車ローンの種類によって金利は違う!手数料と保証料も要チェック

車ローンを組む場合、最も大きな判断材料になるといっても過言ではないものが「金利」です。金利の違いによって最終的な総支払額が大きく異なります。
金利だけに注目していると意外なところで無駄な損失を被るかもしれません。手数料や保証料もチェックしながら車ローン種類によって異なる金利について解説します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

車ローンとクレジットの違い

手元にお金がなくても高額な買い物が出来てしまう仕組みといえばローンとクレジットが思い浮かびます。しかしローンとクレジットは全く別物です。審査基準・審査機関・金利・車の名義が異なります。
では、車ローンで車を購入する場合とクレジットを使う場合をそれぞれ解説しましょう。

車ローンとは

車ローン別名「マイカーローン」とは自動車ディーラーや金融機関に車の購入代金を貸してもらうことを意味しています。お金を借りるので利息を支払わなければならなくなり、返済期間が長いほど利息は高くなります。

マイカローンは何年もお金をためて一括で車を購入しなくても、ローンを組んで毎月支払いを行うことで車を購入できるためとても便利な存在です。ただし、ローンを利用するためには審査に通過する必要があります。ローンを組むことで生活に支障がきたされるとなるとせっかく車を購入しても毎月の支払いができなくなる恐れがあるからです。

無理のない金額でローンを組めるかどうかを金融会社によって審査されます。最終的にはローンの支払いができなくなり車を手放してローン返済だけしているという悲しい結果にならないように、ローンを組む前にしっかり考慮する必要があるでしょう。

クレジットとは

クレジットは信販会社が扱っており、クレジットで車を購入すれば信販会社が代金を支払い、ユーザーは信販会社に対してお金を返していくスタイルになります。普段からクレジットカードを頻繁に使用しているのであれば車の購入にクレジットカードを使用するとメリットが大きいかもしれません。

車という高額な買い物をクレジットカードで支払えばポイントがたまりますし、きちんと支払えば信販会社からの信用も厚くなります。支払方法は一括払い・分割払い・リボ払いから自分で決めることができるのもメリットの一つでしょう。

ただし、どの販売店でもクレジットカードによる車の購入に対応しているわけではありません。クレジットカード会社から手数料を上乗せされる恐れもあります。クレジットカードの限度額に引っかかるということも大いにあり得ますので使用する前にはチェックしておきましょう。

車ローンの種類と金利について

様々な金融機関やディーラーで車ローンは扱われていますが、ローンの種類ごとに特徴があり金利も異なります。ディーラーローン・中古車業者による自社ローン・銀行ローン・信販会社によるローンの4種類を軸にしてローンの特徴を比較していきましょう。
それぞれの金利の相場については後程詳しく取り上げます。

ディーラーが取り扱うマイカーローン(車のローン)

ディーラーが取り扱う車の「ディーラーローン」は自動車販売店で車を購入するときに車を担保としてお金を借りる仕組みです。ディーラーローンのメリット・デメリットを紹介します。

ディーラーローンのメリット
  • 購入手続きと同時にローン手続きが行える
  • 審査がスピーディ
  • 残価設定型ローンを使用すれば返済額が減る
ディーラーローンは車の購入手続きとローン契約を並行して行えます。審査は30分から1時間で完了する場合もあり非常にスムーズにローンを組める点は大きなメリットです。後ほど紹介しますが、残価設定型ローンを組めば残価を据え置きして月々の支払額を抑えることもできます。
ディーラーローンのデメリット
  • 金利が高い
  • 完済するまでは名義がディーラー
手続きがスムーズで審査も早いディーラーローンですが、他のマイカーローンに比べて金利が高い傾向にあります。中には10%を超えるところも。ディーラーローンでは期間限定の低金利キャンペーンを行っていることもありますので、賢く選べば大きな損をせずに済みます。

中古車業者によるマイカーローン(車のローン)

中古車業者によるマイカーローン(車のローン)「自社ローン」は車の販売店と購入者が直接契約して分割払いを約束する仕組みです。金利0%や審査なしを特徴としている自社ローンも存在します。

中古車業者による車ローンのメリットとデメリットを紹介します。

自社ローンのメリット
  • 審査に通りやすい
  • 金利が低い
中古車業者による自社ローンは信販会社や金融会社による審査を行わず販売店独自の審査となります。ですから、他の車ローンでは審査に通らなかった方でも通過する可能性があるのです。金利は0%のところもあり低金利が大きな特徴です。
自社ローンのデメリット
  • 頭金・車両価格が高い
  • 信頼性が低い
自社ローンは低金利で審査に通りやすい一方で頭金や車両価格が高いというデメリットがあります。購入する車の車両価格10%を上乗せしている場合もあるのでディーラーローンで10%の金利を払うのと何ら変わりありません。

また、信頼性が低く潰れるかもしれないという心配が付きまとうのも自社ローンのデメリットです。賢く選び、心配なことはしっかり相談して納得できたら自社ローンを組むようおすすめします。

銀行によるマイカーローン(車のローン)

多くの人が利用するマイカーローンは銀行によるマイカーローン(車のローン)です。メガバンクや地方銀行、信用組合や労働金庫など様々な銀行がマイカーローンを提供しています。

マイカーローンのメリット・デメリットを簡単に紹介します。

銀行ローンのメリット
  • 金利が低い
  • 選択肢が多い
  • 金利優遇を受けられる場合もある
銀行によるマイカーローンはディーラーローンに比べて金利が低いことが特徴です。2~3%の金利でマイカーローンを提供している銀行もあります。
車両価格だけではなく初期費用や免許取得費用など車にかかわる費用のどこまでをローンで支払えるかは銀行によって異なりますが、対応幅が広いのでとても便利です。
銀行ローンのデメリット
  • 審査が厳しい
  • 審査に日数がかかる
  • 別途保証料や手数料がかかる可能性あり
銀行ローンは審査が厳しく通過しにくいことが大きなデメリットです。また審査のためには書類を提出したり窓口に出向か中ればなたないという手間がかかる点もデメリットでしょう。審査には1週間程度の期間が必要です。

信販会社によるマイカーローン(車のローン)

車の販売会社を通して申し込むことの多い信販会社によるマイカーローン(車のローン)もあります。販売会社と提携しているなら手続きが便利ですし、客のニーズに合わせて柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

信販会社によるマイカーローン(車のローン)のメリットとデメリットを紹介します。

信販会社によるローンのメリット
  • 審査に通りやすい
  • 審査と購入の手続きが同時進行できる
  • 金利優遇キャンペーンあり
信販会社によるマイカーローン(車のローン)はディーラーローンにも似ていて販売店で審査や手続きが行われることが多いため便利です。金利優遇キャンペーンの期間と重なれば、他のローンを同時に契約することで低金利での契約も可能でしょう。
信販会社によるローンのデメリット
  • 金利が高い
  • 返済完了までの車の所有権は信販会社にある
信販会社によるローンは審査に通りやすい代わりに通常は高い金利で提供されています。また、返済完了までの車の所有権は信販会社にあるため自分の意志で自由に乗り換えしたりローン組み換えをしたりできません。

車ローン金利の種類について

金利には大きく分けて「変動金利」と「固定金利」の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを簡単に紹介します。また、ディーラーが提案する「残価設定型ローン」の特徴にも注目です。

変動金利型ローン

変動金利とは市場金利の動きに合わせて税率が変わることを指しています。ローンの金利は半年ごとに見直しがされ、利率が低くなったり高くなったりします。
変動金利型ローンを組むメリットとデメリットを紹介しましょう。

変動金利型ローンのメリット
  • ローンを組むときの金利が固定金利よりも安い
  • 市場金利が下がれば支払額が少なくなる
変動金利型ローンのデメリット
  • 市場金利が上がれば支払額が多くなる
  • 半年ごとに支払額が変わり支払い計画に狂いが生じる
マイカーローン(自動車ローン)については変動金利型がおすすめです。なぜならマイカーローン(自動車ローン)は金利が上昇するリスクが小さいからです。マイカーローン(自動車ローン)の返済期間は3~5年程度でしょう。借入額も数百万程度が多く、たとえ金利が上昇したとしてもたかが知れています。

金利の上昇を恐れるよりもローンを組むときの金利を低く抑えるために、選択できるのであれば変動金利型をおすすめします。

固定金利型ローン

固定金利とは金利が一切変わらず、市場金利に影響されないことを指しています。マイカーローン(自動車ローン)で提供している型は固定金利がほとんどです。

では、固定金利型ローンを組むメリットとデメリットを紹介します。

固定金利型ローンのメリット
  • 長期支払い計画の見通しが立てやすい
  • 市場金利が上昇しているときには割安になる
固定金利型ローンのデメリット
  • ローンを組むときの金利が変動金利よりも高い
  • 市場金利が下がると割高な金利を支払うことになる
固定金利型ローンは場合によっては損をすることがありますが、一定の利息を支払っていけばよいので返済計画を立てやすいといえます。

残価設定型ローン

マイカーローン(自動車ローン)には「残価設定型ローン」というものもあります。自動車メーカーや販売会社が3~5年後の残価を設定し、その分の金額を据え置いて残りの金額を分割払いにするというローンです。月々の支払額を抑えられるためとても魅力的ですが、安易に飛びつく前に金利に着目してください。

実質年利は4~6%が相場です。ディーラーローンよりは低く銀行ローンよりは高めの設定になっています。しかし販売店のキャンペーン期間中であれば車種によって1.9~2.9%などの低金利でローンを組めることもあるので要チェックです。

では、残価設定型ローンのメリットとデメリットを簡単にまとめておきましょう。

残価設定型ローンのメリット
  • 毎月の支払額が少なくて済む
  • 残価が保証されている
  • 車の乗り換えが簡単にできる
残価設定型ローンのデメリット
  • 利息が高い
  • 月間走行距離の制限がある
  • 事故などで追加費用が発生することもある
通常の一括現金払いよりも総額が安くなるローンはなかなかありません。3~5年のスパンで車を乗り替えたい方にとってとてもお得で便利なローンです。

しかし、事故時の負担金やカスタマイズが不可であること、走行距離に制限が課されることなどのデメリットもありますので注意深く考慮してください。

車ローン金利の返済方法について

ローン金利の返済方法は2種類あります。

元利均等返済:毎月の返済額(元元+利息)が一定
元金均等返済:毎月返済時の元金部分が同額
それぞれの返済方式について詳しく見ていきましょう。

元利均等返済方式

元利均等返済方式とは毎月の返済金は変わらず元金と利息の割合が変化する返済方式です。毎月の返済金額が変わらないため管理しやすく返済完了までの見通しを立てやすいことが特徴です。

例えば元利均等返済方式で100万円のローンを返済していくことを想定してシミュレーションしてみましょう。

返済回数 返済金 元金 利息
1回 100,000円 97,500円 2,500円
2回 100,000円 97,740円 2,260円
3回 100,000円 97,990円 2,010円
4回 100,000円 98,230円 1,770円
5回 100,000円 98,480円 1,520円
6回 100,000円 98,720円 1,280円
7回 100,000円 98,970円 1,030円
8回 100,000円 99,220円 780円
9回 100,000円 99,470円 530円
10回 100,000円 99,720円 280円
11回 13,990円 13,960円 30円

上記表のように毎月100,000円という返済額は一定ですが、利息の割合が元金が少なくなるにつれて減る仕組みになっています。最終回では利息がほぼない状態になるのが元利均等返済です。

毎月の支払額を正確に把握し、初回から支払額をできるだけ少なくしたい方におすすめの返済方式です。

元金均等返済方式

元金均等返済方式とは毎月返済額のうち元金は一定で利息が変化するという方式です。元金が大きいときは毎月の返済額も大きくなりますが、元金が減るにつれて毎月の返済額も減っていきます。

元金均等返済方式で100万円のローンを返済していくことを想定してシミュレーションしてみましょう。

返済回数 返済金 元金 利息
1回 102,500円 100,000円 2,500円
2回 102,250円 100,000円 2,250円
3回 102,000円 100,000円 2,000円
4回 101,750円 100,000円 1,750円
5回 101,500円 100,000円 1,500円
6回 101,250円 100,000円 1,250円
7回 101,000円 100,000円 1,000円
8回 100,750円 100,000円 750円
9回 100,500円 100,000円 500円
10回 100,250円 100,000円 250円

上記表のように、元金を一定返済できるので元利均等返済方式よりも短い回数で返済を完了できます。しかし、毎月の返済支払額が一定ではないので計画を立てにくく、初回から支払いの負担が大きいというデメリットもあります。

車ローン金利の相場は?

車ローンを検討しておられる方であれば、わずかな金利の差が最終的な返済総額に大きな差を生むことはご存知でしょう。ローンの種類ごとに金利の相場と支払いシミュレーションを紹介します。

ディーラーが取り扱うマイカーローン(車のローン)

販売店が販売する車を担保にローンを組むディーラーローンは金利が高いことで有名です。

金利相場:5~10%
次のケースを想定して支払いシミュレーションをしてみましょう。

  • 借入金額:300万円
  • 支払期間:36カ月
  • 金利:7%
  • ボーナス月の上乗せ金額:10万円
月々返済額 総返済額
通常月 ボーナス月
76,179円(×30回) 176,179円(×6回) 3,342,444円

中古車業者によるマイカーローン(車のローン)

中古車業者による自社ローンでは金利を0%に設定しているところがあります。ただし、頭金や車両価格の割り増しによって金利0円の意味がなくなっているケースも多いので要注意です。

金利相場:0%~
次のケースを想定して支払いシミュレーションをしてみましょう。

  • 借入金額:300万円
  • 支払期間:36カ月
  • 金利:1%
  • ボーナス月の上乗せ金額:10万円
月々返済額 総返済額
通常月 ボーナス月
67,992円(×30回) 167,992円(×6回) 3,047,712円

銀行によるマイカーローン(車のローン)

銀行によるマイカーローンは金利が低いことで人気があります。

金利相場:2~4%
次のケースを想定して支払いシミュレーションをしてみましょう。

  • 借入金額:300万円
  • 支払期間:36カ月
  • 金利:3.9%
  • ボーナス月の上乗せ金額:10万円
月々返済額 総返済額
通常月 ボーナス月
71,898円(×30回) 171,898円(×6回) 3,188,328円

信販会社によるマイカーローン(車のローン)

信販会社によるマイカーローン(車のローン)は契約内容によって銀行マイカーローンかディーラーローンと同じ条件になることが多くあります。

金利相場:4~8%
次のケースを想定して支払いシミュレーションをしてみましょう。

  • 借入金額:300万円
  • 支払期間:36カ月
  • 金利:6%
  • ボーナス月の上乗せ金額:10万円
月々返済額 総返済額
通常月 ボーナス月
74,786円(×30回) 174,786円(×6回) 3,292,296円

車ローンで金利以外の無視できないポイント

マイカーローン(車のローン)を組むときに金利だけに注目していると、知らないところで無駄にお金を支払っていたということになりかねません。
低金利だからと思って契約したのに手数料や保証料を別途請求されて、結局他のローン会社の金利と変わらない追加費用を支払っていたということもよくあります。

手数料

マイカーローンには手数料がかかることもあります。特に低金利の銀行ローンでは手数料を別途上乗せされるケースがあります。ローンを組む前にどれほどの手数料が上乗せされているのかをチェックするようにしてください。

実質、手数料の別途支払いが請求されるということは金利の上乗せと同じです。低金利を謳っているローン会社の金利が3%だったとして、手数料が2%あれば「3%+2%」で5%の金利契約になっていると考えてもおかしくはありません。

保証料

マイカーローンを組むときに保証人を必要としない代わりに発生する費用が保証料です。金融会社によっては保証料が不要のところもありますが、金利とは別に保証料を請求する金融機関もあります。

マイカーローンについて「保証料別」と記載されている場合は借入金額の1~2%を保証料として支払わなければならないでしょう。例えば150万円のローンを組む場合、保証料は約3万円の保証料が必要になるということです。決して無視できない額ですので注意してください。

マイカーローン(自動車ローン)を選ぶときには保証料を金融会社が負担してくれるところを探すのもおすすめです。

車ローンの金利について詳しい情報を探す方法

車ローンの金利を一括で比較できたら便利ですよね。車ローンの金利について詳しい業者を探すにはシミュレーション比較ができるサイトがおすすめです。

まとめ


マイカーローン(車のローン)を選ぶときには金利に着目してください。利率は0%の自社ローンから10%を超えるディーラーローンまで様々です。しかし、金利が低いからといって100%良いローンであるとは言えません。審査が通りやすいからと言ってすぐにローンが組めるわけでもありません。

車を使用する目的と年収などと照らし合わせて、本当に今検討しているローンが最適かどうかをチェックなさってください。良い計画のもとにローンを利用することをおすすめします。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報