新古車(未使用車)とは?新車や中古車との違いが分かれば得する可能性あり!

お目当てのクルマの中古車をネットなどで探していると「新古車」とか「未使用車」というワードを見かけたことがあると思います。

新古車や未使用車とはどんなクルマなのでしょうか?新車や中古車との違いや、新古車や未使用車を選ぶメリット・デメリット、購入する上での注意点や探し方なども交えてお伝えしたいと思います。

新古車(未使用車)とは?

新古車とは、新車と中古車の中間的存在のクルマのことを言います。クルマ本体としては新車もしくは新車同様のコンディションなのですが、書類上は一度登録(届出)されているクルマなので中古車扱いとなり、新車と中古車の呼び方を合わせて「新古車」という呼び方をされているのです。

未使用車とは?

未使用車とは、新古車の別の呼び方です。昔は新古車という呼び方のみでしたが、現在では新古車という呼び方よりも「未使用車」や「登録済未使用車」、「届出済未使用車」という表現に変わってきています。

理由は「新古車」という単語を使った表現は、消費者からみると新車なのか中古車なのかわかりにくく、販売店によっては登録(届出)済みのクルマなのに新車であるかのような説明をして販売する悪質な例もあることから、適正表示を推進している一般社団法人 自動車公正取引協議会が、「新古車」という表現は消費者に誤解を与える呼び方として使用を禁止したからです。

しかし、この決まりを遵守しているのは自動車公正取引協議会に加盟している販売店だけのため、加盟していない販売店では今でも「新古車」と表記している場合があります。

ちなみに、普通車の新古車は「登録済未使用車」、軽自動車は「届出済未使用車」という表現が使われています。これは普通車と軽自動車でナンバー取得する手続きの違いのためで、どちらも未使用車に変わりはありません。

このことから、この記事内において今後は新古車を「未使用車」という表現を使ってお伝えしていきたいと思います。

なぜ未使用車が市場に出回るのか?

未使用車を見つけた時に「なぜ登録(届出)だけして乗らずに売られているのだろうか?」と疑問に感じた人も少なくないと思います。また未使用車として販売されている台数が少数なら「購入者が登録(届出)した後に何らかの理由でキャンセルしたのだろう。」とも思えるのですが、かなりの台数が未使用車として市場に出回っています。

未使用車が市場に出回る要因は、さきほどのような登録(届出)直後のキャンセルによるものも含まれますが、それはごく少数です。未使用車が数多く出回る大きな要因は「ディーラーに課せられたノルマ」によるものです。

ディーラーは月ごとや年ごとに新車販売台数のノルマがあります。ディーラーはある程度の新車を販売し続けなければ赤字となり、経営を続けられなくなりますので必死で販売するのですが、ノルマを達成すると本部から特別に報奨金(インセンティブ)がそのディーラーに支払われます。

例えば、あと1台販売すればノルマが達成でき、本部からディーラーにインセンティブがもらえる状況だとします。さらにそのインセンティブは販売する新車価格よりも高い金額だとします。この状況で、新車を購入してくれるお客がまったく見つからない場合、あなたならどうしますか?最終、自分で購入してでもノルマを達成しようと思いませんか?

ディーラーが販売実績を作るには、販売している新車を登録(届出)しナンバーを取得することで成立します。こうしてノルマ達成のためだけに登録(届出)されナンバーがついたクルマは、とくに誰が乗るわけでもないので時期が来れば、現金化するために中古車市場に出されて販売されるのです。

未使用車を選ぶメリットとデメリット

未使用車を選んで購入した場合のメリットとデメリットを、新車や中古車を購入した場合と比較してお伝えします。

メリット

新車同様なのに新車よりも価格が安い

未使用車は、一度登録(届出)されているため書類上では中古車扱いとなり、車両価格が新車よりもいくらか安くなります。さらに車検をすでに受けて登録(届出)されているため、自賠責保険、自動車重量税、自動車税はすでに支払われています。このことから未使用車は、新車同様のコンディションでありながら新車よりも安く購入できるのです。

新車よりも納車が早い

新車なら注文・契約してから製造されるため納車が短くても1か月以上はかかり、人気車種ともなれば何か月も待たされることになります。しかし未使用車はすでに完成して現車があるため、名義変更と簡単な整備が終わればすぐに納車されます。軽自動車なら1週間程度、普通車なら2週間程度で納車となります。

中古車よりもコンディションが良い

取り扱い上は中古車となる未使用車ですが、中古車のように誰かが以前に乗っていたクルマではなく未使用であるため、コンディションはほぼ新車と変わりありません。前のオーナーのクセなどがついていたり、キズや汚れなどが気になりますがを気にする人は、未使用車を選べば安心です。

新車と同等の保証がついている場合がある

今では中古車でも、ほとんど何らかの保証がついて販売されていますが、未使用車の場合は新車購入の時にしか付けられない保証が最初からついている場合があります。同じ保証付きでも、中古車よりも未使用車の方が充実した保証内容となる点は、今後のことを考えれば大きなメリットになります。

デメリット

新車のように自分好みにして購入できない

新車なら注文・契約してから製造されるので、グレードをはじめメーカーオプションやボディーカラーなどを自分の好みにして購入できます。しかし未使用車の場合は、すでに完成しているため自分の好みにして購入することは不可能です。未使用車で購入する場合、ある程度の妥協が必要になってきます。

新車に比べて車検期間が短い

新車は納車直前に車検を受けるので、次回の車検はほぼ3年後という期間になるの未使用車はすでに車検を受けて登録(届出)されているので、新車よりも車検期間が短くなる場合がほとんどです。例えば、1年前に車検を受けて登録(届出)された未使用車の場合、残りの車検は2年となり、新車より1年も短くなるのです。

購入チャンスは限られる

未使用車なら何でもよいという場合は別ですが、決まった車種で未使用車を購入したい場合は、購入できるチャンスはとても限られてきます。なぜなら未使用車は、新車や中古車のようにどんな車種でも出てくるわけではないからです。もしお目当ての未使用車を見つけたら、即購入できる準備と気持ちが必要です。

ワンオーナー車ではなくなる

未使用車はクルマ自体は新車同等なのですが、すでに登録(届出)を一度されているため購入者は2番目のオーナーとなります。ワンオーナーのメリットは、のちにクルマを売却するときの査定への影響です。ワンオーナーということは、一人のオーナーが大切に乗ってきたクルマという証になり買取価格が良くなることがあるのです。しかし、あとあと売却するつもりがなかったり、ワンオーナーにこだわりがないのであれば気にすることはないでしょう。

中古車よりも価格が高い

未使用車は新車に比べると安く購入できますが、中古車よりは価格が高くなります。しかしこれは中古車でも、走行距離が少ないとかキズや汚れがなくコンディションが良い中古車は価格が高くなるものなので、当然といえば当然のことであり、気にするほどのデメリットではないでしょう。

未使用車を購入する上での注意点

未使用車をできるだけ安心して購入するための注意点をいくつかお伝えします。

未使用車の購入先選び

未使用車の説明でもお伝えしたのですが、普通車の場合は「登録済未使用車」、軽自動車の場合は「届出済未使用車」など未使用車として表記している販売店は、一般社団法人 自動車公正取引協議会に加盟している証です。逆に「新古車」という表記を使っているところは未加入の販売店になります。

一般社団法人 自動車公正取引協議会に加盟している販売店は、消費者を惑わせたり誤解を与えないように努めていますので、信用度が高く信頼できると思われます。このことから販売店を選ぶときには、未使用車と表記している販売店を購入先にするとよいでしょう。

展示車や試乗車の場合もある

販売店の中にはショールームに展示していた「展示車」や、購入を検討している人が試しに乗る「試乗車」も未使用車として販売している場合があります。

展示車の場合は、動くことはないので走行距離はとても少ないですが、展示されている間は多くの人にドアやトランクを触られ開け閉めされたり、室内に乗り込んで触られたりしています。

試乗車の場合は、ひとり当たりの走行距離は短いですが多くの人が実際に運転して走行しているため、他の未使用車よりも走行距離は多くなり、ドアノブなどの外観やステアリングなどの内装にキズや汚れがついている場合があります。

展示車や試乗車も未使用車として販売されている可能性があることを理解して、購入する前に必ず外観や内装のコンディション、走行距離を確認するようにしましょう。

未使用車の購入先

未使用車はディーラーの販売ノルマ達成のために発生するクルマなので、当然ディーラーで購入することもできますが、ディーラー以外でも未使用車を販売しているところはいくつかあります。

ディーラー系中古車販売店

ディーラー系中古車販売店はディーラーと一番近い位置にいますので、ディーラーが抱えた未使用車を仕入れて販売していることがあります。ディーラー系なので自社ブランドの未使用車を豊富に取り揃えていたり、購入後のアフターフォローや保証など安心して購入できます。購入したい未使用車のメーカーが決まっているなら、そのメーカーのディーラー系中古車販売店から探すとよいでしょう。

未使用車専門店

未使用車を専門に扱っている販売店がいくつも存在します。メーカー系と違い、幅広い自動車メーカーと車種の未使用車を取り揃えているのが特徴です。メーカーや車種を事前に決めていない、いろんなメーカーや車種から自分が気に入る未使用車を見つけたい人にはおすすめの販売店です。

また未使用車専門店は、軽自動車を専門に取り扱っているところの割合が高いことがわかりました。軽自動車狙いなら未使用車を購入できる可能性が高くなります。

大手中古車販売店

中古車をメインに販売している大手中古車販売店でも未使用車を購入することが可能です。しかし、ネットなどに情報を公開していることがほとんどありません。個別に問い合わせることで未使用車の在庫があるのかなどを教えてくれます。

未使用車はどれくらい得になるのか

未使用車は新車に比べて安く購入できることはメリットでお伝えした通りですが、実際にどれくらい安く購入できるのでしょうか。

まず車検時に必要となる自賠責保険料3年分、自動車重量税3年分、自動車税の金額分が安くなります。車種よって金額は変わりますが、軽自動車で6万円ほど、2リッター5ナンバーの普通車で10万円ほど安くなります。

次に車両価格ですが、販売店としても早く売りたいため値引きが入る可能性は高くなります。こちらも車種によって値引き金額に違いはありますが、少なくても5~10万円ほどで多いときには20~30万円以上にもなることもあります。

未使用車をしっかり理解して得をしよう!

未使用車はいつでも購入できるわけではなく、自分好みのクルマを見つけるのは一苦労かもしれませんが、新車同然のクルマが新車よりも安く購入できることが一番の魅力です。

未使用車を探すときには、「新古車」と表記している販売店ではなく「登録済未使用車」や「届出済未使用車」と表記している販売店を選べば、一般社団法人 自動車公正取引協議会に加入している販売店という証なので、さらに安心して購入ができるでしょう。

未使用車は、すぐに販売したいクルマなので一般的に人気のある車種なら、未使用車として出回る台数が多くなる可能性が高いと思われます。また、軽自動車の未使用車を販売している専門店が多数ありますので、人気車種や軽自動車の購入を検討している人にとっては、未使用車を狙うのも手でしょう。

自分が購入したいと思っている車種でグレード・オプション・ボディーカラーがぴったり当てはまる未使用車が見つかれば、新車や中古車を購入するよりも大変お得に購入できるのが未使用車です。