味わい深い個性がある三菱の高級車!ボディタイプ別に解説

三菱は、軽自動車のコストパフォーマンスの高さや、ミニバン・SUVの開発に長けたメーカーという印象です。しかし長い歴史の中で、幾度となく高級車が生み出され、各車種へのファンを獲得してきました。そこで今回は、三菱の高級車についてご紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

三菱車の特徴

まずは、三菱から販売されている車の特徴について、ご紹介します。

基本的に高級車は少ない

三菱車の現在販売されている車の価格帯を見ると、比較的低価格に設定されているものが多く、メインの市場もコンパクトカーや軽自動車となります。

印象に残る名車ではミニバンやSUVといったジャンルが多い印象ですが、経営不振などここ10年の三菱にはネガティブな話題が多いことも事実で、高級車というターゲットの少ない層への提案よりも、大衆的に販売していきたいという意図を感じます。

特に三菱では、高級車の代名詞というべきセダンの販売数が少ないですが、日産と資本提携している背景もあるので、今後もこのジャンルでの自社開発は縮小傾向がしばらく続くのではないかと推察します。

頑丈で悪路に強い

三菱車は、どのボディタイプの車に置いても、耐久性に優れている特徴を持っています。三菱は、日本の各メーカーの中で最も古くから自動車を作っていました。

積み重ねたノウハウや、独自に開発されたエンジンやトランスミッションは、世界の一流メーカーと比較しても遜色なく、品質も安定しています。

この認識は海外でも強く、特にアジア圏では日本では販売されないような過走行の車であっても、根強い人気となっています。

SUVやミニバンに強い

三菱のSUVやミニバンには、S-AWCという独自の4WD機能が搭載されています。三菱が開発した4WDの技術は、駆動力と制動力を高度に制御することで、どんな道路環境や走行条件でも、ドライバーの意のままに操れるシステムとなっています。

元々はラリーで活躍していたランサー・エボリューションから生まれた技術ですが、オフロードに強い特性を持つミニバンやSUVに反映したことで、相乗効果が生まれ優れた走破性へと繋がっています。

環境性が高い

実は三菱は、近年では当たり前の技術となった電気自動車の開発にいち早く取り組んでいました。三菱が電気自動車の開発に着手したのは1971年で、それから30年以上が経過した2009年に、世界初の量産型電気自動車のアイ・ミーブを販売しました。

歴史が長いことから、保守的でクラシカルな印象を受ける三菱ですが、革新的かつ環境性を考慮した研究開発には余念がなく、さらなるエコカーの普及に力を注いでいます。

三菱のボディタイプ別高級車

続いては、三菱のボディタイプ別に高級車をご紹介します。高級車と言えるラインナップは少ないですが、過去に発売された車種も含めてピックアップしました。

ミニバン

ミニバンにおいても、オフロードを意識した作りが特徴的な三菱車は、デリカシリーズがミニバンのロングセラーとなっています。

デリカD:5

  • 新車価格221.3〜429.8万円

デリカシリーズは、ミニバンのスタイリングを持ちながら、オフロードの特性を持つ車です。5代目となる現行モデルには、D:5というサブネームがつき、より独自性を強めています。

デリカD:5は、3列シートの8人乗りで、両側スライドドアが採用されています。大きなボディの中でも、さらに大きなタイヤが組み合わせされた姿は、無骨さや頼もしさを感じるデザインです。

地上高が高めに設定されているので、高速域での安定感はセダン車には劣りますが、オフロードでの走破性は抜群です。

力強い走りだけでなく、軽くて強い素材を採用したボディと高い衝突安全性によって、同乗者にも安心感を与えます。またボディサイズやエンジンパワーとのバランスを考えた、最適なサスペンションが採用されていますので、乗り心地は快適でどんな路面でもスイスイ走ることができます。

新型は維持費の面でも魅力的!愛され続けるデリカD:5 の維持費は?

デリカD:5のグレード別の買取相場は?高く売るための査定ポイント

SUV

三菱のお家芸とも言えるSUVでは、数々の名車が生まれています。コストパフォーマンスが良い車が多いのですが、その中でも高級路線の印象があるのが、下記の2台です。

アウトランダーPHEV

  • 新車価格332.4〜509万円

アウトランダーPHEVには、これまでの歴史で培った技術が全て反映されていると言っても、過言ではありません。

i-MiEVのEV技術を軸に、ランサーエボリューションの4WD性能、そしてパジェロが築いたSUVのノウハウが、アウトランダーPHEVには詰め込まれています。

アウトランダーPHEVは走行中に自分で発電する電気自動車となります。充電電力使用時走行距離60.2km(JC08モード)という驚異的な能力で、新たな車の環境性を提案しています。

アウトランダーPHEVには、2.0Lのエンジンと新開発のツインモーター4WDシステムが組み合わせています。走行状況に応じて異なる駆動方法を選択できるので、エコカー特有のパワー不足は感じません。

もともとアウトランダー自体もSUVとして評価が高い車ですが、長距離移動やアウトドアレジャーなど、アウトランダーPHEVの走行性能にパー不足を感じることは少ないでしょう。

維持費の安さが半端ない!アウトランダーPHEVの維持費の秘密は?

アウトランダーPHEVを高く売りたい!買取時に有利な人気グレード・カラーは?

 

パジェロ

  • 新車価格241.5〜495.2万円

近年ではクロスオーバーSUVという、多様性のあるSUVが人気ですが、パジェロはクロスカントリーに特化したSUVとして、確固たる地位を固めています。

近年のデザインこそややマイルドになったものの、アクティブで野生的なその姿は、世代を超えて多くのファンを獲得しています。パジェロは5ドアと3ドアという、2つのボディタイプが設定され、どんなシーンでの走行を重視するかによって、異なる特性を発揮します。

パジェロという名前は、野生の山猫をイメージして命名されたとのことですが、現行モデルのデザインを見ると、アクティブなイメージが随所に反映されています。

デザインもさることながら、パジェロが高く評価され続けてきたのは、やはり走行性能の高さでしょう。力強くズッシリとした走りは、不安定な路面であっても、ドライバーに大きな安心感をもたらします。

購入は今のうち!絶版寸前の三菱・パジェロの気になる維持費は?

三菱パジェロの買取額は下がらない?驚きの査定事例の理由に迫る!

 

セダン

他のメーカーと比較すると、三菱のセダン車は価格は安く設定されている印象です。これまでの歴史の中でも、高級セダンというコンセプトを持っていたのは、わずかに3台だけでした。

ディグニティハイブリッド

  • 新車価格840〜864万円

歴代の三菱車の中でも、最もハイスペックと言えるセダン車です。全長は5mを超えホイールベースも3m超の堂々としたサイズ感は、見る人を圧倒します。

日産のシーマがベースとなっているディグニティハイブリッドは、インテリジェントデュアルクラッチコントロール式ハイブリッドシステムが採用され、高級車としてはハイレベルな燃費性能を兼ね揃えています。

3.5LのV6エンジンは、最高級セダンの名に相応しい、ゆとりある走りとクラストップレベルの環境性能を高いレベルで体感することができます。

純粋に三菱のDNAが注ぎ込まれた車ではありませんが、フラッグシップモデルとして2016年の生産終了まで確固たる存在感を示した名車です。

デボネア

  • 新車価格299.8〜672万円

デボネアは1999年に生産終了したモデルですが、公用車などにも用いられ、三菱のプレミアムセダンとして君臨していました。

大きなボディサイズが特徴で、室内も広く設計されていました。特にリアの広さが素晴らしく、セダンの中でもトップクラスに開放感のあるスペースを実現していました。

デボネアのエンジンは、V63.5Lエンジンと3.0Lエンジンの2種類が設定されていました。上質なシートに腰を落とせば、誰もが満足するゆとりある上質な走りを体感することが出来ます。

当時としては最先端の、レーダー感知で危険を防ぐディスタンスウォーニングや、リアビューモニターなども搭載され、未だに中古車市場では注目される一台です。

プラウディア

  • 新車価格402.2〜571.2万円

高級車というコンセプトを持ちながら、幅広い層をターゲットにしたモデルがプラウディアです。

プラウディアは日産フーガをベースにした車で、上質なセダンでありながら、ワクワクするような走行性能を持った車です。高級感と強烈な存在感を持つデザインも好評で、美しく高級感あふれる佇まいは、短い販売期間の中でも強く印象に残りました。

エクステリアの高級感も素晴らしいですが、特にインテリアがこれでもかというくらいに贅沢な仕様に仕上がっています。随所に高級な素材や装備品が盛り込まれ、乗る人全てが上質な空間に酔いしれます。

プラウディアは2016年の新車の販売を終了しましたが、未だに中古車市場では評判がよく、知る人ぞ知る名車という印象です。

スポーツカー

ラリーなどで活躍していることから、三菱のスポーツカーは加速力より力強さや推進力が注目されがちです。市販車の中で誰もが頷くスポーツカーといえば、ランサーエボリューションでしょう。

ランサーエボリューション

  • 新車価格299.8〜540.5万円

WRCなど、数々のラリー大会で高い実績を持つランサーエボリューションは、唯一無二の存在感を持つスポーツカーと言えるでしょう。従来のスポーツカーは、加速力に特化したスタイリングと走行性能が前面に出ている印象でした。

1992年にデビューしたランサーエボリューションは、どっしりとした見た目や強度の高さが目立ち、スポーツカーという触れ込みながら一見スポーツカーのようには見えませんでした。

デビュー当時は走行性能は高い反面、コーナリングでの操舵性の悪さも指摘されていますが、長い年月をかけた改良の結果、ボディ剛性・タイヤサイズ・空気抵抗・エンジン内部と、ありとあらゆる箇所の最適化に成功し、どんな走行環境でもハイパフォーマンスを披露するスポーツカーへと成長しました。

維持費が高くても乗り続けたい!ランサーエボリューションの維持費は?

三菱のランサーエボリューションを買取してほしい!査定額を引き上げるポイントとは?

 

三菱の高級車をより高く買取ってもらう方法

三菱の高級車は、ミニバンやSUVに関しては海外での需要が見込めます。多少状態が悪い車であっても、海外への流通にノウハウを持つ買取業車であれば、高価買取に繋がる可能性が高まります。

その一方でセダン車はリセールバリューがあまり高くないので、過走行や年式が古いなどネガティブな条件が重なると、残価率は極端に下がります。

国産車なので輸入車ほど極端に相場が下がることはありませんが、買取依頼をする際には複数の業者にアプローチした上で、実際の相場を把握しましょう。

まとめ

今回は三菱の高級車について、ご紹介しました。比較的リーズナブルな価格が多い中で、今回ご紹介した高級車は三菱が開発した技術を存分に味わえる車種が多い印象を受けました。

すでに生産終了となっている車種もありますが、お手ごろ価格な三菱の高級車が中古車市場でたくさん販売されていますので、状態をよくチェックした上で、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます