自動車税は13年を超えると増税される|重課されない車種もある?

自動車税は新車登録から13年を超えると増税されるということをご存知ですか?13年以上同じ車を乗り続けること自体レアかもしれませんが、気に入った愛車をなかなか手放せず出来るだけ乗り続けたいと考えている方もいます。

自動車税が増税される理由や、13年経っても重課されない車の特徴についてまとめました。また、自動車税以外にも13年を超えると増税される税金もチェックできます。

新車登録から13年を超えると自動車税は約15%増税

自動車税は車検証に記載されている新規登録日から13年を超えると重課されることになっています。自動車税は毎年4月1日の時点で車を所有しているすべての人に課せられます。

特に、2015年からガソリン車は13年、ディーゼル車は11年で自動車税が重課されることになりました。毎年自動車税は支払わなければならない税金ですから、重課されるとかなり家計にとって負担となるでしょう。

ただし、すべての自動車が13年後には重課されるわけではありません。例外になるケースについても紹介しましょう。

軽自動車も例外ではない

例外となるケースを考える前に、例外視されがちな軽自動車について解説します。軽自動車は普通車に比べてもともと自動車税が安く設定されていますが、軽自動車も普通車と同様で新規登録から13年を超えると重課されます。

しかも、軽自動車の場合は普通車よりも+5%の重課割合です。自動車税額だけ考え鵜とそれほど増えていないように感じるかもしれませんが重課の割合は大きいので早めの買い替えを検討なさった方が良いです。

ハイブリッド車は対象外

では、13年を超えても自動車税が重課されないケースについて解説しましょう。ハイブリッド車は新規登録から13年を超えても自動車税が課税されません

自動車税の増税は現行車種に比べて古い車種は環境に悪影響を与える可能性が高いため行われています。ですから、環境に配慮されて製造されているハイブリッド車の場合は例外となるのです。

この先、新たにハイブリッド車の性能が高まり、現行のハイブリッド車の環境性能が劣ってくると13年を超えて増税の影響を受ける可能性は高まります。13年乗り続けても自動車税が値上がりしない2つの車種を紹介しましょう。

プリウス

価格:256~298万円
燃費:34.0~39.0km/L

3つの特長
  • 気持ちいい走りと意のままの操作性で楽しい
  • 自分専用に設計されたかのような使いやすい装備
  • コネクティッドサービスで頼れる存在

プリウスは燃費の良さで全国的に知名度の高いトヨタのハイブリッド車です。「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」を認定されおり、環境に優しい日本車として有名です。優れた耐久性と静粛性があるので普段使いにあらゆる世代から愛されています。

インサイト

価格:332~369万円
燃費:31.4~34.2km/L

3つの特長
  • トレンドに流されない美しいスタイリング
  • スタイリッシュな風貌から想像できない広さと快適性
  • 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備
インサイトはホンダのハイブリッドカーです。ホンダのハイブリッドシステムである「IMS」を搭載しています。燃費性能に優れており、電動アシスト自転車のようにシンプルで軽量な構造モーターを利用し,
環境に優しく効率の良い走りをしてくれる車です。

13年未満と13年超の自動車税を比較

ハイブリッドカーではない場合、13年を超えると自動車税が重課されるということですが、いったいどれほど課税されるのでしょうか。普通車は15%、軽自動車は20%重税されます。

では、具体的な数字の変化を表にしてみてみましょう。

【ガソリン車・LPガス車(普通車)】

排気量 13年未満 13年以上
1,000cc以下 29,500円 約33,900円
1,000超~1,500cc以下 34,500円 約39,600円
1,500超~2,000cc以下 39,500円 約45,400円
2,000超~2,500cc以下 45,000円 約51,700円
2,500超~3,000cc以下 51,000円 約58,600円
3,000超~3,500cc以下 58,000円 約66,700円
3,500超~4,000cc以下 66,500円 約76,400円
4,000超~4,500cc以下 76,500円 約87,900円
4,500超~6,000cc以下 88,000円 約101,200円
6,000cc超 111,000円 約127,600円

【軽自動車】

初年度検査年月 13年未満 13年以上
2015年3月31日以前 7,200円 12,900円
2015年4月1日以降 10,800円 12,900円

13年を超えると自動車税が高くなる理由

新規登録から13年を超えると15から20%も重課される自動車税。なぜ長く乗り続けている車は自動車税が重課されるのでしょうか。環境への負荷が大きいからです。環境性能に優れた車がどんどん普及しているため、旧車は環境に悪影響であると判断されて自動車税増税されています。

総務省によると、排ガス性能に関しては13年という期間を経て大きく性能が劣化するため、13年が自動車税増税の目安として設定されたようです。

軽自動車と普通車の課税公平性を保つために、軽自動車は20%の重課となっています。

13年を超えると増税されるのは自動車税だけではない

同じ車を13年以上乗り続けていると税額が増えるのは自動車税だけではありません。自動車重量税も13年を超えると重課されます。自動車重量税は車の重さによって算出されています。車検時に支払うものですので自動車税よりは度々支払わなくて済みます。

また、自動車重量税は13年だけでなくさらに5年経った18年でも重課されます。その差額は2~3万円近くになることもあります。車検時には自動車重量税以外にも多くの出費がかさみますので、予算削減のために車の買い替えを検討する良い機会ともなるでしょう。

13年越の自動車重量税一覧表

13年を超えて自動車重量税がどのように重課されるのか、普通車と軽自動車に分けて数字違いを表にしてご紹介します。
【普通車(エコカー対象外)】

車両重量 初回車検 13年未満 13年経過 18年経過
0.5t以下 12,300円 8,200円 11,400円 12,600円
〜1.0t 24,600円 16,400円 22,800円 25,200円
〜1.5t 36,900円 24,600円 34,200円 37,900円
〜2.0t 49,600円 32,800円 45,600円 50,400円
〜2.5t 61,500円 41,000円 57,000円 63,000円
〜3.0t 73,800円 49,200円 68,400円 75,600円

【軽自動車】

初回車検 13年未満 13年経過 18年経過
9,900円 6,600円 8,200円 8,800円

13年目はどの時期?

先ほどから13年経過すると自動車税や自動車重量税が重課されると説明していますが、「13年経過」とはいったいどのタイミングなのでしょうか。

【普通車】初度登録年月から12年11か月後・車検時
【軽自動車】初度検査年から13年を経過した年の12月以降・車検時

普通車と軽自動車とでは、13年経過となるタイミングが異なりますので注意してください。自分の車がいつ13年経過して自動車税を重課されるのかを知っておけば車の買い替え時期も賢く選択できるでしょう。

車を買い替えるタイミングは13年未満

車を買い替えるタイミングは自動車税の重課前がおすすめです。13年乗り続けることはないにしても、できるだけお得に車の買い替えができるタイミングを紹介します。4つのタイミングそれぞれのメリットを考慮して自分に合ったものを選んでくださいね。

10年

ディーゼル車はガソリン車よりも早く11年で重課されることになっています。ですから11年が来る前に10年乗り続けたら買い替えを検討なさるといいでしょう。

10年乗り続けるということも、最近では珍しくなっていますがよほど気に行っている愛車であればできるだけ長い間乗っていたいという人もいることでしょう。しかし15%の重課は家計に負担となります。10年経った頃に新しい車の購入を検討することをおすすめします。

13年目

自動車税の観点で行くと13年目で車を買い替えるのはおすすめです。普通車は15%、軽自動車は20%も重課されるわけですから、できるだけ税額を増やさない為にも早めに古い車を手放しましょう。

もし、購入後10年以上たっていてそろそろ乗り換えを検討しているという方は13年目を節目にするのはおすすめですよ。

車が故障したタイミングで買い替えるのも良い

車が故障したタイミングも車を買い替える良い機会となります。故障すると修理が必要です。修理するよりも車を手放して中古車を購入したほうが費用が削減できる可能性もあります。また、故障したまま売却することも可能です。

故障した部分の修理費用と売却して新しい車を購入した時の費用を天秤にかけてみてください。もし、修理代よりも車の市場価値が低いのであれば車を買い替えるタイミングと考える良いです。

新型モデルの発売前

新型モデルの発売前に車を買い替えるのもおすすめです。新型モデルが出てしまうと現行モデルの価値が落ちて買取価格が一気に下がってしまう可能性があるからです。

まだ価値が高いうちに買取業者に引き取ってもらうことをおすすめします。自動車税が増税される前に、買取価格が高いうちに車を手放すことを選ぶ人は少なくありません。

まとめ

ガソリン車の自動車税は新規登録から13年を超えると15%重課されます。軽自動車の場合は20%の重課。一年にかかる税金が値上がりするのは家計にとって大きな負担を与えることになります。

できれば重課される前に車を買い替えることをおすすめします。ただし、環境性能の良さが認められているハイブリッドカーは13年を超えても重課されることはありません。車の車種選びや買い替えのタイミングを賢く選んで自動車税と付き合っていきましょう。