車のローンを組むときの必要書類は?【書類審査の判断基準とは】

車のローンを組んで購入するときに必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。ローンの種類によって提出が求められる書類の種類は異なります。書類審査で判断基準となるものについても簡単にご紹介します。

ローンを組むときの必要書類をチェックして、書類が足りていない!とあたふたしてしまうことがないようにしましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

自動車ローンの種類別必要書類

車を購入するとなると最低でも数十万円、なかには数千万円のお金が出ていくことになります。自動車ローンを組むときは数十万から数百万の単位となるでしょう。大きなお金を動かすローンはとても慎重に手続きを進めていかなければなりません。

自動車ローンを組むときには信用情報や本人確認などさまざまな書類を通じて、ローンを組んで返済してくれる人かどうかが厳しくチェックされます。ローンを組むときに必要な書類を自動車ローンの種類別に確認していきましょう。

銀行ローン

銀行マイカーローンは金利が低く審査に通りにくいことが特徴です。ローンの融資目的の幅が広いため、車両価格以外の免許取得費用に充てることもできます。同じ金融機関で住宅ローンを組んでいると金利優遇を受けることもできるでしょう。

銀行ローンの必要書類
  • 金融機関の普通預金口座
  • 身分証明書
  • 年収証明書
  • 自動車購入の見積書

勤続年数が長く、年収が安定しており信用情報に全く傷がついていないなら、金利が低い銀行マイカーローンが一番おすすめです。

信販会社ローン

信販会社ローンとはディーラーローンのことです。車を販売している会社と提携しており購入の際に同時に申し込むケースが多いでしょう。ディーラーとの提携により柔軟に対応してもらえると期待できます。

信販会社ローンの必要書類
  • 運転免許証
  • 印鑑登録証明書
  • 銀行印

勤続年数が短かったり、信用情報に自信がなくても信販会社ローンは通りやすいという特徴があります。また、決算時期であれば金利優遇キャンペーンを行っており銀行ローンと変わらない低金利で車のローンを組める可能性もあるのでおすすめです。

カードローン等

銀行ローンと信販会社(ディーラー)ローンのほかにもフリーローンやカードローンなどの方法でローンを組んで車を購入できます。

カードローン等の必要書類
  • 本人確認証明書
  • 所得証明書

銀行ローンや信販会社ローンの審査に通らなかったとしても、大口融資枠がついたカードローンや金利の高いフリーローンであれば審査に通るかもしれません。なかには金利が5%を切るケースもありますので、金利が高いからと言ってあきらめる必要はないでしょう。

中古車ローンを組むときの必要書類

車がなければ生活できない環境では、車は必要な交通手段として購入を余儀なくされるでしょう。しかし、車を購入したくてもまとまった現金が手元にないということもあります。

中古車を購入するにしても現金一括払いは難しいという場合、ローンを組むことができるのでしょうか。

中古車購入でローンを組む条件
  • 20歳以上であること
  • ローン完済時に70歳未満であること
  • 安定した収入があること
  • 外国籍の場合永住権を持っていること
  • 銀行ローンの場合は口座開設をすること

では、中古車を購入するためにローンを組む際にはどのような必要書類があるのでしょうか。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 中古車購入見積書または契約書
  • 保証人に関する公的証明書

必要書類すべてをそろえたとしても、信用情報に傷があったり、税金滞納による口座凍結記録があったり、勤続年数が少ないとローン審査に通らない可能性が十分にあります。

車のローンを組むときの書類審査では何を見られている?

自動車ローンには3つの種類がありますが、それぞれ必要書類が定められています。ローンは誰もが組めるものではなく、お金を貸すつまり信販会社や金融機関側はお金を借りる人がきちんと返済出来る人なのかを書類を通してチェックしていきます。

必要書類でどのような審査が行われているのか3つの観点から考えてみましょう。

返済能力

まず、一つ目に確認されていることは返済能力です。ローンを組んだ人が毎月の支払額をきちんと払ってくれるのかをチェックしています。現在どれほど安定した収入があるのか、その収入はこれからも継続して入ってくるものなのか。また、現在どれほどの借り入れをしているのか。こうした点が審査されます。

これらの審査対象となっているのは所得証明書や納税証明書などです。また借り入れ状況明細書を求められる場合もあります。どれだけ年収が高くてもすでに借り入れが多ければ車のローンを返済する能力が低いと判断される可能性が十分にあります。

返済能力があるかどうかの判断基準は次の2つです。

  • 借入総額=年収の50%以下
  • 返済総額=年収の40%以内

もし、借り入れ状況や年収に関して虚偽の申告をすれば、今後の取引すべてを断られてしまうかもしれません。正確に情報を教えてくれる信頼出来る人かどうかもこの必要書類でチェックされていると考えてください。

ローンを組む人の本人確認

数十万から数百万円の大金を融資する金融機関また信販会社としては、だれがローンを組もうとしているのかを正確に把握したいと思っています。そのため、顔写真付きの本人確認書類が求められます。本人確認書類として認められているのは次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 住民票

申し込んできた人がローンを組む本人であり、実在しており、住所が確定しているということをローン会社は把握していなければならないのです。

自動車購入の意志の有無

3つめのチェックポイントは、本当に自動車を購入するためにローンを組もうとしているのかという点です。フリーローンとは違い自動車ローンは自動車を購入するためだけに存在しているローンの種類ですから、それ以外にお金を使うことは許されていません。

融資したお金が申告されている目的通りに使用されるのか、また使用されたのかを調べるために以下の必要書類が求められています。

  • 自動車注文書
  • 自動車購入見積書
  • 納付されてから1週間以内の車検証

ローンを組んで車を購入したのちに、支払い済み確認書類を求めるローン会社もあります。ローンの種類によってどのような書類でチェックするかは異なりますので、説明に従うようにしましょう。

必要書類がそろっていても審査が通らないことはある

ローン審査には様々な審査基準があり、それをクリアしなければ車のローンを組むことはできません。必要書類すべてを集めたからと言ってその内容が必ず審査基準をクリアしているとか限らないのです。

では、どのようなケースではローン審査に通らないという結果になってしまうのでしょうか。

金融事故を起こしている

一つの原因は過去に本人もしくは家族が金融事故を起こしているというものです。例えば過去にクレジットカードの延滞などの支払いトラブルが生じていると、信用情報に傷がついていることでしょう。クレジットカードの支払日に間に合わず督促されてしまったことがある方は要注意です。

長期間の延滞や、何度も督促を受けているとブラックリスト入りしていることも考えられます。ローン返済能力がないと判断される一番大きなポイントです。ですから、もし金融事故を起こしているなら審査に合格することは難しくなると考えてください。

また、ローン会社によってはローンを申し込んだ本人だけではなく同居している家族が金融事故を起こしていた場合でも、審査に落ちる可能性が高まるようです。

もし金融事故を起こしていて審査に通らない恐れがあるのなら、記録が消えるまで待ったほうが良いかもしれません。

既にローンを抱えている

既にローンを抱えており借入額が大きいと車のローン審査に落ちてしまう可能性が高くなります。キャッシングの回数が多いと返済能力があるかどうかを不安にさせますし、クレジットカードの上限残高が少ないと、返済能力が低いと一度判断されたことのある顧客であるとみなされるかもしれません。

また、一つの目安として返済負担比率が40%以上の場合は高い確率でローン審査に落ちます。一年間に返済しなければならないキャッシングやローン、割賦払いや奨学金などの金額を年収で割ってパーセンテージにするとどうなりますか?

他社から多くの借り入れをしている方は、これ以上返済負担額が増えると支払いが滞るかもしれないと懸念されます。まずは借入を完済してから車のローンを組むよう検討しなおしましょう。

延滞歴がある

金融事故に関する内容でも触れましたが、過去に延滞歴がある人は書類がすべてそろっていても審査に落ちやすくなります。種類を問わずすべてのローン、クレジットカード、割賦払いや奨学金などの支払いができず短期であっても延滞してしまったことがあると記録に残されます。

何度も短期延滞を繰り返しているとブラックリスト入りになることもあるので要注意です。返済能力が高いとみられるためには、毎月の小さな支払いも決して忘れないようにし、計画的にお金を使うようにする習慣を身に着けることから始めなければなりません。

勤続年数が少ない

勤続年数が1年~2年未満の方は車のローン審査に落ちるかもしれません。勤続年数が長いほど長期間安定した収入を得られているとローン会社は判断します。そして計画的な返済能力も有しているとみてもらえるのです。

しかし、勤続年数が1年未満であったり、転職を繰り返していると収入が安定しておらず返済能力が低いと判断されてしまうでしょう。ただし、新卒で入社したての方の際は勤続年数に関する審査が優遇されることもあります。

申し込み時に虚偽の申告があった

もし、申し込み時の申告で嘘をついたのであれば、ローン審査に通るのは不可能です。信用情報をチェックし、在籍確認を行い、本人確認書類を隅から隅までチェックする融資する側の人たちのプロ意識を侮ってはなりません。

一度でも虚偽の申告をするとその人の信用度は地に落ちます。金融機関としては返済能力があるかだけではなく社会的信用度もチェックしていますので、虚偽の申告を行うことで今後一切の金融取引をお断りされてしまう結果になるでしょう。

収入証明書不用のマイカーローンは要注意

ローン会社にとってローンを組む相手が安定した職業に就いていて、収入も安定しているかをチェックすることはとても重要です。そのために、所得証明書の提出が求められることがほとんどです。

しかし、なかには収入を証明する書類を求めないローン会社も存在します。

ノンバンクのマイカーローンで所得証明書を求めない場合、注意が必要でしょう。マイカーローンは総量規制除外対象となるのですが、ノンバンクの場合は除外対象ではない可能性もあるからです。総量規制場外対象となるマイカーローンは自動車を担保とすることが条件です。

自動車担保契約でないマイカーローンは総量規制に準じた借入を行います。ですから、年収の3分の1を超える貸し付けを行ってもらえず審査落ちする可能性が高まるでしょう。所得証明書がいらないからとおいって審査に通りやすいとは限らないことを覚えておいてください。

車のローンは何年まで組める?長く組むリスクとベストな期間について

ローンで購入した車は名義変更必須!ケース別・名義変更の方法

ローン未完済でも車の売却は可能?【ローンが支払えなくなった時】

まとめ

車のローン審査には多くの必要書類があります。スピーディーに手続きを進めるためにも必要書類を前もって準備しておくようおすすめします。

  • 本当に車を購入するためにローンを組もうとしているのか
  • ローンを組む人は申し込んだ本人なの丘
  • 返済能力はあるのか

これらの3つの観点から必要書類はチェックされ、審査に落とすかどうかが判断されます。また、書類をすべてそろえたからと言って審査に必ず通るわけではないことを覚えておきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報