家族が増えたら車は買い替え?子供が増えた時におすすめの車特集

家族が増えた。子供が増えた。これはとてもうれしいことです。高齢の親の介護が必要になったり同居するようになったりして一緒に行動する家族が増えたというケースもあるでしょう。いずれにしても家族が増えるとその人数に合わせて車を選ぶ必要があります。人数やボディタイプ別におすすめの車特集をどうぞご覧ください。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

家族が増えたらクルマ選びを見直そう

家族が増えたら車の選び方を見直さなければなりません。子供が増えた、つまり赤ちゃんが家族に加わると、赤ちゃんから一時も目を離せません。赤ちゃんのための荷物が増えますし、まとめ買いをする機会も増えることでしょう。

天候が悪い時でもマイカーがあればどこへでも快適に移動できます。では、家族が増えた時、子供が増えた時に車を選ぶポイントをご紹介します。

ベビーカーが乗るか

子どもが増えたら同時に増えるものが荷物です。ママさんは子どもの世話をするためのグッズをたくさん持ち歩かなく手はなりません。ママバッグと呼ばれているママさん専用のバッグだけでは入りきらないということも不思議ではないでしょう。

また、チャイルドシートを取り付けたり、ベビーカーを乗せたり、車の中でおむつ替えをしたりするのに車内空間が狭いととてもストレスになります。実用的ではありません。3列シートのミニバンやセダン車であれば長距離ドライブや旅行でも快適に楽しめるでしょう。

子供の乗り降りが易しいか

2つ目のポイントは乗降性です。子どもの年齢によって便利な車の機能というものは異なります。まだ小さいお子さんがおられる場合、子どもが急にドアを開けて隣に駐車していた車を傷つけてしまうということを恐れていることでしょう。

ファミリーカーのほとんどにスライドドアが搭載されています。乗降性は高く、周りの車を傷つける心配はなく、荷物が多くても自動開閉式スライドドア搭載されていればストレスなく積み下ろしができるでしょう。

家計に優しい車か

3つ目のポイントは家計に優しい、維持費が安くて済む車かどうかという点です。購入時の費用が安いことは確かに魅力的ですが、それ以上に長年愛車を維持していくためにかかる費用の方を計算することを重視しましょう。ハイブリッド車は燃費性能が高く、税金が安いので家計に優しい車の種類といえます。

家族が増えるということはそれだけ出費も増えます。車のサイズを大きくしなければならないとしてもできるだけ燃費性能の良い車を選んでガソリン代を節約するようにすれば家計をやりくりしやすくなるでしょう。

家族が増えた人向け車特集【種類別】

家族が増えたら車を買い替える必要が生じるでしょう。または、子供が増えた時のことを想定してあらかじめ大きめサイズの車を購入しておくという方もおられるかもしれません。家族が増えた人におすすめの車特集をどうぞご覧ください。ボディタイプ別に紹介しますので、理想に合いそうなものからチェックしてみましょう。

ミニバン

セレナ

  • 新車価格:252~329万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長4,685/4,770㎜×全幅1,695/1,740㎜×全高1,865/1,875㎜
  • 車両重量:1,650~1,780kg
  • 排気量:1,997㏄

日産セレナはファミリーカーとして選ばれやすいミニバンです。セレナにはハンズフリーオートスライドドアが搭載されているため、足をセンサーにかざすだけで自動的にドアを開けることができます。家族が増えたら荷物も増えて両手がふさがっていることも多いでしょう。便利に乗り降りができるポイントがスライドドアです。

また、セレナのスマートマルチセンターシートはシートアレンジのバリエーションが豊かです。ウォークスルーを使ってお子さんが車内を自由に行き来できるほどの広い室内空間と、快適なシートアレンジによって長距離ドライブもしっかり楽しめるでしょう。

【2019年最新版】日産セレナの買取相場情報は?モデルチェンジ情報も!

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

  • 新車価格:330~360万円
  • 駆動方式:FF
  • 全長4,760㎜×全幅1,695㎜×全高1,840㎜
  • 車両重量:1,780~1,840kg
  • 排気量:1,993㏄

ホンダスピリットを体現している人気のミニバンといえばステップワゴンです。ステップワゴンにはわくわくゲートが装備されており、いっぱいに開くと大容量のラゲージスペースが登場します。大きな荷物を詰めますし、小さめに開けて小物を収納できるという使い方のバリエーションが豊かなスペースです。どこに乗っても広々としているため子供が増えた家族にとって実用的な車としておすすめします。

ステップワゴンの維持費は?年間維持費、車検代もこれを読めば丸わかり!

シエンタ

  • 新車価格:177~231万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長4,260㎜×全幅1,695㎜×全高1,675/1,695㎜
  • 車両重量:1,320~1,380kg
  • 排気量:1,496㏄

家族みんなが運転しやすい小回りの利くコンパクトなミニバンがトヨタシエンタです。女性は特に空間認識能力が男性よりも劣っていると言われており、車の運転の際にも車間距離や左右の幅感覚をとらえにくく感じることが多いのではないでしょうか。

普段の運転手はパパさんですが、子どもさんの送り迎えやちょっとした買い物の際にママさんの運転しやすい車にしたい!というケースにおすすめの車です。四角いフォルムのシエンタは死角が少なく、車のサイズを把握しやすいのでおすすめです。また、3列シートモデルもあるので家族の人数が多くても対応できます。

【2019年最新版】トヨタのコンパクトミニバン!シエンタの買取相場は?

ヴォクシー

  • 新車価格:250~324万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長4,695/4,710㎜×全幅1,695/1,735㎜×全高1,825/1,865㎜
  • 車両重量:1,570~1,600kg
  • 排気量:1,986㏄

トヨタヴォクシーはミニバンに求められているすべての性能を網羅しているといえるほどファミリーカーとして人気の高い車種です。車に広い室内空間・使い勝手の良さ・高級感・走行性能を求める家族にピッタリの車と言えるでしょう。

一目見てヴォクシーだとわかるほど目線を奪うきらめきのあるエクステリアとなっています。また、アクセルレスポンスが速くトルクのパワーが強いため、走りを楽しみたい大人の希望にもこたえるミニバンです。

【2019年最新版】トヨタ・ヴォクシーの買取相場は?

軽自動車

タント

  • 新車価格:122~168万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,755㎜
  • 車両重量:880~930kg
  • 排気量:658㏄

家族が増えると出費が増えるので車にかける費用をできるだけ抑えたい。そんな方におすすめなのはタントです。家族で2台以上車を維持しなければならない時に選ぶ車にふさわしいでしょう。日々のメンテナンスやガソリン代、車検費用や税金など年間にかかる維持費は侮れません。

タントは軽自動車ですのでファミリーカーとして一般的なミニバンよりも購入費用と維持費が安く済みます。ただ安いだけではなく、開口幅のフルオープン時は1,490㎜にもなる<ミラクルオープンドア>が特徴であり、荷物の積み下ろしや乗降がしやすい車なので、子供が増えた時にオススメです。

【2019年最新版】ミラクルオープンドアが魅力!タントの買取相場に迫る

N−BOX

  • 新車価格:138~197万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,790/1,815㎜
  • 車両重量:890~950kg
  • 排気量:658㏄

N-BOXは軽自動車の中で最も人気のある車種です。車内が広いのでベビーカーをラクラク乗せることができます。また子供を抱えたまま荷物を降ろしたり、子どもをチャイルドシートに載せるなどの動作をスムーズに行えるので魅力的です。

車高は低く設定されており、小さいお子さんも乗り降りしやすいでしょう。後部座席を折りたためば大容量のラゲッジスペースまたはベッドスペースができあがります。収納スペースも多いので何かと物が増えがちなママさんにピッタリです。

スペーシア

  • 新車価格:133~158万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,785㎜
  • 車両重量:850~920kg
  • 排気量:658㏄

スズキの軽自動車の中で君臨しているのがスペーシアです。ベビーカーなど子供が増えたら荷物も増えるという場合にピッタリの室内空間が魅力的です。電動スライドドアはオプションで左右両側に取り付けることができます。車高が低く設定されているので何歳でも乗り降りしやすいみんなに優しい車と言えるでしょう。

スズキ・スペーシア家計を救う?年間の維持費を徹底調査!

SUV

エクストレイル

  • 新車価格:223~348万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長4,690㎜×全幅1,820㎜×全高1,740㎜
  • 車両重量:1,450~1,540kg
  • 排気量:1,997㏄

長距離移動を快適に行える日産のエクストレイルもお勧めの車種です。本格アウトドア派の車ですが、家族で帰省したりアウトドアを楽しむために良く選ばれています。静寂性が高く悪路での走行安定性も優れています。ラゲッジスペースやシートは防水仕様になっているので小さいお子さんがなにかをこぼしてしまってもすぐに拭きとれるでしょう。

ラゲッジルームは大容量仕様で、座席空間も余裕があります。チャイルドシートを乗せても窮屈にならないのは大きな魅力です。また、リモコンオートバックドアをオプション設定できるため実用性の高いSUV車といえます。

【最新買取情報】2018年SUV販売台数No.1のエクストレイルの相場は?

ジューク

  • 新車価格:197~346万円
  • 駆動方式:FF
  • 全長4,135/4,165㎜×全幅1,765/1,770㎜×全高1,550/1,565㎜
  • 車両重量:1,200~1,210kg
  • 排気量:1,498㏄

ジュークはアメリカやヨーロッパなど外国で人気のでている日産のコンパクトSUV車です。内装と外装ともに個性的なデザインをしているので、周りとは違うおしゃれな車に乗りたいという家族の意見を聞き入れるとするならば、ジュークはとてもおすすめです。4WDも用意されているので、積雪地域では重宝されることでしょう。

ジュークの高価買取を狙うコツを教えて?人気のグレードも大公開!

CX−3

  • 新車価格:212~309万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長4,275㎜×全幅1,765㎜×全高1,550㎜
  • 車両重量:1,230~1,250kg
  • 排気量:1,997㏄

マツダの<魂動デザイン>をしっかり受け継いでいるCX-3もファミリーカーにおすすめのSUV車です。シャープで凛とした男らしいフロントマスクは車好きなパパさんの心をつかむでしょう。クリーンディーゼルエンジンとガソリンモデルの2種類が展開されていますがディーゼルエンジンモデルは燃費性能が高いため家計に優しい車です。

コンパクトカー

ソリオ

  • 新車価格:145~208万円
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 全長3,710㎜×全幅1,625㎜×全高1,745㎜
  • 車両重量:930~990kg
  • 排気量:1,242㏄

小さいお子さんや高齢者が乗り降りしやすいステップ高がスズキソリオの魅力ポイントです。センターピラーにはグリップがついているので足腰が弱ってしまった高齢の親を乗せるときにも役立つでしょう。コンパクトカーのソリオは小回りが利くので運転しやすいのですが、室内空間は広々としています。

足元もゆったりとしており余裕のある快適なドライブを楽しめます。チャイルドシートを固定できるアンカーが搭載されていますし、スライドドアモデルなので子供が勝手ににドアを開けて落ちてしまうという危険も避けられます。ハイブリッドモデルを選べば家計に優しい車といえるでしょう。

家族に嬉しいが大集結!ソリオの維持費は本当に安いのか?

MAZDA2

  • 新車価格:154~261万円
  • 駆動方式:4WD
  • 全長4,065㎜×全幅1,695㎜×全高1,500/1,525㎜
  • 車両重量:1,060~1,150kg
  • 排気量:1,496㏄

カーオブザイヤーを受賞した旧名デミオ。実力をさらに上げ存在感を高めているマツダのコンパクトカーがMAZDA2です。落ち着いた雰囲気のエクステリアと窮屈な印象を全く与えない乗り心地の良い室内の環境が高く評価されています。

アクア

  • 新車価格:178~253万円
  • 駆動方式:FF
  • 全長4,050/4,060㎜×全幅1,695/1,715㎜×全高1,455/1,500㎜
  • 車両重量:1,060~1,100kg
  • 排気量:1,496㏄

車内のインテリアにこだわりを持ち、乗り心地にも妥協を許さないハイブリッドコンパクトカーといえばトヨタアクアです。週末の趣味や子どもの送り迎え、街中でのショッピングなどどこにでも連れていきたくなるコンパクトカーです。家族にとってなくてはならない存在となるでしょう。

アクアはコンパクトカーですが室内は広くドライバーや同乗者にストレスを感じさせません。はた目からは分からない広いラゲージスペースもあり、荷物が多くなりがちな家族が増えた・子供が増えた方にもピッタリです。

【2019年最新版】元祖世界で最も低燃費!アクアの最新買取相場は?

家族が増えたときのことを想定したオプションを使用

では、家族が増えた時のことを想定してどんなオプション設定をしておきますか?大切な家族を安全に守るため。また快適なドライブを楽しめるようにするため。子どもが小さくても荷物が多くても簡単に乗り降りできるようにするため。そんな目的にピッタリのおすすめのオプションを3つご紹介します。

自動ブレーキ

大切な子どもを守るために車の安全装備には注目したいものです。もちろん危険な車が販売されているということはないため、どの車にも安全性の高さを強調する機能が搭載されています。

なかでも自動ブレーキは<エマージェンシーブレーキ>や<セーフティセンス>といった名称で現行車に搭載されていますのでチェックしてみましょう。衝突の危険を事前に察知して自動的にブレーキをかけてくれるため衝突を避けられる可能性が高まります。

空気洗浄機

車内空間を快適に保つために空気清浄器を使用できます。車のエアコンは外気導入機能がありますが途中でほこりはフィルターにかけられています。しかし、そのフィルターにたくさんのごみが積もって嫌な臭いを発することがあるでしょう。

エアコンフィルターを頻繁に交換するのもよいのですが、純正空気清浄機をオプション設定しておけば、常にきれいな空気で快適なドライブを楽しめます。

細かい物理フィルターだけではなく光触媒によって車内で発生した臭いを分解するという仕様もあります。空気の汚れを自動感知して処理したり、好みの風量に切り替えたりできますので子どもはもちろん大人にとっても魅力的なオプションです。

電動スライドドア

ドアの形としてスライドドアは以前から採用されてきましたが、最近では電動スライドドアがオプション設定できるようになっています。スライドドア仕様の車は開口幅が非常に広いので荷物の積み下ろしや小さいお子さんの乗り降りが楽に行えます。

リモコン操作できる電動スライドドアはドアを開けるという動作が必要でないため、両手がふさがってしまっているときに重宝するでしょう。通常のスライドドアの場合誤って開けてしまい転落するという恐れが否めない状況でしたが、電動スライドドアは走行中には開かなくなっているのでおすすめです。

【人数別】子供が増えた場合のオススメの車

ファミリーカーといえばミニバンのイメージがすぐに浮かんでくるでしょう。しかし、子供が増えた時や家族が増えた時に選べる車はミニバンだけではありません。家族が増えて何人になったかによってぴったりの車のタイプは異なるのです。家族の人数別におすすめの車種をご紹介します。

3〜4人家族向け車特集

ポルテ

ポルテは女性でも運転しやすいコンパクトなボディサイズです。ちょっと近場まで買い物に出かけたい時や、幼稚園や学校へ子供を送り迎えするときにピッタリの車でしょう。そのボディサイズからは想像できないBIGな居住空間もポルテの魅力です。

小さいお子さんであればウォークスルーできますし、車内での着替えも余裕を持って楽に行えるでしょう。助手席側はスライドドア仕様となっており電動開閉が可能です。低床フラットフロア設計になっているため小さいお子さんが乗り降りしや吸い車といえます。

シャトル

ホンダのシャトルは活発に動き回る時期のお子さんがおられる家族におすすめの車種です。超低床フロア設計になっており、燃料タンクは前席下に配置されているため、非常に広い室内空間とラゲッジスペースが確保されています。地上から開口部までの高さはたったの54センチですから荷物の積み下ろしはとても楽です。

ガソリンモデルにはDOHC i-VTECエンジンが搭載されており燃費性能が高いため家計に優しい車ともいえます。また、ハイブリッドモデルもあるので購入費用は高くてもいいので維持費をできるだけ抑えたいという方は要チェックです。

5〜6人家族向け車特集

フリード

ホンダのフリードはファミリーカーとして評判が高く街中でもよく走っているのを見かけることが多い車種です。コンパクトなボディサイズからは想像できない広い居住空間と多彩なシートアレンジが可能である点がみりょ置くでしょう。開口部は66.5㎝にもなるスライドドアが搭載されています。

ロングスライドシートやウォークスルーなどの使いやすさを高めるポイントがちりばめられている車と言えるでしょう。フリード+であれば自由度の高いラゲッジスペースを確保できるので車中泊も可能です。家族が増えてもみんなで長距離ドライブやアウトドアを楽しめる車でしょう。

ジェイド

ジェイドはセダンと変わりない低全高な車です。非常にゆったりとした室内空間とスタイリッシュなデザインは車好きなパパさんの目にもかなうことでしょう。メカニズムを最小にするというホンダならではの思想が具現化されており、超高密度低床プラットフォームが採用されています。

車高の高いミニバンモデルとは異なり、居住性が高く乗り降りがしやすく、どんな世代の家族でも安心して乗り降りできるのがジェイドの魅力です。車両の安定性も高いので悪路環境や高速道路での走行も安心感が高いでしょう。

7〜8人家族向け車特集

エクシーガクロスオーバー7

走破性の高いSUV車であるエクシーガクロースオーバー7は子どもが5人に増えた家族におすすめです。多人数乗車がSUVに融合したスタイルになっており、どの座席に座っていても快適にドライブできます。シアターレイアウトが採用されているのもポイントの一つです。

エアコンはサードシートまでしっかり届くように工夫が施されており、どの座席にもカップホルダーやアームレストが用意されているので、長距離ドライブも快適に過ごせる車と言えるでしょう。

アルファード

家族みんながくつろげる余裕のある室内空間を最重要視するのであればトヨタアルファードが一番おすすめです。フルサイズミニバンであり、豪華で力強いエクステリアは存在を強調します。最上級グレードではインテリア・広さ・質・シートアレンジすべてが最高級です。

8人乗りのベンチシートタイプも展開されています。リヤシートフルフラットモードやフロントセカンドフルフラットモードなど多彩なシートアレンジが可能なファミリーカーです。

9人以上の家族が乗れる車はある?

ハイエースワゴン

デザインよりも機能性を重視し、大人数の家族でもみんなで出かけられる車がトヨタハイエースワゴンです。スーパーロングハイルーフモデルではマイクロバス並みの室内空間あり、10人が乗り込んでも快適に過ごせるでしょう。

スーパーロングボディではないグレードであれば女性でも比較的扱いやすいのでお勧めです。車内に通路があるので移動も楽に行えます。

NV350キャラバンワゴン

キャラバンはグレードによってサイズや乗車可能人数が異なります。中でもNV350モデルは全長が1,700㎜に収まっているので扱いやすく、大人数の家族で出かけるときでも取り回しがしやすいでしょう。車庫制限にかかりやすい地域や道路が狭いことが予想されるのであればできるだけサイズがコンパクトなキャラバンを選べばよいです。

家族が増えたときに後悔する車の選び方

車選びで何回も失敗した。後々後悔した。そんな経験をされたことはないでしょうか。家族が増えることを想定して車を選ぶことは大切です。後悔する車の選び方を知っておけば、賢い選び方ができるでしょう。

今の家族の大きさに合わせる

車一台も大きな出費となります。家選びの時と同じように現在の家族の人数に合わせて購入してしまうと、家族が増えた時に大変になるでしょう。軽自動車やコンパクトカーで大丈夫と思っていたのに、子どもが2人以上生まれて車が狭くて困る!という状況になるのです。

車を頻繁に買い替えるわけにもいかないので、これからの家族未来図を予想して車を購入しなければならないでしょう。もちろん子供が増える予定はないのに超大型ミニバンを購入する意味もありません。予定通りにうまくいかないこともありますが、ラインプランに合わせた車選びをおすすめします。

値段重視

車は大きな買い物ですから、できるだけ購入費用を抑えたいと思うのは当たり前です。そのため安易に中古車を購入して公開するというケースが多いようです。消耗品の交換時期がかぶったり、燃費が悪くガソリン代がかかりすぎると新車購入したほうが結果安く付いたかもしれないと後悔している方もおられます。

買うときは安くても、維持費が高くつくのであれば本末転倒です。また安い車は売却するときにはさらに安くなります。購入時のことだけを考えるのではなく、その後の維持やもし売却の必要が生じたらどうだろうかと考えて慎重に車を選びましょう。

一家に一台しか購入できない場合は実用性重視がポイント

家族みんなの意見を聞いて、みんなの理想にピッタリの車を購入できるというのは珍しいことです。スポーツカー・SUV車・セダン車など様々なボディタイプの車を選択肢に入れて何台も維持していくことはできません。もちろん、用途や乗る人によって車を使い分けることができるのであればかまいません。

しかし、家計のやりくりが厳しく、一家に一台しか車を持てないということもあるでしょう。その場合は実用性を最も重視してください。見た目や走りの力強さではなく子供やママさんが乗り降りしやすく快適に過ごせる車を探すのです。子どもは予期できないことをしでかしますので、シートを防水・防汚加工しておくというのもお勧めです。

子供が増えたので車を買い替えたい!愛車を売却するなら一括査定

家族が増えた・子供が増えたというときに頻繁に車を買い替える方もおられるでしょう。子供の成長は早いので年齢に合わせて最適な車を選んでいきたいという方もおられるはずです。短いスパンで車の買い替えをするならできるだけ高額買取してくれる買取業者に持ち込みたいと思われるでしょう。

愛車を売却するなら一括査定サービスの利用がおすすめです。電話対応が難しくてもメールでのやり取りが可能です。たった3分で査定依頼を出すことができますし、たくさんの買取業者の中から最も高く買い取ってくれるところを見つけるのが簡単になります。

まとめ

一緒に行動する家族が増えたり、子供が増えたりすると必要な車の種類も変化します。家族がどのように移り変わっていくのかを予想したうえで新車を購入すれば失敗することはないでしょう。家族の大きさに合わせ、子どもの年齢に合わせて最適な車とは何かを家族みんなで話し合ってみるのはいかがですか?

人気のあるファミリーカーはもちろんのこと、家族が増えたり子供が増えたりしたときに役に立つカーオプションも同時にチェックしておきましょう。ピッタリの車を賢く選んで家族みんなで快適にドライブを楽しめるよう願っています。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます