外車購入は計画的に!世界的名車ゴルフの年間維持費の意外な数字とは?

<ゴルフ>はフォルクスワーゲンのCセグメントハッチバック車で、世界的に大変人気の高いモデルです。外車を検討する時に気になるのは、やはり購入後の維持費ですよね。

今回の記事ではゴルフを所有した時にかかる年間の維持費を項目ごとにくわしく解説しますので、ぜひゴルフ購入に向けて参考にしてください。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

ゴルフの特徴


フォルクスワーゲンのゴルフは1974年の発売以来、6度のモデルチェンジを経て現行モデルが7代目となるベストセラー車種です。車名は海流の一つである<メキシコ湾流>のドイツ語<Der Golfstrom>から名付けられています。

ゴルフはCセグメントのハッチバック車として代表的な存在で、世界での車種別歴代総生産台数では1位のトヨタ<カローラ>に次いで2位に位置する超ロングセラー車種となっています。

ゴルフの基本スペック

ゴルフの主な特徴は以下の通りです。

全長 4,265mm
全幅 1,800mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,635mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 5.2m
車体重量 1,240~1,320kg
総排気量 1,197~1,394cc
走行燃料消費率 18.1~19.1km/L
乗車定員 5名

ゴルフのグレード

ゴルフの現行モデルでは、3つのグレード展開になっています。

ゴルフ<TSI トレンドライン>

装備を最低限に抑えたゴルフのベースグレードです。

・1.2リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
・燃費19.1km/L
・15インチスチールホイール

ゴルフ<TSI コンフォートライン>

予防安全装備を充実させたグレード。

・1.2リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
・燃費19.1km/L
・16インチアルミホイール
・レザーマルチファンクションステアリングホイール
・2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席・助手席独立調整、自動内気循環機能付)
・スマートエントリー&スタートシステム
・アダクティブクルーズコントロール(全車即追従機能付)、レーンキープアシストシステム、渋滞追従支援システム、スタティックコーナーリングライト、リヤビューカメラなどの予防安全システムを標準装備。

ゴルフ<TSI ハイライン>

エンジン排気量を1.4リッターに大型化。<TSI コンフォートライン>の装備をベースとして、内外装をさらに充実させたゴルフの最上位グレードです。

・1.4リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
・燃費18.1km/L
・17インチアルミホイール
・ハイライン専用クロームパッケージ
・スポーツシート
・<TSI コンフォートライン>の予防安全システムに加えて、ブラインドスポットディティクション(後方死角検知機能)、リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を追加。
・LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能付)
・インテリアアンビエントライト
・センターアームレスト(前席・後席)

ゴルフでかかる維持費は年間どのくらい?


ゴルフを所有するとかかる維持費を見ていきましょう。

税金

自動車を保有すると、必ず税金を支払わなければなりません。

自動車税

<自動車税>は車のエンジンの総排気量で税額が決まる地方税です。0.5リットルごとに税額がアップしていきます。ゴルフは車体重量が<1,240~1,320kg>ですから、「1リットル超~1.5リットル以下」の税額です。

毎年4月1日時点の車両の所有者が、その年度分の自動車税を支払います。車の購入時には月割り税額で、購入の翌月から年度末までの分を納税します。

・ゴルフの1年間にかかる自動車税 34,500円
「1リットル超~1.5リットル以下」34,500円

重量税

<自動車重量税>は、車の新規登録時や車検時に車体重量に応じて支払う税金です。次回の車検までの期間をまとめて納税します。ですから納める税額は、新車購入時は3年分、車検時は2年分になります。

ゴルフの購入時の自動車税の支払いは、エコカー減税適用により免税となります。

・ゴルフの1年間にかかる自動車重量税 12,300円(購入時は免税)
「1トン超~1.5トン以下」3年分 36,900円
36,900円÷3=12,300円

保険

保険料も自動車を所有すると必ず発生する維持費です。

自賠責保険

<強制保険>とも言われ、法律ですべての自動車に加入が義務付けられている保険です。自賠責保険は1ヵ月から加入する事ができますが長く加入したほうが保険料が安くなるので、次回の車検までの期間を加入するのが通例です。

自賠責保険は車検時に車検証の有効期間と同じ月数を加入しても、車検証より12時間ほど有効期間が短いため、新車購入時には余裕を持たせて37ヵ月分加入するのが一般的です。

  • ゴルフの1年間にかかる自賠責保険料(新車購入時)約12,260円
    新車購入時に支払う保険料36,780円(37ヵ月分)
    36,780円(37ヵ月分)÷3=約12,260円
  • ゴルフの1年間にかかる自賠責保険料(車検時2年契約の場合) 約12,915円
    25,830円(24ヵ月分)÷2=約12,915円

任意保険

上記の自賠責保険は事故の被害者救済のための保険ですので、自分が負傷した時の治療費や車両の損害への補償はありません。ですから万一の事態に備えて<任意保険>への加入が必須です。

任意保険料はドライバーの年齢、運転歴、車の使用目的などの<リスク要因>によって決まります。ゴルフではだいたい3~15万円ほどになる事が多いようです。

・ゴルフの1年間にかかる任意保険料 およそ3~15万円ほど

その他費用

ゴルフにかかる諸費用はどれくらいでしょうか。

ガソリン代

人によって車の走行距離は違いますが、ここでは仮にゴルフで「年間5,000km」を走行したとして、1年間でかかるガソリン代を算出してみます。ガソリン価格はここ1年間のハイオクガソリン価格の全国平均である「153.1円」を使用します。

・ゴルフ<TSI トレンドライン><TSI コンフォートライン>の1年間にかかるガソリン代 約39,959円
5,000km÷19.1(1L当たりの走行距離)=約261
×153.1円=約39,959円

・ゴルフ<TSI ハイライン>の1年間にかかるガソリン代 約42,255円
5,000km÷18.1(1L当たりの走行距離)=約276
×153.1円=約42,255円

駐車場代

駐車場の相場は地域によって違いますが、ここでは参考までに駐車場代の全国平均価格「1ヵ月約8,200円」を使って年間の駐車場代を算出します。

・ゴルフの1年間にかかる駐車場代 98,400円
8,200円×12ヵ月=98,400円

車検代

車検にかかる費用は大きく分けると、税金などの<法定費用>と<検査・整備費用>の2つがあります。まずはゴルフの車検でかかる法定費用を見てみましょう。

・自動車重量税 24,600円
「1トン超~1.5トン以下」2年分
・自賠責保険料 25,830円(24ヵ月分)
・印紙代 1,100円(指定工場)

自動車重量税は次回の車検までの2年分、自賠責保険料も同じく2年分の加入になります。上記の法定費用は法律で定められていますので、どこの業者に依頼しても税額や保険料に変わりはありません。もちろん外車でも国産車で同じ金額です。

車検と同時に行う<24ヵ月点検>と車検の代行費用、車の整備費用は業者により料金に差が出ます。外車ディーラーの車検料金は高めですが、やはり車の整備は正規の訓練を受けたメカニックに任せたほうが安心です

以下にフォルクスワーゲンの正規ディーラーの車検相場を紹介します。

・技術料 37,300円程度
(24ヵ月点検・保安確認検査料・日常点検技術料)
・車検代行手数料 12,000~16,000円程度

上記が最低限の車検時にかかる検査・整備費用で、これに加えてエンジンオイル、エレメント交換や、エアコン洗浄、フィルター交換などの部品代と工賃がかかります。消耗品や部品の交換をどの程度行うかは個人の判断になりますが、ディーラーの提案通りに整備をすると総額で20万円を超える場合が多いようです。

・ゴルフの車検にかかる費用 総額15~22万円程度。

ゴルフの購入時にかかる費用は?


ゴルフを購入する時にはどんな費用がどれくらいかかるのでしょうか。

車体価格

ゴルフの3つのグレードの車体価格です。

・<TSI トレンドライン> 1.2リッターエンジン 2,539,000円(税込)
・<TSI コンフォートライン> 1.2リッターエンジン 2,799,000(税込)
・<TSI ハイライン> 1.4リッターエンジン 3,319,000円(税込)

オプション

オプション品の選択は、フロアマットなどの必須オプションからリヤスポイラーなどの趣味性の高い部品まで幅広いオプションがありますので個人により幅があります。ゴルフではオプション品総額は10~40万円ほどになる事が多いようです。

・ゴルフの購入時にかかるオプション代金 およそ10~40万円

自動車重量税

新車購入時には3年分の自動車重量税を納税します。

ゴルフは購入時の重量税は免税になります。

・ゴルフの購入時にかかる自動車重量税 0円

自動車取得税

自動車を購入する時には<自動車取得税>を納めなければなりません。新車の購入時には、車体価格の9割ほどに車体に固定するタイプのオプション品の価格を足した金額を<取得価額>とします。その取得価額の3%が取得税額となります。

ここでは固定タイプのオプション品の価格を10万円として、<TSI トレンドライン>の自動車取得税を算出してみます。

・ゴルフ<TSI トレンドライン>の購入時にかかる自動車取得税 およそ71,334円
(車体価格<2,530,925円>×90%+オプション価格10万円)の3%

自賠責保険

新車を購入する際には37ヵ月分の自賠責保険に加入します。

・ゴルフの購入時にかかる自賠責保険料 36,780円(37ヵ月分)

リサイクル料金

自動車を解体する時に出るゴミをリサイクルしたり破棄するために必要な費用を、新車購入時に支払います。リサイクル料金は車種やグレードごとに決まっています。

シュレッダーダスト料金 10,500円
エアバック類料金 2,160円
フロン類料金 1,970円
情報管理料金 130円
資金管理料金 290円
合計 15,050円

・ゴルフの購入時にかかるリサイクル料金 15,050円

ディーラー代行手数料

新車を購入すると、ディーラーでは納車までに色々な手続きや作業を行います。その代行費用はユーザーに請求されます。

検査登録手続代行費用 18,000円程度
車庫証明手続代行費用 15,000~17,000円程度
希望ナンバー申込手続き代行費用 5,000円程度
下取車諸手続代行費用 8,000円~13,000円程度

・ゴルフの購入時にかかるディーラー代行手数料 46,000~53,000円程度

壊れやすいところや注意するべき点


ゴルフには<DSG(デュアルクラッチ・トランスミッション)>という変速機が使われていますが、この装置に故障が多いようです。症状が重いと部品交換になり、60万円以上の修理代がかかる事があります。

まとめ


今回は<ゴルフ>の維持費についてお伝えしました。ゴルフは外車の中でも比較的買い求めやすい価格の車です。ただ、ディーラーの代行費用や部品代、工賃などは国産車とくらべて割高感があり、やはりトータルでの維持費は高くつく事になります。

ゴルフの購入には、維持費を少し多めに見積もっておくようにしましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報