外車ミニバンがおすすめな理由は?ミニバンで人気の車種はこれ!

外車でいまだに人気を失っていないボディタイプの一つにミニバンがあります。外車ミニバンは、デザインや乗車キャパシティなどが独特でサイズもミニバンにしかない独自性を保持しているものがほとんどです。

しかしながら、外車ミニバンは近年ではそれほど多くの種類が販売されているわけではなく、特に日本の中で販売されている車種は数えるほどしかありません。この記事では、外車ミニバンで今も乗られる車種について特徴やおすすめ、リセールバリューなどについて紹介します。

外車ミニバンを選ぶ理由

SUVが登場したことで販売数を落としているミニバンですが、外車ミニバンの人気は国産車と比べてもそれなりのものがあります。そこで外車ミニバンが選ばれる理由について紹介します。

国産車にはないかっこよさ

ミニバンといえば、国産車のホンダ・フリードや日産・セレナなどが代表的です。実際、日本のミニバンは流行時期にさまざまなモデルが出回ったことで知られています。

現在は国産ミニバンの主流という時代が終わって、多岐にわたる車のカテゴライズが世の中の主流へと変わっていきました。

しかしながら、外車は国産車ほどの影響を受けずにミニバンとしての価値が強く残っている車種も存在します。外車ミニバンの車種のいくつかは人気を残したままです。その理由の一つが、外車ミニバンのかっこよさです。

一般家庭向けの外車ミニバンとして通用する

バンほど大きくなく、通常の乗用車や軽自動車ほど小型でもなく、使い勝手と車のサイズを実用レベルにまでバランスをとっているのがミニバンです。商用車とは明確に区別しつつも家庭向けの乗用車を提供するという意味で、外車ミニバンは大きな強みを持っていたわけです。

国産車はかっこいい車が少ない

国産車のマイナス点の一つは、突き抜けた格好良さというのが足りないことです。一方、外車ミニバンの場合、独特のかっこよさが加わって人気を博しています。

かっこよさだけではないデザインの違い

デザインは、斬新で他と違えば良いというわけではなく、そのメーカーにしかない独特な形状やスタイルがあって、初めて人を惹きつけます。国産車で、ただ外車風に近づけただけのモデルが人気が出ないのは、外車と国産車にデザインや外観の面で大きな違いがあるからです。

国産車では表現しきることができない外車ミニバンのかっこよさを備えていることで、魅力的なデザインのミニバンでドライブすることができます。

性能も国産車に負けないものも

ミニバンの最大の特徴は、バンよりも少し小さくて、積載量や乗れる人数が多いことです。そして、乗用車としての性能が高くクロスオーバーSUVが出る以前はアウトドアや旅行に優れた車種であるという認識が強く残っています。それもSUVが登場する契機になったのがミニバンです。

ミディアムサイズの多い外車ミニバン

サイズはミディアム~ラージサイズがほとんどで、特にミディアムサイズが欧州では主流といえます。外車である分、日本のミニバンよりも外観を意識していて、乗せる荷物の量や乗車人数ではなく、走りの性能の方に注力していることでしょう。

走行時の安定性を改善したことが背景にあるなど、ハンドルの操作性や重心の低い車体で楽々な運転を実現できる車としての魅力が外車ミニバンにはあります。

メルセデスベンツの外車ミニバン


メルセデスベンツは高級外車の一つです。ベンツが販売しているクラスによってカテゴリが異なりますが、ミニバンもベンツで販売されている車両の一つです。

メルセデスベンツの強み

メルセデスベンツは国産車に負けない内装インテリアや走りのダイナミックさが特徴の外車です。強みとして、普段のドライブでも十分に威力を発揮するドライビングの快適さや安全装置を装備することで事故を防止するためのシステムが付いています。

ディーゼルエンジンによる省コストやブレーキアシストで突風や突然の衝突にも対応できるだけの機能を備えているのも強みです。

代表ミニバン「V-Class」

V-Class(Vクラス)はベンツとして日本国内で販売する外車ミニバンを代表しているモデルです。空間の広さや運転席の液晶パネル化など最先端技術が使われていることで、より現代的な外車ミニバンとして日本でも登場しました。

ミニバンとしての売り上げは国産ミニバンと比べると劣りますが、外車の中では人気の高いモデルといえます。シートを自在に動かせるなど車内の機能をより多彩にしているのも日本での販売に影響しています。

リセールバリュー

メルセデスベンツのミニバンを代表するV-Classのリセールバリューは、およそ40%前後です。低いものでは35~50%、高くても70%程度であるため、それほど高いリセールバリューによる買取は望めないと考えましょう。外車の中ではリセールバリューが高い方なので、新しくV-Classを購入する場合には選びやすくておすすめです。

もちろん、リセールバリューは低いけれど、元の価格が高い上に年式や走行距離が価格に影響しにくいのが利点です。全く下がらないわけではないですが、7年以上など年数が落ちない限りは3~5年程度では急激な中古車市場価格の減少は見られません。

BMWの外車ミニバン


BMWの生産・輸入販売する外車ミニバンとして国内で出回っているモデルの一つが2シリーズグランツアラーです。ミニバンはそれほど数が多いわけではないため、7人以上が乗れる外車ミニバンを代表するモデルといえます。そこで、外車ミニバンで知られるBMWの強みや2シリーズグランツアラーの特徴、リセールバリューなどについて紹介します。

BMWの強み

BMWは外車として日本でトップクラスに入る輸入車のメーカーであり、車の丈夫さやデザインの良さなどの特徴を持ちます。歴史があり、確かな技術を確立しているなど、日本の自動車製造技術にも負けないほどのモデルが、外車として多くのファンを魅了しています。

代表ミニバン「2シリーズグランツアラー」

2シリーズグランツアラーは、家族向けに造られた多人数向けの旅行やドライブが可能な車両です。車内は快適な空間が用意されており、ある程度の荷物を自由に積むことができるなど、ミニバンとしての長所を生かす設計がされています。

300万円前後の価格で購入できる点など一般家庭のミニバン購入としての役割を果たすなど、高級ミニバンと比べても乗用車として選ばれやすいところも忘れてはなりません。

デザインはモダンな雰囲気と大きいフレームやボディのつくりが特徴的で、ゆったりとしたドアの開閉が可能なタイプです。

また、内装やデザインだけではなく、エンジン性能も3~4気筒による力強い走りを実現できます。高い技術をエンジン性能につぎ込んで細かな走行性能を確保しているため、操作性と安定性も抜群です。

リセールバリュー

2シリーズグランツアラーの新車価格は350万円ちょっとです。高いものだと、500万円ほどになることもあります。中古は150~450万円程度でリセールバリューは3年以内で基本的に45%前後と考えましょう。

1年未満の新車であれば350万円前後とリセールバリューが70~80%を超えます。

フォルクスワーゲンの外車ミニバン


外車ミニバンとして外せないのがフォルクスワーゲンのゴルフトゥーランです。そこで、フォルクスワーゲンの強みや外車ミニバンであるゴルフトゥーランの特徴やリセールバリューについて紹介します。

フォルクスワーゲンの強み

フォルクスワーゲンの強みは、何といってもボディ(頑丈さ)がしっかりとしている点やインテリアの質が高いことでしょう。ドイツ車として高品質な外車が多く出ていることが国産車事情に普段から触れている日本でも受け入れられる理由です。

また、操作性能が高いこともドイツ車としてフォルクスワーゲンの強みの一つです。精緻なハンドリングや似たモデルの車両を運転したときの操作性を比べるとフォルクスワーゲンが一歩勝る点です。

外車ミニバンであるゴルフトゥーランは、操作性などに加えてミニバンとしての強みも持っています。操作性というと日本では小回りやコーナリングのことをイメージされることが多いでしょう。ゴルフトゥーランは自分の手足で車を運転している感覚が快適さを後押しします。

代表ミニバン「ゴルフトゥーラン」

ゴルフトゥーランは外車ミニバンとしての特徴を最大限発揮した車両です。クリーンディーゼルを搭載し、7人乗りを可能にするミニバンとしての車内空間を追求しています。

また、スポーツタイプやSUVでよく見られる走行時の馬力や力強さもあります。坂道で、もたつくことなくエンジンのパワフルさで楽々と登りきることができます。

エンジン性能の高さは、無駄なく力を伝えて省エネも同時に行います。そのため、燃費効率が高く、コスト負担の少ない車です。100%のエコカー減税が可能な外車ミニバンであることも一般家庭からも注目されている理由です。

新車購入時の分割や月々の支払いに関しても特別低金利を実施することで、車を買い替える人の負担を少なくする配慮をしています。

デザイン面は、スタイリッシュさを意識したボディ。空気抵抗や車内の快適な乗り心地を実現するため、走りと快適さを両立した技術でドライブする人を通して身近なものへと変えます。

リセールバリュー

ゴルフトゥーランの新車価格は390~460万円ほどです。中古車は250万前後で、2016年以降のモデルで200~400万円、5年落ちで100万円前後から、10~15年落ちでは40万円前後(10~50万円)の値しかつかないこともあります。

リセールバリューとしては、3年落ちで48~65%、5年で25%前後まで落ちる可能性があります。外車としては、5~7年で大きくリセールバリューが下がることは珍しくありません。年式については、外車であっても新車購入からどのくらいの年数落ちになるのかは気をつけて買取しましょう。

シトロエンの外車ミニバン


シトロエンは外車ミニバンとして日本で販売されるグランドC4ピカソが知られています。そこで、シトロエンの強みとグランドC4ピカソの特徴やリセールバリューについて紹介します。

シトロエンの強み

シトロエンはフランスの自動車最大手のメーカーです。シトロエンの強みには3つあります。1つ目は、フランスの会社ならではのデザインに対するこだわり。2つ目は、車の乗り心地が優れていること。

最後に車の走行やエンジンなど総合的な性能が高いことです。車体に使われているバネがもたらす快適な走行性能は、シトロエンならではの走りといえます。他の外車ミニバンとは乗り心地が違うことを実感できるでしょう。

代表ミニバン「グランドC4ピカソ」

グランドC4ピカソは外車ミニバンを代表するシトロエンのモデルの一つです。以前はC4ピカソと呼ぶのが普通でしたが現在ではグランドをつけるのが自然な呼び方です。何よりブランドとしての特徴で見た目の独自のデザインが印象的です。

内装のゴージャス感はもちろんのこと、外観の型にはまらない不可思議な感じを気に入ってファンになり購入する方も少なくありません。見た目が他の外車と比べても特徴的であることから、C4ピカソの魅力は内装よりも外観に強く出ていることになります。

リセールバリュー

グランドC4ピカソは、新車価格350~400万円で、中古車価格は2~3年落ちで200万円前後です。価格には幅があって、30~330万円と年式や車の状態により販売価格に大きな差があります。

リセールバリューはおよそ3年で55~60%、5年で35~50%、7年落ちでは20~27%まで落ち込みます。10年以上の年式落ちグランドC4ピカソの車両は、ミニバンの中でもかなりの低水準です。

まとめ


今回は、外車ミニバンが外車として選ばれる点や国産車などと比べた時の長所などを簡単に説明しました。国産ミニバンや国産車の特徴では見えてこない外車ミニバンについての良さ、国産車・他車種との違いがありますよね。

また、外車ミニバンの中で乗りやすさやデザイン、性能を中心に選ばれている外車を厳選して、特長やそのメーカーの強み、リセールバリューなどについても解説しました。リセールバリューは年数落ちに気をつけるとともに、これらを参考に外車ミニバンの中古車購入や買取などを検討してくださいね!