良いという人には、未使用車は良いと思います。未使用車は、新車を購入するよりも¥100,000-~¥200,000-ほど安く購入することができるのはメリットと言って良いです。

税金類が安い

少し前までは、新車に比べて未使用車だと自動車に関わる税金が安く済んだので、車両本体価格と諸経費の合計金額で新車よりも安く購入することができました。しかし、ここ最近ではエコカー減税の関係で、自動車重量税や自動車取得税など新車時から免除や減税がある車も多く、昔ほどお得に感じることはないかもしれません。

しかし、エコカー減税対象外のガソリン車などの未使用車は、自動車重量税や自動車取得税が新車と比べて格段に安くなるので、未使用車を購入するならガソリン車を狙うのが良いです。

その他

その他では、未使用車は新規登録が終わっているのでナンバープレートも付いた状態です。ちょっとした金額ですが、新規検査印紙代やナンバープレート代が未使用車は掛からないので、諸経費が新車よりも若干安くなします。

また、納車整備もオイル交換くらいなので諸経費の部分で、新車よりも安く済ませることができます。ちょっとしたことですが、少しでも安く新車に乗ることを考えると、かなりのメリットになるはずです。

未使用車のデメリット

良いことだらけの未使用車ですが、残念ながらデメリットもあります。未使用車を購入するときの、デメリットを少し紹介していきます。

好みの車が見つかりにくい

未使用車は、ディーラーが販売台数を稼ぐために自社登録を行った車が多いので、一番低いベースグレードの車が殆どです。逆に売れ筋のグレードは、未使用車にしなくてもすぐに売れますし、受注が追い付かなくなったりするとディーラーも困るので、わざわざ未使用車にすることはありません。

未使用車は、ディーラーがメーカーから買い取って新規登録を行うので、出来る限り原価を安く済まさないといけません。こうした理由から、車両原価の安いベースグレードを未使用車にして販売台数を稼いでいます。そのため、一般ユーザーはオプションパーツの付いていないベースグレードの未使用車を購入することになるので、好みの車とは内容がかけ離れてしまいます。

グレードやパーツに拘りがないユーザーには未使用車はお得ですが、目的を持ったユーザーには妥協する気持ちが大切になってきます。自分が欲しいグレードや装備が付いた車を選ぶことができないので、これは大きなデメリットになってしまいますね。

次の車検が迫っていることも

早い時期に未使用車にしてしまうと、新規登録してから数か月経ってしまっていることがあります。新車なら次の車検まで3年ありますが、未使用車の場合は新規登録を行ってから寝かしている分だけ車検期間が短くなってしまいます。半年くらい寝かせてあるのは良いのですが、1年以上寝かしてしまうと未使用車とは言い難いので避けるべきです。

未使用車を店舗で買う

未使用車を買う方法は、中古車販売店で買う方法と、ディーラーで直接買う方法の2通りの方法があります。

中古車販売店

中古車販売店で未使用車を購入することができますが、それほど台数がないので未使用車と出会えるかどうかが最大にポイントになりそうです。中古車販売店が、未使用車を仕入れるルートは業者オークションで購入するのが主流なので、価格自体は新車より若干安い程度です。

業者オークションに出品される未使用車は、新規登録をしてから半年前後経過したも車が多いので、新車と言うよりは現行型の程度が良い中古車と思った方が良いかもしれません。中古車販売店としても未使用車は、小売りをしても利益がほとんどありませんし、万が一売れなかった場合は仕入れ原価が高く、大きな損をする可能性があるので、台数をたくさん購入することができません。

中古車販売店で未使用車を購入したときは、必ず【新車保証書継承】を行うようにして下さい。新車保証書継承は、中古車販売店にお願いをして、中古車販売店からディーラーへ車両を持ち込んで12ヶ月点検を行うよう依頼する必要があります。

新車保証書継承を行うことで、整備手帳についている新車保証書にディーラー印を押して頂き、未使用車とは言え新車と同じ保証を受けることができます。新車保証書継承は難しいことではありませんから、未使用車を購入した場合は必ず行うようにして下さい。

ディーラー店舗

ディーラーで未使用車を購入するのは、鮮度の良い未使用車があるので一番良い方法ですが、未使用車を見つけること自体が大変です。新車を販売するのがディーラーの仕事ですから、未使用車があっても営業マンから未使用車を勧めてくることは決してありません。

ディーラーとしても、未使用車は自社で小売りをするのではなく、業者オークションで一気に換金する方法をとるので、直接ディーラーで未使用を購入するのは難しいことです。

もし、ディーラーで未使用車と出会えた場合は、未使用車になってからの期間も短いですから鮮度的には良い未使用車を購入することができます。また、新車と同じサービスも受けることができますから、中古車販売店の未使用車よりも多少価格が高くても長い目で見るとお得なのは間違いありません。

未使用車を探す

未使用車を探す方法は、中古車情報サイトで探すのが一番効率の良い方法です。中古車情報サイトを利用するメリットとデメリットを紹介しておきます。

中古車情報サイトのメリット

中古車情報サイトのメリットは、パソコンでもスマホでも時間と場所を問わずに、いつでも未使用車を検索できることが最大のメリットですね。希望の未使用車を見つけることができたら、後は問い合わせをするだけOK!中古車情報サイトを利用することで、時間を有効活用できますし、使うのは電波だけなのでガソリン代も使わずに経済的に探すことができるところもメリットです。

中古車情報サイトのデメリット

中古車情報サイトのデメリットは、希望の未使用車を見つけることができても中古車販売店が近くにあるとは限りません。せっかく希望の未使用車を見つけることができても、中古車販売店が県外だった場合は気軽に現車確認も行くことができないので、購入する覚悟で見にいくしかありません。

また、中古車情報サイトに掲載されると、全国のユーザーや中古車業者も同じように未使用車を探しているので、問い合わせをしても売れてしまっていることがほとんどです。中古車情報サイトで未使用車を探すのは、タイミングと運次第のところもあるので根気よく情報を集めるしかありません。

まとめ

未使用車に関する情報を色々と紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?自分の好みの未使用車と出会うことは大変難しいことかもしれませんが、中古車検索サイトを上手に使いながら根気よく探してみてはいかがでしょうか。運良く見つけることが出来たら、新車よりは未使用車の方が断然お得なのは間違いありません。

未使用車を購入することはメリットばかりではなく、デメリットもあります。しかし、未使用車を購入できるのであれば、メリットの方が大きいので探す価値は十分にあります。

中古車販売店で未使用車を購入するなら、業者オークションで探してもらい、見つかり次第連絡を頂く方法もあります。色々な手段や方法を使って理想の未使用車を探してみて下さいね!