新古車の軽自動車が人気!人気の理由と買う時の注意点を解説

<新古車>という名前を聞いたことがあるでしょうか?正確には「登録済未使用車」(便宜上、この記事では新古車と呼びます)と言って、新車登録されているものの、利用されていない車のことを指します。ショールームで展示されていた車やディーラーでの試乗車などもこれに当たります。

新車よりもリーズナブルで中古車よりもダメージが少ない、またはほぼ新車というところから人気になっています。その中でも、今回は人気のある軽自動車の新古車に注目してみます。

新古車で軽自動車が人気の理由

新古車で軽自動車が人気なのは、価格がリーズナブルなことと、普通車よりも市場に出回る数が多いという点が挙げられます。普通車と比べて買い替えのサイクルが早い傾向にある軽自動車をできるだけ安く買いたいという人が多く、気に入った車があればすぐに見に行ってみることをおすすめします。

普通車と比べて

軽自動車の新古車は、普通自動車の新古車と比べて寿命が短いことと市場に出回る数が多いことからより購入しやすく人気です。

寿命が短いから

軽自動車は一般的に、エンジンの部品やパーツなどの消耗が早く、普通車などに比べると寿命が短いとされています。そのため、どちらかというと軽自動車の買い替えのサイクルは普通車に比べて短くなりがちです。そのため、できるだけ状態のよい車を安く購入したいという需要が多くなっています。

新古車が出回っているから

軽自動車の新古車は、普通自動車の新古車に比べて市場に多く出回っています。なぜかというと、カーディーラーは、自動車メーカーから車を仕入れて販売します。ある一定数の販売台数をクリアするとメーカーから報奨金がもらえるため、ディーラーは自社で登録して販売ノルマを達成しようとします。

登録の際の費用は軽自動車の方が普通車よりも少なくて済むことから、軽自動車の新古車が多く市場に出回ることになります。

中古車と比べて

新古車を購入するメリットは、購入価格が安く、安心かつ良質ということと、登録の際の手続きが早いということが挙げられます。

安心かつ良質

新古車の一番のメリットは、ほぼ新車の状態の車が安く購入できるということです。

新古車というのは、新車のナンバーを登録してから誰も使用していない未使用の車のことを指します。そのため、車の状態は新車と変わらず修理や整備の必要がなく、安心して乗ることができます。すぐに乗れるように、たとえばパワースライドドアやETCなど、ある程度のメーカ装備やオプションがすでに付いています。

また、最初に登録された時に重量税などの各種自動車税は支払い済みになっているので、その分も合わせて購入にかかる費用が安くなります。

登録手続きが早い

新古車を購入するもう一つのメリットは、登録手続きが早く手元に来るまでにそれほど待たなくて良いということです。

人気のある車種は、納車まで1ヶ月以上待つことも珍しくありません。しかし、新古車の場合はすでにディーラーにあり、登録までされている状態なので新車を購入するよりも早く納車することができます。

新古車で軽自動車を買う注意点

新車同様の車が安く購入できる、納車までの期間が短いといったメリットのある新古車ですが、デメリットもあります。購入する際に注意することをまとめます。

新車と価格が変わらない時がある

新車よりも低価格で購入できる新古車ですが、車によっては新車で購入する場合と価格がそれほど変わらないことがあります。

軽自動車の場合はもともとの車体価格がそれほど高くないため、割引率は低くなる傾向にあります。自動車税が支払い済みという新古車で購入するメリットも、軽自動車の重量税が普通車に比べて高くないのであまり大きな差になりません。

色を選べない

新車で購入する場合は、好きな色やグレードを選んでその通りの車両を購入しますが、新古車はディーラーにある現車を購入することになります。つまり、中古車と同じで、欲しい色やグレードのものがあっても、そのディーラーに置いてあるもの以外は購入できないということです。

メーカーオプションが付けられない

新車で購入する時に選べる<純正オプション>があります。純正オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションがあり、メーカーオプションは工場で取り付けるものなので、工場から出荷された後には付けることができません。メーカーオプションには、自動ブレーキシステムなどの安全装置や、オーディオシステムなどがあります。

ディーラーオプションにはアルミホイール、フロアマット、ナンバープレートフレームなどがあり、こちらは新古車でも付けることができます。

試乗車に利用されていないか注意

デモカーとも呼ばれることのある試乗車。新しい車種が発売されると、お客様に乗り心地を確認してもらう試乗キャンペーンを宣伝しているディーラーで使われる車です。試乗車として使った車も、新古車として中古車市場に出回ります。

試乗車は、その車種に興味のあるお客様が乗り心地を見るために乗る車ですので、不特定多数の人が運転しています。中には走行性能や安全性能を確かめようと乱暴な運転をしている人がいるかもしれませんので、きちんと点検・整備されているか確認しましょう。

通常の中古車よりは走行距離が短いのですが、社員が近距離の移動に使っていたり別の販売店に展示するのに移動していたりなど、数万kmになっているものもあります。走行距離が長い場合は、オイル交換がきちんとされているかのチェックも忘れないでください。

また、新車で購入した場合の車検は次の車検まで3年ありますが、中には1年や2年といった長期間で利用されている車両もあり、新車で購入するよりも車検までの期間が短くなります

新古車の軽自動車を探す

車を購入する時は、新車か中古車のどちらかで探すことが多いと思いますが、新古車はどのように探せば良いでしょうか?軽自動車の新古車は需要が高く、人気の車種は特に、見つけたらラッキーという感じでしょう。

新古車を探す方法は、中古車販売店に行くか、中古車の情報サイトで探すというのが一般的です。新古車を探せるサイトを3つご紹介します。

カーセンサーnet

カーセンサーnetは、全国で1,000社以上が提携する、国内大手の中古車情報サイトです。リクルートが母体の会社で、取り扱う中古車情報も日本最大級の規模です。

トップページから中古車を検索することができます。メーカー社名、探したい地域、値段を選んで検索します。<もっと詳細な条件を追加する>というタブをクリックするとより詳細な検索を選ぶことができます。<登録(届出)済み未使用車>という項目があるので、そこにチェックして検索をすると、新古車が出てきます。

価格.com

日本最大の価格比較サイト、価格.comでも、軽自動車の新古車を探すことができます。最大で30社の見積もりが比較できるこのサイトでは、まずメーカー・車種から中古車を検索してから、<詳細条件をすべて表示する>というボタンをクリックすると<状態>の欄で<未使用車>を選ぶことができるようになっています。

グーネット

グーネットは、国内最大のカーオークションを運営するUSSと業務提携をしているプロトコーポレーションが運営しています。そのため、業界トップクラスの提携業者数で膨大な数の中古車を取り扱っています。

価格から、走行距離から、年式からなど、いろいろな角度から中古車を検索することができます。<キーワードから探す>の欄に<未使用車>というのがあるので、そちらを選ぶと新古車が一覧で表示されます。

地域の新古車軽専門店

上記の3つのサイトは全国展開している大手の中古車販売サイトですが、地域密着型の中古車販売店もあります。以下に5つご紹介します。

トータス大和店

年間の販売数が約3,000台という、神奈川県No.1の軽自動車専門店です。大和、厚木、相模原に3店舗を展開しています。新古車の在庫は3店舗合わせて450台という、全国でも珍しい在庫の多さです。購入からアフターフォローまですべてに対応してくれます。

クレタ

札幌・苫小牧に店舗を持つクレタは、軽自動車オールメーカーの在庫を500台持つ軽自動車専門店です。在庫車の70%以上が走行距離100km以下の未使用車という、北海道最大規模の軽自動車のプロフェッショナルです。自社工場で整備や修理、車検もできます。

軽の森

大阪でなかもず店、泉北店、富田林店を展開する、ダイハツ、スズキなど軽自動車の専門店です。新古車を中心にグレード違い、色違いなどのラインナップも豊富で、最短当日に納車も可能です。アフターサービスも充実しています。

スーパージャンボ

愛知県は名古屋の軽自動車専門店です。中川店、稲沢店、豊田上郷店、刈谷店の4店舗で展開しており、新車、新古車、中古車を網羅した幅広い車種を取り扱っています。

軽ランド

静岡県浜松にある軽ランドは、浜松でNo.1の軽自動車専門店です。新車から新古車、中古車まで国内の全メーカー車種を幅広く取り扱い、軽自動車の新古車は常時150台の在庫を持ちます。すべてのメーカーのすべての軽自動車を扱っていると謳っており、軽自動車を購入する際には何店舗も回らなくてもこちらで選ぶことができます。

新古車軽でも人気はホンダ<Nシリーズ>

 

軽自動車で一番売れているのが、ホンダの<Nシリーズ>です。軽自動車の大定番車N-BOXをはじめ、N-WGN、N-ONE、N-BOX SLASH、N-VANなど、ホンダの技術を詰め込んだラインナップは、新古車でもやはり人気はナンバーワンです。

ホンダのNシリーズが断然人気

ホンダのNシリーズは、普段のお買い物から子どもの送り迎えなどの日常的に使いやすいワゴンタイプが主流のシリーズですが、その中でもN-BOXとN-VANはキャンプでの車中泊や仕事にも利用できることから、多くのユーザー層からの支持を得ています。

軽自動車大定番N-BOX

では、軽自動車の大定番とも呼ばれる、N-BOXの魅力をご紹介します。

サイズ

ボディサイズは全長3395、全幅1,475mm、全高は1,790mm(4WDは1,815mm)で、室内は軽とは思えないゆったりとした広さになっています。

燃費

燃費は25.0~27.0km/Lと、ターボ車を除くすべてのFF車で平成32年度燃費基準+10%を達成しています。車全体を低燃費モードに自動制御するECONモードやアイドリングストップシステムで燃料消費と排出ガスを抑える工夫もしています。

車内空間

室内空間は、エンジンをコンパクトにしたりテールゲートを薄くしたりといった工夫により、大人4人がゆったりと乗れる広さがあります。

シートアレンジも使いやすく、前後のスライド幅が大きい助手席のスーパースライドシートとスライドリヤシートで色々な使い方ができます。シンプルで上質感のある内装も軽自動車とは思えない高級感を醸し出しています。

デザイン

洗練された上質さをもつN-BOXのデザインは、グッドデザイン賞にも選ばれたことがあります。子どもを持つ主婦層をターゲットにしたN-BOXは、上品で洗練された雰囲気の中に丸目のヘッドライトなどやわらかいイメージのかわいいデザインです。

対してN-BOXカスタムはスポーティーでかっこいいイメージの存在感を持つデザインとなっています。

リセールバリュー

とても人気のある車種なので、リセールバリューは高めです。標準モデルよりもカスタムの方がリセールバリューは高く、その中でも<NBOXカスタムG Lホンダセンシング><新型N-BOX G・EX ターボ ホンダセンシング>の人気が高い傾向にあります。

3年落ち、3万キロでも残価率は75%前後と高い上に、2回目の車検時の5年落ちでも残存率60%、さらには3回目の車検時7年落ちでも約50%の残存率という人気です。

ボディーカラーは、プレミアムホワイト・パールⅡとクリスタルブラックパールが人気で、特にカスタム系では色によるリセールバリューの違いが大きくなっています。

また、人気の装備は助手席スーパースライドシート、プラズマクラスター付きフルオートエアコン、オプション装備の両側電動スライドドアなどになります。

まとめ

新古車の一番のメリットは、新車と同じような車が安く購入できるということです。車自体もすでに店頭にあるので、新車を購入するよりも早く納車できることも魅力的です。特に軽自動車は、普通自動車に比べて寿命も短いので早めに買い換える人も多く、新古車の人気がとても高いのです。

新車にはそれほどこだわらない、だけどできるだけ状態の良い車が欲しいという人にはピッタリの新古車を、次の買い替え時には検討してみてもいいのではないでしょうか。
軽自動車の新古車を専門に扱っている業者もご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!