購入前に要チェック!ボルボの車種別5選【維持費まとめ】

数ある欧州自動車メーカーの中でも、最近目覚ましい躍進を見せている<ボルボ>。実際にボルボ車を所有すると、どれくらいの維持費がかかるのでしょうか。

今回は「ボルボ車5車種の維持費」を項目ごとに詳しく紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

自動車を所有するとかかる維持費

ビッドちゃん
自動車を購入すると必要になる維持費は次の7つです。
自動車の1年間にかかる維持費
自動車税(軽自動車税)
重量税
自賠責保険
任意保険
ガソリン代
駐車場代
車検代

今回の記事では、「ボルボ車の1年にかかる維持費」を車種別に紹介します。

重量税、自賠責保険などのまとめて支払うものは、1年当たりの額に直して表示してあります。車検代だけは1年当たりの額ではなく、1回の車検にかかる費用です。

ボルボ車の維持費

ビッドちゃん
ボルボ車5車種の維持費を紹介します。

XC40

<XC40>はボルボが販売するコンパクトSUV。2018年には「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した大ヒットSUVです。

XC40の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

XC40の1年間にかかる維持費
自動車税 36,000円
重量税 10,000円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約50,000円
ガソリン代(年間1万km走行) 118,529~130,000円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・XC40の1年間にかかる維持費の総額 322,789~334,260円

・車検代 約10万円~

パワートレインは<T4>と<T5>の2つの新世代エンジンを搭載。ともに2リッター4気筒直噴ターボエンジンですが、異なる個性を持っています。

<T4>は前輪駆動とAWDが設定され、オールラウンドに扱いやすいエンジン。
<T5>はAWDのみですが、より高出力でパワフルなエンジンになっています。

XC40はエコカー減税に対応していないので、税金面は少し高めに感じます。<T4>エンジン搭載グレードのほうが燃費効率が良くお得でしょう。

世界中で愛されるボルボXC40!1年間に必要な維持費を調べてみました

XC60

<XC60>はボルボの販売するミドルサイズSUV。

XC60には「ガソリンエンジン」「クリーンディーゼルエンジン」「プラグインハイブリッド」の3つのパワートレインがあり、幅広い選択肢のあるモデルです。

XC60<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費は以下の通り。

XC60<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費
自動車税 36,000円
重量税 16,400円
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約50,000円
ガソリン代(年間1万km走行)127,619~139,826円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・XC60<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費の総額 338,279~350,486円

・車検代 約10万円~

XC60の「クリーンディーゼル車」と「プラグインハイブリッド車」は「令和2年度燃費基準達成車」なので、エコカー減税適用により購入時には重量税が軽減されます。

また、登録翌年度にはグリーン税制による自動車税の軽減がありますので、「ディーゼル」と「プラグインハイブリッド」のグレードでは税金面はかなり安く抑える事ができるでしょう。

【最新版】コンパクトプレミアムSUVのXC60!1年間の掛かる維持費は?

XC90

<XC90>はボルボの販売するミドルサイズSUV。「3列シート7人乗り仕様」の同社SUVでは最上位のモデルです。

XC90<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費は以下の通り。

XC90<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費
自動車税 36,000円
重量税 9,400円(エコカー減税適用により購入時は25%軽減)
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約50,000円
ガソリン代(年間1万km走行)124,961~128,960円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・XC90<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費の総額 328,621~332,620円

・車検代 約10万円~

「ディーゼルエンジン」と「プラグインハイブリッド」のグレードも存在し、エコカー減税や燃費効率の面で維持費が安く抑えられます。

SUVでは珍しい3列シートのXC90!購入後の維持費が気になる方は必見

V40

<V40>はボルボの販売するコンパクトハッチバック車。残念ながら2019年で販売終了になる事がアナウンスされています。

V40<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

V40<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費
自動車税 30,500~36,000円
重量税 5,600~7,500円(エコカー減税適用により購入時25%軽減)
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約50,000円
ガソリン代(年間1万km走行)94,269~101,384円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・V40<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費の総額 288,629~303,144円

・車検代 約10万円~

V40はエコカー減税適用モデルで燃費効率も良く、維持費を低く抑えられる車種です。

ボルボ最小コンパクトハッチバックのV40!心配なのは維持費?

V60

<V60>はボルボの販売するステーションワゴン。

V60<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費は以下の通りです。

V60<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費
自動車税 36,000円
重量税 10,000円(エコカー減税適用のため購入時本則税率)
自賠責保険 12,260円(37ヵ月分÷3)
任意保険 約50,000円
ガソリン代(年間1万km走行)124,961円
駐車場代 約96,000円(全国平均)

・V60<ガソリンエンジン車>の1年間にかかる維持費の総額 329,221円

・車検代 約10万円~

V60には「2リッターガソリンターボエンジン」の他に「プラグインハイブリッド」のグレードが存在します。

エコカー減税の軽減率も高く燃料費も安くなるので、維持費面では「プラグインハイブリッド車」がお得です。

プラグインハイブリッドが目玉のV60!1年間の維持費はいくら?

まとめ


ビッドちゃん
今回は「ボルボ車5車種の維持費まとめ」をお伝えしました。

最近のボルボ車には「クリーンディーゼルエンジン」や「プラグインハイブリッドエンジン」を搭載した車種が多く、税金や燃料費をかなり抑えられます。

車体価格は少し高めではありますが、「輸入車を購入しても維持費はなるべく安く済ませたい」という方にはおすすめのブランドと言えるでしょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報