【日産デイズ】買取相場は?人気グレードと残価率もご紹介

2019年3月28日にフルモデルチェンジを果たした日産デイズ。日産の先進技術「プロパイロット」や先進事故自動通報システムSOSコール「ヘルプネット」を軽自動車として初めて採用し話題になっています。

新型が出たということは、先代の日産デイズの買取価格は下がるのでは?とオーナーさんは気になるところだと思います。そこで今回は初代日産デイズの買取相場価格や残価率を徹底的に調べたので参考にしてくださいね!

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

 

初代日産デイズの特徴

初代日産デイズは、日産自動車と三菱自動車が設立した「NMKV」が企画およびプロジェクトマネジメントを行い、日産が商品企画・開発・デザインの段階から初めて携わった軽自動車です。

製造は三菱自動車が担当しました。そんな初代日産デイズはどんな特徴を持っているのでしょうか。

ボディサイズ

初代日産デイズのボディサイズは以下になります。

  • 全長:3,395mm
  • 全幅:1,475mm
  • 全高:1,620mm

軽自動車の規格サイズは

  • 全長:3,400mm以下
  • 全幅:1,480mm以下
  • 全高:2,000mm以下

なので全長と全幅はほぼ軽自動車の規格サイズいっぱいに作られています。これにより初代日産デイズは、室内空間も広くなっています。

室内空間

初代日産デイズの室内サイズは以下になります。

  • 室内長:2,085mm
  • 室内幅:1,295mm
  • 室内高:1,280mm

ボディサイズが軽自動車の規格サイズいっぱいに作られていることにより、室内サイズは軽自動車とは思わせないくらい広くなっています。大人4人の乗車も問題なくこなしてくれます。

インテリア

初代日産デイズのインテリアは、アイボリーを基調としたインテリアカラーとシンプルな白色照明の大型メーターを採用することで明るい印象です。

インストルメントパネルは、センタークラスターを中心に弓なりに広がり解放感を与えてくれます。そのセンタークラスターには、大型のタッチパネル式オートエアコンを配置しスマートフォンの画面を操作しているような感覚で操作できます。

※ハイウェイスターやライダーの場合は内装色がエボニーとなり、カッコよさを演出しています。

エンジン

初代日産デイズのエンジンは自然吸気のNAエンジンと過給機搭載のターボエンジンがあります。スペックと合わせてご紹介します。

  • 3B20型 直列3気筒 DOHC NA 660cc エンジン:最高出力49PS, 最大トルク6.0kgf・m
  • 3B20型 直列3気筒 DOHC ターボ 660cc エンジン:最高出力64PS, 最大トルク10.0kgf・m

3B20型は新開発のエンジンであり軽自動車として初の「水冷クーラー式EGR」や国産車初の「電子制御サーモスタッド」などの先進技術を搭載しています。

トランスミッション

初代日産デイズのトランスミッションは、全グレード共通で副変速機構付「エクストロニックCVT」が搭載されています。

エクストロニックCVTとは、車速や負荷に応じてプーリー比を変える油圧を電子制御で滑らかにすることで、今までの油圧制御に比べてドライバビリティが大幅に向上しました。とくに坂道発進や車庫入れなどの微速走行をするときには、その効果をかなり実感できるでしょう。

燃費

初代日産デイズの燃費は、当時ではクラストップの性能を誇っていました。グレード別の燃費は以下のようになります。

  • S:22.0km/L
  • J:23.0km/L
  • X:25.8km/L(22.0km/L)
  • ハイウェスターX:25.8km/L(22.0km/L)
  • ハイウェスターG:25.8km/L(22.0km/L)
  • ハイウェスターG ターボ:23.2km/L(21.8km/L)

※( )内は4WDの数値

一番燃費が良い数値は25.8km/L、一番悪い数値でも21.8km/Lと燃費性能は優秀です。

トランスミッションは全グレード共通ですが、4WDは2WDに比べて車重が重いため燃費数値が下がっていたり、ターボエンジンは過給することで燃料消費が多くなるため燃費数値が下がるなどの理由で燃費数値にばらつきが出ています。

初代日産デイズの最新相場

日産デイズの中古車はどれくらいの価格で買取されているのか最新の買取価格相場を調べてみました。
(表記の順番は、査定時期/年式/カラー/車名・グレード/走行距離/査定額となっています。)

  • 2019年2月/2017年/パール系/デイズ 4WD_X/1万〜2万キロ/787,650円
  • 2019年2月/2017年/パール系/デイズ 4WD_X_Vセレク/1万〜2万キロ/715,560円
  • 2019年2月/2017年/白系/デイズ S/3万〜4万キロ/508,260円
  • 2019年1月/2016年/黒系/デイズ S/1万〜2万キロ/430,000円
  • 2019年1月/2017年/黒系/デイズ J/1万〜2万キロ/430,000円
  • 2019年1月/2015年/シルバ系/デイズ 4WD_S/2万〜3万キロ/627,800円
  • 2018年12月/2017年/Lブルー系/デイズ J/1万〜2万キロ/404,200円
  • 2018年12月/2016年/パール系/デイズ X_Vセレク/2万〜3万キロ/579,640円
  • 2018年12月/2017年/白系/デイズ S/2万〜3万キロ/442,900円
  • 2018年11月/2016年/白系/デイズ J/1万〜2万キロ/521,160円

参照:一括査定.com

初代日産デイズの人気グレードと残価率

日産デイズの人気グレードは「ハイウェイスター」「X Vセレクション」「ライダー」になります。この人気グレードの買取価格と残価率をご紹介します。

年式・グレード 買取参考価格 当時新車価格 残価率
ハイウェイスター Gターボ
平成29年 B21W (4WD)
114~130万円 1,616,760円 71~80%
ハイウェイスター Gターボ
平成28年 B21W (4WD)
106~123万円 1,684,800円 63~73%
ハイウェイスター G
平成28年 B21W (4WD)
105~122万円 1,635,120円 64~75%
X Vセレクション
平成28年 B21W (4WD)
101~117万円 1,482,840円 68~79%
ハイウェイスター Gターボ
平成29年 B21W (4WD)
100~116万円 1,495,800円 67~78%
ライダー ハイウェイスター X
平成29年 B21W
100~116万円 1,558,440円 64~74%
 ハイウェイスター X
平成28年 B21W (4WD)
98~114万円 1,568,160円 62~73%
ライダー ハイウェイスター Gターボ
平成25年 B21W (4WD)
97~113万円 1,725,150円 56~66%
ハイウェイスター X
平成29年 B21W
96~112万円 1,418,040円 68~79%
ハイウェイスター G
平成29年 B21W
93~110万円 1,485,000円 63~74%

参考サイト:価格.com

初代日産デイズでも人気グレードは残価率は高い

3年落ちの車の残価率は45%前後が平均的で、不人気車種になると40%前後、人気車種では55%前後と言われています。

フルモデルチェンジの2代目が発売されたことで型落ちとなった初代日産デイズでも人気グレードなら3年落ちの残価率は62~79%と非常に高く、一番古い2013年式(平成25年式)のライダー ハイウェイスター Gターボ(4WD)でも56~66%と3年落ちの人気車種の残価率よりも高くなっています。

初代日産デイズをより高額に買い取ってもらうポイント

日産デイズの買取価格を左右するポイントはボディカラーとオプションです。またオーナー自身のちょっとした努力で買取価格が少しでも高くなる可能性をアップするポイントもあります。

人気のボディカラー

初代日産デイズは、そのデザインや運転のしやすさから女性にも人気がありました。そのためプレミアムパープルやシルキーローズ、レディッシュマルーンなどが人気のボディカラーとなっていましたが、買取としての人気のボディカラーはホワイトパールやブラック、クールシルバーになります。

なぜ新車で購入される時と、買取や中古車で売れる時の人気のボディカラーに違いが出るのでしょうか。

新車の時は、購入する人の好みでボディカラーが選ばれるのですが、買取された車が中古車として売られる時には年齢や性別などターゲット以外の人が購入する場合もあります。

ホワイトやブラック、シルバーは万人に無難に受けるボディカラーのため買取や中古車で売れる時には、これらのボディカラーが人気となるのです。

人気のオプション

初代日産デイズの人気のオプションですが、標準グレードではアルミホイール、バックビューモニター、セキュリティ&セーフティパックプレミアムなどが人気で買取価格のアップが見込めるでしょう。

ハイウェイスターではIMPUL製の16インチアルミホイールやスポーツコイルスプリング、IMPULエアロダイナミックスシステムなど見た目だけでなく走行性能をアップさせるオプションが装着されていれば買取価格のアップが見込めるでしょう。

一部のグレードでは標準装備されているアラウンドビューモニターですが、この装備は運転とくに駐車が苦手な人にとってはとても助かる装備です。標準装備されていないグレードは、アラウンドビューモニターをオプションで装着されていれば買取価格アップが見込めるでしょう。

オーナー自身でできること

洗車

車をキレイにすることで「大切に乗られた車」という印象になり、買取価格がアップする可能性は少なからず上がります。ボディー外観はもちろん内装のシートやステアリング、ダッシュボードそして忘れてはいけないのがフロアマットとフロア回りです。フロアがキレイなだけでも内装がキレイに見えるものなのです。

ノーマルに戻す

とくに社外品の外装パーツを装着されている場合、それだけでマイナス査定になる場合があります。買取に出す前に社外品のパーツは取り外しましょう。

しかし、取り外すことでボディーに穴が開いたりしてしまう場合は、まずはそのまま査定に出して査定士に相談すればよいでしょう。

まとめ

日産の代表的な軽自動車、日産デイズの初代の買取相場価格をご紹介いたしました。フルモデルチェンジした直後であれば、型落ちとなった初代デイズでも買取価格はいきなり下がることはなく、人気グレードでは残価率も高いことがわかりました。

しかし、時が経てば買取価格は下落していきますので、初代の日産デイズを買取に出そうとお考えであれば早めに行動することおすすめします。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます