SUVでは珍しい3列シートのXC90!購入後の維持費が気になる方は必見

XC90は、国内外で100以上もの輝かしい受賞実績を持つボルボの高級ミドルサイズSUVです。

2代目となるXC90は、エクステリアやインテリアなどプラットフォームも含めて殆どのパーツが新開発で、新世代ボルボをXC90で味わうことができます。世界的に高い評価を得ているXC90の維持費について紹介していきます。

XC90の特徴

XC90は日本でのRJCカー・オブ・ザ・イヤー・インポートや、グッドデザイン・ベスト100に選ばれるなど、世界中で100以上もの賞を受賞している大人気のSUVです。XC90は、SUVでは珍しい3列シートになっていますので、ミニバンとSUVの両方を兼ね備えているのも最大の特徴と言えます。

XC90のエンジンは、全タイプ2,000ccエンジンを搭載していますが、XC90の大きなボディには小さく感じてしまいす。しかし、最近の主流とも言えるダウンサイジングエンジンのため、3,000cc並みのパワーを発揮することができます。

XC90には、直噴ターボエンジン搭載モデル【T5シリーズ】、クリーンディーゼルエンジン搭載モデル【D5シリーズ】、ターボとスーパーチャージャーを組み合わせた直噴ターボ&スーパーチャージャーエンジン搭載モデル【T6】、直噴ターボ&スーパーチャージャーエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの【T8】が用意されています。

XC90に用意されている各エンジンスペックを紹介します。

●ハイパフォーマンス 2,000cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ターボエンジン

  • グレード :T5 AWD Momentum/T5 AWD Nordic Edition
  • 最高出力 :254ps
  • 最大トルク:35.7kgm

●2,000cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ターボ&スーパーチャージャーエンジン

  • グレード :T6 AWD Momentum
  • 最高出力 :320ps
  • 最大トルク:40.8kgm

●2,000cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ディーゼルターボエンジン

  • グレード :D5 AWD Momentum/D5 AWD Inscription
  • 最高出力 :235ps
  • 最大トルク:48.9kgm

●2,000cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ターボ&スーパーチャージャーエンジン+電動モーター

  • グレード :T8 Twin Engine AWD Inscription/T8 Twin Engine AWD Excellence
  • 最高出力 :318ps
  • 最大トルク:40.8kgm

ボルボ公式:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc90/lineup

XC90でかかる維持費は年間どのくらい?

XC90の維持費として年間どれくらいの費用が掛かるのか?調べてみましたので紹介します。

税金

XC90を維持していく上で課税される税金について紹介します。

自動車税

自動車税とは、4月1日の時点で自動車検査証に記載されている所有に対して支払いが義務付けられている税金で、自動車税納付書が自動車検査証に記載のある所有者宛てに送付されますから、一般的には5月末までに納めなければいけません。自動車税は、エンジンの総排気量によって税額が定められていますが、環境を配慮したエコカーには税額の軽減措置が適用されます。

一方で、新規登録から13年以上または18以上経過した自動車に対しては、現在の環境基準に適していないため、自動車税額が高く設定されています。自動車税は、車検有効期間の有無に関わらず、ナンバープレートを返納しない限りは、所有者に納税する義務があります。また、自動車税を滞納している場合は、車検を受けることができないので、延滞料を含めた自動車税を完納しなければいけません。

XC90に用意されているエンジンは、全タイプ総排気量が2,000ccなので、自動車税額は【¥39,500-】です。

重量税

自動車重量税は、自動車の重量に応じて課せられる税金で、車検有効期間分の自動車重量税を納めなければ車検を受けることができません。自動車税は、車検が切れていてもナンバープレートが付いている限りは納税する義務がありますが、自動車重量税は車検を受けなければ納める必要がありません。

XC90を新車で購入した場合は、初めての継続車検の有効期間が2年なので、2年間分の自動車重量税を納付することで車検を受けることができます。ある一定の燃費基準を達成している自動車や、エコカー減税対象車は、自動車重量税の軽減措置が適用されます。

XC90は全タイプ車両重量が2t超~2.5t以下で、ガソリン車は自動車重量税が25%減税なので【¥18,800-/2年】です。尚、D5/T8はクリーンディーゼル車とプラグインハイブリッド車なので、エコカー減税が適用によって自動車重量税は100%免税されます。

1年間に換算すると、XC90のガソリン車1年間分の自動車重量税は【¥18,800-÷2年=¥9,400-/年】となります。

保険

自動車に関する保険は、大きく分けて【自賠責保険】と【任意保険】の2種類があります。自賠責保険と任意保険について説明していきます。

自賠責保険

自賠責保険は人に対して適用される保険で、自動車を所有する全ての人が法律で加入することが義務付けられている強制保険です。自賠責保険に加入していない自動車では、公道を走行することも車検を受けることもできません。

また、自賠責保険は最低限の補償しかないため、物損事故などで壊した公共物への補償も一切ありませんし、死亡事故でも3,000万円までしか補償されません。

自賠責保険は、車検有効期間の年数に合わせて加入しますが、自家用自動車の継続車検の場合は2年なので、自賠責保険も基本的には24ヶ月の期間で加入することになります。しかし、自賠責保険の有効期間満了日は12時で、車検有効期間満了日は24時なので、車検有効期間よりも自賠責保険が12時間も早く切れることになってしまいます。

自賠責保険は、日割り計算ではなく月割り計算で保険料が設定されているので、自賠責保険が切れている時間を無くすためには、24ヶ月ではなく25ヶ月で加入するようになります。XC90の車検時に加入する自賠責保険を25ヶ月で加入した場合は、【¥26,680-】になります。

1年間分に換算しますと、【¥26,680-÷2年=¥13,340-/年】です。

尚、自賠責保険は、損害保険料算出機構によって保険料が定められているため、どこの保険会社で加入しても保険料は同じです。

任意保険

任意保険は、自賠責保険料では補償しきれない部分を補うために、強制ではなく任意で加入することができる保険のことを言います。各保険会社で任意保険が用意されていますが、生命保険と同じで保険会社によってサービスや補償内容で保険料が違いますので、自分にあった保険会社を探すところから始めなければいけません。

任意保険加入後、1年間無事故で保険を使用しなかった場合は、任意保険契約更新時に次回の保険料が安くなる特典があります。任意保険は現等級を他の保険会社へ変更しても引き続くことができるので、保険料が安く補償内容が良い保険会社を探すことで維持費を抑えることができます。XC90はボルボSUVの上位モデルで、購入できるユーザーが限られています。その点を踏まえた上で任意保険の料金を1例として紹介します。

●XC90 T5 AWD Momentumの料率クラス:対人・4/対物・5/搭乗者・4/車両・8

  • 年齢     :30歳以上
  • 等級     :20等級
  • 年間走行距離 :9,000kmkm
  • 免許の種類  :ゴールド
  • 運転者限定  :本人限定
  • 運転者年齢制限:30歳以上
  • 対人賠償   :無制限
  • 対物賠償   :無制限
  • 年間の保険料(車両保険無し):¥ 32,600-
  • 年間の保険料(車両保険有り):¥106,000-

XC90は、1番高いモデルで1,000万円を超える超高級SUVです。購入層も熟練の方が多く、本人以外が運転することもないと仮定した任意保険加入内容にしています。車両価格が高いXC90なので、車両保険に加入すると保険料も高くなりますが、万が一全損事故をした時のことを考えて必ず車両保険に加入するようにして下さい。

その他費用

XC90を維持するために税金や保険以外で掛かる費用で、最も大きなウェイトを占めるのは、ガソリン代と駐車場代です。故障や事故などで大きな出費に見舞われることもありますが、ガソリン代と駐車場代は維持費の中でも大きなウェイトを占めています。税金や保険以外で必要となる費用を紹介していきます。

ガソリン代

XC90に使用されるガソリンは、【無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)】で、ハイオクガソリンの全国平均価格は【¥161.2/L】です。XC90のディーゼルエンジンに使用する燃料は【軽油】で、軽油の全国平均価格は【¥130.9 -/L】です。一般的に1年間に走る距離は、10,000kmと言われていますので、1年間に必要なガソリン代を求める計算式は、【1年間の走行距離÷カタログ燃費数値×燃料価格】となります。

●T5シリーズ(カタログ燃費数値・12.9km/L)

10,000km÷12.9km/L×¥161.2-=¥124,961-

●T6シリーズ(カタログ燃費数値・12.5km/L)

10,000km÷12.5km/L×¥161.2-=¥128,960-

ガソリン価格情報NAVI:https://oil-stat.com/high.html

●D5シリーズ(カタログ燃費数値・13.6km/L)

10,000km÷13.6km/L×¥130.9 -=¥96,250-

軽油価格情報NAVI:https://oil-stat.com/light.html

※プラグインハイブリッド車のT8シリーズは、燃費データーが不明のため、算出できません。

エンジンオイル交換費用

XC90に良く使用されるエンジンオイルの種類は、寒冷地でも性能を落とさず使用できる0W-20や0W-30で、価格は¥3,000-/Lくらいのを選択すると良いでしょう。エンジンオイルの量は【5.8L】で、エンジンオイル交換工賃は、工場や店舗によって全く異なりますが¥3,000-前後が相場となっています。

エンジンオイルの交換時期は、激しい運転をしない限りは1年または10,000kmで構いませんが、油温の上がる夏場や遠距離走行したときなどは、早めに交換することをオススメします。

XC90のエンジンオイル交換の料金は、【(5.8L×¥3,000-)+¥3,000-=¥20,400-(消費税別)】です。

駐車場代

日本の立体駐車場のサイズは、全長5,000mm×全幅1,850mm~1,900mm×高さ1,550mm~1,600mmが最も多く、SUVや大型の車は駐車できないことがあります。XC90のサイズは、全長4,950mm×全幅1,930mm~1,960mm×全高1,775mm~1,760mmなので、国内にある立体駐車場は使用することが難しいかもしれません。

XC90のような高級SUVを屋外に駐車することは、盗難される可能性もあるため、あまりオススメできません。高級輸入車の高所得者が集中する都市での販売が集中しているので、国内で平均年収が多い東京都・愛知県・神奈川県・大阪府・京都府東京都の月極駐車場代を1例として紹介します。

●東京都・愛知県・神奈川県・大阪府・京都府東京都の月極駐車場平均月額

  • 東京都の月極駐車場・平均賃料 :¥36,491-(¥437,892-/年)
  • 愛知県の月極駐車場・平均賃料 :¥31,901-(¥382,812-/年)
  • 神奈川県の月極駐車場・平均賃料:¥21,147-(¥253,764-/年)
  • 大阪府の月極駐車場・平均賃料 :¥37,907-(¥454,884-/年)
  • 京都府の月極駐車場・平均賃料 :¥14,393-(¥172,716/年)

個人所得が高い都道府県上位の中でも、京都府の駐車場代はかなり安いことがわかりました。京都府では観光地の多い中心地を避けることで、かなり安く駐車場を借りることができます。

車検代

XC90を購入すると、初年度登録から10年が経過するまでは、2年に1度の間隔で必ず車検を受けることになります。今回は大きな修理もなく車検に合格したことを想定した金額で車検整備費用を算出していますが、車検時には必ず消耗品の交換があるのでXC90の場合は、30万円ほどは交換部品用に準備しておくようにして下さい。

  • 自動車重量税:¥0-/2年~¥18,800-/24ヶ月
  • 自賠責保険料:¥26,680-/25ヶ月
  • 印紙代   :¥ 1,200-
  • 車検整備費用:¥30,000-
  • 車検代行料 :¥10,000-
  • 消費税   :¥ 3,200-
  • 車検費用合計:¥71,080-~¥89,880-

車検は2年に1度なので、1年間の維持費として計算を行うと、【¥71,080-÷2年=¥35,540-/年~¥89,880-÷2年=¥44,940-/年】となります。

年間の維持費合計

  • 自動車税   :¥39,500-/年
  • ガソリン代  :¥96,250-/年~¥128,960-/年
  • オイル交換代 :¥20,400-/年
  • 車検費用   :¥33,940-/年~¥43,340-/年
  • 年間維持費合計:¥190,090-/年~¥232,200-/年

※上記費用に消費税は含まれておりません。

この年間維持費合計には、加入条件によって大きく金額が異なる任意保険料と、お住いの地域によって大きく価格が異なる駐車場代は含まれていません。また、車検で交換する消耗部品なども入っていないので、上記の年間維持費合計金額に¥は最低でも余分に用意しておく必要があります。

XC90の購入時にかかる費用は?

XC90には、ガソリン車の【T5シリーズ/T6シリーズ】と、クリーンディーゼル車の【D5シリーズ】と、プラグインハイブリッド車の【T8シリーズ】が用意されています。XC90を新車で購入するときの費用を調べてみましたので、紹介していきます。

車体価格

  • T5 AWD Momentum        :¥ 7,305,556-
  • T5 AWD Nordic Edition(限定150台):¥ 7,768,519-
  • T6 AWD Inscription         :¥ 8,833,333-
  • D5 AWD Momentum         :¥ 7,953,704-
  • D5 AWD Inscription        :¥ 8,740,741-
  • T8 Twin Engine AWD Inscription   :¥10,037,037-
  • T8 Twin Engine AWD Excellence     :¥12,120,370-

※上記価格に消費税は含まれておりません。

オプション装備

XC90に用意されているオプション装備を一部、紹介します。

  • パノラマ・ガラス・サンルーフ     :¥190,741-
  • プレミアムサウンド・オーディオシステム:¥324,074-~¥416,667-

※上記価格に消費税は含まれておりません。

自動車重量税

XC90を購入した時の自動車重量税は、車検有効期間が新車は3年なので、3年分の自動車重量税を納付することになります。自動車重量税は、自動車の重さによって1年ごとに税額が決まっていますが、環境に配慮したエコカーやある一定の燃費基準達成車には自動車税額の軽減措置が適用されます。

XC90は、全タイプ車両重量が2t超~2.5t以下で、ガソリン車は自動車重量税が25%減税なので【¥28,200-/3年】になります。尚、D5/T8はクリーンディーゼル車とプラグインハイブリッド車なので、エコカー減税が適用によって自動車重量税は100%免税されます。

自動車取得税

自動車取得税は、自動車を取得することに課せられる税金で、新車や中古車購入以外で自動車を譲り受けても課税されます。自動車本体以外でも、新車を購入するときにエアコンやカーナビなど、容易に取り外すことができないパーツにも取得税は課せられます。取得価額は、XC90の場合は車両本体価格の約90%で、取得価額の3%が自動車取得税の税額になります。

但し、エコカー免税適用車や一定の燃費基準達成車は、自動車取得税が減税・免税されます。新車購入時にエアコンやカーナビを購入・取付した場合には、自動車取得税が課せられますが、納車後に購入・取付を行えば自動車取得税はかかりません。XC90は、T5/T6は自動車取得税・20%減税で、D5/T8はクリーンディーゼル車とプラグインハイブリッド車なので、自動車取得税は100%免税となります。

今回はオプションは無しと言う条件でXC90の自動車取得税を算出しています。

  • T5 AWD Momentum        :(¥ 7,305,556-×0.9)×0.03×0.8=¥157,800-
  • T5 AWD Nordic Edition(限定150台):(¥ 7,768,519-×0.9)×0.03×0.8=¥167,800-
  • T6 AWD Inscription         :(¥ 8,833,333-×0.9)×0.03×0.8=¥190,800-
  • D5 AWD Momentum         :自動車取得税100%免税
  • D5 AWD Inscription        :自動車取得税100%免税
  • T8 Twin Engine AWD Inscription   :自動車取得税100%免税
  • T8 Twin Engine AWD Excellence     :自動車取得税100%免税

自賠責保険

XC90を新車で購入した場合、車検有効期間が3年なので、自賠責保険も36ヶ月または37ヶ月で加入することになります。自賠責保険には有効期間満了日にズレがありますから、36ヶ月で加入するよりも37ヶ月で加入する方が安心することができます。

XC90を新車で購入した場合、自賠責保険に37ヶ月分で加入したときの保険料は、【¥36,780-】となります。

リサイクル料金

XC90を新車で購入する時に、解体するときの処理料金としてリサイクル料金を預託金として支払うことが義務付けられています。リサイクル料金の預託を行った証明として、リサイクル券が発行されるので自動車検査証と一緒に大切に保管して下さい。

  • T5 AWD Momentum             :¥23,610
  • T5 AWD Nordic Edition/T6 AWD Inscription:¥23,700
  • D5 AWD Momentum/D5 AWD Inscription   :¥23,760
  • T8 Twin Engine AWD Inscription      :¥25,300
  • T8 Twin Engine AWD Excellence     :¥24,260

登録に必要な諸経費

XC90を新車で購入した場合、車庫証明や名義変更の手続きを管轄の警察署や陸運局で行わなければいけません。XC90の登録に必要な諸経費の内容と費用を紹介します。

  • 検査登録手続代行費用:¥35,000-
  • 車庫証明費用    :¥ 2,600-
  • 車庫証明手続代行費用:¥25,000-
  • 納車費用                      :¥35,000-
  • ナンバープレート代 :¥ 1,500-
  • 諸経費合計     :¥99,100-

※手続き代行費用、車庫証明費用、ナンバープレート代などは、店舗や地域によって金額は異なります。

XC90の壊れやすいところや注意するべき点

XC90は、改良された部品や対策済の部品が多く使用されているので、ボルボの中でも比較的故障が少ない車種と言えます。XC90の故障で多いのは、アイドリングが不安定になり、タイミングによってはエンジンがストールするというトラブルです。原因としては、アイドリングを上げたり下げたりコントロールする弁のIACバルブの不具合が考えられます。

殆どの場合はIACバルブの内部を清掃することで改善しますが、改善しない場合はIACバルブを交換することで直すことができます。

IACバルブを交換する修理になると、部品自体も高額ですから修理代も自然と高額になってしまいます。IACバルブの清掃は、¥5,000-~¥10,000-ほどで行えますので、維持費を節約するためにも定期的にIACバルブの清掃を行うことが大切です。

まとめ

今回はデザイン性や走行性能で、世界的にも評価が高いXC90の維持費について紹介させて頂きました。日常使いはもちろんのこと、SUVとしてもミニバンとしても、様々な用途を1台でこなせるのも人気の理由の1つです。故障が少ないXC90ですが、高級輸入車なので故障したときの修理代は国産車よりも高くついてしまいます。

定期整備点検の実施は、点検代で費用が掛かるかもしれませんが、大きなトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。XC90は、気軽に買える価格ではありませんが、維持費が掛かる輸入車ではないので、安心してボルボライフを送ることができます。