【アウディ】A1スポーツパック!買取市場での人気や買取相場をチェック

アウディのA1スポーツパックは、非常に高いクオリティと快適性で、多くにユーザーを魅了しています。中古車の購入を検討している方も多い車ですが、買取相場はどうなっているのでしょうか。今回は、A1スポーツパックの買取事情を検証します。

A1スポーツバックの特徴

日本には2011年から登場したA1スポーツパックは、コンパクトカーのデメリットである点を補完する、高いクオリティが特徴です。

サイズ以上のダイナミックな雰囲気を感じさせるエクステリアをはじめ、細部まで作り込まれた高い質感で作り込まれたインテリア、排気量以上の加速を体感できる抜群の走行性能など、まさにプレミアムコンパクトカーの理想形とも言える存在です。小さなボディながら、アウディの哲学を体現するA1スポーツパックは、高い完成度でユーザーを魅了します。

走る・曲がる・止まるという、車の基本性能を追求し続けるアウディならではの姿勢が、A1スポーツパックにもしっかりと息づいています。エンジン・トランスミッション・アクセル・ブレーキなどは、設計段階から綿密に計算され、非常に高い精度で組み上げられています。

そして、乗り心地やステアリングの操作感などといった、数値では測れない感覚的な部分にまで配慮がなされている結果、どのユーザーにも高い満足度を提供することができるのです。

A1スポーツパックのデザインについて

A1スポーツパックは、どの角度から眺めても美しいデザインを持ち、見る人を魅了します。アウディのデザインの象徴と言えば、シングルフレームグリルが挙げられますが、幅を広けることにより、シャープで逞しさを持つフロントマスクに仕上がっています。

また、バンパー・ドアミラーなどで、スポーティな雰囲気をアクセントとして演出させ、エアロダイナミクスも考慮されているので、A1スポーツパックの高い走行性能をサポートしています。

そしてインテリアは、デザイと機能性を徹底的に追及した、コンパクトカーの中では比較できる車種がないくらいに上質なものへと仕上がっています。高級セダンやSUV車のインテリアと比較しても遜色なく、いかに開発陣が高い感性を持っているかがわかります。

各パーツの厳選された素材やスポーティなデザインだけではなく、この上ない快適性も生み出しているので、触ったり操作した時の質感や、操作音までも心地よさが追求されています。A1スポーツパックのダイナミックな中にも繊細さを併せ持つデザインは、街中でも圧倒的な存在感を持ち、見飽きることがありません。

A1スポーツパックのボディサイズ

続いては、A1スポーツパックのボディサイズをご紹介します。

  • 全長:3,97m~3,99m
  • 全幅:1,75m
  • 全高:1,44m

A1の5ドアモデルとも言えるA1スポーツパックは、フロントドアの長さが 3ドアのモデルより240mm短くなっています。また、ルーフ部を3ドアのモデルより、後方に延長させることによって、コンパクトなサイズながら後部座席にゆとりが確保されています。

コンパクトカーでありながら、後部座席の快適性が高いので、同乗者からの評価も高く、ロングドライブにおいても、ストレスのない時間を過ごすことができます。

A1スポーツパックの燃費性能

A1スポーツパックには、1.0Lと1.4Lのエンジンが採用されています。どちらも頼もしい走行性能を持ち、これまでの常識を打ち破るような先端技術も採用されているため、様々な魅力を持っています。

エンジンの燃焼効率を高めた先進技術に加え、高効率メカニズムの組み合わせで、環境性の高さも両立しています。フラットなトルク特性を持っているので、低回転時においてもレスポンスが高く、滑らかな加速性能は、高速道路の合流時にも無理のないアクセルワークを実現します。

扱いやすいエンジン特性を持つA1スポーツパックのカタログ燃費は、17.8~22.9km/Lとなっています。ただ、A1スポーツパックの燃費性能を決定づけているのでは、エンジンだけではありません。

A1スポーツパックは、重量のあるバッテリーをラゲッジスペースの下に配置することにより、車重のバランスを整えています。その結果、走行時に高い安定性を生み出し、無理のない走りを自然と行うことができるので、エコ運転を無意識に楽しむことができるのです。

A1スポーツパックの買取相場

続いてはA1スポーツパックの最新買取相場をご紹介します。

  • 2016年式 (平成28年)<A1スポーツバック 1.0TFSIスポーツ>ホワイト系
    走行距離 1.0万km 新車販売価格285.0万円 参考買取価格138.4万円 残価率48%

走行距離が少ない極上車なので、輸入車の中では平均以上の残価率で買取されています。

  • 2016年式 (平成28年)<A1スポーツバック 1.0TFSI>ホワイト系
    走行距離1.0万km 新車販売価格 269.0万円 参考買取価格137.5万円 残価率51%

先にご紹介した車両とグレード以外はほぼ同条件ですが、基本グレードのため新車価格が安く、残価率は1.0TFSIスポーツより高い結果となっています。

  • 2014年式 (平成26年)<A1スポーツバック 1.4TFSI> ホワイト系
    走行距離2.0万km 新車販売価格301.0万円 参考買取価格119.7万円 残価率39%

排気量が1.4Lのグレードですが、他のグレードと比較すると、買取価格が最も高いグレードとも言えます。ただ、価格差は少ないため、5年・10年など相場が変動するタイミングでは、買取価格に大きな差がないことが予想されます。

A1スポーツパックの人気グレードと残価率

A1スポーツバックは、基本的に下記の3グレードで構成されています。

  • A1スポーツバック 1.0TFSI
  • A1スポーツバック 1.0TFSIスポーツ
  • A1スポーツバック 1.4TFSI Cylinder on demand sport

これらに加え、マイナーチェンジなどで特別仕様車が販売されています。A1スポーツパックは、非常にクオリティの高い車ですが、コンパクトカー市場には国産車のライバルも多く、新車の売れ行きとしては苦戦している印象を受けます。そのため、中古車の流通数も多くなく、買取相場の下落率も平均的です。

残価率においては、基本グレードのA1スポーツバック 1.0TFSIが最も高く、売却時に最も高い買取価格がつくのは、1.4TFSI Cylinder on demand sportや特別仕様車となっています。

A1スポーツバックは、グレードごとの残価率もあまり大きくなく、どの販売業者に依頼するかによって、査定額が変わりやすい車でもあります。輸入車ということもあるので、走行距離が少ない時期に、輸入車の再販を得意としている買取業車に売却した方が、高値で買取られる可能性は高いでしょう。

まだ登場から10年未満ですので、10年落ちになった場合の買取相場は予想しづらいですが、新車の流通数から鑑みても、急落する可能性が高いので、走行距離が少なく状態の良いうちに売却することをオススメします。

A1スポーツパックをより高額に買い取ってもらうポイント

続いて、A1スポーツパックをより高額に買い取ってもらうポイントをご紹介します。

人気のカラー

A1スポーツパックに基本設定されているボディカラーは、下記となります。

  • コルティナホワイト
  • グレイシアホワイトM
  • シャムベージュM
  • ナノグレーM
  • フロレットシルバーM
  • ミトスブラックM
  • ユートピアブルーM
  • ミサノレッドPE

全体のカラーバリエーションを見ると、ソリッド系のコルティナホワイトとパールエフェクト系のミサノレッド以外は、メタリック系となっています。

メタリック系は、少しくすんだような仕上がりになっていて、小さな傷や汚れを目立たせないメリットがあります。全体的に見ると、やはりメタリック系の人気が高く、その中でもグレイシアホワイトMを選択するユーザーが多い傾向にありました。

コルティナホワイトも含め、A1スポーツパックにおいてはホワイト系の人気が高いので、リセールバリューを考慮すると、人気の高いボディカラーの車の方が有利となります。

実際に買取事例でも、ホワイト系のA1スポーツパックが多かったため、中古車市場においても一定のニーズが見込めると想定します。

人気のオプション

買取相場を見るとA1スポーツパックは、グレードごとの残価率に大きな差はありません。そのため、搭載されているオプション品などが、価格の決め手となることがあります。

特に基本グレードの場合は、上級グレードと比較すると装備品が少ないため、人気オプションを選択することで、査定アップにつなげたいところです。

A1スポーツパックでは、内装オプションの人気が高く、レザーシートや純正ナビなどを装着した車は、査定額アップにつながっているようです。

高い質感と艶感のある厚革を使用したレザーシートは、上質な座り心地を提供してくれるだけでなく、インテリアの品格も高めてくれるような仕上がりです。そして純正ナビは機能性が高く、純正品なので拡張性や連動性も高いことが評価されています。

まとめ

今回は、A1スポーツパックの買取情報をご紹介しました。日本のコンパクトカー市場ではやや苦戦している状況ですが、状態の良いうちに早めに売却することで、高価買取を実現することは可能です。ただし買取業者によって査定額が変わりやすい車でもありますので、車買取一括査定サイトなどを利用して、複数の業者にアプローチすると良いでしょう。