外車コンパクトカーは手が届く価格?魅力と人気モデルをチェック!

外車には、高級車タイプとコンパクトカーのような一般向けの外車があります。
この記事では、外車の中でも一般に流通しているコンパクトカーについて取り上げていきます。外車コンパクトカーの特徴や魅力、おすすめの車種などを紹介していきます。

外車コンパクトカーの魅力


外車コンパクトカーは、外車の中でも普段乗りとして利用されます。コンパクトカーは日本で言うところの乗用車から大型車くらいの大きさの車両のことで、国産のマーチやキューブなどの車種はコンパクトカーに当たります。

特に外車はコンパクトサイズのものが比較的多いです。そこで、外車コンパクトカーの魅力について紹介します。

手に入れやすい外車

外車コンパクトカーの魅力の一つに手に入れやすいという特徴があります。外車は高級感のあるものが多く、手に入りにくいというイメージがあります。

ですが日本国内で流通している外車の多くはコンパクトカーで、価格もある程度抑えられているため、一般家庭の収入でも選びやすいという側面があります。

高級車との一番の違いは、乗る人をあまり選ばないことです。世界で流通しているコンパクトカーの多くは、高級外車ほどの偏りがなく国産車を好む日本国内でも手に取りやすいことでしょう。

新車で600万円を超える高級外車がある中で、人気の外車コンパクトカーの中には300万円を下回る外車もあります。したがって、高級外車などと比べると費用も安く、手に入れやすいのが外車コンパクトカーです。

外見だけではない性能

外車といえば見た目で注目が集まることは仕方ありません。しかし、外見だけでなく同時に性能が高いものを実現できている車を選ぶことは大切な判断のポイントです。

しかし、外見はあくまでも入り口で、性能の優劣は乗り続けている人ほどその差を実感することになるものです。そのため、性能面として日本車にはない走行性やエンジン性能を保持しています。

動き出しの差

事例としては、性能として走り出しがスムーズであったり、ハンドル操作が機敏であるなどです。ハンドリングがもっと自由であればと希望する方にはおすすめできます。一方で、日本の車の運転に慣れている人は戸惑うくらい最初の動き出しに違いがあります。

操作がピーキーともいえますが、安全性や走りやすさの面だけで言えば、外車コンパクトカーという選択は、決して悪いものではありません。一度手に馴染めば日本国内で普通に道路を走っていても快適さの方が目立つくらいです。

外車コンパクトーカーと言えば「MINI5ドア」

外車コンパクトーカーの人気車種として外せない一つにMINI5ドアがあります。小型のクロスオーバーSUVとコンパクトーカーの要素を持つ車です。そこで、コンパクトーカーの特徴とおすすめのポイントについて確認しましょう。

人気メーカーのMINIとは

MINIはBMWと呼ばれる世界的なメーカーが立ち上げた新ブランドの一つです。外車の中でもクーパーと呼ばれる車のタイプで、それがドアが5つあるMINI5ドアです。十分な視界を確保できる車内からの眺めや、ナビのアシストによる危険の少ない走行などが可能です。

5ドアのおすすめポイント

MINIといえば、これまでは3ドアが主流で、5ドアを求める声があっても提供できないのが市場でのスタンダードでした。しかし、5ドアが登場したことで、利便性の向上や求める人の購入によって3ドアから5ドアに人気が集まりつつあります。

MINI5ドアをおすすめするポイントとしては、走りのコンパクトさにあります。街中を楽々と走り抜けることができる点や、路地を曲がったり狭い道を走ることもできます。3ドアよりも走行の安定感は増し、重厚感がありつつもダイナミックな走りができる部分がプラスに働いています。

トランスミッションの違い

また、7速ダブルクラッチに8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションなど燃費効率の向上や走りの質を上げるための機能が備わっています。それに対して、車内は広々とした空間が作られています。走行時もゆったりとした運転席から外を眺めることができます。

外車コンパクトカーの馴染み深い「ゴルフ」


外車コンパクトーカーとして人々に広く受け入れられているのがゴルフ(Golf)です。そこで、ゴルフのメーカーや特徴、ポイントなどについて紹介します。

フォルクスワーゲンのコンパクトカー

ゴルフは外車メーカーとして知られるドイツのフォルクスワーゲンが販売する車種です。最初のゴルフが販売されたのが1974年でそれから現在まで販売が続いているロングセラーの車です。

ゴルフは、スポーツカー風の車両として登場しましたが、今売られているものはコンパクトカーとしての特徴が強いものです。スポーツタイプとコンパクトカーの魅力を兼ね備えた人気外車です。

ゴルフはすでに基本スタイルとなる外見を獲得しているため、大きくデザインを変更することなく、機能性やエンジン性能の向上を中心に変更されています。そのため、時代による外観の大きな変化なく、車の内面で勝負して充実の走りを実現しています。

ゴルフは何度かのフルモデルチェンジでフォルクスワーゲンのゴルフVIIが現在販売されています。車体の剛性やブレーキで作動するアシストシステムなど現代でも安全性を確かなものにしています。

ゴルフのおすすめポイント

ゴルフがおすすめなポイントは、フォルクスワーゲンの特徴を残しつつ、全世界で多くの人に乗ってもらえるようにするための技術や安全性を確保しているところです。特にフォルクスワーゲンは技術的に偏りすぎることなく、最大多数の乗りやすさを目指している点です。

また、操作性は誰もが使いやすい車を目指すために改良が続けられています。すでに最先端の技術を搭載して乗りやすさの向上を実現しています。

ドライバーの視野を狭めない

ドライバー負担を軽減するための運転席まわりの簡易化や便利な機能性、そして自動車事故を減らして不安を取り除くための安全アシストシステムなどを装備しています。

日本の最新モデルでは、ゴルフ ヴァリアント(Golf Variant)の特別仕様車であるTech Editionの販売が行われるなど、現在でも期待の高い外車コンパクトカーとして知られています。

外車コンパクトーカーのドイツ代表「BMW1シリーズ」


ドイツメーカーのBMWが販売する外車コンパクトカーの代表格の一つとして挙げられるのがBMW1シリーズです。ドイツでも外車の代表といえるシリーズであり、日本国内でも高い人気があります。そこで、BMW1シリーズの特徴とポイントについて紹介します。

ドイツ車好きにおすすめのBMW

ドイツ車が好きな方には欠かせない一台がこのBMW1シリーズです。BMWの中でもスポーツタイプのボディと躍動感あふれる走りが魅力です。日本車は右ハンドルで、日本仕様として現在のBMW1シリーズは日本人でも馴染みやすい右ハンドルでそろえています。

1シリーズのおすすめポイント

BMW1シリーズを一言で言い表すならダイナミックという言葉がふさわしいでしょう。おすすめのポイントはまさにこのダイナミックな走りを実現する車のデザインと性能。

車体で重量の比率が均等になるように作られたボディなど、大胆さと細かい部分まで作り込んだ外面的な部分の魅力が、走りをさらにもう一段階上のステージへと導きます。

タイヤ部分には、ランフラットタイヤによる外車の乗り心地改善などが各所に見られます。さらに、コーナリングやステアリング捌きの軽快さなど注目されるさまざまなポイントは見逃せません。

インテリジェントシステムを搭載したアシスト機能によって、レストランの予約から地図の確認まで無駄なくできます。

外車コンパクトーカーのリセールバリュー

外車コンパクトカーは全体を通してみるとリセールバリュー(自分が手放す際の売却価格)が低いのが特徴です。海外からの輸入と国内全体でのシェア、故障率やメンテナンス費などがリセールバリューを下げてしまうためです。

しかし、個別の車種で比べると、その中古車人気からリセールバリューが高いものもいくつか存在します。実際、外車全てが下火になっているということはなく、BMWやベンツなどの高級車や一部コンパクトカーは、近年人気が上昇しています。

そこで、有名な外車コンパクトカーのリセールバリューについて解説します。

MINI5ドアのリセールバリュー

日本でも需要のあるMINI5ドアは新車で300~400万円ほどで、中古車価格が150~350万円程度です。MINI5ドアのリセールバリューとしては、新車で1年以内なら85%、5年落ち以上でも50%以上が可能です。3~5年以内でおよそ63~75%といえます。

フォルクスワーゲンゴルフのリセールバリュー

フォルクスワーゲンのゴルフは、新車で250~570万円、中古で300~550万円台と60万円台で大きく分かれており、3年落ちでも40~70万円台のリセールバリューが30%を切る場合と85%を超える場合があるダブルスタンダードな車種です。

外車としてはどの年式や走行距離、装備やオプションの有無などによってもリセールバリューが大きく左右されます。

BMW1シリーズのリセールバリュー

BMW1シリーズは新車300~650万円、中古で20~500万円です。2011年モデルの2018年生産で300万円前後の中古車価格がつきます。3年落ちで200万前後、5年落ちで150万円前後と年式によって大きく価格を急激に落とします。

したがって、3~5年で、45~65%ほどのリセーリュバリューまで下がる車両がほとんどです。そのため、前述のゴルフ同様にダブルスタンダードなリセールバリューを持つ車種の一つです。

相場を把握しておく

自動車を買取してもらうときに、買取価格を決めるのは査定やその時の市場価格が大きく左右します。例えば、国産車で車の価値を決めるのは人気であったり中古車としての需要、車としての特別仕様車やオプションなどによるプレミアムな車であることなどが考慮されます。

ところが、外車は中古車市場の価格と買取額がそのまま一致することはありません。ディーラー側で外車を取り扱うという特殊な事情もあります。

外車に人気があるといっても、それが大衆向けのたくさんの人々が購入・買取を繰り返すほどの需要がある市場ではないことです。

外車は中古市場が安定しない?

外車は特に買取相場が安定していないことや、中古車市場販売額が流動的です。

外車は外車を求める先にしか売れないので、日本国内でも外車をどのように扱って、中古車価格をつけるかは買い取り店舗によって大きく異なるわけです。

外車の査定額が低い要因

外車はメンテナンスや修理にかかる費用がかさみ、実際の買取額は修理や改装を踏まえて下取り額が下げられる可能性が高いです。外車だからとストレートに価格を下げることも稀にあります。

相場を事前確認する

相場を把握して、どのくらいの値段で外車が買取や販売をされているのかを知り、最低限の買取額を決めて売りに出しましょう。以上の点から、買取に持って行く際は買い叩かれないように相場を把握することが重要です。

店舗で買取をして価格をつけてもらったとしても、適切な価格がついていないと分かることで、別の買取店に持ち込んだり、買取に考える余裕ができることが相場を知る狙いです。

まとめ


今回は、外車コンパクトカーについてそれぞれの観点から特徴やおすすめのポイントを紹介しました。外車には日本国内でどのような層に受け入れられているのかで違いがあります。そして、デザインだけでなく性能の良し悪しが乗車している人にとっての外車選びの命題です。

また、リセールバリューについては、外車であることが影響して安いものもあれば、日本国内で変わらず高い率を維持しているものもあります。外車それぞれの特徴を踏まえて、欲しい外車のリセールバリューなどを事前に確認しましょう!