【ボルボV90の最新買取情報】人気グレードや残価率を徹底解説!

ボルボは、フラッグシップセダン「S90」同様にステーションワゴン仕様の「V90」の販売を開始することを発表しました。

「90シリーズ」に新しく投入される「V90」は、セダンとは全く違う性質を持っており、乗り心地と快適性をより重視した高級モデルとなっています。

そんな高級モデルとして人気の高いV90ですが、買取相場はどうなっているのでしょうか?最新買取相場をみていきましょう。

ボルボV90の特徴

ボルボV90の買取価格をみる前に車の特徴を理解していきましょう。

車のボディーサイズ、エンジンスペック、燃費性能を知らなければV90の中古車市場での買取相場をイメージすることはできません。

ボディーサイズ

ボルボV90のボディーサイズは以下になります。

全長×全幅×全高 4,935mm×1,880mm×1,475mm
ホイールベース 2,940mm
車両重量 1,740 〜1,760kg
乗車定員 5名
タイヤサイズ 225/55R17

全長が4,935mm、ホイールベースが2,940mmと車のサイズ的にいえば比較的に大きなサイズをしています。

また、ボルボV90は新型へともフルモデルチェンジされたことでサイズ感は変わりませんが、全く違う斬新なデザインとなって生まれ変わったので買取価格が期待できそうです。

エンジンスペック

ボルボV90のエンジンスペックは以下になります。

水冷直列4気筒DOHC16バルブ

エンジン 種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
型式 B420
総排気量(cc) 1,968cc
最高出力kW[(ps)/rpm] 187(254)/5,500[ECE]
最大トルクNm[(kgm)/rpm] 350(35.7)/1,500−4,800[ECE]

ボルボV 90のエンジンには、<水冷直列4気筒DOHC16バルブ>が搭載されています。また、最高出力、最大トルクともに素晴らしいエンジンスペックをしていることがわかりますね。

燃費性能

ボルボV90の燃費性能は<JC08モード:12.5~15.0 km/L>、<10・15モード:7.0 km/L>となっています。

JC08モード 12.5km/L~15.0 km/L
10・15モード 7.0 km/L

※JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法。
※10・15モードとはJC08モード前に測定されたカタログ燃費表記法。

内装

ボルボV90の内装は、質感の高いウッドパネルを基調とし、ベージュとブラックでより高級感を醸し出しているデザインです。モデルチェンジ前の<ボルボXC90>と似たような構造になっています。

運転席中央のモニターは、ナビやオーディオ、エアコンなどの操作をスマートフォンと同じようにタッチで簡単に操作することができます。使いやす位置にモニターがあるようなイメージともいえますね。

また、シートはシンプルなベージュで全てをを統一したことで、ボルボの高級感あふれるイメージにより近づけた内装にもなっています。

シートは完全に前に倒す子こともでき、荷物が多い時や、重い荷物を載セル時にも便利な構造です。

ボルボV90の最新相場

ボルボV90の最新買取相場例は下記のようになっています。

  • 2017年式(平成29年)<水冷直列4気筒DOHC16バルブ> ホワイト 走行距離3万km  新車販売価格680万円 買取価格350万円 残価率51%
  • 2018年式(平成30年)<水冷直列4気筒DOHC16バルブ> レッド 走行距離1万km 新車販売価格680万円 買取価格520万円 残価率76%

中古車市場においては、ステーションワゴンやクロスオーバーSUVに人気が集まっている中、流通量は減少傾向にあります。

そのため状態の良いV90であっても3割〜4割の買取価格をイメージしておきましょう。

しかし、V40、新世代ワゴンのVシリーズとして有名なV 50、新型V90、そしてSUVのXCシリーズの人気が高く、流通量も多いことから相場価格は堅調に推移している傾向があります。

また、先進のミリ波レーダーとデジタルカメラを利用し危険を検知してドライバーに警告し、状況に合わせてオートブレーキを作動させる<シティ・セーフティ>といった先進の安全装備を備えている場合は高額買取が期待できます。

ボルボV90の人気グレードと残価率

ボルボV90の買取相場を知った次は、<人気グレード>と<残価率>を学んでいきましょう。

人気グレードやボルボV90の残価率は、買取価格に大きく関わってきます。知っているのと、知らないのでは買取価格に10万円以上の価格が違ってくるのです。

人気グレード

ボルボV90の中でも人気グレードなのが<ボルボV90クロスカントリー>です。

クロスカントリーというセグメントは、ボルボがまだ本格的にSUVに進出しなかった時代の折衷案型モデルとして人気が今でも続く車です。その人気は日本だけでなく、世界中から絶大な人気もあります。

買取相場でも、高額な買取価格が期待できる車です。V90クロスカントリーは車高が少し高く、敢えて無塗装のホイールオープニングの加飾を施した少しワイルドなデザインですが、使い勝手はまさにワゴンそのものとも言える車です。

残価率

ボルボV90の残価率は1年〜2年未満で70%。3年〜5年で45%〜50%です。

  • 2018年式(平成30年)<水冷直列4気筒DOHC16バルブ> レッド 走行距離1万km 新車販売価格680万円 買取価格520万円 残価率76%
  • 2017年式(平成29年)<水冷直列4気筒DOHC16バルブ> ホワイト 走行距離3万km  新車販売価格680万円 買取価格350万円 残価率51%

ボルボの残価率は年式が古くなるほどに低下していきます。ボルボを購入する時には、リセールバリューも意識して購入することをおすすめします。

ボルボV90をより高額に買い取ってもらうポイント

ボルボV 90の買取について色々な内容を紹介してきましたが、V 90をより高額査定してもらうためにも大切なポイントが2つあります。詳しくみていきましょう。

ボルボV90の人気カラー

高額査定を勝ち取るために大切な1つ目のポイントは<人気カラー>を選ぶことです。

ボルボV 90の中でも特に人気のあるカラーと言えば、<クリスタルホワイトパール>になります。

クリスタルホワイトパールカラーは、真珠のように光り輝くパールが見る人を魅了します。日本国内でも人気の高いカラーということもあり、リセールバリューが高いことも特徴の一つです。

ホワイトカラーといえば、シンプルなイメージを思い浮かびますが、まさに安定のカラーとも言えるデザインではないでしょうか?

ボルボV90の人気オプション

ボルボV90の人気オプションは<ドライブレコーダー>です。

ドライブレコーダをつけて運転しているのと、していないのでは安全面が全く変わってくるのです。もしも事故が起こってしまった時には、事実の立証としても大変助かるアイテムです。

また、最近の中古車市場でもドライブレコーダー付きの車は高価買取が期待できる傾向にあります。ドライブレコーダーはあなたを危険から守るアイテムにもなってくれるのです。

ボルボV90の10年落ちの場合値段はつくか?

ボルボV 90とも言える高級グレードの車でも、10年落ちの車になると買取価格は10%〜15%までに落ちます。それに加え、走行距離が10万kmを超える車でなれば買取価格がさらに減少してしまいます。

10年落ちの<2009年式 >と<2008年式>の2つをみていきましょう。

  • 2009年式(平成21年)<水冷直列4気筒DOHC16バルブ>ホワイト走行距離8万km 新車販売価格790万円 買取価格118,万円 残価率15%
  • 2008年式(平成20年)<水冷直列4気筒DOHC16バルブ>ブラック走行距離10万km 新車販売価格790万円 買取価格79万円 残価率10%

2009年式の10年落ちでは値落ち率は85%でリセールは15%、11年落ちでは値落ち率90%でリセールは10%となっています。

10年落ちのV 90になると、中古車市場でも買取に期待はできませんが、走行距離が短いほど買取されるチャンスがあります。V90を買取査定してもらいたいと考える方はなるべく早いうちから買取販売店に車を持っていきましょう。

まとめ

セダンとは異なる性質を持ち、快適性と乗り心地を重視した高級モデルのボルボV90。

前モデルのV90と比べてると、斬新とも言えるボディーデザインが魅力的な車です。流通量は減少傾向にあるのが事実ですが、新型ボルボV90であれば買取価格に期待することができますね。

10年落ちのV90になると残価率が10%〜15%まで減少してしまうので、注意が必要です。V90を買取査定してもらいたいと考える方はなるべく早いうちから買取販売店に車を持っていきましょう!