正しい中古車の選び方とは?注意点とお得に購入する方法を解説

「クルマを少しでも安く購入したい」とか「すでに新車で販売されていないクルマを購入したい」という人は中古車を購入することになります。

中古車は新車に比べて確かに安いですが、車種によっては数百万円ほどの出費が必要になります。また、絶版したクルマは、車種によっては非常に古くなり後々のメンテナンスに気を使います。このようなことから、中古車選びは失敗しないためにも慎重に行いたいものです。

そこで今回は、中古車を選ぶときに注意するポイントを中古車購入の流れに沿って解説したいと思います。また、少しでもお得に購入する方法も合わせてご紹介します。

予算を決める

まず一番最初に行うことが「予算を決める」ことです。予算が決まらないことには購入するクルマを決めることももできません。100万円までと言うように具体的な金額を決めましょう。

中古車には諸費用がかかる

中古車は車両本体価格の金額だけでは購入できません。登録などの諸費用や税金、そして保険などの費用も必要になります。保険などは購入時に満額支払う必要はありませんが、登録などの諸費用は中古車を購入するときに必要となる費用です。

購入する車種にもよりますが中古車購入の予算を決める時には、本体価格にプラス10~20万円ほどかかることを考慮しましょう。

ローンを組むなら金利をチェック

中古車を一括払いで購入するのではなく、月々分割払いの「ローン」で支払う場合、金利がどれだけかかるのかをチェックしましょう。金利は支払い総額に影響し、金利が高いほど支払い金額も高くなります。金利や安い方が断然得になります。

一般的には銀行の「自動車ローン」が低金利でお得ですが、タイミングによっては中古車販売店が特別金利を実施していることもあります。比較して安い方を利用するようにしましょう。

車種を選ぶ

次に購入する車種を選びます。具体的に決まっている方は別として、家族が増えるから今よりも大きなクルマにしたいとか、もっと燃費が良いクルマにしたいなどの理由で中古車を購入する方は、漠然とクルマを選ぶのではなく、自分の希望することを具体的に書き出して、それを叶えてくれる車種に絞り込みましょう。

乗り出し価格は予算の8割程度を狙う

具体的車種が決まったら予算いっぱいの車種を探すのではなく、「予算の8割程度の乗り出し価格」の中古車を探すようにしましょう。いろいろ見ていると、もっといいクルマにしたいという欲がでてくるものです。もっと程度の良い中古車となっても、スタートが8割程度からなら多少上限を上げることができるのです。

ノーマル車を狙う

中古車選びをする上で「ノーマル車」を狙うのは基本です。カスタムされているクルマ全てが悪いわけではないのですがスポーツタイプのクルマの場合、ハードに乗られていてエンジンや足回りの劣化が激しく、買ってからトラブルになる可能性が高いためです。

お店を選ぶ

購入したい中古車探しは、インターネットの中古車検索サイトを使って探すことになると思います。インターネットなら、日本全国の中古車を見ることができるため、より自分の理想に近い中古車を見つけることが可能です。

自宅から近いお店を探す

中古車を購入するお店選びで重要視したいのは、「自宅から近い」ということです。狙いを定めた中古車は必ず実際に見て確認するためです。またクルマというものは、購入後もメンテナンスや車検などで購入した販売店にお世話になることもあります。

極端な話、お金と時間をかければ遠いところでも見に行くことは可能です。しかし、これは最終手段としましょう。

車種によっては専門店もアリ

中古車を購入できるお店としては、自動車メーカーのディーラーか中古車販売店を利用することになると思います。理由は中古車を豊富に取り揃えているので、比較検討できるメリットがあります。

もし「RX-7が欲しい」とか「オフロード車を買いたい」などと車名や車種が具体的に決まっているなら、特定のクルマや車種を取り扱っている専門店を選択するのも一つの方法です。欲しいクルマが多数取り揃っているので、より自分の希望に近いクルマを見つける可能性が高くなります。

クルマをチェックする

最近ではインターネットの普及で、画面と情報だけを見て中古車購入を決めることもでき便利になりましたが、正直言ってとても危険な購入方法です。

中古車はすでに誰かに乗られているクルマなので、何かしらの消耗や劣化そしてクセなどが付いていることがほとんどです。購入したあとに「こんなはずじゃなかったのに」と後悔しないように、中古車は必ず現車を見て乗ってチェックしましょう。

修復歴は必ずチェック!

よほどクルマのことを理解している人でない限り、「修復歴有り」の中古車を購入しないようにしましょう。修復歴とはフレームなどクルマにとって重要な個所を損傷し、修復したことを言います。このような中古車は完全に直りきってないことが多く、真っ直ぐ走らないなどのトラブルを抱えていることがほとんどなのです。

外観

外観はドア・ボンネット・フェンダー・ライトの隙間が均等かチェックします。もし左右でズレていたり、斜めを向いて均一でない場合、事故を起こしている可能性が高いです。事故を起こしていなくても、どこかが変形しているので、このようなクルマは避けましょう。

ボディの塗装に剥がれやムラが無いかチェックします。簡単な手直しで直るようなら問題ありませんが、ムラがある場合は修理した可能性があります。ボンネットやドアなどを取り付けているネジが普通なら上から塗装されているのですが、塗装されていない場合は交換修理の証拠です。このようなクルマも避けましょう。

ドアとボディの隙間を埋める「ウェザーストリップ」や窓のゴムが劣化やひび割れを起こしていないかチェックします。修理対応してもらえるなら問題ないですが、対応してもらえない場合は修理に費用が掛かりますので、予算と相談して購入するかどうか決めましょう。

内装

内装ではタバコなどのイヤなニオイがしないかチェックします。エアコンをオンにしてカビ臭くないかもチェックしましょう。ニオイが消せないようなら購入は避けるべきです。

スイッチ類は問題なく作動するかチェックします。使用による表示のすり減りなどは仕方ないですが、動かない場合は修理対応してもらうようにします。

シートの「ヨレ」「ヘタリ」「汚れ」をチェックします。走行距離が少ないのに運転席のシートがやたらとヘタっていたり汚れている場合は、走行距離の多い「過走行車」を疑い、購入は避けましょう。

その他、ステアリングやシフトノブの使用感でも、どれくらい乗られていたかがだいたいわかります。さらに天井やダッシュボード、メーター周りなど、自分が気になるところの汚れや劣化をチェックしましょう。

エンジン

エンジンはクルマにとって重要であり、万が一があった時に多額の費用がかかる可能性が高いので、とくに注意してチェックしましょう。

  • オイルが滲んでいる
  • かかりが悪い
  • 異音がする
  • 振動が激しい
  • 黒煙が出る
  • 異臭がする

このような症状がある、もしくは出るエンジンは何らかのトラブルを抱えています。いくら理想のクルマでも、購入後に大きなトラブルを抱える可能性が高いので購入は避けましょう。

試乗は必ず行うこと!

中古車は見るだけではダメです。必ず試乗するようにします。試乗することでクルマが真っ直ぐ走るのか、しかり曲がるのか、ブレーキやサスペンションに異常は無いか、変速に異常が無いか、などを見極めることができます。

もし、試乗を断られるようでしたら、その販売店では購入しないようにしましょう。

見積りを出してもらう

購入する中古車が決まれば、見積もりを出してもらいます。クルマは本体価格以外に登録費用や代行費用などがかかってきますので、それらがいくらかかるのか見積もり表でしっかり確認しましょう。

値引き交渉は当たり前

販売店が出してくる見積もりは、当然ですが販売店の利益が上乗せされて作られています。その利益の額は販売店ごとに独自に決めていますので、多く取っている場合があります。

見積もられたままに契約まで行くと、後で他の販売店よりも高いことに気づいて後悔するかも知れませんので、必ず値引き交渉をしましょう。「値引きを口にすると印象を悪くするかも」など気にする必要はありません。交渉してみて値引きしてもらえたらラッキーくらいの気持ちで行ってください。

契約を交わす

見積り金額や購入する上での条件などに問題がなければ、販売店と売買契約を交わします。一度交わした契約は簡単にはキャンセルできません。もしキャンセルできたとしても、いくらかの違約金が発生し損する可能性が高くなります。契約書に署名・捺印をする前に、もう一度契約内容をよく確認するようにしましょう。

必要書類は早めに揃える

中古車を購入するための書類の中には、購入者が用意しなければいけないものがあります。可能な限り販売店に登録手続きなどを代行してもらう場合、最低限用意しなければいけないものは、

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 委任状

になります。印鑑証明書はお住まいの役所に取りに行く必要があります。役所は平日9時~17時の間しか対応してもらえないので、平日にお仕事がある方は有給や半休などを取得しなければなりませんので、早めに対応するようにしましょう。

納車

無事に契約が締結されたら、購入費用を支払います。現金一括で支払うのかローンを組んで支払うのかを決めます。ローンを組む場合、販売店と提携しているローン会社を利用することができます。その場で審査してもらえるので、手間がかからないのがメリットですが金利は他のローンよりも高めになることが多いです。

銀行の「自動車ローン」はどこよりも金利が低い場合が多いです。もし銀行の自動車ローンを使いたい場合は、契約になる前に仮審査をしておきましょう。購入が決まってからでは審査に時間がかかる上に、万が一審査に落ちてしまったら、販売店に支払うこともできなくなりクルマを手にするのが遅くなる、もしくは購入できなくなってしまいます。

納車ですが、自宅まで持ってきてもらう場合は納車手数料がかかります。費用を抑えたい場合は自分で引き取りに行くようにしましょう。

受け取る前にもう一度チェック!

念願のクルマが手に入る瞬間なので、うれしい気持ちは理解できます。しかし納車の時こそ冷静な気持ちになり、もう一度クルマを隅々までチェックし、不具合や問題が無いか必ずチェックしましょう。

中古車をお得に購入する方法

中古車は購入の仕方でさらにお得になることがあります。その方法をご紹介します。

購入する時期

中古車は高くなる時期と安くなる時期があります。安くなる時期は、

  • フルモデルチェンジやマイナーチェンジ
  • 決算期の3月と9月
  • 売れにくい4月や5月
  • ボーナス前

です。またオープンカーは春に高く冬に安いなど、車種によって安く購入できる時期もあります。

ローンの金利

ローンを組んで中古車を購入する場合、金利も出費の一部となります。同じローンを組むにしても、金利が安いところで組まなければ損をします。

一般的には販売店やディーラーのローンよりも、銀行の自動車ローンの方が金利は安いのですが、たまに販売店やディーラーでも特別金利を実施することがあるので、その時に一番金利が安いところでローンを組みましょう。

合い見積りを取る

購入金額を可能な限り安くるすには「合い見積り」を取りましょう。中古車なので、まったく同じクルマでの比較はできませんが、似たような条件のクルマになりますので、本体価格や手数料などを比較して値引き交渉の材料にします。

あまりしつこくやりすぎると、販売店側が飽きてしまい相手にしてくれなくなる場合がありますので、節度を持って行いましょう。

車検が残っている中古車を狙う

車検が残っている中古車は車検費用などが不要になりますので、その分安く購入することが可能です。車検が付いてない中古車になった場合は、車検費用をサービスしてもらう交渉をするのも手です。

不人気車を狙う

車の人気やデザインなどを気にしないのであれば、不人気車が狙い目です。不人気車はなかなか売れないので販売価格が安いのです。安くてコンディションの良い中古車を手に入れられる可能性が非常に高いです。

ツボを押さえて賢く中古車を購入しよう!

中古車はどれ一つとして同じコンディションのものはありません。コンディションの良いものもあれば、悪いものもあります。それだけ中古車選びは神経を使い、難しいのです。

今回の記事を参考にして、間違わない、損をしない中古車選びを実践できるようになってください。そして理想の一台を手に入れて素敵なカーライフを過ごしてください。