【保存版】事前準備が大事!車下取り時に必要な書類まとめ

「車を下取りに出そうと思ってるけど、書類ってどんなものが必要なの?スムーズに愛車を売りたいので、具体的な必要書類について知っておきたい。」と考えているあなたへ。

そこで今回は、【車下取り時の必要書類】について徹底解説します!車を売ると決めたのはいいけど、手続きが面倒に感じてしまう人も少なくありません。たしかに、揃えなければならない必要書類がいくつもあるので、初めて車を売る人にとっては複雑です。

でも大丈夫!今回ご紹介する内容をざっくりと覚えておけば、たとえ初心者でも難なく愛車を売ることができるでしょう。それでは早速ご紹介していきます。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

下取りの流れ

まずは【下取りの流れ】をご紹介します。車の下取りは、基本的には「ディーラー」で行うことになります。ディーラーは新車販売を専門としているため、車の買い替えを前提とする場合のみ、下取りが成立するわけです。その具体的な流れは以下の通りです。

ディーラーにて「新しく買う車」を探す

車を下取りに出すということは「新しい車を買う」ということでもあります。ディーラーにて欲しい車を探しましょう。自分に合った車を探すには、直接店舗に出向くことをオススメします。

実際に試乗したり、不明点をスタッフに聞いたりして、欲しい車種を絞り込みましょう。

新しい車の見積もりを出してもらう

欲しい車が見つかったら、ディーラーに見積もりを立ててもらいましょう。古い車の下取りと並行して行うため、まだ予算が確定していないかと思いますが、ひとまず見積もりを出してもらいます。

結局のところ同じディーラーで売却と購入を行うので、その点も合わせて説明されるはずです。

今の車の価値を調べる

続いて下取りに出す車の準備を進めていきます。そこで、まずは「今乗っている車がどれくらいの価値なのか?」を調べましょう。愛車を下取りに出すということは「新しい車を買う」ということでもあります。

つまり、今の車の価値を知っておくことで、新しい車を買う予算も調整しやすくなるわけです。

今の車の価値を調べるためには、車を一度査定に出す必要があります。そのため、車を一度ディーラーに持っていきましょう。そこでどれくらいの価値になるのか教えてもらうことが大切です。分からないことは遠慮せずスタッフに聞きましょう。

ローンが残っていないか確認する

ローンが残っていないかどうかも確認しておきましょう。ローンが残っていても車下取りは可能ですが、手続きがやや面倒になるので、できればローン支払いが全て終わった状態で下取りに出すのが望ましいですね。

下取り金額よりもローン残債が多い場合、「不足分を現金で払う」「不足分をローンで払う」などの方法があります。いずれにしても手間がかかります。

税金周りのことを確認する

税金周りのことを確認しておきましょう。なかでも「自動車税」には要注意です。ありがちなのが「自動車税の払い忘れ」ですね。毎年5月末までに1年分を納めなければならない自動車税ですが、そもそも納税をしていなければ車の名義変更ができません。

つまり車を下取りに出すことができなくなるわけです。もし自動車税が未納の場合は、できるだけ早く納めてしまうようにしましょう。

車両入替手続きをする

下取りの手続きと並んで「新しい車選び」もしなければなりません。新しい車を購入して納車スケジュールが決まったら【車両入替手続き】を行いましょう。

車両入替手続きとは、文字通り車両を変えるときに必要な手続きで、自動車保険を古い車から新しい車へと移す作業です。この手続きを怠ると、次の車で何か起きたときに補償対象外となってしまいます。

手続きはシンプルです。自動車保険会社に電話やインターネットなどで問い合わせて、納車日を伝えるだけ。もし支払いの差額があれば、それらを清算すればOKです。

必要書類を準備する

税金や保険周りの手続きが済んだら、車の下取りに必要な書類を揃えます。後ほど詳しくご紹介しますが、必要書類には「ユーザー側が用意するもの」「店側が用意するもの」の2つがあります。ユーザーが準備するものの代表例として挙げられるのが「車検証」「印鑑証明小証」などです。その他にもいくつかあります。

新しい車が納車される

一連の手続きが終わったら、いよいよ納車です。納車には「ディーラーまで取りに行く方法」と「自分の自宅まで車を届けてもらう方法」の2通りあります。自分に都合のよい方法で納車をしましょう。

普通自動車の下取り時に必要な書類

それでは早速【普通自動車の下取り時に必要な書類】を見ていきましょう。実は普通自動車と軽自動車では下取りでの書類が異なるんです。まずは普通自動車について解説をしていきます。具体的な必要書類は以下の通りです。

車検証(自動車検査証)

車の「所有者」「使用者」などを証明する書類です。そもそも車検証がなければ車を売ることができません。車検証は車内保管が義務付けられているので、ほとんどの人は助手席のダッシュボードに入れているはずです。

自賠責保険証

車の使用者の強制保険である「自賠責保険」に加入していることを証明する書類です。この保険期間が過ぎていると車を売れないので要注意です。自賠責保険の手続き周りに関しては、保険会社に問い合わせましょう。

自動車税納税証明書

毎年4月1日の時点で車を所有している人に課せられる「自動車税」の納税証明書です。自動車税の支払いは年に一回で、毎年5月末までに行います。納税していないと車を売ることができないので、きちんと納税しておきましょう。

実印

各市区町村に登録されている印鑑です。普通自動車の下取りや売却においては、認印はNGなので要注意。きちんと印鑑登録された実印を持っていくようにしましょう。

印鑑証明書

実印が各市町村に登録されていることを証明する書類です。印鑑登録が済んでいれば、役場やサービスコーナーなどで簡単に発行することができます。

委任状・譲渡証明書

一連の手続きを販売店側に依頼するために必要なのが「委任状」、車を譲り渡すことを証明するのが「譲渡証明書」です。この2つは基本的にディーラー側が用意してくれます。

リサイクル券の預託証明書

自動車を廃車にすると気にかかる「リサイクル料」を支払っていることを証明する書類です。車の購入時に発行されているので、車検証と同じように助手席のダッシュボードに入っているはずです。

軽自動車の下取り時に必要な書類

続いて【軽自動車の下取り時に必要な書類】について見ていきましょう。軽自動車の必要書類は、普通自動車と比べるとややシンプルになっています。あまり手間がかからないので、比較的簡単に下取りに出すことが可能です。具体的な必要書類は以下の通りです。

車検証(自動車検査証)

普通自動車と同じように車検証が必要です。車検証がなければ車を売ることができないので、ディーラーに足を運ぶ前にきちんと確認しておきましょう。

軽自動車税納税証明書

軽自動車の場合「軽自動車税」というものが発生します。軽自動車税納税証明書は、住んでいる市区町村の役場などで発行可能です。

自賠責保険証

自賠責保険証についても普通自動車と同じです。事前にしっかりと確認しておきましょう。

認印

軽自動車の場合、実印ではなく「認印」でOKです。シャチハタ以外であれば問題ありません。印鑑登録の必要がないので、そういった意味では普通自動車よりも手間がかかりません。

リサイクル券の預託証明書

普通自動車と同じようにリサイクル券の預託証明書も必要です。助手席のダッシュボードに保管している人が多いと思うので、事前に確認しておきましょう。

プラスで用意したほうがいい書類

普通自動車・軽自動車それぞれの必要書類をご紹介しましたが、「プラスで用意した方がいい書類」も存在します。無くても問題はないですが、あると安心、といった書類です。下取り手続きをよりスムーズに進めたいと考えている人は、以下の書類を覚えておきましょう。

住民票

引越しなどで住所が変わった場合、住民票が必要になります。一度の引越しであれば住民票だけで問題ありませんが、何度も引越しをしている場合は「転出証明」が必要になるので覚えておきましょう。住民票は各市区役所にて、1通あたり300円ほどで発行可能です。

整備記録やスペアキー

車の整備記録やスペアキーを持っていくと◎です。売る側にとってはあまり関係ないのですが「次に車を買う人」にとっては重要です。整備記録はいわゆる「車版の履歴書」のようなもの。

履歴書があることでディーラーのスタッフも安心します。スペアキーの有無も重要です。次に車に乗る人からすると、スペアキーがあるかないかで車の使い心地もかなり異なるでしょう。

必要書類が見つからない場合には

それでは最後に【必要書類が見つからない場合どうすればいいか?】を解説していきます。必要書類には2パターンがあり、「ユーザー側が準備するもの」それから「店舗側が用意するもの」があります。前者の書類の中には、車の購入時に発行されたものもあるんです。

もし見つからない場合、あるいは紛失してしまった場合、以下のことを覚えておきましょう。

どの書類でも紛失した場合は再発行が可能

先述したように、車の下取りにはさまざまな書類が必要になります。ときに紛失してしまうこともあるでしょう。でも大丈夫です。基本的にどの書類でも再発行が可能となっています。

車検証:運輸支局
自賠責保険証明書:加入している保険会社
自動車税納税証明書:各市町村の税事務所
リサイクル券:「自動車リサイクル料金の預託状況」のホームページからの印刷にて代用可能

必要書類が全て揃わないと車を下取りに出せない

基本的に必要書類は全て揃えていなければなりません。どれか一つが欠けているとディーラーとの下取り契約を結ぶことはできないので、事前にきちんと準備しておきましょう。

もし必要書類が見つからない場合でも大丈夫です。数日あれば全て揃えることができるので、落ち着いてもう一度取り直しましょう。

まとめ

車下取り時の必要書類について詳しく解説しました!いかがでしたか?
車売却が初めてだと面倒に感じてしまう必要書類ですが、あらかじめどんなものが必要なのか知っておくか知らないかでは大きな差が出ます。

「普通車なのか?」「軽自動車なのか?」によっても書類の内容に差があるので、しっかりと確認しておきましょう。今回ご紹介した内容を簡単に覚えておけば、下取りに困ることはないはずです。

ぜひこの記事を参考にしながら、スムーズに愛車を売ってくださいね。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます