車検が近づいてきたら車を買い替える?それとも車検を受けるべき?

車を買い替えるときのタイミングとして、車検が1つのキーポイントになることが多いです。今回は、車検が近づいてきた車に乗っている場合に、車検を受けるべきか?車を買い替えるべきか?を考えていきます。車の買い替えと車検の関わりについて今回は紹介していきます。

車検前に車を買い替えるべき状況

車を買い替えるタイミングとして、最も多い理由が車検が近くなったときではないでしょうか?高い車検費用を出してもう2年乗るのか?この車検を期に新しい車に買い替えるのが得策なのか?車検は、車を買い替えるのを考える良いタイミングになります。

車検代が高額

車検費用は、車検の回数が増えて行くにつれて車検に掛かる費用が高くなっていきます。新車を購入した場合、初回の車検は3年後ですが新車から3年しか経過していない車は、そこまで大きな整備も必要ないので、車検に掛かる整備費用は少なくて済みます。

車は走行距離が延びればそれだけ部品の消耗も激しくなり、部品の交換もしなければいけません。部品を交換するにも交換するための作業工賃も必要となります。車検費用は、初回よりも2回目、2回目よりも3回目と車検の回数が増えるほど車検に掛かる整備費用が高額になっていくことを覚えておいて下さい。

欲しい車ができた

車を買い替えるタイミングとして、車検の次に多いのが欲しい車ができたときではないでしょうか?車検が近づいているときに欲しい車ができたらどうでしょう?欲しい車を購入するために、少しでも今乗っている車を高く売らなければいけません。

しかし、今乗っている車は車検が近いので、車検を受けてから下取りや買取りに出す方が高く売れるのか?車検は受けずにそのまま下取りや買取りに出す方が良いのか?その判断が求められます。車の買取りでは、車検が残っている車の方が高値で取引が行われていますが、車検に掛かった費用以上のプラス査定を受けるのは難しいのが現状です。

車検が満タン残っている車と、車検が切れてしまった車の買取り査定額の差は数万円しかないので、車検を受けてから下取りや買取りに出すことはおすすめできません。車検が近づいているときに欲しい車ができた場合は、今乗っている車の車検は受けずに車を買い替えるようにして下さい。

結婚などで車を替える必要がある

生活環境の変化で車を買い替えることもあるでしょう。例えば、お互いが車を所有していて結婚をすることになった場合などが挙げられます。二人で1台の車を所有するのが良いのか?共稼ぎの場合は維持費が少ない車に買い替えるのが良いのか?生活環境によって車を買い替える理由も多々あります。

しかも、結婚した当初は色々と出費が重なるものなので、どちらかの車を買取りに出すことも考えられます。車を買い替えるにしても、車を買取りに出すにしても売り買いを行う絶好のタイミングは知っておく必要があります。

車検切れは買い替えのタイミングか

車検切れは絶好の車の買い替えのタイミングになります。その理由は次に挙げるようなことが関係しています。

車検が残っていると査定価格が上がる

今、乗っている車の車検が残っている間に車を買い替えるようにしましょう。車検が残っている車だと買取りを行った業者も名義変更の作業をスムーズに行えますが、車検が切れてしまった車だと一時抹消手続きを行ってから車検を受けないと名義変更が行えません。

どちらにしても車検が切れてしまった車だと公道を自走することができないので、引き取りなどを行うにも手間と費用が掛かってしまいます。その様な理由からも、車検が残っている車の方が下取りや買取り査定としての価値は高くなります。

車検を通して買い替えない選択も

車検を通して買い替えない選択はもちろんあります。車を買い替えるのは、車検に掛かる費用以上にお金が掛かるので、車検を通して車を大切に使い続ける方が経済的な負担は少なく済みます。

車検のときの整備費用を抑えるコツは、日頃からの日常点検が大切になります。日頃からメンテナンスを細目に行うことで、車の寿命も長くすることができます。車検を通して買い替えない選択をするのであれば、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

今の車を長く使いたい人

車は、長年乗っていると運転もしやすいですし、愛着も沸いていますから手放すことが惜しくなります。今、乗っている車を長く使いたい人は、しっかりとした車検を受けて乗り続けるのは良い方法です。

車検費用が高いとは言え、新しい車を定期的に買い替えるよりは安く済ませることができます。車貧乏と呼ばれるのは、頻繁に車を買い替える人のことを言いますので、車を長く使うことは最大の節約になることは間違いありません。

乗り潰すのが一番安い

車を乗り潰すという言葉を聞いたことがありますか?乗り潰すという言葉だけを聞くとあまり良い響きには聞こえませんが、もう動かなくなるまで乗るとか、もう限界と思うところまで使い続けるなどの意味があります。

最近の車は昔の車と違って、メンテナンス次第では、20年以上も20万km以上も乗れると言われています。各自動車メーカーも最低限、20年もしくは20万kmの耐用年数で部品などを製造しています。

しかし、車は新車から13年以上経つと税金も高額になりますし、整備の費用もかなり大きくなってくるので、乗り潰すと言っても20年も乗るのは逆に経済的ではなくなってしまいます。経済的な面から考えると、新車から13年間使い続けたら乗り潰したと言って良いのではないでしょうか。

買い替えか車検か選ぶ判断基準

車を買い替えるか?車の買い替えるのを断念して車検を受けるのか?それには色々な判断基準があります。判断基準の方法としていくつかのパターンを紹介します。

走行距離は10万km

以前は、車の走行距離が10万kmになると、買い替えることが暗黙の了解となっていました。その理由としては、走行距離が10万km毎に交換する部品が存在していたので、それを基準に買い替えのサインとしていました。

例えば、最近の車のエンジンでは、タイミングベルトもタイミングチェーンが使用されているので、10万kmで切れてしまってエンジンが壊れることもありませんが、現在でもタイミングベルトを使用している車は、タイミングベルトを10万km毎に交換しなければいけません。

厳密に言いますと、タイミングベルトは10万kmまで大丈夫な訳ではなく、10万kmを目安として交換しないといけないので、もしかしたら8万kmでタイミングベルトが切れてしまうこともありますし、20万kmになっても切れないこともあります。

タイミングベルトを交換するとともに、ウォーターポンプもセットで交換するのが常識になっている部分もあるので、10万kmという数字が大きな整備の基準にもなっています。大きな整備を行う前に車の買い替えを勧める業者も少なくありません。現在でも、走行距離が10万km前後で車を買い替える基準にすること自体は間違いではありません。

修復歴があるか

修復歴とは、単独や相手がいる事故に関わらず、事故によって車の外装を修理したことがある事故歴の有無のことを言います。しかし、外装を修理したからと言って、修復歴車になるとは限らないことを知っておいて下さい。

修復歴の定義が、一般の人と自動車業界とでは修復歴の定義に大きな溝ができています。悪質な業者になると、修復歴車にはならないのに、修理をしたことがあると聞いただけで修復歴車として買取査定で安く買い叩く業者も存在しています。

安く買い叩かれても、実際に修理をした事実がある人にとっては、納得した上で手放しているので問題にならないケースが多く存在しています。一例として、車をぶつけてドア1枚交換したとします。乗っていた本人は立派な修復歴ですが、自動車業界ではドア交換をしただけなら修復歴にはなりません。

同じようにフロントフェンダーを交換したり、フロントバンパーやボンネットを交換ただけでも修復歴にはなりません。全て、乗っていた本人からするとどれも修復歴と思いがちですし、「この車、ボンネット交換していますね?ドアも交換してますね?」と言われたら、査定が安くても仕方ないと思ってしまうでしょう。

そういう心理を突いて、買い叩いている業者が多いということです。修復歴車とは、車の骨組みになるフレームに傷が付いたり、フレーム自体を修理した形跡がある車のことを指しますので、かなり大きな事故を起こした車のことを言います。

もし、買取業者やディーラーでの下取り査定で疑問がある場合は、自動車査定の第三者機関【日本自動車査定協会(JAAI)】に査定を依頼をして、修復歴車ではない証明書を取ることをおすすめします。

事故をしてしまって修理をするか、買い替えるかをその時に判断するのもいいですし、修復歴のある車に乗っている人は、買取り査定が大きく下がってしまうので買い替えを検討するのも良いでしょう。修復歴のある車は、買取り相場も急激に下がってしまうので、乗り潰すという手段をとるのも方法の1つとは言えます。

日本自動車査定協会:http://www.jaai.or.jp/satei.html

新しいモデルが出ているか

新しいモデルが出てしまうと、中古車としての価値は急激に下がってしまいます。買い替えるか車検を受けるかの基準で考えると、モデルチェンジが出てしまったら、車検を受けて乗り続ける方が経済的には良い方法です。

車を買い替えるのであれば、新しいモデルが発表される前に行わないと、高額査定の期待ができません。ただ単に、新しいモデルが欲しくて買い替える場合は、良いタイミングとは言えますが、経済的には良い考えとはいえません。新しいモデルが発表されたことで、車を買い替える判断基準にすることは理解できます。

車検か買い替えで失敗しないために

車の買い替えで失敗しないためには、買い替えるタイミングを間違わないようにすることが大切です。車検を受けるか?車を買い替えるか?の判断で、損をしないようにするためには、ある程度自分自身でも情報をリサーチする必要はあります。車を買い替えるのが良いのか?車検を受けて乗るのが良いのか?失敗しない方法を少し紹介しておきます。

リセールバリューを調べる

自動車の売り買いを行う上で【リセールバリュー】という言葉を聞いたことはありますか?リセールバリューとは、単純に一度買った物をもう一度販売すると言う意味があります。例えば、100万円で買った車を3年後に50万円で売れたとしたら、リセールバリューは50%となります。

このようにリセールバリューが高い車ほど大きな損をしない人気車種で、リセールバリューが低いと不人気車で長く乗れば乗るほど中古車としての価値がどんどん無くなるということが言えます。

自分が乗っている車を今、売ったらいくらくらいで売れるのかを調べて、新しい車を買い替えるチャンスにするのか?リセールバリューが低いので車検を受けて乗り続けるのか?リセールバリューを判断基準にする方法もあります。高く売れるなら車を買い替えるチャンスにもなりますし、下取りに出して大きな損をするなら買い替えるべきではないので、判断材料には良い方法と言えます。

自分の車のコンディションを正確に把握する

今乗っている車の調子が悪い場合は、修理費用にどれくらい掛かるのかを調べる必要があります。私達が病気になったときに病院に行って検査をするのと同じで、車も修理工場でどこが悪いのか調べる必要があります。

あまりにも大きな修理を要するなら、車を買い替えることも視野にいれないといけませんし、ちょっとした修理で治るのであれば車を買い替えるよりは、経済的な負担も少ないので修理を行えば済みます。自分が乗っている車のコンディションを正確に把握することは大切なので、日頃から気を付けるようにして下さい。

まとめ

車検が近づいてきたときに、車検を受けて乗り続けるのか?タイミング的に車検を受けずに車を買い替えるのが良いのか?車を買い替えるタイミングについて紹介してきました。結論から言いますと、車検が近づいてきたことは車を買い替える良いタイミングと言えます。

ただ、経済的なことを考えると車検を受けて乗り続ける方が、経済的な負担は少ないと言うことが言えます。経済的な負担が掛かることは仕方のないことと割り切った場合は、いかに出費を抑えて買い替えることができるのかを考えなければいけません。

その為にも、モデルチェンジなどの情報も知っておく必要もありますし、自分の乗っている車のリセールバリューを調べる必要もあります。乗っている車は少しでも高く売らなければいけませんし、買い替える車は少しでも安く買わなければいけないので、情報収集を怠ってはいけません。