軽自動車の四駆性能は凄い?軽自動車の四駆が選ばれる理由とは

セカンドカーや街乗りで人気の軽自動車ですが、実は四駆性能が普通車の四駆よりも凄い性能を持っているのをご存知ですか?街乗りからアウトドアに悪路走破まで。小さなボディだからこそ可能にする四駆軽自動車の秘めた走破能力を調べてみましたので、今回は紹介していきます。

軽自動車が四駆になると

そもそも四駆と言うものが、何なのかが分からない人もいると思います。四駆とは、別の呼び方で【4WD】や【四輪駆動】と呼ぶこともあります。どれも同じ意味なので混乱するかもしれませんが、文字の通り4つのタイヤで駆動する車のことを言います。

一般的な車は、前輪か後輪の2つのタイヤが駆動して走行するのですが、四駆は4つのタイヤ全てで駆動することができます。軽自動車の四駆となると、普通車の四駆と比べても車両重量が軽く、燃費も良いので経済的な面ではとても優れています。

悪路に強い

四駆は、二駆と比べて4つのタイヤが全て駆動するので、雪道や悪路での走行性能に優れています。通常の二駆だと片方のタイヤが悪路にハマってしまうと、左右どちらかのタイヤしか駆動しないため、空転してしまって脱出することができません。

四駆の場合は、4つのタイヤ全てが駆動するので、悪路にハマっても難なく脱出できることができます。四駆の中でも、軽自動車の四駆は、車両重量が軽いので普通車の四駆と比べても、悪路や雪道でも埋まりにくく、走りやすいとされています。

街乗りにもよい

軽自動車の四駆は、車両重量が軽いので加速性能に優れていますし、信号が多い街中でも俊敏に走行することができます。普通の軽自動車と比べて車高が高いので、街中の段差も気にせず走行できますし、急勾配の坂道でも楽々と走破することが可能です。軽自動車の四駆は、悪路走行ばかりに注目が集まっていますが、街乗りでも軽快に走行することができます。

雪国での需要が高い

雪国では、雪道やアイスバーンの走破性能に優れている四駆の需要が高いのですが、走破性能以外でも寒冷地仕様の四駆の人気が高いのも特徴の1つです。

寒冷地仕様は、通常の車よりも容量の大きなバッテリーが装備されていたり、シートヒーターや電熱線の入ったドアミラーが軽自動車でも装備されている車があります。普通車の四駆よりも、小回りが利いてスタックするリスクの少ない四駆軽自動車が雪国では人気があります。

重量税が安くなる

軽自動車は、普通車と比べて自動車重量税が優遇されているので、四駆を購入するなら断然、軽自動車の四駆が経済的にも楽に所有することができます。普通車の自動車重量税は、車両重量に応じて課税額が決められますが、軽自動車の場合は車両重量に関係なく税額が一律なので、軽自動車の中でも重量が重たい四駆でも自動車重量税は軽い車と同じです。

本体価格は高め

二駆動の軽自動車と比べて四駆の軽自動車は、車両本体価格が高いのが普通です。四駆は二駆と比べて、足回りやミッション回りなど4つのタイヤを駆動させるシステムが装備されている分、部品代だけを見ても高くなるのは当然かもしれません。軽自動車の場合、二駆よりも四駆の方が10万円~15万円ほど車両価格が高く設定されています。

SUVクロカンタイプの四駆軽自動車

SUVクロカンタイプの四駆軽自動車は、街乗りよりも悪路やオフロード走行を重視した車のことを言います。SUVクロカンタイプは、本格的なクロカンではないので、街乗りが中心で悪路でも走行可能と言う程度に考えて下さい。

SUVクロカンタイプの特徴

オフロード走行を前提に開発されたクロカン仕様と違って、SUVクロカンタイプは街乗りをメインとした作りで、ちょっとしたオフロードなら走破できる車と思って下さい。ボディフレームも、SUVクロカンタイプは、一般的な軽自動車と同じモノコック構造なので、ボディが歪むほどの悪路には構造的にも向いていません。

SUVクロカンタイプは、車高が高く設計されているので、一般的な軽自動車の四駆よりは、雪道や悪路を走行するのに有利な作りになっています。広い室内、悪路走行に対応できる車高の高さを備えているので、街乗りでも雪道でも快適に走行することができるのがSUVクロカンタイプの特徴と言えます。

代表車種とリセールバリュー

SUVクロカンタイプの四駆軽自動車と言えば、スズキジムニー、スズキハスラーが代表的な車種です。スズキジムニーとスズキハスラーのリセールバリューを紹介します。

スズキジムニー

●2015年 XC 4WD AT車

  • 下取 相場   :¥ 735,000- ~¥ 840,000-
  • 新車 価格   :¥1,505,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:49%~56%

●2015年 ランドベンチャー 4WD AT車

  • 下取 相場   :¥ 810,000-~¥925,000-
  • 新車 価格   :¥1,566,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:52%~59%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/SUZUKI/JIMNY/2015/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ちのジムニーを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なので参考程度に捉えて下さい。

スズキハスラー

●2016年 G CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 715,000-~¥815,000-
  • 新車 価格   :¥1,296,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:55%~63%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/SUZUKI/HUSTLER/2016/I883128X12016/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のハスラーを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

ワンボックスタイプの四駆軽自動車

ワンボックスタイプの四駆軽自動車は、SUVクロカンタイプや軽トールワゴンに比べて、四駆としての機能では劣る部分があります。車の荷重配分がフロントよりのため、リアの荷重が軽くリアタイヤへ駆動が伝わりにくいデメリットがあります。

ワンボックスタイプの四駆軽自動車なら、ミッドシップエンジンじゃないと四駆としての性能を十分に発揮できないかもしれません。ただ、雪道などではワンボックスタイプの二駆よりは、車両重量が重たくなる分、走りやすいのは確かです。

ワンボックスタイプの特徴

ワンボックスタイプの特徴は、人をのせると言うよりは、どの軽自動車よりも荷室が広く、積載量に重点を置いたボディ形状になっています。昔は、商用車のイメージが強かったワンボックスタイプですが、最近では乗り心地も改善されて、軽トールワゴンよりも使い勝手は良いのかもしれません。ただ、若年層からの人気は低く、販売台数でも軽トールワゴンには遠く及ばないのが実情です。

代表車種とリセールバリュー

ワンボックスタイプの四駆軽自動車と言えば、スズキエブリイワゴン、ダイハツアトレーが代表的な車種です。スズキエブリイワゴン、ダイハツアトレーのリセールバリューを紹介します。

スズキエブリイワゴン

●PZ ターボスペシャル 4AT 4WD

  • 下取 相場   :¥1,130,000-
  • 新車 価格   :¥1,640,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:69%

※参考サイト:https://toyota.jp/service/estimate_simulation/dc/tradein_result
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のエブリイワゴンを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

ダイハツアトレー

●カスタム ターボ リミテッド 4AT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 855,000-~¥975,000-
  • 新車 価格   :¥1,610,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:53%~61%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/DAIHATSU/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のアトレーを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

ハイトワゴンタイプの四駆軽自動車

ハイトワゴンタイプの四駆軽自動車は、軽自動車の中でも一番背が高く、悪路の登坂道路では車両のバランスがどうしても不安定になるので安定性には欠けます。室内が広く、居住性は軽自動車のなかでもNo.1なので、ハイトワゴンタイプの四駆軽自動車は雪国では人気の高い車種です。

ハイトワゴンタイプの特徴

ハイトワゴンタイプは、軽自動車の中でも装備と室内空間が最も充実していて、ファミリー層に人気が高いタイプの軽自動車です。軽自動車で一番価格が高いのが難点ですが、ミニバンにも引けを取らない居住性が魅力です。

代表車種とリセールバリュー

ハイトワゴンタイプの四駆軽自動車と言えば、スズキスペーシア、ダイハツタントが代表的な車種です。スズキスペーシア、ダイハツタントのリセールバリューを紹介します。

スズキスペーシア

●2016年 X CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 655,000-~¥755,000-
  • 新車 価格   :¥1,392,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:47%~54%

●2016年 カスタム XS CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 855,000-~¥955,000-
  • 新車 価格   :¥1,632,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:53%~59%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/SUZUKI/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のスペーシアを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

ダイハツタント

●2016年 X SAⅡ VCT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 710,000-~¥810,000-
  • 新車 価格   :¥1,430,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:50%~57%

●2016年 カスタム X SAⅡ CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 845,000-~¥945,000-
  • 新車 価格   :¥1,590,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:53%~59%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/DAIHATSU/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のタントを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

ハッチバックタイプ四駆軽自動車

ハッチバックタイプの四駆軽自動車は、悪路や雪道でも小回りも利きますし、操作性ではSUVにも引けは取りません。圧雪した雪道は良いのですが、積雪が多いとパワー不足に加えて車高が低いので、走行不能になる可能性もあります。

ハッチバックタイプの特徴

ハッチバックタイプは、軽自動車の中で最も小さく居住性の点では一番劣りますが、車両重量も軽いので燃費性能に拘る人にはオススメの車種です。

代表車種とリセールバリュー

ハッチバックタイプの四駆軽自動車と言えば、スズキアルト、ダイハツミライースが代表的な車種です。スズキアルト、ダイハツミライースのリセールバリューを紹介します。

スズキアルト

●2016年 L CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥245,000-~¥345,000-
  • 新車 価格   :¥926,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:27%~37%

●2016年 ターボRS 5AT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 575,000-~¥675,000-
  • 新車 価格   :¥1,301,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:44%~52%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/SUZUKI/ALTO/2016/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のアルトを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

ダイハツミライース

●2016年 Lf SA CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥305,000-~¥405,000-
  • 新車 価格   :¥990,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:31%~41%

●2016年 Xfリミテッド SA CVT 4WD

  • 下取 相場   :¥ 340,000-~¥440,000-
  • 新車 価格   :¥1,080,000-(消費税別)
  • リセールバリュー:31%~41%

※参考サイト:http://tradein.nissan.co.jp/DAIHATSU/MIRAE-S/2016/
※リセールバリューが高いとされる、新車から約3年落ち前後のミライースを対象にしています。
※参考サイトは、中古車相場としても最低基準の価格なのであくまでも参考程度に捉えて下さい。

まとめ

軽自動車の四駆について紹介してきましたが、リーズナブルな価格の割に四駆普通車以上の走破性能を秘めています。二駆には燃費面では劣ってしまいますが、車両価格の差以上の性能を誇っています。軽自動車の四駆は、中古車市場でも台数的に少ないので、長い期間乗っても大きな損をすることはないでしょう。