【カーセンサー】特徴と実際の口コミまとめ

「車を買取したいけど、どこで買取してもらうのが良いのかよく分からない。」

そんな方におすすめの車買取会社は、テレビのCMや広告などでよく目にする有名なカーセンサーです。中古車情報の雑誌として購入している人もいることでしょう。

そこで、今回はカーセンサーの基本的な情報、買取をする際のメリット・デメリット、口コミ・評判などをメインにご紹介します。

・中古だから壊れていないか心配……。
・中古で購入して本当に大丈夫なのか?
・申し込み方法がよく分からない。
・カーセンサーは安全なのかみんなの意見が聞きたい。

など、買取時に特に気になるポイントを解説します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

カーセンサーとは?

カーセンサーは、1984年に創刊された中古車情報雑誌から始まった会社のことです。中古車をさまざまな観点から情報としてまとめたことで支持を得て、現在に至ります。2000年前後からすでにインターネット上で中古車についての情報を取り上げており、2008年にはついに中古車買取のサービスを開始しました。

ちょうど中古車買取の需要が高まっていた時期であり、多くの事業者が買取に参入した時期でもありました。カーセンサーはその中でもいち早く中古車と買取を組み合わせたサービスを広く展開したことで知られています。

2015年には、通販で中古車販売を可能にするなど中古車販売ならびに情報を提供する先進的企業として、車情報の先頭を走っています。今回はネット上での買取査定ができるカーセンサー.netや実際のカーセンサーの評判などを紹介します。

カーセンサーの特徴を解説!

カーセンサーは中古車情報を総合的に扱うため、ウェブページ上にはたくさんの情報があがっています。中でも車買取の<カーセンサー簡単ネット車査定>を利用するお客さんがたくさんいます。簡単に一括査定ができて、買取先や買取料金を提示してくれる点が非常に便利だからです。

売りたい車について分かっている情報を記入欄に沿って埋めて、後は査定を申し込むだけとお手軽です。それに、ある程度の査定情報を集められるのも魅力です。買取だけでなく、サイトで車の種類や情報を比較しながら価格を検討して中古車を購入することもできます。

購入については、カーセンサーのCMが放送されているので、広く認知されています。中古車購入の需要は全国各地であり、ネットを使った住所や首都圏以外に住んでいる地域かどうかにとらわれない査定が可能であることも人気を後押ししています。

提携業者数が30社と、圧倒的に多い

カーセンサーは買取時代の初期からある有名な会社です。そのため、各事業者からの提携申し込みは日本で最大級のものです。すでに1000社近くと提携がなされています。

買取を申し込みする際にヒットした事業者から最大で30社まで査定の申し込みができます。他の買取会社は、ここまで提携業者が充実していることはなく、カーセンサーならではの広い提携範囲を確保できるます。提携数の少ない査定会社では、買取額の相場や値の上限・下限を判断できません。しかし、カーセンサーにすれば査定を複数行うなどの手間を省くことができるのです。

提携業者の質が良い

ガリバーやラビットなど有名な買取業者はもちろんのこと、カーセンサーは最大規模の業者提携数を誇り、集まってくる業者はかなりのものとなります。そして、何より高い質で買取できる相手と多く提携しています。ですから、【安いけど質は低いところばかり】などということはなく、納得できる中古車の買取を行える業者と出会うことができます。

提携業者の質として、安心して買取できることもまた重要な項目です。買取について話して、丁寧な説明を受けることができたり、思ったよりも高い買取額になったときは誰でもやはり嬉しいものだからです。そうした面でもカーセンサーを利用するリピーターの方は多いです。

カーセンサー 利用の流れ

カーセンサーには一括査定の申し込みができます。
【90秒でできる簡単入力申し込み査定】と【一括査定を申し込む】の窓口(クリックボタン)があります。どちらも車と個人情報の二種類を入力します。そこで入力事項と大まかな買取の流れを紹介しましょう。

トップ画面にて必要事項の入力

<簡単ネット車査定>では、最初にメーカーや車名、事故歴などを入力します。スクロールで切り替えられる一覧の中から自分が所持している車の情報を選択します。後は、郵便番号を入力して、お住まいの住所の近くから買取が可能な業者を探し出すことができます。
<申し込みスタート>をクリックすれば、入力した内容をもとに査定会社と詳細入力画面が出ます。

車の情報を入力

詳細画面に移動したら、まずは車のさらに詳しい情報を入力します。実際、車の買取価格の市場相場は変化しやすいので、ただメーカーや車種が分かるだけでは買取状況が分からないからです。正確な価格を知るためには正しく車の情報を入力しなければなりません。この入力では何度も同じ情報を聞かれないためでもあります。

入力する情報としては、

  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • 車検時期
  • 車の状態

などです。
年度は初年度登録年です。グレードや色は、選択できる場合は選び、ない場合は記述できるようになっています。年式は平成8年より前は一つ選択で、以降は該当する年数を何年式か選ぶようになっています。

走行距離は5000kmごとの間隔で大まかに選ぶようになっています。車検時期には、2018~2021年の4年と、車検無しの5つから選択ができます。月数は12月までと車検無しから該当するものを一つだけ選びます。

車の状態は記述式ではなく選択式で、【目立ったキズ無し】など3種類から今の状態を大まかに選びます。オプションやアピールポイントの入力をできる任意画面があるので、そちらを入力したい方は追加で記述しましょう。

個人情報の入力

車の情報が入力できたら、最後に下のほうにある個人情報を入力します。
入力内容は

  • 名前(ふりがな)
  • 住所
  • 連絡先(電話番号とメールアドレス)

です。
加えて、売却希望時期や連絡希望時間帯、出張買取を個別に指定することができる任意の入力画面があります。いずれかを希望する場合は入力すると良いでしょう。

入力内容を確認して送信

必要項目の不備がないか確認して全ての項目が埋まったかを最後に確認します。すると次の画面で申し込み内容の確認をするためのページが表示されます。それらを一通り間違いないか確認したら送信して申し込み完了となります。

電話、メールにて査定結果を確認する

申し込み後に電話やメールで査定の結果がわかります。査定金額などを確認して最終的に買取を行うのか判断しましょう。

カーセンサーに買取を申し込むメリット・デメリット

今度はカーセンサーに買取を申し込むメリットやデメリットについて説明しましょう。買取にはどこを選ぶかで必ずメリットかデメリットが生じます。メリットだけの会社は当然ながらありませんし、逆にデメリットしかない会社が実はあるなんてことも。そこでカーセンサーのメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

メリット

カーセンサーには他の会社にはないメリットがいくつかあります。例えば、ディーラーに直接持ち込んで買取査定を受けて……といったように、普通は買取にとても手間がかかります。しかし、カーセンサーにはそういった手間が最小限にできるメリットがあります。それが一括査定です。特に有名なものとしては提携業者に関するものです。

提携業者数が多いため、より高く売れる可能性がある

買取を行う上で、より多くから査定を受けて、希望の査定額に近いところで買取できるのがカーセンサーのメリットです。提携業者の数が多く、自社で買取して欲しいと希望する会社は多いので、より高い価格相場で買取してもらいやすいわけです。

何より、買取には価格競争がありますから、有名なところになるほどぎりぎりの価格競争が行われて、提携数の多いカーセンサーは最低価格が高いことが多いです。車を所持していても買い取りに詳しくないと、その時々の車の買取額を把握することは素人には困難です。

しかも大手になるほど手数料や人件費が買い取り額から引かれて、実際の買取額はたいしたことがないという業者も存在します。そんな買取の不透明な状況から、カーセンサーは買取できる事業者を一括で選別し、申し込んだ人がその中から査定事業者として選べるようになっているのです。

デメリット

メリットとは反対に、カーセンサーにもデメリットがあります。それは、申し込みによって個人の電話番号などが知られてしまうことです。ただ知られることがデメリットではなく、知られることで起こることのほうがむしろ個人として問題だったりすることです。では詳しく見ていきましょう。

申し込みすぎると、ものすごい数の電話がかかってくる

カーセンサーは最大で30社まで申し込めるがゆえに、かかってこなくても良い営業電話まで対応せねばならなくなる。そういったデメリットが個人の情報を知られるデメリットです。そのためには、メール指定にしてに電話営業を減らすという方法があります。また、査定の際に買取事業者を多く選択しすぎないことがデメリットを減らすためのポイントでもあります。

また、査定相手をしっかりと吟味することも有効です。もし、時間があれば結果として表示された買取会社の良し悪しを確認してみましょう。中には、希望しないような営業をされたり、接客態度が自分には合わない会社もあります。当然、査定額や対応次第のところもあるでしょうが、こういった情報を事前に知っておいて不利になることはありません。

むしろ、買取にとっては、査定額に対してどれくらい強く出ればいいのかを判断する基準になります。きちんと、買取に対しての基準を明確にイメージしているお客さんであれば、相手の印象も変わり買取額を高く判断してくれるところもあります。もちろん、マニュアル化されて、査定で出た金額が変動しない会社も多くありますが、小規模な買取事業者が相手であるならば少なからずチャンスがあるかもしれません。

カーセンサーの口コミ・評判は?

これまでカーセンサーの買取についてメリットや申し込みの流れが分かったところで、次に口コミ・評判について調べたのでご紹介します。

良い口コミとしてまず、

・一括で調べられるからいくつも査定を出す手間がかからない。

それに関連して、

・提携業者の数から査定として優秀で信頼できる。

などの意見もいくつかありました。

他にもアフター保証や走行距離についての保証があり買取で不安がなくなったという意見もあがっています。逆に、多かった悪い口コミは、買取依頼を出した際に複数の業者から電話営業がかかってくる点でした。

また、一部、メールでの査定を希望したにもかかわらず、電話で営業がかかってきたといった口コミもありました。また、口コミの中でも特に多かったのは、自分の所持する車があまり高い買取査定額にならなかったなど不満の意見でした。

もちろん、他社と比べれば相場より高く買い取っていても、本人からしたら高く売れるのではないかと思ってしまうのも仕方ないですね。さすがに買取額の相場を無視して何倍もの額で取引されることは現状どの会社でもありません。

加えて、メリット・デメリットで判断しにくい部分として、入力項目の多さがあります。査定前の入力部分としてはカーセンサーで初めて申し込みを行った人は、項目が多くて煩わしいと感じてしまうこともあるようです。

実際、細かい部分の入力項目まで含めれば、かなり詳細に査定する車のことを詳しく入力せねばなりません。その点を少し面倒と感じてしまう人も口コミではいるようです。

まとめ

今回、車の買取先として一括査定や中古車情報の充実したカーセンサーを紹介しました。カーセンサーの特徴をはじめ、買取の流れやメリット・デメリット、口コミ・評判などを確認できたことでしょう。以上を踏まえて、適切な買取査定をカーセンサーで行いましょう。

 

myphp file=article-cta-parts]